モーリタニア

1993年のパリ・ダカールラリーでの話。
日本人のアマチュア・ドライバーが運転する四輪駆動車が、モーリタニアの最西端ヌアジブから首都ヌアクショットに向かう途中、マンガール村という小さな漁村近くで、砂漠に突き出た岩山に激突、大破した。

ドライバー、ナビゲーターともに複雑骨折などの重傷を負ったが、車はペシャンコで、自力で車外に出ることもできない。発見が遅れれば死んでいただろう。が、運よくそこに、ラクダを引いたひとりの少年が通りかかった。

惨状を目にした少年は、自分の村まで取って返すと、「お父さんたちが乗っている漁船と同じマークの付いた自動車が岩に突っ込んだ。早く助けてあげて」と叫んで回った。漁船と同じマークとは、日本の国旗のことである。

「日本の車」と聞いて、村人たちはスワッ一大事。漁に出ている者も呼び戻すと、村人総出で救出に向かった。2人の日本人は、村から軍の駐屯地へ、さらにヘリコプターで病院へと迅速に搬送され、そのお陰で2人とも一命を取り止めることができたのだった。

ところで、マンガール村の人たちはなぜ、「日本の車」と聞いて救出に躍起になったのか。なぜ漁船に日の丸が貼ってあったのか。その理由を知る日本人は少ない。事故に遭った日本人がその理由を知ったのも、後のことだった。

この村では、ほとんどの人が漁業で生計を立ててきたが、漁船といっても小さな手漕ぎボートしかなかったために、大西洋の荒波を越えて沖合いに出ることもままならない。漁獲量も知れたものだった。

 

それを知った日本は1992年、沿岸漁業振興計画の一環として、無償援助で漁船や船外機をこの村に贈ったのだが、その際、モーリタニアと日本の友好の印として両国の国旗を並べて貼った。事故現場に遭遇した少年は、その「日の丸」を見覚えていたのだった。

 

その後も日本は、当初の計画通り、1994年にも漁船45隻、船外機61機を無償供与し、モーリタニアの沿岸漁業の漁獲高は大幅に伸びた。日本の技術指導によってエンジンの整備士も育ち、漁船エンジンの修理も自前でできるようになった、という望外の成果も上がった。

 

そんなわけで、マンガール村の人たちの日本に対する感謝の気持ちは並々ならぬものがあったのだが、日本に恩返しをしたくても、その手立てが見当たらない。パリ・ダカの日本人の事故は、彼らが日本に恩返しをする千載一遇のチャンスとなったのである。

 

稀有(けう)な運命の巡り合わせが、日本とモーリタニアの友好を、さらに深めることになったのはいうまでもない

 

出典: 外務省ホームページ ODAによる日本の活躍

 

 

世界有数の漁場を持つアフリカのモーリタニアは、日本にとって最大のタコ輸入国です。モーリタニアの水産物輸出の総額のうち、タコは約86%を占めています。そして日本の輸入量が35%(2021年)。


1960 年、フランスから独立した広大な砂漠を持つモーリタニアは、国を支える産業がなく、国民の多くが貧困に苦しんでいました。そこにタコ漁を伝えたのが日本人の中村正明さんです。

 

当時タコの捕り方を知らなかった地元の人たちに方法を教え、やがて水揚げが増えると評判が広がり始めました。


地元の人々は日本の支援を今でも感謝します。タコが遠く離れたモーリタニアと日本の人々の暮らしを結んでいます。長年モーリタニアの漁業振興に貢献したことで中村さんは勲章も受章しています。

 

出典NHKエコチャンネル

 

但し、その後は中国資本がたくさん入り、中国で犯罪を犯すと牢屋入りを選ぶかモーリタニアに行ってタコ漁を行うかを選べるそうです。中国資本は、モーリタニアの大統領公邸などの建設に資金を貸し、それが返済できないということで、その後はタコ漁の権利を獲得してしまっているそうです。出展:虎ノ門ニュース、2021年2月8日、須田慎一郎氏解説)

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

自分探しの旅? 何ですか、それって? (Wed, 21 Apr 2021)
ドイツのある日本食レストランでは、ワーキングホリデー(31歳まで)でドイツに来る… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

江戸時代の鎖国の理由 (Tue, 20 Apr 2021)
など、普通は知らないですね。 教科書にも出ていないと思うので。 日本ファン日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛って、本当に美味しいの? (Sun, 18 Apr 2021)
ドイツで和牛を売っています。 普段売っている岐阜の飛騨牛、飛米牛に続き、先日は茨… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

身を美しくする躾 (Sat, 17 Apr 2021)
躾という漢字は、日本で作られた国字だそうです。 漢字は中国で紀元前1300年頃に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

出会い (Thu, 15 Apr 2021)
以前ある知り合いから、一時帰国の際に鍵山秀三郎さんに会ってみたいと言われました。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

海外育ちに必要な日本語教育 (Wed, 14 Apr 2021)
は、日本と同じようにはいきません。 「おはよう」なら「おはようございます」、「あ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

北里大学をつくった、北里柴三郎さんをご存知でしょうか? (Tue, 13 Apr 2021)
月刊誌「致知」12月号からです。 ノーベル賞、生理学・医学賞受賞者、大村智、北里… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ありがとうと言うか、言われるか (Mon, 12 Apr 2021)
「ありがとう」と言うのと、言われるのではどちらがお好きでしょうか? 普通は言われ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ウイグルの残虐行為を放っておいてはいけない理由 (Sun, 11 Apr 2021)
どういう理由か分かりませんが、日本の左派も政府もウイグル問題に目をつむるそうです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人の気配り、気遣い、ドイツ人との付き合い (Thu, 08 Apr 2021)
ドイツに住んで42年が経ちました。 途中で1年近くイギリスにいましたが、それでも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病 (Wed, 07 Apr 2021)
数年前に、虎ノ門ニュースの沖縄の報道をこのブログで紹介しました。 そうすると、左… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

物をあげるのと、もらうのでは、どちらが良いでしょうか? (Tue, 06 Apr 2021)
物をいただくのは嬉しいことです。 でも、あげるのも気持ちが良いものです。 では、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Das nächste Kanken Kanji Test in Düsseldorf bei VHS am HBF ist am 20. Juni 2021/Anmeldeschluss 20.Mai 2021 – 木、林、森/Ki, Hayashi, Mori – (Mon, 05 Apr 2021)
Es gibt 2 mal im Jahr „Kanken Kanji Test… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

生まれてきた理由 (Mon, 05 Apr 2021)
という質問に対しての、世界三大宗教のひとつである、仏教、お釈迦様の答えは、何も無… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

マスクは誰のために? (Wed, 31 Mar 2021)
日本では以前から当たり前だったマスクが、今日では世界でも当たり前になりました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

メルケルさん、ついに国民に謝る (Wed, 24 Mar 2021)
来週末、ドイツはイースターホリデーです。 日本で言えば、ゴールデンウィークみたい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

9000km離れた日本から届いたお手玉5個 (Tue, 23 Mar 2021)
パッチングワーカーさんの奥様は、身体の具合が悪くてとても苦労されています。 それ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

愛国心 (Mon, 22 Mar 2021)
「ぼくには愛国心なんてまったくない」 という出だしで始まるWildsumさんのブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

メルケルさんとバイデンさんの共通点 (Sat, 20 Mar 2021)
うちの家内曰く、2人には共通点があるそうです。 今まで私は、家内のことをボスと呼… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのシュトゥットガルトで起きた、対コロナの政府対応施政に対するデモ (Thu, 18 Mar 2021)
ドイツのシュトゥットガルトでデモが起こりました。 コロナに対する今の馬鹿げた施政… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

マニュアルのお話し、その3 (Wed, 17 Mar 2021)
一昨日の投稿、マニュアルに関すること(その1)で、makkumakkuwanwa… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

マニュアルがないと、何をしたら良いのか分からなくなってしまった日本人? (Tue, 16 Mar 2021)
意味もなく?マニュアルを求められたことを昨日書きました。 不要な電気の使いっぱな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ禍こそ、ピンチはチャンス (Sat, 13 Mar 2021)
ピンチはチャンスと言います。 本当でしょうか? 本当です。 単なる見方の違いです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

311、ついに10年が経ちました。 (Thu, 11 Mar 2021)
あの時のあの映像には私も息を呑みました。 毎朝釘付けで見て、どういうわけか号泣し… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ禍の最適な過ごし方 – Never give up (Mon, 08 Mar 2021)
諦めてはいけません。 山あれば谷あり 晴天の日もあれば、嵐の日もあります。 浮き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツが住みやすい理由 (Sat, 06 Mar 2021)
ドイツに一度は住んだことがある人は知っています。 ドイツは住みやすい国であること… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

雛人形は、天皇皇后両陛下 その2 (Thu, 04 Mar 2021)
雛人形は、天皇皇后両陛下だということを知っている人は多かったのですね。 今頃にな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

東大は真っ赤っか (Tue, 02 Mar 2021)
虎ノ門ニュースの解説者の1人に藤井厳喜さんという人がいます。 ハーバード大学を出… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

中国は本当に悪者? (Sun, 28 Feb 2021)
中国のウイグル、チベット、モンゴルなどでの蛮行が明るみに出てきています。 いえ、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

雛人形は天皇皇后両陛下 (Sat, 27 Feb 2021)
うちのボス( = カミさん = 神様) は古風?なところがあって、毎年その時期に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...