ユダヤ人から見た日本人

イスラエルの建国の志士、ヨセフ・トランペルドールが心に刻んだ、日本精神

 

イスラエル建国の志士、ユダヤ人のヨセフ・トランペルドールさんは日露戦争の時にロシアに住んでいて、日本軍と戦ったロシア兵士の1人でした。

 

ユダヤ人国家であるイスラエル。

 

そのイスラエルの建国に多大な影響を与えたのは、実は教育勅語など日本精神でした。

 

イスラエルの建国の志士として尊敬されているユダヤ人で、ヨセフ・トランペルドール(Joseph Trumpeldor) という人がいます。

 

ヨセフ・トランペルドールはロシアで生まれ育ちましたが、ロシアはユダヤ人に対して差別して迫害していました。

 

高校に進学できなかったり、自由にロシア国内を移動することも許されていませんでした。

 

ユダヤ人の地位向上を図るには、ロシア軍に入隊して貢献するしかない、と考えたヨセフ・トランペルドールは、シベリア連隊に配属されました。

 

そして、旅順にて日本と戦争をしました。

 

戦闘の前、危険な任務に就くために、ロシア人の小隊長がいいました。

 

「貴様たちの中で、ジット(ユダヤ人の蔑称)のような臆病者はいないだような」

 

ヨセフ・トランペルドールは真っ先に志願していいました。

「小隊長、しかし私はユダヤ人であります。」

 

すると小隊長が言いました。

「そうか、貴様は、ジット(ユダヤ人の蔑称)らしくないジットだな」と。

 

その後もヨセフ・トランペルドールはユダヤ人の地位向上を図るためにも、積極的に危険な任務に着きました。

 

負傷したヨセフ・トランペルドールは右腕を切断しましたが、傷病兵として安全な後方に就くことなく、危険な前線に志願して戦いました。

 

そのため、ヨセフ・トランペルドールは旅順守備軍のステッセル司令官から「ロシア将兵のお手本である」と称賛されました。

 

日露戦争時、ロシア兵200万のうちユダヤ人は3万人いましたが、ユダヤ人将校は一人もいませんでした。

 

これは、ロシア国において、ユダヤ人に対する差別がどれほど強かったかを物語っています。

 

明治38年(1905年)1月1日、旅順守備隊は日本軍に降伏。

 

1万人のロシア兵捕虜たちは日本に向かいました。

その中に500名のユダヤ人がおり、ヨセフ・トランペルドールもその一人でした。

 

大阪の浜寺に捕虜収容所が設けられ、滞在することとなりました。

 

捕虜たちはそれぞれ宗教別に棟が分けられ、ユダヤ人たちは同じ棟に割り当てられました。

 

まだ、当時の日本の一般家庭で電灯が通っていない時代、どの収容所の棟にも電気が通っていました。

 

新鮮や野菜や肉がたくさん配給され、さらに、将校には月3円、兵士には月50銭が支給されました。

 

ヨセフ・トランペルドールは、日本人所長に相談して、収容所の中で、学校を開きました。

 

ロシア人に対して、ロシア語の読み書きや算数、地理、歴史などを教えました。ほとんどのロシア兵は、ロシア語の読み書きができませんでした。

 

また、床屋、鍛冶屋、靴職人などを捕虜から探して、職業訓練を行いました。

 

ヨセフ・トランペルドールは、パレスチナにイスラエル(ユダヤ人の国)を建国しようという志を持っていました。

 

米国ニューヨークに、イスラエルを建国することを目的とした協会である、シオニスト協会がありました。

 

ヨセフ・トランペルドールは、日本の収容所内にシオニスト協会の日本の浜寺支部を設立し、125名のユダヤ人捕虜を会員にして、組織化しました。

 

ヨセフ・トランペルドールは収容所内で、ロシア語の機関紙まで発行しました。

 

日本の収容所に滞在中、ユダヤ教の大祭である、過越の祭(ペサハ)(pesach) が行われました。

 

ユダヤ人が食べる、酵母のないパンであるマッツア(matztzāh)を入手するために、横浜のユダヤ教会(シナゴーク)(synagogue)に行きたいと所長に懇願しましたが、さすがに捕虜の身分でそれは許可されませんでした。

 

しかし、所長は特別に、横浜のユダヤ人社会と連絡をとり、マッツア(matztzāh)を取り寄せてくれました。

 

ヨセフ・トランペルドールは、イスラエルの建国を志していたので、日本が、開国してからわずか38年で、なぜ世界の一等国であるロシアに勝利することができたのかを研究しました。

 

そのために、日本の所長から日本のことを色々と教えてもらいました。

 

日本人は勤勉であるとか、私利私欲を捨てて、公(おおやけ)のために協力し合うとか、愛国心が強いとか、祖先を敬うとか、家族の団結が強いなど、教わりました。

 

そして、日本人の根底にあるのは、万世一系の天皇を中心とした国体であり、また、”教育勅語”というものであるということも教わりました。

 

明治38年(1905年)9月、米国東海岸のポーツマスにて講和条約が締結されたので、日本に滞在していた捕虜たちは順次、ロシアに帰国しました。

 

ヨセフ・トランペルドールは12月に帰国しましたが、間も無く、ユダヤ人で初めての将校として、陸軍少尉に任命されました。

 

ヨセフ・トランペルドールは、祖国の建設するためには教育を受ける必要性を感じ、サンクトペテルブルグ大学に進学しました。

 

当時のロシアでは、ユダヤ人が、ロシアの首都であるサンクトペテルブルグに出入りすることを許されていませんでしたが、ヨセフ・トランペルドールはロシア兵将校でしたので、特別に許可されました。

 

ヨセフ・トランペルドールはロシア在住のユダヤ人を募り、パレスチナに移住しました。

 

当時のパレスチナはオスマントルコ帝国の領土でした。1914年、オスマン・トルコ帝国とドイツ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国は、同盟して、ロシア、イギリス、フランスなどの連合国と戦争をしました。(第一次世界大戦)

 

パレスチナ在住のユダヤ人たちは、オスマン・トルコの国籍をとるように強要されましたが、ヨセフ・トランペルドールたちは拒否して、イギリス領のエジプトに向かいました。

 

ヨセフ・トランペルドールはイギリスにユダヤ人部隊を創設するように働きかけました。

 

この提案が受け入れられ、ユダヤ人による部隊が結成されました。(シオン騾馬(ラバ)部隊)(シオンとはイスラエルの別名)

 

ヨセフ・トランペルドールにとっては将来、イスラエルの独立をするにあたり、ユダヤ人の軍隊を持つ必要があったので、そのための布石と考えていました。

 

しかし、このユダヤ人部隊(シオン騾馬(ラバ)部隊)(Zion Mule Corps)は、イギリス軍として戦いました。

 

そして、1915年12月から、トルコのチャナッカレ海峡の岬にある、ガリポリ攻略戦に従軍しました。

 

世界大戦が終わると、オスマン・トルコ帝国は中東の広大な領土を失い、パレスチナはイギリスの委託統治下となりました。

 

1919年、ヨセフ・トランペルドールは、ロシアからイスラエルに再び戻りました。

 

パレスチナでは、アラブ人により、ユダヤ人は絶えず襲撃されていました。

 

1920年10月29日、ヨセフ・トランペルドールはガリレア地方の北部のタルハイ農場にて、アラブ武装集団に襲撃されて、命を落としました。

 

ヨセフ・トランペルドールは、息を引きとる最後に次のようにいいました。

 

「アイン・ダバル トフ・ラムット・ビアード・アルゼヌ」

(ヘブライ語)

 

「国のために死ぬほど、名誉なことはない」(日本語訳)

 

この言葉は、ヨセフ・トランペルドールが日本の浜寺の収容所に滞在していた時に、日本兵士から教わった言葉でした。

 

 

(参考図書「ユダヤ製国家日本」ラビ・M・トケイヤー著)

 

https://www.google.com/amp/s/gamp.ameblo.jp/hirohirobbb2000/entry-12266036250.html

 

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本でコロナ感染者が異常に少ない理由 (Mon, 06 Dec 2021)
ドイツではコロナの第4波が猛威をふるい、過去最多の感染者が出ています。 ドイツではまだ第4波です。 それに比べた日本、感染者の数が激減して、ドイツ人からすると正にミラクルの状態です。 そんな時に丁度読んでいるE・S・モー続きを読む "日本でコロナ感染者が異常に少ない理由"
>> Mehr lesen

歳を取ると臭くなるわけ (Sun, 05 Dec 2021)
歳を取ると臭くなると言われます。 加齢臭とか言うそうです。 本当でしょうか? 自分が歳を取ってきたから… と言うわけでもなく、 根拠のなさそうなことに対しては、すぐに疑ってしまいます。 歳を取ると臭くなることに、科学的、続きを読む "歳を取ると臭くなるわけ"
>> Mehr lesen

エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか? (Fri, 03 Dec 2021)
アメリカの動物学者(1838~1925)で、1877年にお雇い外国人として来日し、東大の教授などを務めました。 1877年というと明治10年。江戸時代が終わってまだそれほど経っていない頃。 乗っていた汽車の窓からの眺めで続きを読む "エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか?"
>> Mehr lesen

ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件 (Thu, 02 Dec 2021)
中国が台湾や尖閣諸島を狙って軍事行動で威嚇しているというニュースが頻繁に入ります。 最初は私も、今のこの狭くなった(= 情報が早くなった)地球上で、本気でそんなことを企んでいるのだろうかと少し懐疑的でした。 ですが、特に続きを読む "ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件"
>> Mehr lesen

夫とは元々、妻に教育される存在? (Wed, 01 Dec 2021)
昔はその逆だったかも知れません。 嫁入り年齢も若かったので、若いお嫁さんは、お姑さんや旦那さんからその家の家風や方式などを色々と習ったのだと思います。 最近つくづく思うのは、現代では逆なのではないかということです。 主婦続きを読む "夫とは元々、妻に教育される存在?"
>> Mehr lesen

海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法 (Sun, 21 Nov 2021)
その国で恋人を作るのが1番だと言われます。 でも、恋人の場合は、相手が気を利かせてしまうので、思ったほど効果があるとは思えません。 恋人になってしまうと慣れてしまうということもあります。 実はもっと良い方法があります。 続きを読む "海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法"
>> Mehr lesen

南京事件 (Fri, 19 Nov 2021)
南京事件は、当時に起きた上海事件、盧溝橋事件、廊坊事件、公安門事件、通州事件に続いて起きました。 よって、それらの事件を時系列で整理して理解していくのが一番良いと思います。 1937年頃の中国は、共産主義化を目指す中国共続きを読む "南京事件"
>> Mehr lesen

理論社、小熊英二著の「日本という国」という本 (Thu, 18 Nov 2021)
本には必ず事実が書かれているわけではありません。 多くのウソも書かれています。 ウソや間違った表現です。 特にひどいのが、日本の近代史や歴史の教科書です。 そこに嘘が多いことは知られつつあります。 日本の学校の歴史の教科続きを読む "理論社、小熊英二著の「日本という国」という本"
>> Mehr lesen

アイヌと日本人の人種差別 (Wed, 17 Nov 2021)
以前、日本人は世界の中でも最も人種差別が少ない優しい人種… みたいなブログを書きました。 そのブログに、「じゃあ、昔日本の政府がアイヌに対して行ったひどいことはどうなのか?」というコメントが入りました。 その人は実は知人続きを読む "アイヌと日本人の人種差別"
>> Mehr lesen

自分の人生の主役は自分 (Sun, 14 Nov 2021)
それはごく当たり前のことです。 でも一般的な日本人の場合、それを本当に理解するのは難しいようです。 なぜなら、自分を抑えてでも、周りと合わせなさい、というのが日本的だからです。 西洋の場合は、自己主張、利己主義なので、自続きを読む "自分の人生の主役は自分"
>> Mehr lesen

人生をエンジョイする方法とは? (Fri, 12 Nov 2021)
ヨーロッパの地中海沿岸諸国の人たちは、人生をとてもエンジョイしているように見えます。 彼らから見ると、典型的な日本人で(?)、仕事にも人生にも真面目な(?)私(?)に、「もっと人生をエンジョイしろ!」と言います。 彼らと続きを読む "人生をエンジョイする方法とは?"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 続き (Wed, 10 Nov 2021)
過去の日本の最大のミスは、明治時代の西洋のシステムの取り入れかもしれません。 260年間というとても長い日本の鎖国時代、 当時のアジア、東南アジアは、今から考えると信じられないことにどの国も、西洋の先進諸国の植民地となっ続きを読む "今の日本を作った薩長土肥 続き"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 (Tue, 09 Nov 2021)
日本は幕末に黒船などによって、約260年間も続いた鎖国を終わらされました。 鎖国の重い扉は外圧によってこじ開けられた形です。 歴史に「もし」はナンセンスですが、黒船などの外圧がなければ、徳川幕府はひょっとして300年以上続きを読む "今の日本を作った薩長土肥"
>> Mehr lesen

人生で最も大切なもの -2- (Sun, 07 Nov 2021)
その -1- で、マニュアルなどに頼らずに、自分で判断できるようになることだと思うと申し上げました。 その続きですが、それは正に渋沢栄一の「論語と算盤」にまとめられないでしょうか。 論語と算盤は、「道徳心」と「商売のうま続きを読む "人生で最も大切なもの -2-"
>> Mehr lesen

社長のお給料の金額はどの位? (Sat, 06 Nov 2021)
ドイツで会社設立のサポートをしています。 会社を設立するには、資本金の出資者と社長が必要です。 但しその両方を、オーナー社長としてひとりで兼ねることは可能です。 会社オーナーである資本金の出資者は、会社社長と雇用契約を結続きを読む "社長のお給料の金額はどの位?"
>> Mehr lesen

ピンチを楽しむ (Sun, 31 Oct 2021)
ピンチはチャンスと言います。 そして、 『子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者』(子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。論語) と言います。 くだけて言うと、知っているだけ続きを読む "ピンチを楽しむ"
>> Mehr lesen

日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか? (Sat, 30 Oct 2021)
今の若い人たちはそうでもないのかも知れませんが、私の年代だとまだ、他の人が食事をしていないところで自分が食事をする姿はあまり見せたくありません。 みんなが食事をしているレストランなどは別です。 なぜでしょうか? それを思続きを読む "日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか?"
>> Mehr lesen

東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン (Thu, 28 Oct 2021)
もうすぐ公開される映画「ONODA」を紹介したブログ、フランス映画「ONODA」に、フィリピンに住んでお仕事をされているFreerthanbird/鳥よりも自由さんからとても考えさせられるコメントをいただきました。 この続きを読む "東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン"
>> Mehr lesen

「継続は力」の力 (Sun, 24 Oct 2021)
継続は力という言葉はよく耳にすると思います。 その力は本当に凄いと思います。 「念ずれば花開く」や、 「石の上にも三年」… 職人芸、国宝クラスの名人、オリンピック級の国際アスリート、ノーベル賞クラスの学者、研究者などにも続きを読む "「継続は力」の力"
>> Mehr lesen

フランス映画「ONODA」 (Sat, 23 Oct 2021)
小野田寛郎さんをご存知でしょうか? 第二次世界大戦が終わった後に、終戦を知らずにフィリピンのジャングルに隠れて戦い続けた元日本軍少尉です。 終戦後もずっとジャングルに潜んで29年間戦い続けて、1974年になってやっと日本続きを読む "フランス映画「ONODA」"
>> Mehr lesen

人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第 (Fri, 22 Oct 2021)
人生で最も大切なもののひとつはコミュニケーションだと言えます。 人間関係は常に大切で、それはコミュニケーションで決まるからです。 そのコミュニケーションの優劣がレトリックで決まります。 レトリックとはなにかと言うと、「も続きを読む "人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第"
>> Mehr lesen

自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2) (Thu, 21 Oct 2021)
相田みつをさんの書いた物の中で似たお話しを見つけました。 相田みつをさんが最も尊敬する画家という、原田平治郎さんのお話しです。 その原田さんが子どもを連れて鱒釣りに行った時のことだそうです。 その鱒釣り場では、釣った最後続きを読む "自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2)"
>> Mehr lesen

危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ (Wed, 20 Oct 2021)
徳島県美馬市で起きた、不思議でついつい嬉しくなる現象です。 学校がほど近い、ある横断歩道でのお話しです。 子どもたちが、一時停止する車に対してお礼のお辞儀をするそうです。 そしてそれがどうして始まったのかが分からないそう続きを読む "危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ"
>> Mehr lesen

注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及 (Mon, 18 Oct 2021)
主語がなく、新聞みたいにいい加減です…😅 誰が注目しているのでしょうか? 私です…😅 いえ、私以外にも、ビジネスに興味がある人には気になることだと思います。 ついにユーチューブで、ウォシュレットの宣伝広告が出てきたのです続きを読む "注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及"
>> Mehr lesen

自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます (Thu, 14 Oct 2021)
楽観主義(能天気)と悲観主義(慎重派)で書きましたが、頼んでもいないお酒が宅配便で届き、ついつい私はぬか喜びしました。 その続きのオチで、実はそれを自分で頼んでいたことを忘れていたという、私の脳天気ぶりを白状しました。 続きを読む "自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます"
>> Mehr lesen

恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2) (Tue, 12 Oct 2021)
恥の文化、恥じらいの国民、日本人に続きます。 ドイツのロルちゃんというユーチューバーがいます。 日本と違う点のドイツの紹介や、ドイツ語教室、ドイツ観光の動画を数百本あげています。 実は彼、私と同じ村に住んでいます。 デュ続きを読む "恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2)"
>> Mehr lesen

人生は、楽しむためにある (Mon, 11 Oct 2021)
以前、最高の老化防止策は、趣味を持つこと以上に、出来ることを増やす方が上と書きました。 歳を取ると、記憶力、運動能力、柔軟性、視力、毛髪、年配の親戚… 失っていくものが増えていくので、今まで出来なかったことを、出来るよう続きを読む "人生は、楽しむためにある"
>> Mehr lesen

日本の報道機関 (Wed, 06 Oct 2021)
数年前に、ユーチューブで毎日放送されている「虎ノ門ニュース」の沖縄に関する報道をこのブログで紹介しました。 そうすると、びっくりするような噛みつきコメントがいくつか入りました。 コメントを入れてくれたのは、左翼の人、反日続きを読む "日本の報道機関"
>> Mehr lesen

日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち (Wed, 06 Oct 2021)
以前のブログ、「世界で最も人種差別のない国、日本」に、「日本政府は昔アイヌ人に酷いことをしたのではないか?」というコメントをいただきました。 そこで改めて私の考えを「日本政府は、アイヌ人に本当に酷いことをした?」というブ続きを読む "日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち"
>> Mehr lesen

政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが… (Tue, 05 Oct 2021)
「沈黙は金」、「言わぬが花」でしょうか。 でも、「胸筋を開く」、「腹を割る」という言葉もあります。 以前、知人に言われました。 「よく怖くないですね…」と。 どういうことかというと、私は頻繁に左翼さん、反日さんの感情を逆続きを読む "政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが…"
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...