カンボジア人の見方

カンボジアのシアヌーク元国王は、日本の敗戦後、完全に落ち込んでいる時に、昭和天皇を励ましに来てくれた最初の国賓でした。

 

日本への戦後賠償を放棄しててくれた国のひとつで日本を支えてくれました。

 

1975年からポルポト派が実験を握り、僅か3年半の間に約800万の国民のうち、200万人もの人たちが虐殺されました。

 

その時に国際援助で駆けつけたのが日本の自衛隊で、地雷撤去や道路整備を行いました。

 

似たように戦争で全てを失っても、世界有数の経済大国になった日本を尊敬して、「日本が私たちの見本であり希望である」と言われます。

 

但し、国の上層部は中国との付き合いが深く、資金援助もかなり受け取られています。

 

水道事情が悪い東南アジアではカンボジアも例外ではなく、水道の水を飲めるのはプノンペンだけですが、その水質管理、水道施設を援助しているのが北九州市です。

 

池間哲郎著「日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」育鵬社

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...