心、行動ある親日外国人

テキサス親父ことトニー・マラーノさん

幕末から昭和のはじめにかけての日本、日本人は多くの外国人を魅了しましたが、それは現在も続いています。そんな中でも超がつくほど親日のアメリカ人です。マラーノさんの動画を見ると、世界の物差しで計った日本の姿がよく分かります。マラーノさんは率先して、アメリカの慰安像設置反対署名運動をしてくれました。

 

ユーチューブビデオ「俺が日本を愛する理由シリーズ」

(この理由シリーズの他に、数多くのビデオがあります)

 

公式ウェブサイト


Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...