ドミニカ共和国

移住事業により1956年から1319人の日本人が入植しましたが、入植先に関する事前調査や 情報提供が適切に行われなかったなどの事情により、 生活の立ち上げにあたって多大な困難に直面しました。 今も、移住者との対話を通じて、課題解決に向けた対策がされています。

 

 

外務省資料、「日本と中南米をつなぐ日系人」より。

 

 

 

1956年〜1959年、日本はドミニカに千人を越す移民団を送り出しました。開拓事業は苦難の連続で、帰国した人も少なくありませんでしたが、残留者が頑張って日系人社会を築き上げ、二世三世はさまざまな分野に進出して行きました。

 

経済的には、長年にわたって日本からの開発援助がおこなわれている他、日本製品の普及率も高く、車は約7割が日本製です。

 

野球が盛んでレベルが高く、アメリカのメジャーリーグへの選手供給元になっていますが、若手選手の養成学校が30校ほどある中で、広島東洋カープが主宰する「広島東洋カープ・アカデミー・オブ・ベースボール」があります。

 

1990年に開校し、約8万坪の敷地内に4面の天然芝グラウンドや屋内練習場があり、何人ものドミニカ選手を日本に送っています。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...