チリ

岩手県の南三陸町には、南米チリのイースター島で作られた本物のモアイ像が立っています。イースター島は日本から見ると地球の裏側になりますが、なぜそれほど遠い場所で作られた石像が岩手県に存在するのでしょうか。

 

実はそのモアイ像は、チリ人の親日感情の表れとも言えるのです。チリは日本と同様に地震災害が多い国です。1960年5月にチリを襲った地震は、マグニチュード9,5という巨大地震で数千人の死傷者が出ました。

 

日本は同じ地震国ということで、長年にわたって復興、防災支援をおこなってきました。その一環として、クレーンメーカーのタダノが1995年に部族間闘争や地震によって倒れたモアイ像15体を全て立たせる復興作業をおこないました。

 

そして東日本大地震の時に、「秩序と思いやりを忘れない日本人」を讃える集いがチリで開催され、多くの人々が日本にエールを送ると同時に、霊力を持つモアイ像があれば、被災者が元気を取り戻せるだろうと寄付してくれました。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...