オーストラリア

1970年代から2000年代にかけて、小、中、高、大学を含めて日本語を教えるところが増えた。特に、小、中では日本語が選択科目にもなっている。今では、この国で一番広く教えられている外国語が日本語だそうだ。

 

オーストラリアと日本との関係が重要なため、政府が日本語教育の場を促進したからである。学校では、語学と一緒に日本文化も教えるから、日本のいいイメージも印象づけられていく。こうして、オーストラリアでは親日家が増えているのだという。

 

列車で旅していても、親日家が多そうだということは感じられる。

 

TV Asahi 世界の車窓から

https://www.tv-asahi.co.jp/train/journal/australia/03.html

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...