キルギス

中央アジアの北東部、天津山脈の麓にある、自然豊かな遊牧民の国ですが、キルギス人の容姿や所作、精神性が日本人にとてもよく似ています。

 

東日本大地震の時にも飲料水を送ってくれたり、震災孤児の受け入れを申し出てくれたほどでした。

 

なぜ日本人とキルギス人が似ているのかというと、その昔は兄弟だったからだそうです。

 

肉を食べる者がキルギスに残り、魚を食べる者が東に向かって日本海を渡ったそうです。

 

実際にキルギス人の多くの子どもには蒙古斑が出て、遺伝子のDNAの配列も日本人に似ているというデータがあるそうです。

 

日本人がキルギスに行くと、「きょいだい!」と言われて歓迎を受けるそうです。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...