エルサルバドル

中米のエルサルバドルは国土が狭くて山がち、人口密度が高く、地震や台風などの自然災害が多く、国民は勤勉で忍耐強いそうです。

 

そこで自国のことを、「中米の日本」と呼ぶ人たちがいるそうです。

 

トヨタなどの日系企業は既に1950年代から進出して、海外青年協力隊も、中南米では最も早く派遣されたので、現地の人たちは日本を良く知っています。

 

そして、「自国を日本のように発展させたい」という思いを抱いたワルテル・ベネケ駐日大使は、日本式の教育を導入すべく、NHK教育テレビをモデルにした国営のテレビ局「カナル10」を立ち上げました。

 

放送教育の普及に力を入れ始めたわけですが、そのカナル10で2003年から毎週放送されたのが、NHKの「プロジェクトX」でした。

 

プロジェクトX を見たエルサルバドルの人たちは、日本人の仕事にかける情熱や努力、そして責任感に共感し、日本人をますます好きになってくれているそうです。

 

 

「あの国」はなぜ日本が好きなのか「ニッポン再発見」倶楽部

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...