サウジアラビア

1970年代の中東戦争で、アラブ諸国が欧米諸国への石油輸出を禁止した時、日本を禁輸対象国リストから外してくれました。

 

テレビ番組で(改善を意味する)「ハワーティル」では、日本の街が清潔で、日本人は財布を拾うと交番に届ける、学校では子どもたちが毎日授業の後に掃除をするといったことが紹介されて、サウジアラビア人は大感激。

 

日本の学校の掃除に何かを感じて、サウジアラビアでもまずは100校で同じ取り組みが行われました。その結果がよく、生徒に良い変化が見られたということで、その後は4桁の学校で採用され始めました。

 

世界165以上の国、地域で放映されていた、TBSのスポーツエンターテイメント番組、「SASUKE」も大人気で、フェサール王子は選手名や各回の結果を覚えているそうです。

 

Ninja Warriorという海外版も現れて、2015年にはフェサール王子が番組のアラビア語版制作の契約を結ぶために来日したほどです。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...