関東大震災時の朝鮮人虐殺

強制連行や従軍慰安婦という言葉も歴史的事実も、今や確認されていない、捏造だったということに固まりつつあります。

 

そして、この関東大震災時の朝鮮人虐殺ということに関しても、様々な事実がわかってきています。東京は言うに及ばず、横浜一帯も酷い被害を受けていることが様々写真や文献からも伺い知ることが出来ます。

 

まず、不思議だったのは工藤美代子氏の「関東大震災 朝鮮人虐殺の真相」という

本の冒頭で描かれている灼熱地獄の模様ですが、如何に大きな地震だったからといって、

 

家屋の倒壊などに比べて猛火で焼かれて亡くなる人がこんなにも多かったか、

どこもここもが火の海で覆われ、結局何百何千何万の人がこれほど多く焼かれて亡くなっいます。

 

それが、あとで自然発生的に起きた火事でないことがわかってきました!

 

朝鮮人の放火により、いったい何万人の命が亡くなったのでしょう?

関東大震災(大正12年)時、デマに惑わされた日本人暴徒が多数の朝鮮人を虐殺した。

 

学校教育等で、近現代史の汚点として、このように教えられますが、実際は、不逞鮮人によるテロに等しい集団暴力事件の多発。軍も出動。日本人は自身や家族を守る為に、自警団でそれに対抗。

 

不逞鮮人と自警団・軍隊の激突で双方に被害者がでた、一般鮮人にも死者がでた。

不逞鮮人と左翼系組織との連携があり、偶発的な事件ではなく計画性があった。

 

事後に、左翼学者による不逞鮮人の暴動の隠蔽工作、一般鮮人被害者数の水増し工作。

無実の一般鮮人を巻き添えにしたという日本人の良心の呵責を利用し、疑問や反論も許さぬ「タブー」として、日本人が悪いと印象操作を行うことで、お人よしで人を疑わない日本人を騙し、世論は朝鮮人と左翼の狙い通りになっていった。

 

当時のさまざまな新聞などを調べると真実が見えてくる...

 

続きは出典元サイトへ...

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...