日本と日本人

普通に日本で暮らしていると、

 

「日本とはどういう国なのか?」

 

「日本人とはどんな国民なのか?」

 

ということが分かりません。

 

海外、外国人を知らないと、それを計る「はかり」を持っていないからです。

 

まずはそれを知ることが大切ではないでしょうか?

 

左のメニューの「日本という国とは?」のページでますは

 

日本という国について、

 

そして「日本人とは?」というページで

 

日本人とはどういう人間なのかを知ってください。

 

 

世界の中で200年以上の平和が続いたのは、日本の江戸時代のみです。

 

各国の人口比で警察官、特に弁護士の数が極めて少ないのが日本です。

 

日本では、約4.500人に1人の割合で弁護士が存在する計算になりますが、

 

その割合がドイツでは約560人に1人になり、アメリカは約30人に1人です。

 

日本人は、世界で最も揉め事を弁護士を必要とせずに

 

解決してしまう国民の一つです。

 

世界の殺人事件発生率(2018年)を見てみると、

 

1位 = エルサルバドル(52人/10万人)

 

イギリス = 111位(1,20人/10万人)

 

ドイツ = 123位(0,95人/10万人)

 

アメリカ = 60位(4,96人/10万人)

 

日本 = 154位(0,26人/10万人)

 

 

ドイツでは日本の4倍の犯罪が発生、殺人、窃盗は3倍以上、強盗は約13倍。

 

これは、いかに日本(人)が平和で安全であるかを示しています。

 

大陸にある国々とは違い、日本が島国で平和を保てたという幸運もあります。

 

その平和な島国で、太古の昔から日本人は和を重んじてきました。

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...