モルディブ

モルディブは、日本からの観光客も多い、西インド洋にある1200あまりの珊瑚礁からなる島国です。

 

国土の約8割が海抜1.5mしかなく、海面が毎年数mmづつ上昇しているので、いつかは国が水没してしまうのではないかという問題を抱えています。

 

そこで日本は1987年に、護岸工事に名乗りを上げて、15年の歳月とODAによる無償資金協力総額約75億円でマレ島を取り囲む全周6キロの防波堤を作りました。

 

丁度その2年後、スマトラ島をマグニチュード9.3の大地震が起き、3メートルを超える津波が襲いましたが、既に出来上がっていた防波堤のおかげで、1人の死者も出ずに済みました。

 

それが、日本の観光客などから元々あった親日感情がますます高まった理由です。

 

東日本大地震の時は、日本支援キャンペーンによって、5千万円近い義援金と、70万個にも及ぶ産物のツナ缶が送られました。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...