人に迷惑をかけない、すべきことをする。

と、聞くと簡単そうですが、実は多くの人が何が迷惑になっているのかに気がついていません。何がすべきことなのかにも気がついていません。

 

それは例えば...:

 

出したらしまう、開けたら閉める、脱いだ靴は方向を揃えて履く時に履きやすいように置く、脱いだ服はすぐにたたむ、自分で皿に取る食事の時は、食べられるだけ皿によそる(食べ物を残さない)、平気でゴミを捨てない、常に次の人のことを考える、自分さえ良ければをやめる、問題に背を向けない、卑怯なことをしない、良いことに気がついたら進んで行う、実行できないことを言わない、できない理由を作らない、すぐに動く、陰口を言わない、自分がして欲しくないことを人にしない...

...などです。

 

 

一人ひとりがこれらのことを率先して行うだけで、世の中はかなり良くなります。

 

 

ボランティアの掃除活動に進んで参加する。

 

 

無駄使いをしない。

 

産業・メーカーの思惑に惑わされずに、必要なものを必要なだけ購入して使います。

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...