新幹線の実力

1964年10月1日に東海道新幹線が開業してからちょうど50年になります。日本を代表するもののひとつとして海外でも元々有名ですが、半世紀もの間に社内の乗客の死亡事故はゼロ(*)。
 
しかもこの数字は、台風などでの遅れを含めた統計なので、普段の遅れはほぼゼロ。
 
しかもそれはどちらかというと乗客が無理をしたために起こった事故。本来の意味での列車事故はゼロ。速さだけではなくてその信頼性の高さは世界に誇れるものに間違いありません。
 
その素晴らしさは以前から知っていましたが、ではどうしてそうなのか? ということを最近になって知りました。素晴らしいものの影にはやはりその理由が隠されていました。
 
東海道新幹線の場合、1年に12万本もの新幹線が走っているそうですが、それは3分間に1本の割合であることを意味します(多い日で一日400本以上)。それにもかかわらず、1列車あたりの平均遅延時間はわずか0,5分だそうです。
 
列車の数の多さは、時間の正確さを必要とします。その理由は、本数を増やすことで混雑をなくしたいという、お客様本位の考え方から来ているそうです。一体どちらがお客なのか分からない国々とは違って、まあ日本なら当たり前でしょうか。
 
でもその数をこなすためには、どうしてもシビアな時間の管理が必要です。それをどうやってこなしているのでしょうか? そこには、運転手のお仕事が大きな役割を果たしているのです。
 
新幹線の運転手というと、旅客機と同じように、自動操縦に任せっきりで、運転手は暇なのでは? と、思いがちですが、それは大間違い。
 
何と新幹線の運転手は、全員がアナログ腕時計を携帯して、常に時間の計算をしているのです。例えば望みの場合、東京を発車して名古屋までの間に、9つの通過駅があります。
 
その各通過駅で、秒単位の通貨時間を確認しているのです。なぜアナログ時計なのか? 例えば通貨時間が13時22分の場合、デジタル時計では時間の差の計算が大変です。でもアナログ時計なら計算がしやすくなります。
 
とはいえ、各通過駅を秒単位の正確さで通過するのです。通過する際に各運転手は手で示しながら、テイツウ(定通=定刻通り)、ソフツウ(早通=早過ぎ)、エンツウ(延通=遅れ) と声に出して確認します。
 
アナログ時計の理由は、例えば時速100km/hで走った場合、
 
各駅間数回、40回以上、
 
コンピューターを使わない理由は、
各運転手が常に時間の観念を身体に染み付けるためです。不慮の事故の際に備えたものです。
 
日々わざわざ暗算で計算して鍛えておくわけです。
暗算は、無理な加速やブレーキを防ぎ、より乗り心地の良い運転を提供するためです。
 
そして各運転手は、本物の新幹線に似せたシュミレーションシステムで定期的にテストを行われます。そこでは、技術的な不具合の発生をわざと出して、普段の運転を続けながらその不具合を、マニュアルに沿って解決する訓練を受けます。
 
そのシュミレーションでは、起こりえる全ての故障を再現することができ、運転手は運転を行いながらその故障に対応しなければなりません。つまり、暗算を繰り返す普段の運転を続けながら故障を探してゆくのです。
 
東海道新幹線全体を統御する運行管理部署は、東京のどこかにあります。70名以上で365日、24時間体制で管理しています。安全性を保つためにそれがどこにあるかは秘密で、そこでは広いパネルに、東京から新大阪までの路線がデジタルで描かれています。
 
どこをどの新幹線が現在走っているかが全て一目瞭然です。
 
実は全く同じものがもうひとつ大阪にも用意されています。それは、もし天災などで東京の制御システムが使えなくなってしまった時に、正しにスイッチできるようにするためです。(阪神淡路大震災以降)
 
東京都品川の間、大井車両基地
仕業検査 2日に1度 重要なポイント
 
月に一度の交番検査 人間ドック
 
1年半に行われる台車検査
モーターや車輪をはずして分解
 
3年に一度の全般検査
ほぼ全ての機器を取り外し、1ヶ月間かかる検査
塗装もし直し
 
3年で500回以上の検査
大井での1年間の検査回数は1万回
 
検査の方法は、4重のチェック。
交番検査の場合、まずは2人1組で検査開始。例えば下部の制御部分をチェック。異常がないことが分かって閉めたふたがきちんと閉められているかどうかを2人目が確認。
 
その後、3人目、4人目が加わり、3人目がエラー防止で再チェック、4人目はそのチェックが抜かりがないかどうかのチェック。
 
明治時代に始まった確認方法。
工具が戻っていなければ、その新幹線は検査場を出れない。(飛行機と同じ)
 
特に検査に力を入れるのはドア周り。27箇所。乗客の乗り降りをさまたげ、時間を奪う可能性があるから。
 
さらには線路のメンテナンス
特別検査車両 ドクターイエロー
1mm単位のレーザー照射による線路のチェック
パンダグラフと接するトロリ線の交換 1.5km
 
毎夜3千人の補修作業
線路の石(バラスト・クッション) の交換。1mの深さ。毎日。行えるのは一日わずか50m
全区域515kmを10年かけて一巡。
 
特殊車両3台で
石交換  石を震わせて詰める 線路を震わせて石を詰める  その後は手作業でならす。
 
ドイツのICEも多数の死者を出す大きな事故を起こしていますが、夏の猛暑でクーラーが効かなくなるという不祥事を出して、
 
* 駆け込み乗車で無理をした高校生が指を挟まれて、そのまま引きずられ、最後は新幹線に巻き込まれてしまって死亡。


ドイツの鉄道・建築レベル

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

コロナで日本の病院が一杯の原因 (Sat, 16 Jan 2021)
は、何と日本の全病床数の僅か3%しか使っていないから… 日本は確か、病床数は世界… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どれだけドイツ人がハグを恋しがっているか… (Thu, 14 Jan 2021)
それは、建物の横一面に巨大な絵を描いてしまうほどです。 右下2つの大きな(約2m… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い (Tue, 12 Jan 2021)
が分かりました。 ドイツではロックダウンはしているものの、他国の患者を受け入れる… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

秀吉の時代に、日本が世界最大最強の軍事国であった過去を持つ日本 (Mon, 11 Jan 2021)
種子島に伝えられた鉄砲を、当時の日本人はすぐに見よう見真似で作ってしまい、それを… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

もし、豊臣秀吉がもう数年だけ長生きをしていたら、中国と朝鮮半島は日本になっていた… (Sun, 10 Jan 2021)
歴史に If は無いと言いますが、歴史の If にはとても面白いものがあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」1月号、「運命をひらく」 (Sat, 09 Jan 2021)
の中の、「日本語こそが世界を平和にする鍵」という記事に関してです。 海外に長く住… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか? (Thu, 07 Jan 2021)
インフルエンザと何が違うのかというコロナで世界中がおかしくなっています。 インフ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「終戦のエンペラー」という映画 4 (Mon, 04 Jan 2021)
3 に続いて、これも映画とは関係のないお話ですが… 日本人をこの世から抹消してし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

柳井正さんと岡田武史さん (Thu, 31 Dec 2020)
は、日本でどちらもほぼ誰でも知っているほど有名なお2人です。 柳井さんはユニクロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「何のために生まれてきたのか…」が、そもそもの間違い? (Thu, 31 Dec 2020)
「何のために生まれてきたのか」を以前書きました。 でもそれを考えるよりも、「生ま… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「21世紀は日本の時代になる」 (Sun, 27 Dec 2020)
とは、あの李登輝さんの言葉です。 台湾の元大統領です。 台湾民主化の父と言われて… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どれだけ今の日本が左に傾いているか (Mon, 21 Dec 2020)
最近、会社設立のサポートをお手伝いさせていただいた日本人のひとりです。 ワンマン… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 – 掃除で平和を招き隊。(掃除が平和と結びついている理由) (Sat, 19 Dec 2020)
デュッセルドルフの駅前を、仲間と一緒に月イチで掃除している理由です…: 割れた窓… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

お金で動かない人になりたい… (Fri, 18 Dec 2020)
アメリカの大統領が誰になるのか、ほぼ決まりつつあるようです。 トランプさんがかな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント (Fri, 11 Dec 2020)
パッチワークさんという、最近見つけたブロガーさんがいらっしゃいます。 かなり苦労… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

一体、どこまで続けるのか、馬鹿げたコロナの経済制限… (Thu, 10 Dec 2020)
以下は、デュッセルドルフに住む日本人に送られた、在デュッセルドルフ日本総領事館か… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

さすが月刊誌「致知」… (Tue, 08 Dec 2020)
松下幸之助さんを知らない経営者やビジネスマンはいないと思います。 もしその人の年… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして日本人はこうも情けなく、ヨーロッパ人は堂々としているのか… (Mon, 07 Dec 2020)
中国のおおき外相と日本の茂木外相の会談は散々だったようです。 ところがそういうこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

がさばるのが好きなドイツ人。スモールイズビューティフルの日本人。 (Mon, 07 Dec 2020)
この2つが何か分かるでしょうか? どちらも(例えば iPhone 用の)外付けB… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「終戦のエンペラー」という映画 3 (Sun, 06 Dec 2020)
ここからは、映画の内容にはないお話しです。 もしあの時に日本が降伏をしていなかっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼の人(今、日本に住む日本人の大半)にも簡単に分かる、今の日本の現状: GHQの呪い ➡︎ 日教組の歪み ➡︎ 今の日本の状況 (Sat, 05 Dec 2020)
を、本日の武田邦彦教授は中国の地図を用いて簡単に説明してくれました。 虎ノ門ニュ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

心理的効果の利用…「びっくり水」効果 (Fri, 04 Dec 2020)
すいません、正式な言い方を忘れてしまいました。 「びっくり水」で調べると、「差し… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

トランプかバイデンか、武田邦彦教授の視点 (Fri, 27 Nov 2020)
アメリカの次期大統領は、バイデンさんに決まったようです。 菅首相は既に、バイデン… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

虎ノ門ニュースや武田邦彦教授を信じる理由 (Wed, 25 Nov 2020)
お恥ずかしいながらも、いい年こいて、僅か数年前まで(政治の世界で)左右の存在など… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

泥沼アメリカ大統領選の実態 (Tue, 24 Nov 2020)
トランプさんが大統領に選ばれた時、世の中はヒラリークリントンさんが大統領になると… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ制限で儲かる連中がそれを煽っている? (Mon, 23 Nov 2020)
例えば GAFAやファイザーなどのワクチンを作る製薬会社。 巨大企業 = ビッグ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ制限と良識 (Fri, 20 Nov 2020)
自分が住むMeerbuschは、まだ田舎の村なのでそんなことはありませんが、先日… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ハンコに代わる、ドイツの略式サインってご存知ですか? (Thu, 19 Nov 2020)
日本では、今後ハンコがなくなるようです。 その賛否で侃侃諤諤のようです。 ハンコ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

意外と脆い巨木 (Wed, 18 Nov 2020)
木は、大きくなると根を地中に深く広く広げるものだとばっかり思っていました。 とこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の一般的で大多勢なメディアでは、時期アメリカ大統領はもうバイデン氏に決まり! となっているようですが… (Tue, 17 Nov 2020)
私が今までの、ビジネス及び人生経験と照らし合わせてみて判断すると、複数の解説者が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...