イスラム圏一般

日露戦争で日本がロシアに勝利したことで、日本の統治者たる明治天皇は、世界中から注目を浴びることとなりました。

 

そのなかでも、ひと際関心を寄せていたのがアラブ諸国をはじめとするイスラム圏でした。

 

当時、アラブ諸国ではスルタン主義体制(個人支配主義体制)といった支配者による専制政治が行なわれていたため、同じような体制だったロシアの敗北のニュースは、衝撃を持って受け入れられたのでした。

 

このことから、イスラム圏では「日本の皇帝を見習うべきだ!」と言う声が上がり、明治天皇を称賛する声が目立っていました。

 

 

1905年(明治38年)にトルコで発表された「ロシアと日本」という論文では、日本がもしイスラム国家になったら明治天皇を「カリフ」(イスラム国家の最高権威者)にすれば、イスラム諸国の団結が強固になるだろうと言う主張が展開されています。

 

その後、1921年(大正10年)3月にイスラム民族連盟大会の代表として、ヘヂアスの王族が来日した際、イスラム教徒代表者会議で明治天皇を盟主として仰ぐことが決議された旨が伝えられたのでした。

 

刀剣ワールド

https://www.touken-world.jp/tips/9177/

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...