イギリス人から見た日本と日本人

サー・アーネスト・メイソン・サトウ(Sir Ernest Mason Satow1843630 - 1929826日)イギリスの外交官。イギリス公使館の通訳、駐日公使、駐清公使、枢密顧問官(『エルギン卿遣日使節録』、『ペリー日本遠征記』を読んで日本の虜になってしまう)

 

「空がいつも真っ青なこの国の、絵のような美しい色鮮やかな描写」、「幸福な島国」、「それはまさに日本的特徴である輝かしい日々の一日であった、江戸湾にそって進んでいくと世界中これに勝る景色はないと思われた」、「私の人生で最も活気に満ちた時代」

「エルギン卿遣日使節録」
「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」黄文雄、徳間書店

「日本人の誇り」藤原正彦、文芸春秋

 

 

  

ラザフォード・オールコック 医師、外交官、初代駐日英国総領事(1809~1897)
「物質的文明に関しては、日本人が全ての東洋の国民の最前列に位することは否定しえない。機械設備が劣っており、機械産業や技術に関する応用科学の知識が貧弱であることを除くと、ヨーロッパの国々とも肩を並べることができるといってもよかろう」
 
「もし日本の支配者の政策がより自由な通称貿易を許し、日本人をしてバーミンガムやシェフィールド、マンチェスターなどと競争させるようになれば、日本人もそれにひけをとらず、シェフィールドに迫る刀剣や刃物類を作り出し、世界の市場でマクリフィールドやリヨンと太刀打ちできる絹製品や縮緬品を産出するだろう」

 

「大君の都 - 幕末日本滞在記」岩波文庫
「世界から絶賛される日本人」
黄文雄、徳間文庫

 

 

ローレンス・オリファント 駐日英国公使館1等書記官(1829~1888)
「おそらく東洋で女性にこれほど多くの自由と大きな社会的享楽とが与えられている国はないだろう。一夫多妻制は許されていない」

 

「我々が知ることので きた限りでは、女性の地位は東洋よりも、むしろ西洋で彼女たちが占めているところに近い。 ...これらの女性は隔離されることなく、劇場にも、食事に も、遊山にも、また草花の展示会にさえも出かけ、思うままに振舞うのである」

 

「個人が共同体のために犠牲になる日本で、各人がまったく幸福で満足しているように見えることは、驚くべき事実である」

 
「エルギン卿遣日使節録」
「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」黄文雄、徳間書店

「日本人の誇り」藤原正彦、文芸春秋

 

 

ウィイリアム・アダムズ(三浦按針) 航海長(1564~1620)
「日本の住民は、性質温良にして礼儀を重んずることはなはだしく、戦に臨みては勇敢、国法厳にして、犯したる者は豪も仮借するところなし」

 


「日本賛辞の至言33選」波田野毅 ごま書房

 

 

イザベラ・バード 紀行作家(1831~1904)
「世界中で日本ほど、婦人が危険にも不作法な目にもあわず、まったく安全に旅行できる国は無い」
 
「日本奥地紀行」(*)
高品健吉訳、平凡社ライブラリー
* バジル・ホール・チェンバレンが、
「日本奥地紀行」を、英語で書かれた最善の旅行記と絶賛。
 
「私達は三等車で旅行した。「平民」の振る舞いを是非見てみたかったからである。客車の仕切りは肩の高さしかなくて、たちまち最も貧しい日本人で満員になった。三時間の旅であったが、他人や私達に対する人々の礼儀正しい態度、そして全ての振る舞いに私はただただ感心するばかりだった。それは美しいものであった。とても礼儀正しくしかも親切。

 

イギリスの大きな港町で多分目にするふるまいと比べてなんという違いだろう。さらに日本人は、アメリカ人と同様、自分やまわりの人への気配りから清潔で見苦しくない服装で旅行している。老人や盲人に対する日本人の気配りもこの旅で見聞きした。私達の最も良いマナーも、日本人のマナーの気品、親切さには及ばない」


「日本奥地紀行」イザベラ・バード
 「日本賛辞の至言33選」 波田野毅、ごま出版

 

 

ハーバート・ジョージ・ポンティング 写真家(1870~1935)
「日本の婦人は賢く、強く、自立心があり、しかも優しく、憐れみ深く、親切で、言い換えれば、寛容と優しさと慈悲心を備えた救いの女神そのものである」
 
「女性としての最高の美徳に溢れている」
 
「私は方々の国を何年も旅行したが、今まで見た中でも、最も優雅で心を奪われる都として思い浮かべるのは、この京都である」

 
「この世の楽園・日本」講談社学術文庫
「世界から絶賛される日本人」黄文雄、徳間文庫

 

 

エドウィン・アーノルド 詩人・インドのデカン大学学長(1889年に日本を訪問して講演)

「日本には、礼節にって生活を楽しいものにするという、普遍的な社会契約が存在する」

 

「地上で天国あるいは極楽にもっとも近づいている国だ。 ...その景色は妖精のように優美で、その美術は微妙であり、その神のようにやさしい性質はさらに美しく、その魅力的な態度、その礼儀正しさは、謙虚ではあるが卑屈に堕することなく、精巧であるが飾ることもない。これこそ日本を、人生を生甲斐あらしめるほとんどすべてのことにおいて、あらゆる他国より一段と高い地位に置くものである」

 

「日本人の誇り」藤原正彦、文芸春秋

 

 

キャサリン・サムソン 英国外交官夫人
「日本人とイギリス人の基本的な類似点は、派手よりは地味を好むこと、静かで落ち着いた態度を好むということです。イギリス人は謙虚さを好み、理想とします。従って自慢とか、謙虚さのない知識のひけらかしを嫌い、そういう人たちを信用しません」
 
「この傾向は日本人になるともっと強くなります。だから自慢したり威張ったりする日本人に会うと、私たちの方が驚いてしまいます。日本人は非常に謙虚な国民 で、慎み深い振る舞いや言葉遣いがすっかり身に付いています。彼らも他の国民のように誇り高いのですが、自慢することを嫌います」
 
「日本人としての誇りを持ち、かつ外国人から学ぼうという謙虚な姿勢のために、日本は今日の世界の中で重要な位置を占めるようになったのです」


著書: 東京に暮らす
(1928年~1936年)

 

 

 

ウエスト博士
日本の天皇を憧れ、「私は絶海の孤島の漁師でもいい、山間僻地の百姓でもいい、日本人になり、天皇陛下にお仕えしたい」


和みチャンネル
日本国や神社に感動した外国人の言葉 0:26

 

 


ポンソンビー 英国貴族
皇室の尊厳に憧れ京都に住み、生活の全てを日本式とし、京都御所には土下座で遥排。彼は日本で神を見た英国貴族といわれた。

 
和みチャンネル
日本国や神社に感動した外国人の言葉 0:26

 

 


ビッケン名古屋商科大学教授
キリスト教文化は、科学、哲学、産業革命を生み出し現在の経済中心の世界を作り上げた。だがユダヤ、キリスト教を中心とする宗教は闘争に明け暮れて、疲れ果てている。
 
これは人間と自然との関係を排除してきたからだ、自然と人間、人間と人間の調和・共生を求める日本の古神道に帰らねば人類は救われない。


和みチャンネル
日本国や神社に感動した外国人の言葉 0:26

 

 



ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本語にも英語にもない、とても素敵なドイツ語の肩書き – Kundenbetreuung (Sun, 27 Sep 2020)
Kundenbetreuung にぴったりの単語は日本語にも英語にもありません。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の交通状況譲り合いの違い (Fri, 25 Sep 2020)
イギリスを真似て、ドイツも多くの信号機付の十字路がロータリーに代わりました。 そ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンドラー、杉原千畝、旧日本軍中将 樋口季一郎の共通点 (Wed, 23 Sep 2020)
シンドラーは1200人のユダヤ人の命を救い、杉原千畝は6千人を救ったそうです。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

香港問題。チベット、ウイグル弾圧 (Mon, 21 Sep 2020)
中国のチベットやウイグルへの弾圧は、現地のお坊さんたちの焼身自殺までしての訴えや… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンプルザベスト (Sun, 13 Sep 2020)
先日、あるホテルのバイキングで夕食となりました。 食べるために用意される道具は普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「嫌な奴のお面をかぶった神様」 (Wed, 09 Sep 2020)
という考え方があります。 周りにいる嫌な奴は、実は中身は神様という意味です。 神… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動 (Sun, 06 Sep 2020)
を初めて5年と数ヶ月がたちました。 よく続いているものだと思います。 これも、参… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

やれば出来る。指7本で弾く一流ピアニスト (Sat, 05 Sep 2020)
月刊紙「致知」7月号で、障害のために左右合わせて7本の指しか使えないピアニストの… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

迷った時はやってみる! (Thu, 03 Sep 2020)
長い人生の中で何度かは訪れる岐路。 やるべきか、やめておくべきか… 果たしてどっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが… (Mon, 31 Aug 2020)
在デュッセルドルフ日本総領事館からのお知らせです。 主催者は、あるいはそのバック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 3 (Sat, 25 Jul 2020)
なぜ読み始めるようになったのかは、故・安岡正篤さんという偉人が関係しています。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 2 (Sun, 19 Jul 2020)
はっきり言って、人によってはこの月刊紙は硬い読み物です。 人間学などという硬いこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 1 (Fri, 17 Jul 2020)
「致知」という月刊紙があります。 日本の近代史を正しく伝える記事が出ることがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

暴動が起きる国と起きない国 (Sat, 11 Jul 2020)
人種差別でアメリカでは暴動が起きました。 長く住むここドイツではあり得ないな… … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして歳を取ると物を大事にするようになるのか… (Wed, 08 Jul 2020)
歳を取ってくると物を大事にする理由が分かってきました。 同類(どうるい)相(あい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「少々お待ちください」と「はい、只今」その3 (Mon, 06 Jul 2020)
「少々お待ちください」と「はい、只今」のとても大きな違いは肯定と否定にあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツホロコーストの長編 -Holocaust die Geschichte der Familie Weiß – (Wed, 24 Jun 2020)
この映画(ドラマ)が1970年代にドイツで放送された時、多くのドイツ人がショック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

便器の素手洗いは本当に不衛生? (Tue, 16 Jun 2020)
便器を素手で洗う人たちがいます。 故小林静観さん、鍵山秀三郎さんはご存知ないかも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナにより、約2ヶ月ぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除活動 (Sun, 17 May 2020)
密を避けるために2ヶ月以上休止していた掃除活動を本日再開しました。 路上の車の数… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルス対策 (Sun, 19 Apr 2020)
ドイツ、NRW州の自営業者(1人)〜社員数25人まで〜50人までの組織へのコロナ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本のコロナウィルス対策。拙速(ドイツ)巧遅(日本?)。100万円〜300万円ばらまき支援、自営業者〜零細〜中小企業向け (Sun, 19 Apr 2020)
モタモタしている日本と違い、ドイツの自営業者〜零細〜中小企業向けの支援策の決定、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか? (Sat, 11 Apr 2020)
さて、この時計に写っている人は誰でしょう? そう、2006年末に処刑されたあのサ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...