新幹線の実力

1964年10月1日に東海道新幹線が開業してからちょうど50年になります。日本を代表するもののひとつとして海外でも元々有名ですが、半世紀もの間に社内の乗客の死亡事故はゼロ(*)。
 
しかもこの数字は、台風などでの遅れを含めた統計なので、普段の遅れはほぼゼロ。
 
しかもそれはどちらかというと乗客が無理をしたために起こった事故。本来の意味での列車事故はゼロ。速さだけではなくてその信頼性の高さは世界に誇れるものに間違いありません。
 
その素晴らしさは以前から知っていましたが、ではどうしてそうなのか? ということを最近になって知りました。素晴らしいものの影にはやはりその理由が隠されていました。
 
東海道新幹線の場合、1年に12万本もの新幹線が走っているそうですが、それは3分間に1本の割合であることを意味します(多い日で一日400本以上)。それにもかかわらず、1列車あたりの平均遅延時間はわずか0,5分だそうです。
 
列車の数の多さは、時間の正確さを必要とします。その理由は、本数を増やすことで混雑をなくしたいという、お客様本位の考え方から来ているそうです。一体どちらがお客なのか分からない国々とは違って、まあ日本なら当たり前でしょうか。
 
でもその数をこなすためには、どうしてもシビアな時間の管理が必要です。それをどうやってこなしているのでしょうか? そこには、運転手のお仕事が大きな役割を果たしているのです。
 
新幹線の運転手というと、旅客機と同じように、自動操縦に任せっきりで、運転手は暇なのでは? と、思いがちですが、それは大間違い。
 
何と新幹線の運転手は、全員がアナログ腕時計を携帯して、常に時間の計算をしているのです。例えば望みの場合、東京を発車して名古屋までの間に、9つの通過駅があります。
 
その各通過駅で、秒単位の通貨時間を確認しているのです。なぜアナログ時計なのか? 例えば通貨時間が13時22分の場合、デジタル時計では時間の差の計算が大変です。でもアナログ時計なら計算がしやすくなります。
 
とはいえ、各通過駅を秒単位の正確さで通過するのです。通過する際に各運転手は手で示しながら、テイツウ(定通=定刻通り)、ソフツウ(早通=早過ぎ)、エンツウ(延通=遅れ) と声に出して確認します。
 
アナログ時計の理由は、例えば時速100km/hで走った場合、
 
各駅間数回、40回以上、
 
コンピューターを使わない理由は、
各運転手が常に時間の観念を身体に染み付けるためです。不慮の事故の際に備えたものです。
 
日々わざわざ暗算で計算して鍛えておくわけです。
暗算は、無理な加速やブレーキを防ぎ、より乗り心地の良い運転を提供するためです。
 
そして各運転手は、本物の新幹線に似せたシュミレーションシステムで定期的にテストを行われます。そこでは、技術的な不具合の発生をわざと出して、普段の運転を続けながらその不具合を、マニュアルに沿って解決する訓練を受けます。
 
そのシュミレーションでは、起こりえる全ての故障を再現することができ、運転手は運転を行いながらその故障に対応しなければなりません。つまり、暗算を繰り返す普段の運転を続けながら故障を探してゆくのです。
 
東海道新幹線全体を統御する運行管理部署は、東京のどこかにあります。70名以上で365日、24時間体制で管理しています。安全性を保つためにそれがどこにあるかは秘密で、そこでは広いパネルに、東京から新大阪までの路線がデジタルで描かれています。
 
どこをどの新幹線が現在走っているかが全て一目瞭然です。
 
実は全く同じものがもうひとつ大阪にも用意されています。それは、もし天災などで東京の制御システムが使えなくなってしまった時に、正しにスイッチできるようにするためです。(阪神淡路大震災以降)
 
東京都品川の間、大井車両基地
仕業検査 2日に1度 重要なポイント
 
月に一度の交番検査 人間ドック
 
1年半に行われる台車検査
モーターや車輪をはずして分解
 
3年に一度の全般検査
ほぼ全ての機器を取り外し、1ヶ月間かかる検査
塗装もし直し
 
3年で500回以上の検査
大井での1年間の検査回数は1万回
 
検査の方法は、4重のチェック。
交番検査の場合、まずは2人1組で検査開始。例えば下部の制御部分をチェック。異常がないことが分かって閉めたふたがきちんと閉められているかどうかを2人目が確認。
 
その後、3人目、4人目が加わり、3人目がエラー防止で再チェック、4人目はそのチェックが抜かりがないかどうかのチェック。
 
明治時代に始まった確認方法。
工具が戻っていなければ、その新幹線は検査場を出れない。(飛行機と同じ)
 
特に検査に力を入れるのはドア周り。27箇所。乗客の乗り降りをさまたげ、時間を奪う可能性があるから。
 
さらには線路のメンテナンス
特別検査車両 ドクターイエロー
1mm単位のレーザー照射による線路のチェック
パンダグラフと接するトロリ線の交換 1.5km
 
毎夜3千人の補修作業
線路の石(バラスト・クッション) の交換。1mの深さ。毎日。行えるのは一日わずか50m
全区域515kmを10年かけて一巡。
 
特殊車両3台で
石交換  石を震わせて詰める 線路を震わせて石を詰める  その後は手作業でならす。
 
ドイツのICEも多数の死者を出す大きな事故を起こしていますが、夏の猛暑でクーラーが効かなくなるという不祥事を出して、
 
* 駆け込み乗車で無理をした高校生が指を挟まれて、そのまま引きずられ、最後は新幹線に巻き込まれてしまって死亡。


ドイツの鉄道・建築レベル

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

善いことは波及する (Sat, 15 Sep 2018)
くだらないことかもしれませんが、先日デュッセルドルフの街中を車で走っていて嬉しい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴミ回収車をありがたいと思うか、邪魔だと思うか… (Tue, 29 May 2018)
ゴミ回収日の朝に車を運転していて、たまたま自分の車の前にゴミ回収車が現れた時、「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

今、人生で落ち込んでいる人いますか? (Tue, 05 Dec 2017)
人によく勘違いされるのが、まるで私が悠々自適、余裕綽々の生活を送っているかのよう… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

戦争中の日本(軍)は本当に悪者だった? 海外青年協力隊でパプアニューギニアに行った人の、とても興味深いお話し。 (Sat, 04 Nov 2017)
走り仲間の中に一人、以前日本の海外青年協力隊でパプアニューギニアにいたことがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ダントツで世界最低の、海外に出る日本人の犯罪に対する心構え (Tue, 15 Aug 2017)
日本(人)を世界の物差しで測ってみると、とても面白い事実が分かってきます。 色々… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...