遺跡が示すもの

陶器は縄文時代の日本から始まった。

 

日本の焼き物の歴史は世界に比べて圧倒的に古いです。

 

最も古いものは、およそ1万6500年前に青森で作られた縄文土器と言われています。

 

弥生土器や須恵器など、焼成温度がより高く、また釉薬という新たな技術も大陸から伝えられ、陶器の生産が始まっていきました。

 

陶器は、戦国時代の製陶の盛り上がりや茶の湯の流行などから、全国で生産されるようになりました。

 

江戸時代になると、佐賀の有田で陶石が発見されたことから磁器の製作が始まり、現在の陶磁器の文化が完成しました。

 

ウィキペディア

 

 

 

紀元前5百年前に大陸から稲作が伝わって弥生時代が始まった...?

 

漆は中国から伝わった...?

 

朝寝鼻貝塚の稲の栽培の痕跡は約6千年前のものであることから、稲作が中国、韓国から伝わったのというのは正しくないようです。

 

そして日本の漆の歴史は、少なくとも1万2千6百年前、福井県若狭町の鳥浜貝塚から出た漆の木の枝が存在します。

 

漆の木は自生するのではなく、毎年手入れをして育て、樹液の採取が出来るようになるのに10年近くかかるのですが、既にその当時にそれが行われていたことがうかがえます。

 

さらには北海道函館市の垣ノ島B遺跡から発見された漆塗りの副葬品は、放射性炭素14の年代測定で9千年前の物であることが判明。漆は中国から伝わったというのは正しくないようで、日本発祥の可能性が高いのです。

 

 

「ロクロも窯も使わずにここまで複雑な作品を作るとは信じ難い」

 

1998年秋、パリ日本文化会館で開催された、

欧州初の縄文展の縄文土器をを見たフランスの

社会人類学社クロード・レヴィ・ストロースさん

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...