パラオ

第一次世界大戦で戦勝国のひとつとなった日本は、1919年(大正8年)に、ドイツ講和条約(ヴェルサイユ条約)が結ばれることによって、パラオを含むドイツ領南洋諸島の委任統治権を得えました。

 

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間、数万人の日本人がパラオに移り住み、公立学校や医療施設を建設すると同時に稲作やパイナップルの生産を行ないました。パラオのハイスクールで使用されている歴史教科書には、こう記されています。

 

日本が行なった教育のひとつは、授業の成績を重視し、生徒がどの氏族に属し、どんな身分なのかは無関係でした。日本人も先住民も平等に努力した者が評価されました。

 

そして第二次世界大戦の時、パラオのペリリュー島には日本軍の陣地が作られ、その作業には、老人も若者に加わりました。日本兵と仲良くなって日本の歌を歌ったりしました。

 

そしてハルゼー大将が指揮する、アメリカの第三艦隊約800隻、総兵力4万2千がこの地にやってきました。それに対してペリリュー島を守備する日本軍は、中川州男大佐が率いる水戸の第14師団の歩兵1万2千。

 

壮絶な戦いが予想されたため、日本軍はペリリュー島民の強制疎開を実施しました。それを聞いた島民たちの代表は、日本の守備隊長のもとを訪れて、「自分たちも一緒に戦わせて欲しい」と言いました。

 

それを聞いた隊長は、「帝国軍人が貴様ら土人と一緒に戦えるか!」と叫びました。それを聞いた島民たちは仲の良い日本軍人に裏切られたと思って強制疎開しました。

 

船が出る時には日本兵は1人も来ていなかったのが、船が島を離れたとたんに日本兵全員が浜に走り出て来て、一緒に歌った日本の歌を歌いながら見送りました。

 

そして兵力4万2千対1万2千、航空機200倍以上、戦車100倍、重火砲1.000倍の圧倒的劣勢の戦いが始まり、2度は阻止するものの、3度目の上陸を許して持久戦になりました。

 

約5百の洞窟にこもって連日連夜の攻防が続き、アメリカ軍は3日間で制圧できると考えていましたが、73日後には弾丸も食料も尽きて全滅し、そのことを示す最後の電文「サクラ、サクラ」がパラオ本部に届きました。

 

戦いが終わって島に戻った島民たちは、涙を流しながら日本兵の遺体を埋葬しました。島には現在石碑が残っており、そこにはこう記されています。

 

「この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。あなたが日本の国を通過することあらば伝えて欲しい。この島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国をおもうその心根を...」

 

左上、パラオの国旗は、日本という国に敬意を表し、日本国旗「太陽」に照らされて洋上に輝く「満月」を表しています。満月を中心に置くとあまりにも日本の国旗に似過ぎて失礼にあたると、少しずらしてデザインされています。

 

出展: 誇リ高キ大日本帝国「日本とある国のお話」

パラオ独立後、最初の大統領はナカムラファミリーのクニオ・ナカムラ

 パラオについて詳しいサイト: Palaudesmile



ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

東大は真っ赤っか (Tue, 02 Mar 2021)
虎ノ門ニュースの解説者の1人に藤井厳喜さんという人がいます。 ハーバード大学を出… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

中国は本当に悪者? (Sun, 28 Feb 2021)
中国のウイグル、チベット、モンゴルなどでの蛮行が明るみに出てきています。 いえ、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

雛人形は天皇皇后両陛下 (Sat, 27 Feb 2021)
うちのボス( = カミさん = 神様) は古風?なところがあって、毎年その時期に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ユニクロは大丈夫? (Fri, 26 Feb 2021)
昨日の続きですが、Primark は安過ぎて怖くなってきました。 安い物(= コ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

値段が安過ぎる Primark は大丈夫? (Thu, 25 Feb 2021)
ウイグルの残虐行為が世界に中で騒がれるようになってきました。 虎ノ門ニュースでは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフの駅前のお掃除 (Sun, 21 Feb 2021)
先週のドイツはマイナス10度ほどまで気温が下がり、積もった雪がいつまでも溶けませ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

奥が深い武道「弓道を科学する」 (Sun, 21 Feb 2021)
海外でも普及している柔道、剣道… 特に柔道はドイツでもかなり普及していて、ドイツ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界を良くする日本 (Fri, 19 Feb 2021)
日本のことを少し知るドイツ人が、日本人と挨拶をする時に少し頭を下げる人がいます。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

現在の天皇は126代目。敗戦しても日本がひとつの国として続いている理由 (Sun, 14 Feb 2021)
日本は、世界でも稀にみる、いえ、唯一同一の天皇家が126代も続いているとても珍し… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのお粗末な施政 (Fri, 12 Feb 2021)
先日、うちのボス(= カミさん = 神様)がボヤきました。 「バカだよね〜、ドイ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

オリンピック森会長の辞任 3 (Fri, 12 Feb 2021)
ついにお辞めになりました。 と言うか、辞めさせられたと言うか… 今朝のユーチュー… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本は嫌な(ダメな)国になりつつある? (Thu, 11 Feb 2021)
再び、森元首相の発(失?)言問題。 「女性の話しは長い」 が、どうして国会で騒ぎ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

教科書の問題、日本の将来の問題 (Wed, 10 Feb 2021)
再び虎ノ門ニュースで素晴らしい記事です。 今の日本の教科書が、いかに嘘だらけか…… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

法律、規則は本当に必要? (Wed, 10 Feb 2021)
以前、自然の法律(法則)は破ると大変なことになるものの、人間の作った法律は大した… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

今、世界で話題の国、ミャンマー。そのミャンマーと日本の関係 (Wed, 10 Feb 2021)
私がこのブログでちょくちょくご紹介する、どうして日本が素晴らしいのか… (それで… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人は走る。走ると誠意が見える。 (Sun, 07 Feb 2021)
律儀な日本人は、時間に遅れるとついつい走ります。 時間に遅れてなくても走る人が結… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

何とびっくり、デュッセルドルフの街中でも、人間ラッセル車(の仲間・有志)現る… (Sun, 07 Feb 2021)
「人間ラッセル車」のことをフェースブックでもあげたのですが、少ししたら こんな写… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

森、元首相の失言がおかしい? (Sun, 07 Feb 2021)
女性の話しは長い。 一般論としては、誰でもそう思っていることでは? それで辞任を… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

この冬、ドイツは2回目の雪。再び「人間ラッセル車」出動! (Sun, 07 Feb 2021)
腰痛持ちなので、お尻が痛くてもう走っては出来ないものも、歩けばまだ例のおばあちゃ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

法律なんてクソ喰らえ? (Sat, 06 Feb 2021)
その昔、ヤンキーだった私には、実は法律なんてそんなものでした。 法律なんて、人間… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナに感染すると、差別を受けるからと自殺してしまう人が出る国、日本… (Fri, 05 Feb 2021)
コロナにかかり、小学生の娘さんが学校でいじめを受けるだろうということで自殺… と… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

自己アピールが下手な日本人 (Fri, 05 Feb 2021)
他国と比べると、日本はコロナ感染者、死亡者が極端に少ないので、他国でひどいところ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

久しぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除 (Sun, 31 Jan 2021)
今年のドイツの冬は、ずっと雨でした。 It was very cold but … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

行動しないだけ損 (Sat, 30 Jan 2021)
(佐藤仙務さんの記事が再三再四、続きます…) 人生は行動しないだけ損だそうです。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

成功の反対は失敗ではなくて、何もしないこと (Thu, 28 Jan 2021)
(佐藤仙務さんの記事がまだまだ続きます…) 成功の反対は失敗ではなくて、何もしな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Give and take (Wed, 27 Jan 2021)
自分が頼んだことは、ついつい急がせてしまう… 頼み事や、メールの返事… 等 小学… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

年配の人に聞けば分かる (Tue, 26 Jan 2021)
というのが今までの世の常でした。 (佐藤仙務さんの記事が続きます…) ところが現… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツは久しぶりの雪。そして久しぶりの「人間ラッセル車」出動 (Sun, 24 Jan 2021)
ドイツ、デュッセルドルフ近辺では、何年ぶりかで少し雪が積もりました。 そこで久し… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

じゃあ、どうする? (Wed, 20 Jan 2021)
佐藤仙務さんをご存知でしょうか? 障害により指一本しか動かせないにもかかわらず、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナで日本の病院が一杯の原因 (Sat, 16 Jan 2021)
は、何と日本の全病床数の僅か3%しか使っていないから… 日本は確か、病床数は世界… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...