マリ

砂漠にまかれた水のタネ

西アフリカのマリにはギニアウォームという恐ろしい寄生虫がいる。ギニアウォームは、水中のミジンコに卵の状態で寄宿し、生水を通して人体に入ると、半年から1年で体長1メートルにまで成長する。

 

成虫となったギニアウォームは、今度は排卵のために体内を徘徊し、人間の皮膚を食い破って体外に出ようとする。その時の痛みは、大人でも七転八倒するほどで、歩行が困難になり、食欲も低下、やがて衰弱して、重症の場合には死に至るという恐ろしい寄生虫である。

 

マリの村落部ではいまだに給水普及率が低く、汚れた生水を飲むことが多いから、近年、このギニアウォーム症が再び増加傾向にあった。人口の約20%が、この寄生虫のために命を落としたという数字もあるほどだ。

 

そうした状況を見かねた米政府は、カーター政権時代に平和部隊(草の根レベルの援助組織)を派遣し、ギニアウォーム撲滅に乗り出した。


平和部隊は、生水を飲まず、煮沸消毒や濾過器を使うよう指導して、一応の成果を上げたが、平和部隊が帰ってしまったら元の木阿弥。煮沸消毒のための燃料費が高いこと、濾過器のメンテナンスがうまくいかなかったことなどで、衛生管理が低下、再びギニアウォームが猛威をふるうようになった。

 

そこで考え出されたのが簡易深井戸である。固い岩盤を突き破って100メートルも掘り進めば地下水脈があることもわかった。が、マリには深井戸掘削の技術も予算もない。そこで日本は1994年、マリの給水普及率の低いカーイ、クリコロ、モプティ、ゼグーに500本の簡易深井戸を無償援助で建設することを約束した。

 

1995年3月、その1本目の井戸の竣工式が、モプティに近いカリボンボ村で行われた。セレモニーで井戸から水が吹き出すと、無数の空砲が轟き、鳥や動物の仮面を付けた村人たちが舞う。完成式に招かれた日本の中村大使(当時)は、民俗学的にも有名なドゴン族の熱い歓迎を受けたのだった。

 

カリボンボ村の村長は席上、中村大使に対し、「先ほどラジオで阪神大震災のことを知りました。我々は日本に助けてもらった。今度は我々が助ける番だ」、そう言って牛1頭と山羊5頭を差し出した。彼らにとってどれだけ貴重な贈り物か知れない。中村大使が「ありがとう。しかし、日本へ運ぶには大変な費用がかかってしまう。お気持ちだけ頂きます」と丁重に断わると、村長は笑ってうなずいてくれたそうである。

 

この日から、1本の井戸で周辺の6つの村、約5千人がその恩恵を受けることになった。井戸の周りに堰(せき)を設けて衛生面もクリアした。ギニアウォームの発生率は日一日と減少している。婦人や子供たちの日課だった水汲みの重労働も姿を消した。1本の井戸は、村の有り様も変えてしまったのである。


出展: 外務省ホームページODAによる日本の活躍

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

自分探しの旅? 何ですか、それって? (Wed, 21 Apr 2021)
ドイツのある日本食レストランでは、ワーキングホリデー(31歳まで)でドイツに来る… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

江戸時代の鎖国の理由 (Tue, 20 Apr 2021)
など、普通は知らないですね。 教科書にも出ていないと思うので。 日本ファン日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛って、本当に美味しいの? (Sun, 18 Apr 2021)
ドイツで和牛を売っています。 普段売っている岐阜の飛騨牛、飛米牛に続き、先日は茨… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

身を美しくする躾 (Sat, 17 Apr 2021)
躾という漢字は、日本で作られた国字だそうです。 漢字は中国で紀元前1300年頃に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

出会い (Thu, 15 Apr 2021)
以前ある知り合いから、一時帰国の際に鍵山秀三郎さんに会ってみたいと言われました。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

海外育ちに必要な日本語教育 (Wed, 14 Apr 2021)
は、日本と同じようにはいきません。 「おはよう」なら「おはようございます」、「あ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

北里大学をつくった、北里柴三郎さんをご存知でしょうか? (Tue, 13 Apr 2021)
月刊誌「致知」12月号からです。 ノーベル賞、生理学・医学賞受賞者、大村智、北里… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ありがとうと言うか、言われるか (Mon, 12 Apr 2021)
「ありがとう」と言うのと、言われるのではどちらがお好きでしょうか? 普通は言われ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ウイグルの残虐行為を放っておいてはいけない理由 (Sun, 11 Apr 2021)
どういう理由か分かりませんが、日本の左派も政府もウイグル問題に目をつむるそうです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人の気配り、気遣い、ドイツ人との付き合い (Thu, 08 Apr 2021)
ドイツに住んで42年が経ちました。 途中で1年近くイギリスにいましたが、それでも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病 (Wed, 07 Apr 2021)
数年前に、虎ノ門ニュースの沖縄の報道をこのブログで紹介しました。 そうすると、左… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

物をあげるのと、もらうのでは、どちらが良いでしょうか? (Tue, 06 Apr 2021)
物をいただくのは嬉しいことです。 でも、あげるのも気持ちが良いものです。 では、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Das nächste Kanken Kanji Test in Düsseldorf bei VHS am HBF ist am 20. Juni 2021/Anmeldeschluss 20.Mai 2021 – 木、林、森/Ki, Hayashi, Mori – (Mon, 05 Apr 2021)
Es gibt 2 mal im Jahr „Kanken Kanji Test… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

生まれてきた理由 (Mon, 05 Apr 2021)
という質問に対しての、世界三大宗教のひとつである、仏教、お釈迦様の答えは、何も無… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

マスクは誰のために? (Wed, 31 Mar 2021)
日本では以前から当たり前だったマスクが、今日では世界でも当たり前になりました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

メルケルさん、ついに国民に謝る (Wed, 24 Mar 2021)
来週末、ドイツはイースターホリデーです。 日本で言えば、ゴールデンウィークみたい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

9000km離れた日本から届いたお手玉5個 (Tue, 23 Mar 2021)
パッチングワーカーさんの奥様は、身体の具合が悪くてとても苦労されています。 それ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

愛国心 (Mon, 22 Mar 2021)
「ぼくには愛国心なんてまったくない」 という出だしで始まるWildsumさんのブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

メルケルさんとバイデンさんの共通点 (Sat, 20 Mar 2021)
うちの家内曰く、2人には共通点があるそうです。 今まで私は、家内のことをボスと呼… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのシュトゥットガルトで起きた、対コロナの政府対応施政に対するデモ (Thu, 18 Mar 2021)
ドイツのシュトゥットガルトでデモが起こりました。 コロナに対する今の馬鹿げた施政… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

マニュアルのお話し、その3 (Wed, 17 Mar 2021)
一昨日の投稿、マニュアルに関すること(その1)で、makkumakkuwanwa… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

マニュアルがないと、何をしたら良いのか分からなくなってしまった日本人? (Tue, 16 Mar 2021)
意味もなく?マニュアルを求められたことを昨日書きました。 不要な電気の使いっぱな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ禍こそ、ピンチはチャンス (Sat, 13 Mar 2021)
ピンチはチャンスと言います。 本当でしょうか? 本当です。 単なる見方の違いです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

311、ついに10年が経ちました。 (Thu, 11 Mar 2021)
あの時のあの映像には私も息を呑みました。 毎朝釘付けで見て、どういうわけか号泣し… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ禍の最適な過ごし方 – Never give up (Mon, 08 Mar 2021)
諦めてはいけません。 山あれば谷あり 晴天の日もあれば、嵐の日もあります。 浮き… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツが住みやすい理由 (Sat, 06 Mar 2021)
ドイツに一度は住んだことがある人は知っています。 ドイツは住みやすい国であること… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

雛人形は、天皇皇后両陛下 その2 (Thu, 04 Mar 2021)
雛人形は、天皇皇后両陛下だということを知っている人は多かったのですね。 今頃にな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

東大は真っ赤っか (Tue, 02 Mar 2021)
虎ノ門ニュースの解説者の1人に藤井厳喜さんという人がいます。 ハーバード大学を出… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

中国は本当に悪者? (Sun, 28 Feb 2021)
中国のウイグル、チベット、モンゴルなどでの蛮行が明るみに出てきています。 いえ、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

雛人形は天皇皇后両陛下 (Sat, 27 Feb 2021)
うちのボス( = カミさん = 神様) は古風?なところがあって、毎年その時期に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...