アメリカ人の第2次世界大戦の見方

ダグラス・マッカーサー GHQ総司令官
 

当時日本を占領していたGHQの総司令官、ダグラス・マッカーサーでさえ、1951年の米国上院軍事外交合同委員会にて下記のように述べています。

 

「日本の潜在労働者は、量においても質においても、私がこれまで知っている中の最も立派なものの一つである。 しかし、彼らは労働力はあっても、絹産業以外には蚕のほかに取りたてて固有の産物はほとんど何もありません。綿がない、羊毛がない、石油がない、錫がない、ゴムがない。

 

その他じつに多くの原料が欠如しています。それら一切のものはアジアの海域に存在していたのです。日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。 それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障の必要に迫られてのためであった。」

 

出展: 『世界から見た大東亜戦争』展転社・名越二荒之助
(1951年5月3日・米上院の軍事外交合同委員会の
聴聞会における発言)
 原文: 「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security

(したがって彼らが戦争に飛び込んでいったのは動機は、

大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった)」

 

 

「明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする、この勇気に満ちた態度は、私の骨の髄までも揺り動かした。私はその瞬間、私の目の前にいる天皇が、個人の資格においても日本の最上の紳士であることを感じとった」マッカーサー回顧録

 

刀剣ワールド

https://www.touken-world.jp/tips/9177/

レジナルド・カーニー 歴史学者 黒人学専攻
日本が講和会議において、国際連盟の盟約として、人種平等の原則が固守されるべきであることを提案して議論することについて、「おそらく世界で最も有望な有色人種の期待の星、それが日本であるという確信。我々黒人は、講和会議の席上で、人種問題について激しい議論を戦わせている日本に、最大の敬意を払うものである。」
 

著書: 20世紀の日本人

 

 

ベン・ブルース・ブレークニー アメリカ東京裁判弁護士
(東京裁判において東郷茂徳、梅津美治郎等、日本側の弁護人を務めた)
 

「こんな最後通牒を出されたら、モナコやルクセンブルグ(のような小国)でも武器を取って立つ」というほど高圧的、屈辱的なものでした。


「キッド提督の死が、真珠湾攻撃による殺人罪ならば、我々はヒロシマに原爆を投下した者の名前を上げることができる。投下を計画した参謀長の名前も承知している。その国の元首の名前も我々は承知している。彼らは殺人罪を意識していたか? 
 
...それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。何の罪科で、いかなる証拠で、戦争による殺人が違法なのか?原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、それを黙認した者がいる。その人たちが裁いているのだ。
 
要約:
原子爆弾という国際法で禁止されている残虐な武器を使用して多数の一般市民を殺した連合国側が、捕虜虐待について日本の責任を問う資格があるのか。
 
この弁論は、通訳無しとして、裁判速記録には記載されていないどころか、ウェッブ裁判長は、理由は将来述べるとして却下している。


出展: 草莽全国地方議員の会 および
8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画
桜チャンネル、現代戦争論 Part 2
東京裁判名場面

 

 

O・ラティモア 元中華民国(蒋介石)顧問
日本が立派にやり遂げたことは、欧米の植民地帝国を完全に破壊したことである。


日本に対する世界の評価(1:49)

 

 

ハーバート・クラーク・フーヴァー 第31代アメリカ大統領


若し吾々が日本を挑発しなかったならば決して日本人から攻撃を受ける様なことはなかったであろう」

 

 

C・ウィロビー GHQ参謀部長
東京裁判は史上最悪の偽善である。
もし米国が同じ立場だったら日本と同じように戦っただろう。
 

インド人が語る日本「世界は日本をどう見ているのか」(8:00)

 

 

ハミルトン・フィッシュ 共和党上院議員
ルーズベルト大統領は、その絶大な権力を使って遂に米国を日本との戦争に巻き込むことに成功した。 そのことは、米国を欧州における戦争に参戦させるという彼の最終的な目的を達成させた。
 

名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社

 

 

ハリー・エルマー・バーンズ アメリカ歴史学者
大西洋でヒトラーを戦争行為に挑発出来ない事がはっきりしてきた1941年6月の、日本の経済的封殺で始まった戦術の切り替えを除いては、戦争への道は まったく直線的であった。全局面を通じる戦争工作の建築家であり大指揮者だったのはフランクリン・デラノ・ルーズベルトだ。

 


出展: 草莽全国地方議員の会

 

 

ヘレン・ミアーズ 歴史学者、GHQメンバー
東京裁判は正義ではなく、明らかなリンチだ。私たちアメリカがどうして日本を罰することができるのか?私には理解できない。
 
なぜ日本が韓国国民を「奴隷にした」と非難されるか理解できない。もし奴隷にしたならば、イギリスは共犯であり、アメリカは少なくとも従犯である。日本の韓国での行動は全てイギリスの同盟国として「合法的に」行われたことだ。
 
国際関係の原則にのっとり、当時の最善の行動基準に従って行われたことである。 しかも原則は日本が作ったものではない。欧米列強が作った原則なのだ。1910年、日本が韓国を併合したのは、韓国皇帝が「請願」したからだ。歴史家は、日本は欧米列強から教わった国際関係の規則を、実に細かいところまで几帳面に守っていた、とほめるのだ。
 

出展: 著書、アメリカの鏡・日本
 草莽全国地方議員の会

 

 

米国戦略爆撃調査団
日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、(今次の)戦争を始めた事は明らかである。これに対して、アメリカ合衆国は、単に自分達の 経済的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。

米国戦略爆撃調査団団長ニッツから
トルーマン米国大統領に提出された報告書、1946年7月

 

ジェシー・ジョーンズ ルーズベルトの商務長官
ルーズヴェルトは、『私は戦争を憎む』と度々述べたのにもかかわらず、彼は、参戦に非常に熱心だった。なぜならば、参戦は3期目の大統領の地位を約束するからであった。もし、彼が大統領に三選されたならば、それは彼の二つの大きな希望を満たすことになる。すなわち、一つは戦争をするということであり、も う一つは史上初めての三選を果たした大統領として、彼の虚栄心を満たすことであろう。


出展: 草莽全国地方議員の会

 

ジョイス・C・レブラ アメリカコロラド大学歴史学博士・歴史学部教授
大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の一つは、各国の青年を教育し、組織し、独立精神を振起した点にある。 その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。
 
日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な意味を持っていた。 今や真の独立が確固とした可能性となると同時に、西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性として浮かび上がってきたのである。
 
民 族主義者は、日本占領期間中に(日本軍により)身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の植民地復帰に対抗した。 そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後になって思い知るこ とになるのである。 (中略)
 
さ らに日本は独立運動を力づけ、民族主義者に武器を与えた。 日本軍敗走の跡には、二度と外国支配は許すまいという自信と、その自信を裏付ける手段とが残ったのである。 東南アジアの人間は今や武器を手にし、訓練を積んでおり、政治力、組織力を身につけ、独立を求める牢固たる意志に支えられていた。
 
『東南アジアの開放と日本の遺産』秀英書房、256-257頁

東京で開かれた極東国際軍事裁判で、打ち出された一つのイメージ、即ち、日本は世界で最も強欲な軍国主義国家の一つであったとする思想は、太平洋の西側 で、長い間再検討されないまま放置されていた。公私の資料の入手難が解明を遅らせ、太平洋戦争の幾つかの局面を暗闇に閉じているのが現状である。
 
又、日本 の歴史家達は、東南アジアに於いて日本が大東亜共栄圏に託した理念、実現の方法等を吟味する事に、今日迄消極的であった。ごく最近になって、アメリカ合衆 国の学者は、日本の戦争目的を再検討する事に着手し、これ迄の定説を修正し始めた。(中略)
 
再検討を志すアメリカ合衆国の学者達の意見に依れば、太平洋戦 争は、西欧資本主義流の帝国主義の単なる日本版では無く、それにもまして西欧諸国の進出によって脅威を受けた日本が、(自国の)存亡に関わる権益を防衛す る為の戦いであったのである。更にアジアを包含しようとする大日本帝国の野望として従来は見なされていた、大東亜共栄圏の理念も又再検討されて然るべきで ある。

 

ジョイス・C・レブラ『チャンドラ・ボースと日本』原書房、1969年

 

 


エリオット・ソープ  GHQ対敵情報部長
日本人に損害を受けて怒りに燃える偏見に満ちた連合国民の法廷で裁くのは、むしろ偽善的である。戦争を国策の手段とした罪等は、戦後に作り出されたものであり、リンチ裁判用の事後法としか思えなかった。

出展: 草莽全国地方議員の会

 

 


ジョージ・S・カナへレ博士 アメリカ、ハワイ・日本経済協議会事務局長
日本占領軍が、インドネシア民族主義の為に行った種々の訓練の中で、最も重要なものの一つは、インドネシアに正規軍及び準軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事であろう。この作業は、特にジャワ、バリ及びスマトラの各島で推し進められた。
 
後に、インドネシア独立軍の将校や下士官となった者達は、殆ど全て、及び何万と言う兵士達は、この訓練を経て、軍事技術を身に付け、日本の敗戦後に戻って きたオランダ軍を相手に、独立戦争を戦ったのであった。
 
もし、この訓練が無かったなら、そして日本の降伏後、インドネシア人の手に入った日本軍の武器や軍需資材が無かったなら、インドネシア独立戦争の行方は 違った方向に進んでいたかも知れない。

 

ジョージ・S・カナへレ『日本軍政とインドネシア独立』鳳出版社、1977年

 

 

「日本はインドネシア語の公用語化を徹底して推進し、インドネシア国民としての連帯感を人々に植え付け、広域の大衆をインドネシアという国家の国民として組織した。とくに若者に民族意識を植え付け、革命の戦闘的情緒と雰囲気を盛り上げた。またPETAの革命における意義は大きく、これなくしてインドネシア革命はありえなかった」


 「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 

 

インドネシアで日本がオランダ軍を追い出しておこなったこと。

 

1) オランダ語と英語の使用を禁止。これにより公用語としてインドネシア語が普及。

 

2) インドネシア青年に軍事教育を施した。これにより青年が厳しい規律や忍耐、勇猛心を植え付けられた。

 

3) オランダ人を一掃し、インドネシア人に高い地位を与え、能力と責任感を身に付けさせた。

 

4) ジャワに民族結集組織プートラや、ホーコーカイ(奉公会)の本部を置き、全国に支部を作り、組織運営の方法を教えた。

 

この事実は、侵略していたのはオランダであり、そのオランダを日本が追い出し、さらに日本はインドネシアの独立に貢献したことを物語っています。

 

ヘンリー・スコット・ストークス

ファイナンシャル・タイムズ、の記者、

ロンドン・タイムズ、ニューヨーク・

タイムズの東京支局長を歴任

 

 

 

 

ロスロップ・スタッタード アメリカ歴史学者
すでに四百年の間、連続的勝利によって、白人は本能的に自己の膨張は無限に継続するものと信ずるに至った。1904年の日露戦争以前には、自己の膨張が停止するというような思想は白人千人中の一人にも考えがおよばなかった。(中略)
 
1900年は、四百年間みなぎりきった白人潮勢の頂点であった。白人はその時、威名と実力の頂上に達したのである。その後わずか四年にして日本は猛然起って露国に抗し、旅順港に巨砲弾を浴びせて世界を驚かした。その刹那に白人の退潮が始まった。

 

ロスロップ・スタッタード『有色人種の勃興』 長瀬鳳輔訳、政教社、147, 151頁
 

 
 
韓国駐在のアメリカ代表、シル
1894年・明治27年7月26日、韓国駐在のアメリカ代表シルは次の様な報告をしました。「日本は思いやりの態度で韓国に接していると思う。今度こそ、韓国を中国の束縛から解放しようとしているようだ。韓国国民に平和と繁栄と文明開化をもたらすことによって、力の弱い緯国を安定した独立国にしようとしている。こうした日本の動機は韓国の知識層である官僚の多くが賛成している。アメリ力にも異論はないと思われる」


(出典 Payson Treat.Japan and
the United States,p.154, Boston;Houghton
Mifflin Company, 1927.)

 

 

 

 

「一年中春の気候な南カリフォルニアよりも四季のある日本や日本食が大好きです。松下幸之助、土光敏夫、本田宗一郎、出光佐三や論語、武士道などの本に影響を受けています。『アメリカはその歴史上、先住民族の虐殺、黒人奴隷、民主主義の声を薄めるための上院制度、金持ちが一般の人と富を分けなくていいための法律…』と元自国アメリカを批判しています」

 

ソフトウェア会社アシストの創業者、日本に帰化した元アメリカ人。

仕事でたまたま日本に来て気に入り、

自分の会社を作って最終的には帰化してしまったビル・トッテンさん。

 

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

掃除で平和を招き隊 (Sun, 15 May 2022)
本日も行ってきました!
>> Mehr lesen

鎖国中にも日本に来ていた外国人 (Sun, 15 May 2022)
安土桃山から明治時代にかけて、日本に来た外国人が残した書き物をずっと読んでいます。 「頑張れ日本ドットコム」を編集中だからです。 そうすると、なぜ日本が鎖国をしたのかがよく分かります。 そんなことは日本の教科書には書いて続きを読む "鎖国中にも日本に来ていた外国人"
>> Mehr lesen

ロシア、ウクライナからついに吉報‼️ (Sat, 14 May 2022)
ロシアのウクライナ侵攻前、プーチンはウクライナの南北東の国境に、既にロシア軍を集めていました。 但し、その時点では、世界中のほとんどの専門家、評論家は、「(まさか)それでも侵攻はない」と言っていました。 そんな中で、ロシ続きを読む "ロシア、ウクライナからついに吉報‼️"
>> Mehr lesen

超スケベで、超残酷な日本兵 (Tue, 10 May 2022)
古くはGHQ、そして日教組、NHK、朝日新聞、毎日新聞などの反日勢力の主張によると、先の大戦の時の日本兵はとんでもない人間が多かったそうです。 本当でしょうか? 日本人って元々、世界の物差しで計ると、最も謙虚で真面目、気続きを読む "超スケベで、超残酷な日本兵"
>> Mehr lesen

本日も行ってきました! (Sun, 08 May 2022)
このブログは6月にAmeba に引越しとなります。引越し先はこちら ➡︎ https://ameblo.jp/netdeduessel/
>> Mehr lesen

このブログは、約2ヶ月後にAmebaに引越しとなります。 (Sat, 07 May 2022)
テストとして、「成田悠輔さんと福島瑞穂さん」と、「宇宙人が地球に現れない悲しい理由」を書いてみました。 もし宜しければ、試しにご覧ください。
>> Mehr lesen

世界一安全な国、日本 (Thu, 05 May 2022)
統計も示していますが、日本は間違いなく世界で最も安全な国のひとつです。 例えばここドイツでは、日本の4倍以上の犯罪が発生しています。 殺人は約 2倍、強盗は約 13倍、窃盗は約 3倍 さて、安全な国の日本について、外国人続きを読む "世界一安全な国、日本"
>> Mehr lesen

ロシアに支配されるドイツ (Wed, 04 May 2022)
左派メディアがいい加減な報道をするので、前トランプ大統領を嫌っていた人は多くいました。 ドイツの学校でもそう教えていたので、うちの娘もトランプ大統領が大嫌いでした。 ひどい例は次の写真です。 DER SPIEGEL は、続きを読む "ロシアに支配されるドイツ"
>> Mehr lesen

映画、「めぐみへの誓い」 (Tue, 03 May 2022)
という映画をご存知でしょうか? 北朝鮮に拉致された、横田めぐみさんの映画です。 そういう映画があることは、虎ノ門ニュースで知っていました。 そして最近偶然に知った、同じドイツ(ミュンヘン)に住む日本人女性、ヨシオカさんが続きを読む "映画、「めぐみへの誓い」"
>> Mehr lesen

日露戦争と乃木希典将軍 (Mon, 02 May 2022)
今日は、あの日露戦争の陸上での戦い、旅順要塞、203高地攻撃で有名な乃木大将が、その任を受けた(日本陸軍第3軍指揮官就任の)日です。 日本人が普通知る日露戦争の知識は、司馬遼太郎の歴史小説、「坂の上の雲」からだと思います続きを読む "日露戦争と乃木希典将軍"
>> Mehr lesen

日本の教育 (Sun, 01 May 2022)
次は、アリス・ベーコンという、明治期に日本に滞在した、アメリカ人女性の教育者が残した言葉です。 「日本では達筆であることが重視されるが、それは文字を美しく書ければ、他の全ての稽古事を上手にこなせると考えられているからであ続きを読む "日本の教育"
>> Mehr lesen

中世のヨーロッパに黒人の貴族? (Mon, 25 Apr 2022)
人種差別撤廃にとても大きく貢献した国はどこかご存知でしょうか? 日本なんです! 日本は第一次世界大戦に参戦して勝利国側の一国になりました。 同盟国であるイギリスに求められての嫌々の参戦でした。 そして戦後の講和会議で日本続きを読む "中世のヨーロッパに黒人の貴族?"
>> Mehr lesen

親日国 004 アルゼンチン (Wed, 20 Apr 2022)
マラドーナやメッシのサッカー選手の国ですが、日本でも多くのアルゼンチンサッカー選手が活躍してきましたが、アルゼンチンの親日感情もかなり強いです。 その理由はブラジルと同じで、19世紀の日本からの移民です。 当時ブラジルと続きを読む "親日国 004 アルゼンチン"
>> Mehr lesen

今のウクライナに最も注目しているのは誰でしょうか? (Mon, 18 Apr 2022)
今のウクライナの悲惨な状況は、世界中の人が注目しています。 「一刻も早く、ロシアの攻撃が終わってほしい」と。 世界中の人たちが注目している中でも、最も熱い視線を注いでいるのは誰でしょうか? 間違いなく習近平さんです。 台続きを読む "今のウクライナに最も注目しているのは誰でしょうか?"
>> Mehr lesen

ロシア女性ジャーナリストが焼身自殺。政権側捜索に抗議か (Sun, 17 Apr 2022)
チベットでは、中国政府の圧政に対して焼身自殺までして抗議活動が行われているのは聞いたことがあると思います。 報道の例はこちら ➡︎ チベットで抗議の焼身自殺、10年で150人超が図る。 その報道が、反日左翼の朝日新聞によ続きを読む "ロシア女性ジャーナリストが焼身自殺。政権側捜索に抗議か"
>> Mehr lesen

メディアの力の恐ろしさ。プーチンへのロシア国内支持率がなぜ80%以上もあるのか? (Sat, 16 Apr 2022)
ロシア国内のプーチンへの支持率が80%以上になっているそうです。 一体どういうことでしょうか? 嘘の報道に騙されているとしか考えられません。 ご年配はロシアのTVしか見ていないでしょうから、虚偽報道にそのまま騙されている続きを読む "メディアの力の恐ろしさ。プーチンへのロシア国内支持率がなぜ80%以上もあるのか?"
>> Mehr lesen

親日国 003 アルジェリア (Fri, 15 Apr 2022)
東日本大地震の時に、世界6位となる高額の義援金を送ってくれたアルジェリア。 アルジェリアはGDPで世界第57位。 決して豊な国ではありません。 アルジェリアでは、2013年にガス田施設がイスラムの武装勢力に襲われて、日本続きを読む "親日国 003 アルジェリア"
>> Mehr lesen

ウクライナの次は日本? (Wed, 13 Apr 2022)
欧米に合わせて、日本もロシアに対して経済制裁を始めました。 経済制裁をおこなえばお金がなくなる ➡︎ 戦争に必要な軍備が出来なくなる… ロシア政府は早速公式に、「ロシアに対して経済制裁を行う日本には報復措置を取る」と発表続きを読む "ウクライナの次は日本?"
>> Mehr lesen

長い間、ありがとうございました。 (Tue, 12 Apr 2022)
WordPress 社からメールで、約2ヶ月後の更新時期に、システムの改善等が加わるので、$300/年間の費用がかかると連絡が来ました。 そこで誠に勝手ながら、その時にこのブログは終了となります。 今まで読んでくださった続きを読む "長い間、ありがとうございました。"
>> Mehr lesen

親日国 002 アメリカ、サイパン島 (Mon, 11 Apr 2022)
第2次世界大戦終結60周年の2005年、今上天皇と皇后陛下がサイパン島を訪問することになりました。 それは、戦没者を慰霊したいという以前からの今上天皇の希望でした。 サイパン島は当時、激戦地の1つで、日本兵、残留日本人が続きを読む "親日国 002 アメリカ、サイパン島"
>> Mehr lesen

本日も行ってきました! (Sun, 10 Apr 2022)
言うは易し、なすは難し。 口で言うのは簡単でも、実際に身体を動かしておこなうのは難しいと言う意味です。
>> Mehr lesen

ジョンソン首相のウクライナ訪問 (Sun, 10 Apr 2022)
イギリスの首相、ジョンソン氏がウクライナのキーフを訪問しました。 「やるな〜!」と思います。 今、世界の中で最も求められていることであり、国際世論の面から言えば大正解です。 EUの首相、いえ、世界中の国家元首が1人でも多続きを読む "ジョンソン首相のウクライナ訪問"
>> Mehr lesen

1人あたりに50万円もかけた接待に不満だったペリー (Sat, 09 Apr 2022)
幕府は結局、ペリーが無理強いする開国(通商開始)を受け入れて、祝賀晩餐会を開いたそうです。 海の幸、山の幸の素晴らしい当時の和食が、現在の金額だと、ひとり約50万円ほども用意されたそうです。 かける数百人なので、全部でう続きを読む "1人あたりに50万円もかけた接待に不満だったペリー"
>> Mehr lesen

ウクライナが降伏した方が良いという意見 (Fri, 08 Apr 2022)
先日、ウクライナ情勢に関して書いたブログにコメントをいただきました。 「なぜウクライナは降伏しないのか?」 降伏すれば、ロシアは爆撃をやめて、死傷者が出なくなるという意見です。 「どうしたら、そういう考えに至るのか?」と続きを読む "ウクライナが降伏した方が良いという意見"
>> Mehr lesen

黒船側から見た日本 (Thu, 07 Apr 2022)
1853年の幕末に、日本にやってきたアメリカの蒸気船、黒船。 大きさは当時の世界最大級。 最初は4隻、翌年には合計9隻で来ました。 日本にはまだ蒸気機関がなかったので、蒸気で動く大型の船に、当時の日本人はとても驚いたそう続きを読む "黒船側から見た日本"
>> Mehr lesen

なぜ日本とタイだけが植民地にならずに済んだのか? (Wed, 06 Apr 2022)
15世紀の末から20世紀までの約500年間、世界は植民地を支配をする西洋の白人と、支配される有色人種のどちらか2つに大きく分かれていました。 それでも世界中で僅かに2ヶ国、植民地とならなかった有色人種の国がありました。 続きを読む "なぜ日本とタイだけが植民地にならずに済んだのか?"
>> Mehr lesen

親日国 001 アフガニスタン (Tue, 05 Apr 2022)
19世紀の後半から1919年までの三次にわたるイギリスとの戦争、ソ連による侵攻、ソ連撤退後の内戦、911の首謀者であるアルカイダを匿ったとしてアメリカの攻撃を受けるなどと、戦争が絶えないアフガニスタン。 欧米人に対しては続きを読む "親日国 001 アフガニスタン"
>> Mehr lesen

中米の日本と言われるエルサルバドル (Mon, 04 Apr 2022)
ひょんなことから、日本がポジティブにとんでもない国だと気付かされました。 気付いたのは、反日左翼の人たちがきっかけでしたが、それは置いておき… 日本人は普通、そのことに気が付きません。 なぜならそれはごく当たり前のことだ続きを読む "中米の日本と言われるエルサルバドル"
>> Mehr lesen

デュッセルドルフの平和活動 (Sun, 03 Apr 2022)
本日も、ご参加ありがとうございました‼️
>> Mehr lesen

親日国 (Sun, 03 Apr 2022)
ユーチューブなどの動画も含めたインターネットは勿論のこと、書籍を調べてみても、世界中に親日国がとても多いことに驚きます。 これだけ親日国が多い国が他にどこかあるだろうかと思えるほどです。 ビザ無しで入国できる国が最も多い続きを読む "親日国"
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...