元寇・蒙古襲来

1274年と1281年の2回、当時の中国大陸、アジア、東ヨーロッパの方面を広く支配し、世界最大、最強、チンギス・ハンの孫、フビライ・ハンのモンゴル帝国・蒙古が、属国の高麗(朝鮮半島)と共に九州の北部に攻めてきました。

 

元寇とも、蒙古襲来とも呼ばれるその日本侵略の試みは、特に2回目は当時の世界最大の規模の攻撃でした。

 

1回目が軍船千隻弱で兵士の数が数万人、2回目は軍船4千隻以上で兵士の数は数十万人以上(*)だったそうです。

 

* 江戸時代に編纂された「歴代鎮西要略」という書物によると、元軍の兵力を「幾百万とも知らず」と記載してあるそうです。

 

一般的には、当時偶然に起こった神風と呼ばれる暴風雨に日本は救われたと言われていますが、当時迎え撃った九州の鎌倉武士はとても強くて善戦したそうです。

 

そのためか、その後の時代、江戸時代の武士たちの間での最高の褒め言葉は、「鎌倉武士のようだ」と言われることだったそうです。

 

元寇、蒙古襲来に関しては、インターネットでもユーチューブでも、多くの情報が出てきます。

 

 

 

当時のモンゴル帝国の支配範囲

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...