新幹線の実力

1964年10月1日に東海道新幹線が開業してからちょうど50年になります。日本を代表するもののひとつとして海外でも元々有名ですが、半世紀もの間に社内の乗客の死亡事故はゼロ(*)。
 
しかもこの数字は、台風などでの遅れを含めた統計なので、普段の遅れはほぼゼロ。
 
しかもそれはどちらかというと乗客が無理をしたために起こった事故。本来の意味での列車事故はゼロ。速さだけではなくてその信頼性の高さは世界に誇れるものに間違いありません。
 
その素晴らしさは以前から知っていましたが、ではどうしてそうなのか? ということを最近になって知りました。素晴らしいものの影にはやはりその理由が隠されていました。
 
東海道新幹線の場合、1年に12万本もの新幹線が走っているそうですが、それは3分間に1本の割合であることを意味します(多い日で一日400本以上)。それにもかかわらず、1列車あたりの平均遅延時間はわずか0,5分だそうです。
 
列車の数の多さは、時間の正確さを必要とします。その理由は、本数を増やすことで混雑をなくしたいという、お客様本位の考え方から来ているそうです。一体どちらがお客なのか分からない国々とは違って、まあ日本なら当たり前でしょうか。
 
でもその数をこなすためには、どうしてもシビアな時間の管理が必要です。それをどうやってこなしているのでしょうか? そこには、運転手のお仕事が大きな役割を果たしているのです。
 
新幹線の運転手というと、旅客機と同じように、自動操縦に任せっきりで、運転手は暇なのでは? と、思いがちですが、それは大間違い。
 
何と新幹線の運転手は、全員がアナログ腕時計を携帯して、常に時間の計算をしているのです。例えば望みの場合、東京を発車して名古屋までの間に、9つの通過駅があります。
 
その各通過駅で、秒単位の通貨時間を確認しているのです。なぜアナログ時計なのか? 例えば通貨時間が13時22分の場合、デジタル時計では時間の差の計算が大変です。でもアナログ時計なら計算がしやすくなります。
 
とはいえ、各通過駅を秒単位の正確さで通過するのです。通過する際に各運転手は手で示しながら、テイツウ(定通=定刻通り)、ソフツウ(早通=早過ぎ)、エンツウ(延通=遅れ) と声に出して確認します。
 
アナログ時計の理由は、例えば時速100km/hで走った場合、
 
各駅間数回、40回以上、
 
コンピューターを使わない理由は、
各運転手が常に時間の観念を身体に染み付けるためです。不慮の事故の際に備えたものです。
 
日々わざわざ暗算で計算して鍛えておくわけです。
暗算は、無理な加速やブレーキを防ぎ、より乗り心地の良い運転を提供するためです。
 
そして各運転手は、本物の新幹線に似せたシュミレーションシステムで定期的にテストを行われます。そこでは、技術的な不具合の発生をわざと出して、普段の運転を続けながらその不具合を、マニュアルに沿って解決する訓練を受けます。
 
そのシュミレーションでは、起こりえる全ての故障を再現することができ、運転手は運転を行いながらその故障に対応しなければなりません。つまり、暗算を繰り返す普段の運転を続けながら故障を探してゆくのです。
 
東海道新幹線全体を統御する運行管理部署は、東京のどこかにあります。70名以上で365日、24時間体制で管理しています。安全性を保つためにそれがどこにあるかは秘密で、そこでは広いパネルに、東京から新大阪までの路線がデジタルで描かれています。
 
どこをどの新幹線が現在走っているかが全て一目瞭然です。
 
実は全く同じものがもうひとつ大阪にも用意されています。それは、もし天災などで東京の制御システムが使えなくなってしまった時に、正しにスイッチできるようにするためです。(阪神淡路大震災以降)
 
東京都品川の間、大井車両基地
仕業検査 2日に1度 重要なポイント
 
月に一度の交番検査 人間ドック
 
1年半に行われる台車検査
モーターや車輪をはずして分解
 
3年に一度の全般検査
ほぼ全ての機器を取り外し、1ヶ月間かかる検査
塗装もし直し
 
3年で500回以上の検査
大井での1年間の検査回数は1万回
 
検査の方法は、4重のチェック。
交番検査の場合、まずは2人1組で検査開始。例えば下部の制御部分をチェック。異常がないことが分かって閉めたふたがきちんと閉められているかどうかを2人目が確認。
 
その後、3人目、4人目が加わり、3人目がエラー防止で再チェック、4人目はそのチェックが抜かりがないかどうかのチェック。
 
明治時代に始まった確認方法。
工具が戻っていなければ、その新幹線は検査場を出れない。(飛行機と同じ)
 
特に検査に力を入れるのはドア周り。27箇所。乗客の乗り降りをさまたげ、時間を奪う可能性があるから。
 
さらには線路のメンテナンス
特別検査車両 ドクターイエロー
1mm単位のレーザー照射による線路のチェック
パンダグラフと接するトロリ線の交換 1.5km
 
毎夜3千人の補修作業
線路の石(バラスト・クッション) の交換。1mの深さ。毎日。行えるのは一日わずか50m
全区域515kmを10年かけて一巡。
 
特殊車両3台で
石交換  石を震わせて詰める 線路を震わせて石を詰める  その後は手作業でならす。
 
ドイツのICEも多数の死者を出す大きな事故を起こしていますが、夏の猛暑でクーラーが効かなくなるという不祥事を出して、
 
* 駆け込み乗車で無理をした高校生が指を挟まれて、そのまま引きずられ、最後は新幹線に巻き込まれてしまって死亡。


ドイツの鉄道・建築レベル

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

白身さえもプリプリな卵 (Sun, 18 Oct 2020)
以前もお勧めとしてご紹介していますが、ドイツのメアブッシュ(正確にはKaarst… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

賭け事に強い人 (Sat, 17 Oct 2020)
どんなことでも良いのですが、何かを話していて意見が分かれたとします。 そんな時に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ベルリンの慰安婦像撤去に、ドイツの元首相が怒っているそうです。 (Wed, 14 Oct 2020)
ということは、Schröderさんは日本軍が当時そういうことをしたと本気で信じて… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

不当に解雇されても訴えない日本人のかっこ良い謙虚さ? (Tue, 13 Oct 2020)
日本、日本人の質が落ちたとよく嘆かれています。 でもいまだに古き良き(?)日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本、東京に見習って欲しい Berlin – Unter den Linden (Tue, 06 Oct 2020)
ドイツに40年以上も住んでいて、ベルリンの壁で有名な、チェックポイントチャーリー… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 4 (Sat, 03 Oct 2020)
講読を始めて1年弱がたち、2年目更新の時でした。 どういうわけか、購読料の支払い… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本語にも英語にもない、とても素敵なドイツ語の肩書き – Kundenbetreuung (Sun, 27 Sep 2020)
Kundenbetreuung にぴったりの単語は日本語にも英語にもありません。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の交通状況譲り合いの違い (Fri, 25 Sep 2020)
イギリスを真似て、ドイツも多くの信号機付の十字路がロータリーに代わりました。 そ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンドラー、杉原千畝、旧日本軍中将 樋口季一郎の共通点 (Wed, 23 Sep 2020)
シンドラーは1200人のユダヤ人の命を救い、杉原千畝は6千人を救ったそうです。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

香港問題。チベット、ウイグル弾圧 (Mon, 21 Sep 2020)
中国のチベットやウイグルへの弾圧は、現地のお坊さんたちの焼身自殺までしての訴えや… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンプルザベスト (Sun, 13 Sep 2020)
先日、あるホテルのバイキングで夕食となりました。 食べるために用意される道具は普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「嫌な奴のお面をかぶった神様」 (Wed, 09 Sep 2020)
という考え方があります。 周りにいる嫌な奴は、実は中身は神様という意味です。 神… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動 (Sun, 06 Sep 2020)
を初めて5年と数ヶ月がたちました。 よく続いているものだと思います。 これも、参… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

やれば出来る。指7本で弾く一流ピアニスト (Sat, 05 Sep 2020)
月刊紙「致知」7月号で、障害のために左右合わせて7本の指しか使えないピアニストの… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

迷った時はやってみる! (Thu, 03 Sep 2020)
長い人生の中で何度かは訪れる岐路。 やるべきか、やめておくべきか… 果たしてどっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが… (Mon, 31 Aug 2020)
在デュッセルドルフ日本総領事館からのお知らせです。 主催者は、あるいはそのバック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 3 (Sat, 25 Jul 2020)
なぜ読み始めるようになったのかは、故・安岡正篤さんという偉人が関係しています。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 2 (Sun, 19 Jul 2020)
はっきり言って、人によってはこの月刊紙は硬い読み物です。 人間学などという硬いこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 1 (Fri, 17 Jul 2020)
「致知」という月刊紙があります。 日本の近代史を正しく伝える記事が出ることがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

暴動が起きる国と起きない国 (Sat, 11 Jul 2020)
人種差別でアメリカでは暴動が起きました。 長く住むここドイツではあり得ないな… … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして歳を取ると物を大事にするようになるのか… (Wed, 08 Jul 2020)
歳を取ってくると物を大事にする理由が分かってきました。 同類(どうるい)相(あい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「少々お待ちください」と「はい、只今」その3 (Mon, 06 Jul 2020)
「少々お待ちください」と「はい、只今」のとても大きな違いは肯定と否定にあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツホロコーストの長編 -Holocaust die Geschichte der Familie Weiß – (Wed, 24 Jun 2020)
この映画(ドラマ)が1970年代にドイツで放送された時、多くのドイツ人がショック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

便器の素手洗いは本当に不衛生? (Tue, 16 Jun 2020)
便器を素手で洗う人たちがいます。 故小林静観さん、鍵山秀三郎さんはご存知ないかも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナにより、約2ヶ月ぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除活動 (Sun, 17 May 2020)
密を避けるために2ヶ月以上休止していた掃除活動を本日再開しました。 路上の車の数… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...