311の日本人

東日本大地震の時の、被災地の方々の態度は世界中で称賛されたことはご存知だと思います。あるいはひょっとして、そのことにも気が付いていない人がいるのかもしれません。

 

なぜならあれは日本では、ごくごく当たり前のことで、どうして賞賛されるのかが分からないからです。

 

「日本人とは?」のページにもあるように、日本人のことを良く知るには、それを計ることが出来る世界の物差しが必要です。

 

アメリカなどの海外では、311のような大きな自然災害が起きると、暴動、略奪、パニックがつきものなのです。

 

貧困層だけではなく、中間層以上でも、破られたドアからスーパーなどに入って商品を勝手に持っていってしまうのです。

 

311の時に悪いことをした人もいたでしょうが、そのレベルは世界の物差しで計ると取るに足らないレベルなのです。

 

次は、311の時に現れた海外のコメントの一例です。

 

「日本人がこの悲劇に直面した時に示した尊厳ある冷静さは、たぐいまれなものである」アメリカ・タイム紙

 

「信じられないような苦難を、潔く尊厳をもって我慢した」アメリカ・ニューヨークタイムズ紙

 

「中国人にとってはもうひとつ、別なショックがあった。- 中略 -  かような状況でも慌てず乱れなかった民衆であった」中国・羊城晩報

 

「生存者たちの尊厳と『回復力』には畏敬の念を覚えた」イギリス・ファイナンシャルタイムズ紙

 

「驚くべきことだ。日本人の『ガマン』という概念がある。それは patience, endurance, perseverance が合わさったものだ。愛する人、ビジネス、家など、何もかも失った人々を見ても彼らは毅然として快活に見えた…」ジョン・バーネット、National Public Radio にて。

 

「『ガマン』の概念は、日本人にとって本質的な価値観で、プレッシャーがかかっていても他人に対する高度なレベルの思いやりを示し続ける特質であり、外国の人にとっては驚きであることが多い。ガソリンスタンドやスーパーマーケットでの長蛇の列は東京にまで広がっているが、そこで大声を出したり、怒りの声を出したりすることは稀である。他の車が通れるように間隔を空け、誰も割り込もうとしない」ギャビン・ブレア、クリスチャン・サイエンス・モニター

 

「これ『ガマン』は、この国がいかにして第二次世界大戦の荒廃から劇的に回復したかを説明する」ルイス・カールソン、同上紙

 

「この悲劇の大きさにもかかわらず、日本の人々は称賛に値するさまで振る舞っている。ニューオリンズのハリケーン・カトリーナの時と違って、とりたてて言うほどの略奪も暴動もパニックも経験していない。彼らは純粋に無死無欲のさまで行動し、お互いを助け合うべく、いかなる苦労も惜しまない」ザ・ノーザン・ライト、ダニエル・マクドナルド

 

「略奪、暴動、公然と悲しみと怒りを表すのを見た他の災害と違って、静かに悲しみ、人々は2〜3本のボトルの水をもらうために秩序正しく、何時間も忍耐強く立っている」CNN、キュン・ラー

 

「日本人は、他の人に迷惑をかけてはいけないという集団的プレッシャーが強く、恐怖の連鎖反応が起きないように冷静さと強さを示そうとする。体育館に何百人もの人と一緒に寝泊まりしている人に対して、私は今の状況で何が最もつらいことかと尋ねた。『我々には生まれたての赤ちゃんがいる。最もつらいのは、赤ちゃんが夜泣いて、それが我々以外の人たちを苛立たせることだ』」ガテンフェルダー、APカメラマン

 

「… 大震災の惨禍が起きた後、略奪もなければ暴動も全くなかった。凍りつくような天候の中で、食料、水、燃料を望む人が長者の列をなしたが、もらえないこともあったという。それでも怒りは炎上せず、ほとんど不平は出なかった」ハナ・ビーチ、タイム誌

 

「近所の人がやって来て、『カレーライスが出来たから食べませんか?』と言ってくれました。とても感動しました。このように他人を思いやり、助け合うことが中国人にできるでしょうか? 私は恐怖心で泣いたりはしません。彼らに感動して泣いているのです」黄静雅、明報

 

「階段に座る人が、通れるようにちゃんと通路を空けている。GDPでは確かに抜いたが、国民の素養など、まだまだ中国は日本に追い付けない」民衆素養のビデオ教室になりうる日本地震の放送、羊城晩報

 

「千葉、仙台間400キロ、割り込む車1台も無し。ガソリンが残っている一部のスタンドには200〜300メートルの車の列。1回の注油は10リットル、あるいは2千円。彼らはまるでベルトコンベアのように動く。割り込む車や『もっと入れてくれ』と大声をあげる人は見かけなかった」ソヌ・ジョン、朝鮮日報

 

「仙台空港を目の当たりにした時、圧倒されそうになったが、被災地に行って取材すると、人々の立ち直る力と強靭な精神力に自分の方が刺激を受けた…    イギリス人だったらケンカはするし、窃盗はするし、もっとひどかったと思う。被災地の人たちは驚くほど寛容で優しい。自転車を盗んだりガソリンを盗んだりするのは見たが、それは略奪ではなくて生き残るためにやっている。私が言いたいのは外国で見るような規模のものではないということだ。何もかも不足しているのに便乗値上げがない」リチャード・ロイド・パリー、ザ・タイムズ(イギリス)

 

「小学校の校庭できれいな弧を描くように列を作って並ぶ被災者たちを上空からの画像で見て、『これがオランダだったら、我先にと誰をも押しのけてみにくく争うのがオチだ。事実、スーパーなどでは毎日のごとくそれが起きている。他人に迷惑をかけないように気遣えば、お互いが気持ち良く接し合えるし、物事がスムーズに運ぶ』」オランダ、ヘルデランダー紙

 

「津波が来たら親子であっても手を離してまずは高台に逃げろと伝わる東北地方の教訓が報道されて、『〜が起きたら、まず〜を行う』というような、危険を避けるための教訓や生活の知恵といったものがオランダにはない。『水が来たって私は泳げるから大丈夫』と考えてしまう。普段のオランダの自然はいたって平穏なので、予想外のことが起こると驚いてしまって大騒ぎする性質を持っている。オランダからは介護士になる教育を受けた多くのボランティアの若者が被災地に行った。現場の惨状は目に余りすぎて、行った方がすっかりうちしがれてしまった。そして被災者から逆に励ましを受けたり手袋を貸してもらったり、絆創膏を貼ってもらったり…    日本人というのはどこまで忍耐強くて礼儀正しいのだろう。だからこそ絶対に前進して行くのだろう」オランダ、スピッツ紙

 

「東日本高速道路株式会社は、被害を受けた870Kmの高速道路の内の813kmをたったの6日間という信じられない速さで修復した。さらにはその工事の際の『すみません、ご迷惑をおかけします』という低姿勢…   イタリア、ラクイラで起きた地震後の復興と比べて…」ビル・エモット

 

「日本の社会は非常にレベルの高い民度を持っていることを、この災害によって私たちに思い出させてくれた。それは大災害の後とは思えないほどの人々の素晴らしい協力体制、思いやりにあふれた行い、驚くほどの忍耐力などだ」ギリシャ国営放送、ET3

 

「冷静、沈勇、遠慮深い、秩序ある行動を日本人はとった。食料や飲み物配給に整然と列を作って、自分の番が来るまで秩序正しく待っている姿に感嘆している。非難をするにも列を作って順番を待っている。これは冷静さから来るのか、あまりのショックに立ちすくんでしまったためなのか。暴動に至らないのはなぜか。この冷静さはいったいどこから来るのだろうか」ドイツのフォーカス、シュテルン誌。

 

「日本人は我々に冷静さの教訓を与えた。それは模範的な態度、人生の哲学、勇気と尊厳のモデルであった。世界中の人を、とりわけ西洋人を驚かせた。混乱に満ちた中で、日本人はストイックであり続けている。災害に遭った地域では、顔を凍らせおののかせる大いなる苦痛と不安がある。それなのに、叫びも怒りも大パニックも暴動も略奪もほぼなかった。試練を前にして、日本人は文字通り指示を尊重した。そして称賛を勝ち取っている公民精神と相互援助精神と共に運命に従っている」フランス、ル・パリジャン紙

 

出典: 世界が感嘆する日本人

別冊宝島編集部編

 

 

 

このような自然災害に遭った時の日本人の態度には、実はかなり昔から日本に来た外国人に驚かれていました。

 

「せいぜい4メートルの幅しかない堤の上をうごめく人の群れは目を疑うほどだ。我々は馬で行ったのに、人力車と同様、極めてゆっくりとしか進めなかったが、それでもすっかり満足だった。

 

...それに入り乱れて行きこう全てが、何と静粛で整然としていることだろう。乱暴な行為もなければ、酔漢の怒鳴り声もしない。

 

...行儀の良さが骨の髄まで染み込んでいる国民だ」エルヴィン・フォン・ベルツ ドイツ医師(1849~1913)

 

 

1856年、下田を台風が襲い1/3が破壊され、台風が去ったあとの日本人の態度を見て...:

 

「日本人の態度には驚いた。泣き声ひとつ聞こえなかった。絶望なんてとんでもない!彼らの顔には悲しみの影さえもなかった。それどころか、台風なんてまったく関心がないという様子で、嵐のもたらした損害を修復するのに忙しく働いていた」ヘンドリック・コンラット・ヨアンネス・ヒュースケン 江戸時代後期に伊豆国下田の玉泉寺に設置された駐日アメリカ総領事館の通弁官

 

 

1866年11月26日の横浜の大火を見て...

「ここへ来てみると(噂は)まったく根拠のないことが判明した。日本人自身、西洋人よりはるかにひどい火災の被害をうけていて、それにもかかわらず、あっぱれな勇気と賞賛すべき犠牲心と沈着さを発揮して、西洋人の貴重品を無事に運びだす手伝いをしたのだった」

 

「日本人はいつに変わらぬ陽気さ呑気さを保っていた。不幸に襲われたことをいつまでも嘆いて時間を無駄にしたりしなかった」

 

「日本人の性格中、異彩を放つのが、不幸や廃墟を前にして発揮される勇気と沈着である。ふたたび水の上に浮かび上がろうと必死の努力をするそのやり方は無分別にことにあたる習癖をまざまざと証明したようなもので、日本人を宿命論者と呼んでさしつかえないだろう」エドゥアルド・スエンソン デンマーク人フランス海軍中将(1842~1921)

 

 

311の被災地の方々には心からお悔やみを申し上げたく心痛いばかりですが、不幸中の幸いに、日本人特有の良い面があの時にも現れたということは、日本人気質は今日でもまだ残っているという証拠となり、悪くなるばかりである日本と言われている中で、ホッとさせられる気がします。

 

 

 

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本でコロナ感染者が異常に少ない理由 (Mon, 06 Dec 2021)
ドイツではコロナの第4波が猛威をふるい、過去最多の感染者が出ています。 ドイツではまだ第4波です。 それに比べた日本、感染者の数が激減して、ドイツ人からすると正にミラクルの状態です。 そんな時に丁度読んでいるE・S・モー続きを読む "日本でコロナ感染者が異常に少ない理由"
>> Mehr lesen

歳を取ると臭くなるわけ (Sun, 05 Dec 2021)
歳を取ると臭くなると言われます。 加齢臭とか言うそうです。 本当でしょうか? 自分が歳を取ってきたから… と言うわけでもなく、 根拠のなさそうなことに対しては、すぐに疑ってしまいます。 歳を取ると臭くなることに、科学的、続きを読む "歳を取ると臭くなるわけ"
>> Mehr lesen

エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか? (Fri, 03 Dec 2021)
アメリカの動物学者(1838~1925)で、1877年にお雇い外国人として来日し、東大の教授などを務めました。 1877年というと明治10年。江戸時代が終わってまだそれほど経っていない頃。 乗っていた汽車の窓からの眺めで続きを読む "エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか?"
>> Mehr lesen

ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件 (Thu, 02 Dec 2021)
中国が台湾や尖閣諸島を狙って軍事行動で威嚇しているというニュースが頻繁に入ります。 最初は私も、今のこの狭くなった(= 情報が早くなった)地球上で、本気でそんなことを企んでいるのだろうかと少し懐疑的でした。 ですが、特に続きを読む "ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件"
>> Mehr lesen

夫とは元々、妻に教育される存在? (Wed, 01 Dec 2021)
昔はその逆だったかも知れません。 嫁入り年齢も若かったので、若いお嫁さんは、お姑さんや旦那さんからその家の家風や方式などを色々と習ったのだと思います。 最近つくづく思うのは、現代では逆なのではないかということです。 主婦続きを読む "夫とは元々、妻に教育される存在?"
>> Mehr lesen

海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法 (Sun, 21 Nov 2021)
その国で恋人を作るのが1番だと言われます。 でも、恋人の場合は、相手が気を利かせてしまうので、思ったほど効果があるとは思えません。 恋人になってしまうと慣れてしまうということもあります。 実はもっと良い方法があります。 続きを読む "海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法"
>> Mehr lesen

南京事件 (Fri, 19 Nov 2021)
南京事件は、当時に起きた上海事件、盧溝橋事件、廊坊事件、公安門事件、通州事件に続いて起きました。 よって、それらの事件を時系列で整理して理解していくのが一番良いと思います。 1937年頃の中国は、共産主義化を目指す中国共続きを読む "南京事件"
>> Mehr lesen

理論社、小熊英二著の「日本という国」という本 (Thu, 18 Nov 2021)
本には必ず事実が書かれているわけではありません。 多くのウソも書かれています。 ウソや間違った表現です。 特にひどいのが、日本の近代史や歴史の教科書です。 そこに嘘が多いことは知られつつあります。 日本の学校の歴史の教科続きを読む "理論社、小熊英二著の「日本という国」という本"
>> Mehr lesen

アイヌと日本人の人種差別 (Wed, 17 Nov 2021)
以前、日本人は世界の中でも最も人種差別が少ない優しい人種… みたいなブログを書きました。 そのブログに、「じゃあ、昔日本の政府がアイヌに対して行ったひどいことはどうなのか?」というコメントが入りました。 その人は実は知人続きを読む "アイヌと日本人の人種差別"
>> Mehr lesen

自分の人生の主役は自分 (Sun, 14 Nov 2021)
それはごく当たり前のことです。 でも一般的な日本人の場合、それを本当に理解するのは難しいようです。 なぜなら、自分を抑えてでも、周りと合わせなさい、というのが日本的だからです。 西洋の場合は、自己主張、利己主義なので、自続きを読む "自分の人生の主役は自分"
>> Mehr lesen

人生をエンジョイする方法とは? (Fri, 12 Nov 2021)
ヨーロッパの地中海沿岸諸国の人たちは、人生をとてもエンジョイしているように見えます。 彼らから見ると、典型的な日本人で(?)、仕事にも人生にも真面目な(?)私(?)に、「もっと人生をエンジョイしろ!」と言います。 彼らと続きを読む "人生をエンジョイする方法とは?"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 続き (Wed, 10 Nov 2021)
過去の日本の最大のミスは、明治時代の西洋のシステムの取り入れかもしれません。 260年間というとても長い日本の鎖国時代、 当時のアジア、東南アジアは、今から考えると信じられないことにどの国も、西洋の先進諸国の植民地となっ続きを読む "今の日本を作った薩長土肥 続き"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 (Tue, 09 Nov 2021)
日本は幕末に黒船などによって、約260年間も続いた鎖国を終わらされました。 鎖国の重い扉は外圧によってこじ開けられた形です。 歴史に「もし」はナンセンスですが、黒船などの外圧がなければ、徳川幕府はひょっとして300年以上続きを読む "今の日本を作った薩長土肥"
>> Mehr lesen

人生で最も大切なもの -2- (Sun, 07 Nov 2021)
その -1- で、マニュアルなどに頼らずに、自分で判断できるようになることだと思うと申し上げました。 その続きですが、それは正に渋沢栄一の「論語と算盤」にまとめられないでしょうか。 論語と算盤は、「道徳心」と「商売のうま続きを読む "人生で最も大切なもの -2-"
>> Mehr lesen

社長のお給料の金額はどの位? (Sat, 06 Nov 2021)
ドイツで会社設立のサポートをしています。 会社を設立するには、資本金の出資者と社長が必要です。 但しその両方を、オーナー社長としてひとりで兼ねることは可能です。 会社オーナーである資本金の出資者は、会社社長と雇用契約を結続きを読む "社長のお給料の金額はどの位?"
>> Mehr lesen

ピンチを楽しむ (Sun, 31 Oct 2021)
ピンチはチャンスと言います。 そして、 『子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者』(子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。論語) と言います。 くだけて言うと、知っているだけ続きを読む "ピンチを楽しむ"
>> Mehr lesen

日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか? (Sat, 30 Oct 2021)
今の若い人たちはそうでもないのかも知れませんが、私の年代だとまだ、他の人が食事をしていないところで自分が食事をする姿はあまり見せたくありません。 みんなが食事をしているレストランなどは別です。 なぜでしょうか? それを思続きを読む "日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか?"
>> Mehr lesen

東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン (Thu, 28 Oct 2021)
もうすぐ公開される映画「ONODA」を紹介したブログ、フランス映画「ONODA」に、フィリピンに住んでお仕事をされているFreerthanbird/鳥よりも自由さんからとても考えさせられるコメントをいただきました。 この続きを読む "東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン"
>> Mehr lesen

「継続は力」の力 (Sun, 24 Oct 2021)
継続は力という言葉はよく耳にすると思います。 その力は本当に凄いと思います。 「念ずれば花開く」や、 「石の上にも三年」… 職人芸、国宝クラスの名人、オリンピック級の国際アスリート、ノーベル賞クラスの学者、研究者などにも続きを読む "「継続は力」の力"
>> Mehr lesen

フランス映画「ONODA」 (Sat, 23 Oct 2021)
小野田寛郎さんをご存知でしょうか? 第二次世界大戦が終わった後に、終戦を知らずにフィリピンのジャングルに隠れて戦い続けた元日本軍少尉です。 終戦後もずっとジャングルに潜んで29年間戦い続けて、1974年になってやっと日本続きを読む "フランス映画「ONODA」"
>> Mehr lesen

人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第 (Fri, 22 Oct 2021)
人生で最も大切なもののひとつはコミュニケーションだと言えます。 人間関係は常に大切で、それはコミュニケーションで決まるからです。 そのコミュニケーションの優劣がレトリックで決まります。 レトリックとはなにかと言うと、「も続きを読む "人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第"
>> Mehr lesen

自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2) (Thu, 21 Oct 2021)
相田みつをさんの書いた物の中で似たお話しを見つけました。 相田みつをさんが最も尊敬する画家という、原田平治郎さんのお話しです。 その原田さんが子どもを連れて鱒釣りに行った時のことだそうです。 その鱒釣り場では、釣った最後続きを読む "自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2)"
>> Mehr lesen

危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ (Wed, 20 Oct 2021)
徳島県美馬市で起きた、不思議でついつい嬉しくなる現象です。 学校がほど近い、ある横断歩道でのお話しです。 子どもたちが、一時停止する車に対してお礼のお辞儀をするそうです。 そしてそれがどうして始まったのかが分からないそう続きを読む "危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ"
>> Mehr lesen

注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及 (Mon, 18 Oct 2021)
主語がなく、新聞みたいにいい加減です…😅 誰が注目しているのでしょうか? 私です…😅 いえ、私以外にも、ビジネスに興味がある人には気になることだと思います。 ついにユーチューブで、ウォシュレットの宣伝広告が出てきたのです続きを読む "注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及"
>> Mehr lesen

自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます (Thu, 14 Oct 2021)
楽観主義(能天気)と悲観主義(慎重派)で書きましたが、頼んでもいないお酒が宅配便で届き、ついつい私はぬか喜びしました。 その続きのオチで、実はそれを自分で頼んでいたことを忘れていたという、私の脳天気ぶりを白状しました。 続きを読む "自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます"
>> Mehr lesen

恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2) (Tue, 12 Oct 2021)
恥の文化、恥じらいの国民、日本人に続きます。 ドイツのロルちゃんというユーチューバーがいます。 日本と違う点のドイツの紹介や、ドイツ語教室、ドイツ観光の動画を数百本あげています。 実は彼、私と同じ村に住んでいます。 デュ続きを読む "恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2)"
>> Mehr lesen

人生は、楽しむためにある (Mon, 11 Oct 2021)
以前、最高の老化防止策は、趣味を持つこと以上に、出来ることを増やす方が上と書きました。 歳を取ると、記憶力、運動能力、柔軟性、視力、毛髪、年配の親戚… 失っていくものが増えていくので、今まで出来なかったことを、出来るよう続きを読む "人生は、楽しむためにある"
>> Mehr lesen

日本の報道機関 (Wed, 06 Oct 2021)
数年前に、ユーチューブで毎日放送されている「虎ノ門ニュース」の沖縄に関する報道をこのブログで紹介しました。 そうすると、びっくりするような噛みつきコメントがいくつか入りました。 コメントを入れてくれたのは、左翼の人、反日続きを読む "日本の報道機関"
>> Mehr lesen

日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち (Wed, 06 Oct 2021)
以前のブログ、「世界で最も人種差別のない国、日本」に、「日本政府は昔アイヌ人に酷いことをしたのではないか?」というコメントをいただきました。 そこで改めて私の考えを「日本政府は、アイヌ人に本当に酷いことをした?」というブ続きを読む "日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち"
>> Mehr lesen

政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが… (Tue, 05 Oct 2021)
「沈黙は金」、「言わぬが花」でしょうか。 でも、「胸筋を開く」、「腹を割る」という言葉もあります。 以前、知人に言われました。 「よく怖くないですね…」と。 どういうことかというと、私は頻繁に左翼さん、反日さんの感情を逆続きを読む "政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが…"
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...