出典・参考文献

20世紀の日本人」レジナルド・カーニー歴史学者 黒人学専攻

「ある英国外交官の明治維新」ヒュー・コータッツィ、中央公論社

「ある英人医師の幕末維新」ヒュー・コータッツィ、中央公論社

アジアに生きる大東亜戦争ASEANセンター編 展転社

アメリカの鏡・日本ヘレン・ミアーズ (歴史学者、GHQメンバー)

アラムシャ陸軍中将の大東亜戦争肯定論中島慎三郎

アルベルト・アインシュタインと日本 中澤英雄(東京大学教授・ドイツ文学)

イザベラ・バードの旅 「日本奥地紀行」を読む 宮本常一 講談社学術文庫

 「イザベラ・バードの日本紀行」イザベラ・バード著、講談社学術文庫

「ウイリアム・アダムス」 フレデリック・クレインス著、ちくま新書

エルギン卿遣日使節録 ローレンス・オリフォント 岡田章雄 

エルベ号艦長幕末記 ラインホルト・ヴェルナー 新人物往来社

オイレンブルク日本遠征記 上巻 中井晶夫訳 雄松堂書店

オブザーバー 英紙、1965年10月28日

「ケンペルと徳川綱吉」B・M・ボダルト=ベイリー著

ケンペルとシーベルト松井洋子著山川出版社

ゴーマニズム宣言小林よしのり

「ザ・ジャパニーズ・トゥデイ」エドウィン・O・ライシャワー著

「ザビエルの見た日本」ピーター・ミルワード著 講談社学術文庫

シドモア日本紀行 明治の人力車ツアー 外崎克久訳、講談社学術文庫

シュリーマン旅行記 清国・日本 ハインリッヒ・シュリーマン著 

「ドイツ歴史学者の天皇国家観」 ルートヴィッヒ・リース著、新人物往来社

ドラッカー名言集P.F.ドラッカー

チャンドラ・ボースと日本ジョイス・C・レブラ 原書房

チャーリー・チャップリン世界漫遊記」チャーリー・チャップリン著

「チャーチルが愛した日本」関榮次著

「ニコライの見た幕末日本」ニコライ

  (イヴァーン・ドミートリエヴィチ・カサートキン)著

ニッポンの警察 - そのユニークな交番活動サイマル出版

ニッポンの評判今井佐緒里 新潮新書

「バーナード・リーチ日本絵日記」バーナード・リーチ著 講談社学術文庫

パール博士のことば(東京裁判後、来日されたときの挿話) 田中正明著

パール博士の日本無罪論田中正明著・慧文社/小学館文庫

パール博士の日本無罪論 田中 正明

ビルマの夜明けバー・モウ著

「ベルギー公使夫人の明治日記」エリアノーラ・メアリー・ダヌタン、中央公論社

「ペリー提督日本遠征記 上・下」M・C・ペリー、角川ソフィア文庫

「ライシャワーの直言」エドウィン・O・ライシャワー、日本リクルートセンター

一問に百答」 日下公人

愛される国日本日本戦略研究フォーラム編 ワニブックス

あの国は」なぜ、日本が好きなのか日本再発見倶楽部 知的生き方文庫

「家康とウィリアム・アダムス」 立石優著、恒文社

「今と昔を比べよう、日本と世界のランキング大辞典」(株)ワード

美しい日本人の物語 占部賢志 致知出版社

「英国外交官の見た幕末維新」A・B・ミッドフォード著

「英国策論」アーネスト・サトウ著

英国人の見た明治日本 講談社学術文庫

「英国人写真家の見た明治日本」ハーバート・G・ポンティング著「蝦夷と江戸 - ケプロン日誌 ホーレス・ケプロン著、北海道新聞社

過激な世紀 エリック・ホプスバウ

神風 ルナール・ミロー 内藤一郎訳 早川書房

菊と刀ルース・ベネディクト 社会思想社

この世の楽園・日本講談社学術文庫

昭和の大戦と東京裁判の時代 若狭朋 WAC出版

新朝鮮事情ジャーク・ブズー 白水社

「真珠湾の真実」ロバート・B・スティネット著

「真の国際化とは」エドウィン・O・ライシャワー、チャールズ・イー・タトル出版

人類を幸せにする国・日本 井沢元彦 翔伝社新書

正論 別冊  2014年4月号

世界から絶賛される日本人  黄文雄 徳間文庫

世界から見た大東亜戦争 名越二荒之助 展転社

世界が愛した日本 四條たか子・井沢元彦 竹書房

世界が語る大東亜戦争と東京裁判アジア・西欧諸国の指導者識者たちの

  名言集 吉本貞昭

「世界が感謝!日本のもの」「日本再発見」倶楽部

世界が感嘆する日本人 別冊宝島編集部 宝島社新書

世界が恋する日本の美徳 永田公彦 ディスカヴァー携書 

「世界を号泣させた日本人」 黄文雄 徳間書店 

世界中が日本に憧れているその理由 マックス桐島 日文新書 

祖国と青年1994年2月号

大君の都 - 幕末日本滞在記岩波文庫

台湾人と日本精神蔡焜燦

魂を失った日本未央社

「鉄砲を捨てた日本人」ノエル・ペリン著

「東京に暮らす」キャサリン・サムソン著

特攻 - 若者たちへの鎮魂歌 PHP研究所

「日露戦争下の日本」エリザ・R・シドモア著

日本奥地紀行 イザベラ・バード講談社学術文庫 

「日本紀行」上・下、イザベラ・バード

日本軍政とインドネシア独立 ジョージ・S・カナへレ 鳳出版社

「日本巡察記」ヴァリニャーノ 松田穀一 東洋文庫

「日本が世界一」のランキング辞典、伊藤賀一著 宝島社新書

日本賛辞の至言33選波田野毅 ごま出版

日本その日その日平凡社

日本人が世界を救う佐藤康行 日新報道 

日本人の誇り 藤原正彦 文芸春秋

日本人の倫理構造 板坂元

日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか黄文雄 徳間書店

「日本その日その日」1〜3E・S・モース著

「日本滞在日記」レザーノフ著 岩波文庫

日本とアジアの大東亜戦争 吉本貞昭 ハート出版

「日本と中南米をつなぐ日系人」外務省資料

「日本人の価値観、世界ランキングを読み解く」鈴木賢志著

「日本史の中の世界一」田中英道著

日本の家庭及びその周辺創元社 

「日本の本当の順位、世界レベルで見た我が国の姿」浅井信雄著

日本の治安はなぜよいのかサイマル出版

日本の底力 ロム・インターナショナル KAWADE夢新書

「日本の夜明け・フルベッキ博士と幕末維新の志士たち」山口貴生、文芸社

日本は外国人にどう見られていたか日本再発見倶楽部 知的生き方文庫

「日本は世界で何番目? 1 健康・福祉」坂口美佳子著

「日本は世界で何番目? 2 家族・教育・労働」菅原由美子著

「日本は世界で何番目? 3 環境とエネルギー」新美景子著

「日本は世界で何番目? 4 食料・農漁業」増本裕江

「日本は世界で何番目? 5 平和と安全」菅原由美子著

日本はなぜアジアの国々から愛されるのか 池間哲郎 育鵬社

日本はなぜ世界で一番人気があるのか竹田恒泰

日本美の再発見日本文化私観

「日本幽因記」 ゴロウニン著、岩波文庫本

「乃木将軍と日本人」S・ウォッシュバン、講談社学術文庫

塙保己一とともに境正一 はる書房

「武士の娘」杉本鉞子著、大岩美代訳ちくま文庫

米国戦略爆撃調査団団長ニッツからトルーマン米国大統領に

  提出された報告書

「明治日本散策」エミール・ギメ著

「明治日本写生帖」フェリックス・レガメ著

「明治の女たち」アリス・ベーコン著

有色人種の勃興ロスロップ・スタッタード 長瀬鳳輔訳、政教社

歴史の哲学ダイヤモンド社

連合国戦勝史観の虚妄ヘンリー・スコット・ストークス 翔伝社新書

私は日本のここが好き加藤恭子 出窓社

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...