トンガ

Wikipediaに「日本とトンガの関係」というページがあり、そこには「トンガは非常に親日的な国である」と明記があるほどです。

 

まずは貿易の面で、日本はトンガにとって最大の輸出市場である上に、2006年のトンガの輸出相手国としてニュージーランド、アメリカ合衆国に次いで第3位、2008年のビンナガマグロ輸入先第3位、カボチャ輸入先第4位でした。

 

スポーツ面と文化面では、相撲やそろばんが普及していて、ソロバンは小学校の正規の教育課程に採用されているます。そして日本で活躍するトンガ人力士やラグビー選手も少なくありません。

 

2015年のラグビー・ワールドカップにおいて、日本代表チームは、決勝トーナメントには進出できなかったものの、南アフリカを破るなどの大活躍しましたが、その中には2人もトンガ出身の選手がいました。

 

共にNo.8のホラニ龍コリニアシ選手と、アマナキ・レレイ・マフィ選手です。他にも多くのトンガ出身選手が日本で活躍しています。

 

トンガ人は体格が良くてラグビーが好きなのですが、ラグビーで日本に来れる選手は稀でした。

 

親日家のトンガ男性と結婚をして通訳・翻訳をしていた又平直子さんは、病気で早くに亡くなってしまった夫が生前に言っていた、「体格の良いトンガの若者を日本のスポーツ界で活躍させたかった」という意志を継いで、今日トンガから日本への選手の架け橋となっています。

 

トンガの正式名称はトンガ王国で、国を治める王族がいますが、1920年代、当時のトンが国王のトゥポウ3世の姪は、和歌山県出身のダイバー、中尾重平さんと恋に落ち、めでたく結婚しました。

 

最初は結婚に反対していた国王も、しばらくすると態度を軟化させ、日本人の中尾さんはトンガ王族の一員になりました。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...