カタール

豊富な石油で裕福なカタールは、莫大なオイルマネーで海外投資をおこなったり、有能な科学者や医師、スポーツ選手を帰化させたり、有名作家の美術品を買い漁ったりと、多方面から反感をかっていますが、日本に対してはかなり友好的です。

 

国際会議の場ではまず必ず日本を支持してくれて、東日本大地震の時には約80億円もの支援金と、40万トン以上のLNG(液化天然ガス)を供与してくれました。

 

2012年の国交樹立40周年記念には、カタール政府が首都ドーハにおいて現代美術家の村上隆氏の個展を開催しています。その会場では全長100メートルにも及ぶ「五百羅漢図」が公開されて大きな話題を呼びました。

 

民間レベルではカタール人対象の日本語スピーチコンテストが開かれるなど、日本に親しもうとする姿勢が見受けられます。

 

最近では日本のポップカルチャーに対する注目度が高まり、ジャニーズ系や「ハロー! プロジェクト」などのアイドルに夢中になっている若者が多くいます。

 

カタールはなぜ親日国になったのか? それは「この国の繁栄と現在の地位は日本のおかげです」というカタール人の言葉が全てを物語っています。

 

カタールは1971年にイギリスから独立しました。当時は石油が少し採れるだけの小国に過ぎず、娯楽施設が何もない首都ドーハは「世界一退屈な都市」と呼ばれるほどでした。

 

その後、巨大な天然ガス田が発見されましたが、当時のカタールにはそれを開発して輸出する技術も資金もありませんでした。

 

そこに援助の手を差し伸べたのが日本でした。1989年、三井物産が最初に事業に参画して、中部電力をはじめとする日本の電力・ガス会社も600万トンもの買取契約を締結。

 

プラント建設はエンジニアリング会社、LNGタンカーの造船は日本の造船大手3社と、「オールジャパン」と呼べるメンバーが集まり、LNG開発プロジェクトを推進しました。

 

プラント建設などには1日7万5千人が動員され、「ピラミッド建造以来の大工事」と言われたほどでした。

 

1996年には巨大プラントが完成して商業化が実現し、カタールのLNG生産・輸出量は世界一に躍進して、市場価格の上昇とも相まって、カタールは世界屈指の金持ち国になりました。

 

日本をはるかに上回る金持ち国へと成長したカタールですが、日本に対する恩を忘れずに現在も大量のLNGを供給し続けていますが、東日本大地震の時には副首相が、「恩人である日本をLNG不足にはさせない」と力強く述べてくれました。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...