日本と海外の違い

日本ファンができる理由

日本の常識は世界の非常識。世界の歴史の常識は、革命に次ぐ革命、流血の歴史です。日本のように、天皇という国家を代表する存在が、2000年以上、125代も続き、一つの民族がずっと続いているという奇跡的な国は日本を除いてこの世界に二つとありません。
 
例えばヨーロッパで似たような島国、そして過去の一時期に、世界の大半を支配した大英帝国でさえ、1.000年さかのぼらなくても、その言語がフランス語であったりするほど国の状況が紆余曲折しています。日本の常識や、文化、風習、教育が、他の国には驚異に受けとめられています。アニメはほんのその一部です。

 

2013年7月22日、埼玉市のJR南浦和駅で、1人の日本人女性が電車とホームの隙間に落ちてはさまってしまいました。誰かが声をかけ、ホームにいたほとんどの人たちは一緒になって電車を押し傾けて、その女性を無事に救い出し、8分後にはダイヤは正常に動き出しました。
 
このニュースは各国でも報道されて、わが国なら野次馬はできてもこういうことは起こらない。良くて警察、消防署、救急車が呼ばれるだけだ。日本という国のみで起こりえる救出劇だと各メディアは伝えました。
 
そして世界が賞賛した、東日本大震災の日本人の態度は、実は昔から続いている天災でも、既に同じことが起きていました... 


マシュー・カルブレイス・ペリー アメリカ海軍軍人(1794~1858)
1854年、安政南海大地震とその津波の被害を見て...
 
「地震によって生じた災禍にもかかわらず、日本人の特性たる反撥力が表われていた。その特性は、よく彼達の勢力を証するものであった。彼達は、落胆せず、不幸に泣かず、男らしく仕事にとりかかり、意気阻喪することも殆どないやうであった」
 

「ペルリ提督日本遠征記」四 土屋喬雄・玉城肇訳、岩波文庫
「炎の街を横切って」「明日の中の黒い鳥」 内藤高訳、講談社学術文庫
 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」 黄文雄、徳間文庫

 

 

パウル・ルイス・チャールス・クラウデル フランス劇作家・詩人、駐日フランス大使(1868~1955)
「私がどうしても滅びて欲しくないひとつの民族がある。それは日本人だ。あれほど古い文明をそのままに今に伝えている民族は他にはない。日本の近代における発展、それは大変目覚しいが、不思議ではない」
 
「日本は太古から文明を積み重ねてきたからこそ、明治に入り欧米の文化を急速に輸入しても発展できたのだ。どの民族もこれだけ急な発展をするだけの資格はパウル・ルイス・チャールス・クラウデル フランス劇作家・詩人、駐日フランス大使(1868~1955)、1923年に起きた関東大震災を日本で経験して...
 
地震の日の夜、私が東京と横浜の間を長時間歩いている時、あるいは生存者たちが群れ集まった巨大な野営地で過ごした数日間、私は不平ひとつ聞かなかった。廃墟の下に埋もれた犠牲者たちの声も、「助けてくれ!こっちだ!」というような差し迫った叫び声ではなかった。「お願いします」という慎ましい懇願の声だった。
 
「日本人は貧しいが、高貴だ。もしこの世に生き残ってほしい民族を1つあげるとすれば、それは日本人だ」
 

「炎の街を横切って」「明日の中の黒い鳥」 内藤高訳、講談社学術文庫
 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」 黄文雄、徳間文庫

 

 

エドゥアルド・スエンソン デンマーク人、フランス艦隊士官(1842~1921)

1866年、横浜の大半が焼失した横浜の大火に遭遇して...

「日本人はいつに変わらぬ陽気さ、のん気さを保っていた。不幸に襲われたことをいつまでも嘆いて時間を無駄にしたりしなかった。持ち物全てを失ったにもかかわらずにである。日本人の性格中、異彩を放つのが、不幸や廃墟を前にして発揮される勇気と沈着である」

「江戸幕末滞在記」 長島要一訳、講談社学術文庫
 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」 黄文雄、徳間文庫

 

 

エルヴィン・フォン・ベルツ ドイツ人医師(1849~1913)、1876年に起きた東京大火を目撃して...

「日本人とは、驚嘆すべき国民である!今日午後火災があってから36時間たつかたたぬかに、早現場ではせいぜい板小屋と称すべき程度のものではあるが、千戸以上の家屋がまるで地から生えたように立ち並んでいる。」


「ベルツの日記」 菅沼竜太郎訳、岩波文庫

 「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」 黄文雄、徳間文庫

 

 

エリザ・R・シドモア(1856~1928)

同上1866年、横浜の大半が焼失した横浜の大火に遭遇して...

「焦土と化したばかりの場所に、日本家屋が建て直されるスピードは驚愕に値し、比類が無い。大火の後12時間のうちに、小さな店の主人は元の所で商売を再開してしまうのだ。」

 

「日本・人力車旅情」恩地光夫訳 有隣堂
「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」 黄文雄、徳間文庫

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツ、デュッセルドルフ中央駅前の掃除活動、2019年11月10日(日)、久しぶりの快晴! (Sun, 10 Nov 2019)
月に1回、第1日曜日に有志で行っている駅前のお掃除。 前回も雨で2週ずれて9月1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ(語)と日本(語)の違い – 「勿論!」– 海外生まれ、海外育ちの日本人、要注意! (Sat, 26 Oct 2019)
親が何か言うたびに、ドイツ生まれでドイツ育ち(現地校通い)の子供から帰ってくる言… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

第10回 漢検デュッセルドルフ (Sun, 20 Oct 2019)
デュッセルドルフの中央駅にあるVHS(ドイツの市民大学)の協力を得て2016年に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 (Wed, 16 Oct 2019)
学者は何でもすぐに理論化するのが好きですが、アメリカの犯罪学者、ジェームズ・ウィ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

気配りは日本人の専売特許? (Sat, 12 Oct 2019)
では決してありません。 ケルンの大きな食料品メッセで偶然に知り合ったイタリア人、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛(霜降り肉)のドイツでの普及 (Sun, 06 Oct 2019)
これが何だか分かる人はグルメかも? 知人を通じて、ケルンの食品メッセに出店する和… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

答え方としては同じ「少々お待ちください」と「はい、只今」でも、その差は雲泥の差 (Sat, 05 Oct 2019)
と、同じシーンで使える表現でも大きな違いがあることは以前詳しく書きました。 前者… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

掃除のことで、デュッセルドルフ市長からのお招き (Sat, 28 Sep 2019)
を受けました。 招かれたのは全部で十数人。 デュッセルドルフの市長に会うなどは勿… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本の知識で、南京虐殺があったと思っている日本ファンドイツ人 (Sat, 31 Aug 2019)
を少なくとも2人程知っています。 もしそれを否定しようものなら、「南京虐殺を否定… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

人間が何を食べて良いかは誰が決める? (Sat, 27 Jul 2019)
自分が住んでいるデュッセルドルフの郊外で見かけた車の後部です。 これを見て一瞬「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人気質がとても良く現れているジョーク、タイタニック号が沈む時 (Sat, 29 Jun 2019)
タイタニック号が沈む時に、男性の乗客に早く海に飛び込むように促す掛け声の違いで、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

人に迷惑をかけない人になって欲しい… 2 (Sat, 22 Jun 2019)
ネットdeデュッセルには、ドイツで交通事故に遭ったりして困った時に、その場で相談… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「人に迷惑をかけない人になって欲しい…」 (Sat, 08 Jun 2019)
…という答えが、日本人の7割の親から返ってくるそうです。 質問の内容は、「自分の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Proud to be Japanese (Sat, 04 May 2019)
と書いてあるわけではありませんが、先日見かけた PROUD TO BE AMER… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

靴を脱ぐ時に、どうして外に向けて揃えて置くのか… (Sat, 30 Mar 2019)
良い家庭、あるいは躾に厳しい家庭に育てば当たり前のことですが、今の日本ではなかな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

出る杭(日本・日本人)は打たれる (Sat, 09 Mar 2019)
慰安婦問題、南京虐殺、朝鮮人強制連行、捕鯨にイルカ漁などなど、日本はいつも叩かれ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

外国人が驚く日本人の秩序 (Sat, 02 Feb 2019)
日本に来る外国人観光客が驚くことがたくさんあります。 何と言ってもそのナンバーワ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の治安 その2 (Sat, 12 Jan 2019)
日本に観光に来る外国人の間で、いくつかの日本の不思議があります。 ウォシュレット… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の治安 (Sat, 05 Jan 2019)
デュッセルドルフの隣の市、メアブッシュ市で見かける光景です。 傷みの遅い野菜など… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安倍政権の、外国人労働者受け入れ拡大には大反対 (Sat, 15 Dec 2018)
私は人というものが何より大切だと思っている。私たちの国というのは、この、人という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

自分の国を誇れる? (Tue, 30 Oct 2018)
以前イタリアで見かけたTシャツです。 せっかく写真を撮らせてもらったのに、彼がア… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

移民受入 (Thu, 25 Oct 2018)
安倍政権が、移民と言うか、海外労働者の受け入れを加速させるそうです。 現時点でも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

善いことは波及する (Sat, 15 Sep 2018)
くだらないことかもしれませんが、先日デュッセルドルフの街中を車で走っていて嬉しい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...