武士道 新渡戸稲造

新渡戸稲造の『武士道』

新渡戸稲造は現地の教育関係者との会話において日本における宗教的教育の欠落に突き当たった結果、1900年(明治33年)にアメリカ合衆国でBushido: The Soul of Japan[3][4]を刊行した。

 

本書はセオドア・ルーズベルトジョン・F・ケネディ大統領など政治家のほか、ボーイスカウト創立者のロバート・ベーデン・パウエルなど、多くの海外の読者を得て、1908年(明治41年)に『武士道』 [5]として桜井彦一郎(鴎村)が日本語訳を出版した。さらに、1938年(昭和13年)に新渡戸門下生の矢内原忠雄の訳により岩波文庫版[6]が出版された。

 

『武士道』においては、外国人の妻にもわかるように文化における花の違いに触れたり19世紀末の哲学科学的 思考を用いたりしながら、日本人は日本社会という枠の中でどのように生きたのかを説明している。

 

島国の自然がどのようなもので日本独特の四季の移り変わり などから影響を及ぼされた結果、日本人の精神的な土壌が武士の生活態度や信条というモデルケースから醸成された過程を分かりやすい構成と言葉で読者に伝えている。

 

例えば、武士や多くの日本人は、自慢や傲慢を嫌い忠義を信条としたことに触れ、家族や身内のことでさえも愚妻や愚弟と呼ぶが、これらは自分自身と 同一の存在として相手に対する謙譲の心の現れであって、この機微は外国人には理解できないものであろう、といったことを述べている。しかしこれは新渡戸独 特の考えであり、彼の思想を批判する書も出されている。

Wikipedia

 

新渡戸 稲造 (にとべ いなぞう、186291日(文久288日) - 1933年(昭和8年)1015日)は、日本の教育者・思想家。農業経済学・農学の研究も行っていた。

 

国際連盟事務次長も務め、著書 Bushido: The Soul of Japan (『武士道』)は、流麗な英文で書かれ、長年読み続けられている。日本銀行券のD五千円券の肖像としても知られる。東京女子大学初代学長。東京女子経済専門学校(東京文化短期大学・現:新渡戸文化短期大学)初代校長。

 

札幌農学校(後の北海道大学)の二期生として入学する。農学校創立時に副校長(事実上の校長)として一年契約で赴任した「少年よ大志を抱け」の名言で有名なウィリアム・クラーク博士はすでに米国へ帰国しており、新渡戸たちの二期生とは入れ違いであった。在学中、札幌丘珠事件が発生し、解剖担当者にあたったという。

 

稲造は祖父[1]達同様、かなり熱い硬骨漢であった。ある日の事、学校の食堂に張り紙が貼られ、「右の者、学費滞納に付き可及速やかに学費を払うべし」として、稲造の名前があった。その時稲造は「俺の生き方をこんな紙切れで決められてたまるか」と叫び、衆目の前にも関わらず、その紙を破り捨ててしまい、退学の一歩手前まで追い詰められるが、友人達の必死の嘆願により何とか退学は免れる。

 

他にも、教授と論争になれば熱くなって殴り合いになることもあり、「アクチーブ」(アクティブ=活動家)というあだ名を付けられた。

 

クラークは一期生に対して「倫理学」の授業として聖書を講じ、その影響で一期生ほぼ全員がキリスト教に入信していた。二期生も、入学早々一期生たちの「伝道」総攻撃にあい続々と入信し始め、一人一人クラークが残していった「イエスを信ずるものの誓約」に署名していった。

 

農学校入学前からキリスト教に興味をもち、自分の英語版聖書まで持ち込んでいた稲造は早速署名し、後日、同期の内村鑑三(宗教家)、宮部金吾(植物学者)、廣井勇(土木技術者)らとともに、函館に駐在していたメソジスト系の宣教師メリマン・ハリスから洗礼を受けた。クリスチャン・ネームは「パウロ」であった。この時にキリスト教に深い感銘を受け、のめり込んで行く。

 

学校で喧嘩が発生した際、「キリストは争ってはならないと言った」と仲裁に入ったり、友人たちから議論の参加を呼びかけられても「そんな事より聖書を読みたまえ。聖書には真理が書かれている」と一人聖書を読み耽るなど、入学当初とは似ても似つかない姿に変貌していった。その頃のあだ名は「モンク(修道士)」で、友人の内村鑑三等が「これでは奴の事をアクチーブと言えないな」と色々と考えた末に決めたあだ名である。

 

その後札幌農学校助教授に任命され、ジョンズ・ホプキンス大学を中途退学して官費でドイツへ留学。ボン大学などで聴講した後、ハレ大学(現マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク)より農業経済学の博士号を得る。

 

1920年(大正9年)の国際連盟設立に際して、教育者で『武士道』の著者として国際的に高名な新渡戸が事務次長のひとりに選ばれた[6]。新渡戸は当時、東京帝国大学経済学部で植民政策を担当していたが辞職し、後任に矢内原忠雄が選ばれる。

 

新渡戸らは国際連盟の規約に人種的差別撤廃提案をして過半数の支持を集めるも、議長を務めたアメリカのウィルソン大統領の意向により否決されている。事務次長としてバルト海のオーランド諸島帰属問題などに尽力した。

Wikipedia

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

じゃあ、どうする? (Wed, 20 Jan 2021)
佐藤仙務さんをご存知でしょうか? 障害により指一本しか動かせないにもかかわらず、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナで日本の病院が一杯の原因 (Sat, 16 Jan 2021)
は、何と日本の全病床数の僅か3%しか使っていないから… 日本は確か、病床数は世界… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どれだけドイツ人がハグを恋しがっているか… (Thu, 14 Jan 2021)
それは、建物の横一面に巨大な絵を描いてしまうほどです。 右下2つの大きな(約2m… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ患者を受け入れるドイツと、てんやわんやで一杯の日本の病院の違い (Tue, 12 Jan 2021)
が分かりました。 ドイツではロックダウンはしているものの、他国の患者を受け入れる… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

秀吉の時代に、日本が世界最大最強の軍事国であった過去を持つ日本 (Mon, 11 Jan 2021)
種子島に伝えられた鉄砲を、当時の日本人はすぐに見よう見真似で作ってしまい、それを… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

もし、豊臣秀吉がもう数年だけ長生きをしていたら、中国と朝鮮半島は日本になっていた… (Sun, 10 Jan 2021)
歴史に If は無いと言いますが、歴史の If にはとても面白いものがあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」1月号、「運命をひらく」 (Sat, 09 Jan 2021)
の中の、「日本語こそが世界を平和にする鍵」という記事に関してです。 海外に長く住… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして私たち人間はこうもバカなのでしょうか? (Thu, 07 Jan 2021)
インフルエンザと何が違うのかというコロナで世界中がおかしくなっています。 インフ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「終戦のエンペラー」という映画 4 (Mon, 04 Jan 2021)
3 に続いて、これも映画とは関係のないお話ですが… 日本人をこの世から抹消してし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

柳井正さんと岡田武史さん (Thu, 31 Dec 2020)
は、日本でどちらもほぼ誰でも知っているほど有名なお2人です。 柳井さんはユニクロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「何のために生まれてきたのか…」が、そもそもの間違い? (Thu, 31 Dec 2020)
「何のために生まれてきたのか」を以前書きました。 でもそれを考えるよりも、「生ま… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「21世紀は日本の時代になる」 (Sun, 27 Dec 2020)
とは、あの李登輝さんの言葉です。 台湾の元大統領です。 台湾民主化の父と言われて… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どれだけ今の日本が左に傾いているか (Mon, 21 Dec 2020)
最近、会社設立のサポートをお手伝いさせていただいた日本人のひとりです。 ワンマン… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 – 掃除で平和を招き隊。(掃除が平和と結びついている理由) (Sat, 19 Dec 2020)
デュッセルドルフの駅前を、仲間と一緒に月イチで掃除している理由です…: 割れた窓… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

お金で動かない人になりたい… (Fri, 18 Dec 2020)
アメリカの大統領が誰になるのか、ほぼ決まりつつあるようです。 トランプさんがかな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

昨日のコロナに関する投稿に届いた長いコメント (Fri, 11 Dec 2020)
パッチワークさんという、最近見つけたブロガーさんがいらっしゃいます。 かなり苦労… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

一体、どこまで続けるのか、馬鹿げたコロナの経済制限… (Thu, 10 Dec 2020)
以下は、デュッセルドルフに住む日本人に送られた、在デュッセルドルフ日本総領事館か… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

さすが月刊誌「致知」… (Tue, 08 Dec 2020)
松下幸之助さんを知らない経営者やビジネスマンはいないと思います。 もしその人の年… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして日本人はこうも情けなく、ヨーロッパ人は堂々としているのか… (Mon, 07 Dec 2020)
中国のおおき外相と日本の茂木外相の会談は散々だったようです。 ところがそういうこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

がさばるのが好きなドイツ人。スモールイズビューティフルの日本人。 (Mon, 07 Dec 2020)
この2つが何か分かるでしょうか? どちらも(例えば iPhone 用の)外付けB… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「終戦のエンペラー」という映画 3 (Sun, 06 Dec 2020)
ここからは、映画の内容にはないお話しです。 もしあの時に日本が降伏をしていなかっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼の人(今、日本に住む日本人の大半)にも簡単に分かる、今の日本の現状: GHQの呪い ➡︎ 日教組の歪み ➡︎ 今の日本の状況 (Sat, 05 Dec 2020)
を、本日の武田邦彦教授は中国の地図を用いて簡単に説明してくれました。 虎ノ門ニュ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

心理的効果の利用…「びっくり水」効果 (Fri, 04 Dec 2020)
すいません、正式な言い方を忘れてしまいました。 「びっくり水」で調べると、「差し… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

トランプかバイデンか、武田邦彦教授の視点 (Fri, 27 Nov 2020)
アメリカの次期大統領は、バイデンさんに決まったようです。 菅首相は既に、バイデン… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

虎ノ門ニュースや武田邦彦教授を信じる理由 (Wed, 25 Nov 2020)
お恥ずかしいながらも、いい年こいて、僅か数年前まで(政治の世界で)左右の存在など… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

泥沼アメリカ大統領選の実態 (Tue, 24 Nov 2020)
トランプさんが大統領に選ばれた時、世の中はヒラリークリントンさんが大統領になると… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ制限で儲かる連中がそれを煽っている? (Mon, 23 Nov 2020)
例えば GAFAやファイザーなどのワクチンを作る製薬会社。 巨大企業 = ビッグ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナ制限と良識 (Fri, 20 Nov 2020)
自分が住むMeerbuschは、まだ田舎の村なのでそんなことはありませんが、先日… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ハンコに代わる、ドイツの略式サインってご存知ですか? (Thu, 19 Nov 2020)
日本では、今後ハンコがなくなるようです。 その賛否で侃侃諤諤のようです。 ハンコ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

意外と脆い巨木 (Wed, 18 Nov 2020)
木は、大きくなると根を地中に深く広く広げるものだとばっかり思っていました。 とこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...