第二次世界大戦 = 太平洋戦争? 大東亜戦争?

大東亜戦争(日本式)・太平洋戦争(アメリカ式)

 

日本は過去に、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦の四つの戦争を経験しています。

 

それは、ヨーロッパで起きた、信じられないほどの戦争の数と比べると、極端に少ないことが分かります。

 

それぞれの戦争に、それが起きた理由や背景がありますが、15世紀の末からの500年間の歴史を見ると、その四つの戦争が、全てつながって見えてきます。

 

ひとつひとつの戦争を個々に見るのは、木を見て森を見ないようなものですので、まずは是非一度、「1520世紀の歴史」をご覧ください。

 

 

日本の保守は、第二次世界大戦のことを「大東亜戦争」と呼び、戦勝国及び反日勢力は「太平洋戦争」と呼びます。

 

なぜでしょうか?

 

当時の日本軍の多くは、東南アジアに遠征して、東南アジア諸国を植民地にしていたアメリカ、イギリス、フランス、オランダ各国の軍隊と戦い勝って追い出しました。

 

アジアのために、大きなアジアで戦ったというわけで、大東亜戦争と読んでいます。

 

ところが、アメリカ、イギリス、フランス、オランダ側から見ると、彼らは東南アジアを植民地として支配していたので、日本から侵略されたとなるわけです。

 

それでも、人種差別をなくして人権を尊重する今日の常識では、彼らにとってとても都合が悪い事実になります。

 

そこで東南アジアで起こったことにはできるだけ光を当てないようにして、まるで日本はアメリカと戦っただけであると主張したいので、太平洋戦争と呼ぶわけです。

 

日本にとっての第二次世界大戦(大東亜戦争、太平洋戦争)は、1941127日の真珠湾攻撃によって始まったわけでも、193991日に始まったドイツ軍によるポーランド侵攻、同年917のソビエト連邦によるポーランド侵攻が始まりでもありません。

 

それは1900年後から中国で続いて起きた、義和団の乱(1900年)、最初の南京事件及び漢口事件(1927年)、そして1931年の満州事変、上海事件(1932年)、盧溝橋事件(1937年)、廊坊事件(同年)、公安門事件(同年)、通州事件(同年)とつながった一連の事件で、満州事変(1931年)や盧溝橋事件(1937年)から始まったとされる日中戦争からの延長戦でした。

 

アメリカは既にこの時、つまり日本がパールハーバーを攻撃する前に、中国に空軍を送って対日本戦の準備をしていました。

 

当時の日本とアメリカは中立関係にあったため、正式な参戦として中国を応援するわけにはいかなかったので、空軍の兵士たちを一度退役させて、プライベートの義勇軍として中国に送りました。

 

その時の条件が、もしそれをすれば高額の契約一時金、高額の月額給与、そしてその後軍に復帰すれば元の階級に戻れるという破格の好条件でした。

 

さらにもっと厳密に言えば、それらの戦争は、世界中の有色人種の国々を植民地にしていた白人が初めて日本にもやって来た16世紀の中頃、あるいはさらにそれ以前、白人が植民地主義を始めた15世紀の末から続いていると言えます。

 

第二次世界大戦の前の日本は、アメリカでの排日移民法、在米日本資産の凍結、全面禁輸などで追い込まれていたという背景があります。

 

その証拠に、開戦のニュースを聞いた国民は勝敗についての不安はあったものの、スッキリとした気分でいました。

 

開戦の翌日に、作家の伊藤整はこう書いています。「今日は人々みな喜色ありて明るい。昨日とまるで違う」。

 

左翼文芸評論家の青野季吉までが、「じつに四海波静かと云いたい明らけき日。天地もまたこの戦勝の新年を歓呼するが如し。日本は神国なりと云う感が強い」と書いています。

 

先の大戦の日本軍人は悪人だったというのは真っ赤な嘘です。

 

当時、戦争に勝ったアメリカのGHQが、6年以上も日本を占領、統治しました。

 

その6年間でGHQは何をしたのでしょうか? 

 

天皇崇拝をはじめ、今までの日本人の価値観、何が良くて何が悪いのかをひっくり返しました。

 

学校の教科書を真っ黒に塗りつぶさせたのもその一環でした。

 

漢字も無くそうとしました。

 

日本人は戦争を始めた大悪人で、その大悪人をアメリカが退治したという図式にするためのWGIプログラムと呼ばれる洗脳工作を行いました。

 

その洗脳工作にまんまと染められてしまったのが日教組(学校の教科書の内容など)や反日勢力で、それは今日でもまだ続いています。

 

ではどうしてアメリカは洗脳工作などを行なったのでしょうか? 

 

その理由は、本当の大悪人はアメリカ人で、それを隠すためだからです。

 

アメリカは、国際法で禁止されている一般人への攻撃を大掛かりに行いました。

 

国際法とは、どの国でも守らなければいけない国際的な法律です。

 

例えば、軍は敵の軍にしか攻撃できません。

 

一般市民に危害を加えることは、当然のことながら禁止されています。

 

そこで軍人は軍服を着なければいけません。

 

一般人と軍人を見分けるためです。

 

だから中国の軍人が行った便衣兵などはもってのほかの行為です。

 

便衣兵とは、攻撃されないように私服を着て一般市民に化けて相手の軍を攻撃するからです。

 

アメリカは、日本の各都市への無差別爆撃を行い、数十万人もの一般日本人を殺戮しました。

 

若い男性は当時、戦地に行っていたので、日本の各都市に残っていたのは、女性、子ども、お年寄りでした。

 

そこへ集中爆撃を行いました。

 

さらには広島、長崎に原爆を投下して、そこでも数十万人の一般人を殺戮しました。

 

誰がどう見ても、誰がひどいことをしたのかは一目瞭然です。

 

ですがアメリカは元々ヒーローの国です。

 

正義は常にアメリカ側になくてはなりません。

 

アメリカ側が悪人になることなどはあり得ません。

 

そこで戦争責任を日本側に押し付ける工作を行ったのがWGIPと呼ばれるものでした。

 

日本人は元々、太古の昔から和を大切にする平和主義民族です。

 

大陸から適度に離れて攻められにくい島国だったという幸運がありますが、基本的には外敵がいない平和な単一民族です。

 

争いが苦手なことは、和を重んじるところや、人に迷惑をかけないところ、海外と比べて弁護士の数の少なさ、

 

東日本大震災の時に被災地の人たちが見せたモラルの高さから証明されています。

 

日本軍人のモラルの高さ、(正義感の)強さに関する記録はあちこちに残っています。

 

それにもかかわらずに、GHQや反日勢力の捏造で、日本軍人は悪人だったと、多くの日本人が思いこまされてしまっています。

 

 

 

 

ルーズベルト大統領のハルノートによって追い詰められた日本は、軍港であるパール・ハーバーへの攻撃により、約2.400(民間人約50)の死者を出すことによって日米戦争を始めました。

 

そしてその大戦は、国際法を無視した広島と長崎の原爆、東京()の大空襲によって30万人以上の一般市民を失うことによって終わり、日本は敗戦国となりました。

 

日本は世の常である、戦勝国の書く歴史の中に収められてしまいました。

 

GHQによる、東京裁判と称される東京リンチでは、数多くのユダヤ人の命を救った日本の英雄達や、日本流に一切言い訳をしない英雄が一方的に死刑で裁かれてしまいました。

 

東京裁判は、実は理不尽なリンチであったとことは、判事の一人であったインド人のパール氏の発言、および判決文をはじめとして、海外の多くの証人の発言で明らかになっています。

 

当時GHQは、WGIP(War Guilt Information Progran)によって、日本が二度とアメリカに立ち向かわないように、教育方針も含めて様々な手を打ったため、戦後の日本人には誤った認識が植え付けられてしまいました。

 

アメリカの目標である、「日本が二度とアメリカに刃向かわないようにする」 は、国務省、陸軍省、海軍省合同で作成した「日本降伏後における米国の初期の対日方針」でも明らかです。

 

日本語から漢字を無くしてアルファベットに変えようとしたり、非武装化、弱体化、そして民主化で押さえ込みました。

 

それはドイツが第一次大戦後に、二度と立ち上がれないように非武装化、弱体化したのにもかからず、わずか20年でヨーロッパ最強の軍隊を作ってしまった例を見ている影響もあるでしょう。

 

一般的に日本軍人はいかに厳しく規律があり、しかも敵国に対しての温情が厚かったかは、少し調べれば分かりますので、一度こ日本軍人は悪人だった?こから先をご覧になってみてください。

 

日露戦争が起こった1900年過ぎ、列強の欧米白人が地球上のほとんど全ての地域を植民地化して、地球の約84%は西洋人が支配していました。

 

東南アジアを侵略していたイギリス、オランダ、アメリカを追い払って各国独自の国作り計画に大きく貢献した日本は、敗戦したばかりに、戦勝国から、企んで侵略戦争を起こしたという偽りの罪をかぶせられました。

 

そして中国と韓国の2国はその偽りの情報を利用していつまでも日本から資金を引き出し、執拗に日本の立場を弱く、悪くし続けようとしています。

 

事実を知れば、驕る気持ちが起こるのではなく、「勝って兜の緒を締めよ」や、「褌を締め直す」ではありませんが、自然に襟を正して凛とした気持ちになります。

 

大航海時代、つまり、西洋人による大侵略時代、日本はタイと並んでアジアで侵略されなかった珍しい国のひとつです。

 

ではなぜ日本は侵略されなかったのでしょうか?

 

大航海・大侵略で西洋人が日本にも現れ始めた頃、日本人は好意を持って受け入れました。

 

良いものなら何でも取り入れてしまう国民性。キリスト教も受け入れました。

 

ところが、アジア大陸の方に目を向けてみると、それは西洋人による侵略の足がかりであることに気が付いたので、国を閉ざしました。

 

でも、その200年以上続いた鎖国も、アメリカのペリーの黒船によって開国することになりました。

 

それでも明治維新を経て、第二次世界大戦で敗戦国となって占領されるまではずっと侵略を免れました。それはなぜでしょうか?

 

その理由にはまず、武士の存在があると思います。

 

名誉心が強く、誇りのためなら死をもいといません。16世紀に日本を訪れたイタリア人のカトリック教会司祭のアレッサンドロ・ヴァリニャーノも言っています。

 

「日本は何らかの征服事業を企てる対象としては不向きである。(中略) 国民(武士?)は非常に勇敢で、しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので、征服可能な国土ではない」...

 

生 麦事件というのをご存知でしょうか? 時は1862年9月14日、乗馬を楽しんでいる4人のイギリス人が、細い道で島津藩の大名行列とぶつかってしまいました。

 

イギリス人はそのまま進行しようとし、それを見た武士たちは、「無礼者!」と切りつけてしまいました。そして1名が死亡、2名が重症を負いました。

 

その事件は、イギリス人以外の在日外国人にも広く伝わったはずです。大勢の日本人とすれ違うと、切り殺されてしまうということを知った外国人たちは、さぞ驚いたことでしょう。

 

さらに日本人には芸術性の高さ、器用さ、精巧な物を作り上げてしまうという気質があります。

 

鉄砲や大砲は海外から伝わったものではありますが、種子島にたどり着いたわずか2挺の鉄砲から、その10年後には日本に普及してしまいました。

 

つまり、そのような発達したものをすぐに作り上げてしまう技量があります。さらにはそれを改善・改良してしまう。そしてそれが普及する伝達網まで発達しているのです。

 

そして高い学力です。西洋ではまだ手づかみで食事をしていた16世紀の中頃に、「国民の大部分が読み書きできる!」と、あのフランシスコ・ザビエルも驚いているほどです。

 

現代では、読み書きができて当たり前なので気が付きませんが、もし読み書きができないと、情報の伝達がかなり難しくなります。話して伝えるしか方法がないからです。

 

大多数の人間に、ある情報を伝える時、もし書面で伝えることができないとすると、大勢の前で話したり、話し伝えていくしか方法がありません。

 

前者の場合は 聞こえない、忘れられるという決定的な欠点があり、話し伝える場合は、伝わる情報の正確さが著しく欠けることになります。

 

従順という国民性があります。団体行動が得意で、上の命令に従うので、団体として強い存在になるのです。

 

さらには島国という地理的な条件もあります。船が主要な交通手段であった当事、海に囲まれているということが有利に働きます。

 

実際にも日本の歴史において、海に囲まれていることと、自然の猛威で2度も元寇を跳ね返しています。

 

 

 

 

第二次世界大戦の本当の見方

 

第二次世界大戦の日本の保守の人たちの見方は、

 

日本は侵略戦争をしていない。

 

アジアを「侵略した」のではなく、「解放した」です。

 

ところが、立場が変わってイギリス側から見るとそれが逆になります。

 

アジアは当時、既にイギリス他の植民地でした。

 

つまりイギリス他の、自分たちの正式な国の一部です。

 

今なら間違いなく人種差別で大問題となりますが、当時はそれが当たり前でした。

 

つまり、イギリス他の先進諸国は、アジアを植民地としていたことが悪いことだとは思ってもいなかったのです。

 

しかもそれが何百年も続いていました。

 

そのイギリスの一部に日本が攻めてきて一瞬にして奪ったのだから、それはやはり「侵略」なわけです。

 

アメリカにはアメリカの見方があると思います。

 

アメリカは、自分の国自体が元々は人のものでした。

 

そこに住む原住民を追いやって、ヨーロッパ人がそこを新しい国、アメリカとしました。

 

原住民であるインディアンは当時、どれだけ血みどろに頑張ったかは、西部劇を見れば明らかです。

 

ですが悪者は常に「未開の野蛮民族」とされるインディアンの方です。

 

白人の方は、未開の地に文明をもたらす正義の味方です。

 

アメリカ人から見れば、未開の地の野蛮民族に襲われるのでやっつけるという風に見えます。

 

ですが、インディアンにとってはみれば、自分の土地に侵略してきた白人を、命をかけて追い出す、自分たちを守るということになります。

 

参考出典: ヘンリー・スコット・ストークス著「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」祥伝社新書

 

 

 

 

 

日本の良さ、素晴らしさに気がついて、日本に永住を決めたり帰化する外国人の多さをご存知でしょうか?

 

最も多い中国人、韓国人を筆頭に、欧米やあらゆる国の人たちが日本を気に入って日本に永住、あるいは帰化しています。

 

そしてそういう人たちが、日本人に代わって日本のことを良く言ってくれている事実があります。

 

アメリカ人で言えばドナルド・キーんさん、エドワード・G・サイデンステッカーさん、ケント・ギルバートさん、イギリス人ではイヴァン・モリスさん、アーサー・デイヴィッド・ウェイリーさん、ヘンリー・スコット・ストークスさん、中国人だと石平さん、韓国人だと呉善花さん、李相哲さん、金文学さん、台湾人だと黄文雄さん、金美玲さん、ロシア人のアリシア・フォードさんマレーシアのマストゥラさん、エジプト人だとフィフィさんなど、数え上げればきりがありません。

 

日本に長く住む親日の外国人、あるいは元外国人が日本の良さを語ってくれて、自虐史観から目を覚ませと言ってくれているのです。

 

何て有難いことなのでしょうか。

 

こんなことが起きる国は、世界中どこか他にあるでしょうか?

 

 

 

誤解を招かないようにお願いがあります。これらの内容は、日本人は1人残らず全て温厚な平和主義の被害者で、白人、大陸の人間が全て悪いと批判しているのではありません。

 

白人、大陸の人間にも善い人はいますし、逆にとんでもない日本人の悪人もいます。

 

「人がいる所に泥棒あり」で、残念なことに国に関係なく悪い人はどこにでもいます。

 

ここで述べているのは、過去の歴史が示している、あくまでも一般的なことを騙されずに理解することです。

 

このサイトの主旨、希望は、捏造の歴史に騙されて自虐史観に陥ってしまっている人の中から、1人でも多くの人が真実に気が付いてくれて、誇り、勇気、元気を出し、日本が活気を取り戻すことです。

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

タバコのポイ捨て (Fri, 20 May 2022)
デュッセルドルフの中央駅で掃除をしていると(www.souji.eu)、ほうきではく対象のゴミのほとんどは、「タバコの吸い殻」です。 なぜそんなこと(活動)をしているのか? 詳しくはこちら ➡︎ なぜ掃除 ところで、イン続きを読む "タバコのポイ捨て"
>> Mehr lesen

掃除で平和を招き隊 (Sun, 15 May 2022)
本日も行ってきました!
>> Mehr lesen

鎖国中にも日本に来ていた外国人 (Sun, 15 May 2022)
安土桃山から明治時代にかけて、日本に来た外国人が残した書き物をずっと読んでいます。 「頑張れ日本ドットコム」を編集中だからです。 そうすると、なぜ日本が鎖国をしたのかがよく分かります。 そんなことは日本の教科書には書いて続きを読む "鎖国中にも日本に来ていた外国人"
>> Mehr lesen

ロシア、ウクライナからついに吉報‼️ (Sat, 14 May 2022)
ロシアのウクライナ侵攻前、プーチンはウクライナの南北東の国境に、既にロシア軍を集めていました。 但し、その時点では、世界中のほとんどの専門家、評論家は、「(まさか)それでも侵攻はない」と言っていました。 そんな中で、ロシ続きを読む "ロシア、ウクライナからついに吉報‼️"
>> Mehr lesen

超スケベで、超残酷な日本兵 (Tue, 10 May 2022)
古くはGHQ、そして日教組、NHK、朝日新聞、毎日新聞などの反日勢力の主張によると、先の大戦の時の日本兵はとんでもない人間が多かったそうです。 本当でしょうか? 日本人って元々、世界の物差しで計ると、最も謙虚で真面目、気続きを読む "超スケベで、超残酷な日本兵"
>> Mehr lesen

本日も行ってきました! (Sun, 08 May 2022)
このブログは6月にAmeba に引越しとなります。引越し先はこちら ➡︎ https://ameblo.jp/netdeduessel/
>> Mehr lesen

このブログは、約2ヶ月後にAmebaに引越しとなります。 (Sat, 07 May 2022)
テストとして、「成田悠輔さんと福島瑞穂さん」と、「宇宙人が地球に現れない悲しい理由」を書いてみました。 もし宜しければ、試しにご覧ください。
>> Mehr lesen

世界一安全な国、日本 (Thu, 05 May 2022)
統計も示していますが、日本は間違いなく世界で最も安全な国のひとつです。 例えばここドイツでは、日本の4倍以上の犯罪が発生しています。 殺人は約 2倍、強盗は約 13倍、窃盗は約 3倍 さて、安全な国の日本について、外国人続きを読む "世界一安全な国、日本"
>> Mehr lesen

ロシアに支配されるドイツ (Wed, 04 May 2022)
左派メディアがいい加減な報道をするので、前トランプ大統領を嫌っていた人は多くいました。 ドイツの学校でもそう教えていたので、うちの娘もトランプ大統領が大嫌いでした。 ひどい例は次の写真です。 DER SPIEGEL は、続きを読む "ロシアに支配されるドイツ"
>> Mehr lesen

映画、「めぐみへの誓い」 (Tue, 03 May 2022)
という映画をご存知でしょうか? 北朝鮮に拉致された、横田めぐみさんの映画です。 そういう映画があることは、虎ノ門ニュースで知っていました。 そして最近偶然に知った、同じドイツ(ミュンヘン)に住む日本人女性、ヨシオカさんが続きを読む "映画、「めぐみへの誓い」"
>> Mehr lesen

日露戦争と乃木希典将軍 (Mon, 02 May 2022)
今日は、あの日露戦争の陸上での戦い、旅順要塞、203高地攻撃で有名な乃木大将が、その任を受けた(日本陸軍第3軍指揮官就任の)日です。 日本人が普通知る日露戦争の知識は、司馬遼太郎の歴史小説、「坂の上の雲」からだと思います続きを読む "日露戦争と乃木希典将軍"
>> Mehr lesen

日本の教育 (Sun, 01 May 2022)
次は、アリス・ベーコンという、明治期に日本に滞在した、アメリカ人女性の教育者が残した言葉です。 「日本では達筆であることが重視されるが、それは文字を美しく書ければ、他の全ての稽古事を上手にこなせると考えられているからであ続きを読む "日本の教育"
>> Mehr lesen

中世のヨーロッパに黒人の貴族? (Mon, 25 Apr 2022)
人種差別撤廃にとても大きく貢献した国はどこかご存知でしょうか? 日本なんです! 日本は第一次世界大戦に参戦して勝利国側の一国になりました。 同盟国であるイギリスに求められての嫌々の参戦でした。 そして戦後の講和会議で日本続きを読む "中世のヨーロッパに黒人の貴族?"
>> Mehr lesen

親日国 004 アルゼンチン (Wed, 20 Apr 2022)
マラドーナやメッシのサッカー選手の国ですが、日本でも多くのアルゼンチンサッカー選手が活躍してきましたが、アルゼンチンの親日感情もかなり強いです。 その理由はブラジルと同じで、19世紀の日本からの移民です。 当時ブラジルと続きを読む "親日国 004 アルゼンチン"
>> Mehr lesen

今のウクライナに最も注目しているのは誰でしょうか? (Mon, 18 Apr 2022)
今のウクライナの悲惨な状況は、世界中の人が注目しています。 「一刻も早く、ロシアの攻撃が終わってほしい」と。 世界中の人たちが注目している中でも、最も熱い視線を注いでいるのは誰でしょうか? 間違いなく習近平さんです。 台続きを読む "今のウクライナに最も注目しているのは誰でしょうか?"
>> Mehr lesen

ロシア女性ジャーナリストが焼身自殺。政権側捜索に抗議か (Sun, 17 Apr 2022)
チベットでは、中国政府の圧政に対して焼身自殺までして抗議活動が行われているのは聞いたことがあると思います。 報道の例はこちら ➡︎ チベットで抗議の焼身自殺、10年で150人超が図る。 その報道が、反日左翼の朝日新聞によ続きを読む "ロシア女性ジャーナリストが焼身自殺。政権側捜索に抗議か"
>> Mehr lesen

メディアの力の恐ろしさ。プーチンへのロシア国内支持率がなぜ80%以上もあるのか? (Sat, 16 Apr 2022)
ロシア国内のプーチンへの支持率が80%以上になっているそうです。 一体どういうことでしょうか? 嘘の報道に騙されているとしか考えられません。 ご年配はロシアのTVしか見ていないでしょうから、虚偽報道にそのまま騙されている続きを読む "メディアの力の恐ろしさ。プーチンへのロシア国内支持率がなぜ80%以上もあるのか?"
>> Mehr lesen

親日国 003 アルジェリア (Fri, 15 Apr 2022)
東日本大地震の時に、世界6位となる高額の義援金を送ってくれたアルジェリア。 アルジェリアはGDPで世界第57位。 決して豊な国ではありません。 アルジェリアでは、2013年にガス田施設がイスラムの武装勢力に襲われて、日本続きを読む "親日国 003 アルジェリア"
>> Mehr lesen

ウクライナの次は日本? (Wed, 13 Apr 2022)
欧米に合わせて、日本もロシアに対して経済制裁を始めました。 経済制裁をおこなえばお金がなくなる ➡︎ 戦争に必要な軍備が出来なくなる… ロシア政府は早速公式に、「ロシアに対して経済制裁を行う日本には報復措置を取る」と発表続きを読む "ウクライナの次は日本?"
>> Mehr lesen

長い間、ありがとうございました。 (Tue, 12 Apr 2022)
WordPress 社からメールで、約2ヶ月後の更新時期に、システムの改善等が加わるので、$300/年間の費用がかかると連絡が来ました。 そこで誠に勝手ながら、その時にこのブログは終了となります。 今まで読んでくださった続きを読む "長い間、ありがとうございました。"
>> Mehr lesen

親日国 002 アメリカ、サイパン島 (Mon, 11 Apr 2022)
第2次世界大戦終結60周年の2005年、今上天皇と皇后陛下がサイパン島を訪問することになりました。 それは、戦没者を慰霊したいという以前からの今上天皇の希望でした。 サイパン島は当時、激戦地の1つで、日本兵、残留日本人が続きを読む "親日国 002 アメリカ、サイパン島"
>> Mehr lesen

本日も行ってきました! (Sun, 10 Apr 2022)
言うは易し、なすは難し。 口で言うのは簡単でも、実際に身体を動かしておこなうのは難しいと言う意味です。
>> Mehr lesen

ジョンソン首相のウクライナ訪問 (Sun, 10 Apr 2022)
イギリスの首相、ジョンソン氏がウクライナのキーフを訪問しました。 「やるな〜!」と思います。 今、世界の中で最も求められていることであり、国際世論の面から言えば大正解です。 EUの首相、いえ、世界中の国家元首が1人でも多続きを読む "ジョンソン首相のウクライナ訪問"
>> Mehr lesen

1人あたりに50万円もかけた接待に不満だったペリー (Sat, 09 Apr 2022)
幕府は結局、ペリーが無理強いする開国(通商開始)を受け入れて、祝賀晩餐会を開いたそうです。 海の幸、山の幸の素晴らしい当時の和食が、現在の金額だと、ひとり約50万円ほども用意されたそうです。 かける数百人なので、全部でう続きを読む "1人あたりに50万円もかけた接待に不満だったペリー"
>> Mehr lesen

ウクライナが降伏した方が良いという意見 (Fri, 08 Apr 2022)
先日、ウクライナ情勢に関して書いたブログにコメントをいただきました。 「なぜウクライナは降伏しないのか?」 降伏すれば、ロシアは爆撃をやめて、死傷者が出なくなるという意見です。 「どうしたら、そういう考えに至るのか?」と続きを読む "ウクライナが降伏した方が良いという意見"
>> Mehr lesen

黒船側から見た日本 (Thu, 07 Apr 2022)
1853年の幕末に、日本にやってきたアメリカの蒸気船、黒船。 大きさは当時の世界最大級。 最初は4隻、翌年には合計9隻で来ました。 日本にはまだ蒸気機関がなかったので、蒸気で動く大型の船に、当時の日本人はとても驚いたそう続きを読む "黒船側から見た日本"
>> Mehr lesen

なぜ日本とタイだけが植民地にならずに済んだのか? (Wed, 06 Apr 2022)
15世紀の末から20世紀までの約500年間、世界は植民地を支配をする西洋の白人と、支配される有色人種のどちらか2つに大きく分かれていました。 それでも世界中で僅かに2ヶ国、植民地とならなかった有色人種の国がありました。 続きを読む "なぜ日本とタイだけが植民地にならずに済んだのか?"
>> Mehr lesen

親日国 001 アフガニスタン (Tue, 05 Apr 2022)
19世紀の後半から1919年までの三次にわたるイギリスとの戦争、ソ連による侵攻、ソ連撤退後の内戦、911の首謀者であるアルカイダを匿ったとしてアメリカの攻撃を受けるなどと、戦争が絶えないアフガニスタン。 欧米人に対しては続きを読む "親日国 001 アフガニスタン"
>> Mehr lesen

中米の日本と言われるエルサルバドル (Mon, 04 Apr 2022)
ひょんなことから、日本がポジティブにとんでもない国だと気付かされました。 気付いたのは、反日左翼の人たちがきっかけでしたが、それは置いておき… 日本人は普通、そのことに気が付きません。 なぜならそれはごく当たり前のことだ続きを読む "中米の日本と言われるエルサルバドル"
>> Mehr lesen

デュッセルドルフの平和活動 (Sun, 03 Apr 2022)
本日も、ご参加ありがとうございました‼️
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...