ブータン人から見た日本と日本人

ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク ブータン王国国王
このような不幸(東日本大震災)からより強く、より大きく立ち上がることができる国がひとつあるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています...
 
...これは神話ではなく、現実であると謹んで申し上げたく思います。それは近年の不幸な経済不況や、3月の自然災害への皆様の対応にも示されています。日本および日本国民の素晴らしい資質を示されました。
 
他の国であれば、国歌を打ちのめし、打ち砕き、無秩序、大混乱をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆さんは、最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対応されました。
 
文化、伝統にしっかり根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、現在の世界で見出すことはほぼ不可能です。全ての国がそうありたいと切望しますが...
 

2011年11月、国賓として来日した時の国会演説


Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...