ベルギー人から見た日本

ベルギー人上智大講師、W•A •グロータース。著書に「私は日本人になりたい」

 

「日本は世界でいちばん反日的な国だ」

 

「あのね、愛国心というのは、ひとつの国しか知らない人の場合、絶対的なものとして考えがちですね。私の場合、10年以上も中国に住んでいたでしょう。だから中国に対する私の気持ち、ベルギーに対するのと同じね」

 

「愛する国は日本ですよ。もちろん日本です」

 

「日本のやり方は、習慣も言い回しも、考え方もぜ〜んぶ正しいんだ、と。だから批判はいっさいしないこと。日本のやり方や考え方は、長い間かかって作り上げたものなのだから、それにはそれだけの理由があるわけね」

 

「日本人と中国人の違いは、例えば4、5人の人が話していると、遠くからでも区別つきますよ。日本人はうなずくが、中国人はうなずかない」

 

「日本人はハイとかイイエだけではなくて、あなたの言っていることを聞いております、という意味でうなずくのね。だから単語3つごとにうなずく」

 

 

朝日新聞編集委員室編「日本と私・駐日外人50人が語るニッポン(1977年)」

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...