武士道 新渡戸稲造

新渡戸稲造の『武士道』

新渡戸稲造は現地の教育関係者との会話において日本における宗教的教育の欠落に突き当たった結果、1900年(明治33年)にアメリカ合衆国でBushido: The Soul of Japan[3][4]を刊行した。

 

本書はセオドア・ルーズベルトジョン・F・ケネディ大統領など政治家のほか、ボーイスカウト創立者のロバート・ベーデン・パウエルなど、多くの海外の読者を得て、1908年(明治41年)に『武士道』 [5]として桜井彦一郎(鴎村)が日本語訳を出版した。さらに、1938年(昭和13年)に新渡戸門下生の矢内原忠雄の訳により岩波文庫版[6]が出版された。

 

『武士道』においては、外国人の妻にもわかるように文化における花の違いに触れたり19世紀末の哲学科学的 思考を用いたりしながら、日本人は日本社会という枠の中でどのように生きたのかを説明している。

 

島国の自然がどのようなもので日本独特の四季の移り変わり などから影響を及ぼされた結果、日本人の精神的な土壌が武士の生活態度や信条というモデルケースから醸成された過程を分かりやすい構成と言葉で読者に伝えている。

 

例えば、武士や多くの日本人は、自慢や傲慢を嫌い忠義を信条としたことに触れ、家族や身内のことでさえも愚妻や愚弟と呼ぶが、これらは自分自身と 同一の存在として相手に対する謙譲の心の現れであって、この機微は外国人には理解できないものであろう、といったことを述べている。しかしこれは新渡戸独 特の考えであり、彼の思想を批判する書も出されている。

Wikipedia

 

新渡戸 稲造 (にとべ いなぞう、186291日(文久288日) - 1933年(昭和8年)1015日)は、日本の教育者・思想家。農業経済学・農学の研究も行っていた。

 

国際連盟事務次長も務め、著書 Bushido: The Soul of Japan (『武士道』)は、流麗な英文で書かれ、長年読み続けられている。日本銀行券のD五千円券の肖像としても知られる。東京女子大学初代学長。東京女子経済専門学校(東京文化短期大学・現:新渡戸文化短期大学)初代校長。

 

札幌農学校(後の北海道大学)の二期生として入学する。農学校創立時に副校長(事実上の校長)として一年契約で赴任した「少年よ大志を抱け」の名言で有名なウィリアム・クラーク博士はすでに米国へ帰国しており、新渡戸たちの二期生とは入れ違いであった。在学中、札幌丘珠事件が発生し、解剖担当者にあたったという。

 

稲造は祖父[1]達同様、かなり熱い硬骨漢であった。ある日の事、学校の食堂に張り紙が貼られ、「右の者、学費滞納に付き可及速やかに学費を払うべし」として、稲造の名前があった。その時稲造は「俺の生き方をこんな紙切れで決められてたまるか」と叫び、衆目の前にも関わらず、その紙を破り捨ててしまい、退学の一歩手前まで追い詰められるが、友人達の必死の嘆願により何とか退学は免れる。

 

他にも、教授と論争になれば熱くなって殴り合いになることもあり、「アクチーブ」(アクティブ=活動家)というあだ名を付けられた。

 

クラークは一期生に対して「倫理学」の授業として聖書を講じ、その影響で一期生ほぼ全員がキリスト教に入信していた。二期生も、入学早々一期生たちの「伝道」総攻撃にあい続々と入信し始め、一人一人クラークが残していった「イエスを信ずるものの誓約」に署名していった。

 

農学校入学前からキリスト教に興味をもち、自分の英語版聖書まで持ち込んでいた稲造は早速署名し、後日、同期の内村鑑三(宗教家)、宮部金吾(植物学者)、廣井勇(土木技術者)らとともに、函館に駐在していたメソジスト系の宣教師メリマン・ハリスから洗礼を受けた。クリスチャン・ネームは「パウロ」であった。この時にキリスト教に深い感銘を受け、のめり込んで行く。

 

学校で喧嘩が発生した際、「キリストは争ってはならないと言った」と仲裁に入ったり、友人たちから議論の参加を呼びかけられても「そんな事より聖書を読みたまえ。聖書には真理が書かれている」と一人聖書を読み耽るなど、入学当初とは似ても似つかない姿に変貌していった。その頃のあだ名は「モンク(修道士)」で、友人の内村鑑三等が「これでは奴の事をアクチーブと言えないな」と色々と考えた末に決めたあだ名である。

 

その後札幌農学校助教授に任命され、ジョンズ・ホプキンス大学を中途退学して官費でドイツへ留学。ボン大学などで聴講した後、ハレ大学(現マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク)より農業経済学の博士号を得る。

 

1920年(大正9年)の国際連盟設立に際して、教育者で『武士道』の著者として国際的に高名な新渡戸が事務次長のひとりに選ばれた[6]。新渡戸は当時、東京帝国大学経済学部で植民政策を担当していたが辞職し、後任に矢内原忠雄が選ばれる。

 

新渡戸らは国際連盟の規約に人種的差別撤廃提案をして過半数の支持を集めるも、議長を務めたアメリカのウィルソン大統領の意向により否決されている。事務次長としてバルト海のオーランド諸島帰属問題などに尽力した。

Wikipedia

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

どうしても気になってしまう、ドイツ人(だけ?)の無神経さ (Sat, 22 Feb 2020)
というのは、ドイツに限らずどこでもあるのだろうと思います。 例えばこの例。 ドイ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の左翼右翼の現状? (Wed, 05 Feb 2020)
最近現地法人設立をお手伝いさせていただいた人から日本のことをどうやって知るかと聞… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安かろう、悪かろう、がこのまま続いて大丈夫? (Sat, 25 Jan 2020)
あらゆる物の製造が人件費の安い国々に移り、物の値段が嘘のように安くなりました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし… (Wed, 22 Jan 2020)
昨年末に、IT 業界で現地法人設立のサポート中のお客様の会社登記が済みました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」2020年1月号、小中高の学力日本一、秋田県と東成瀬村 (Sat, 18 Jan 2020)
秋田県は、平成19年から文部科学省が実施している全国学力テストでずっとトップクラ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴーンさんと、第二次世界大戦終了時の日本軍将校の行動の違い (Sun, 12 Jan 2020)
99%以上の有罪率で、日本の検察がいくら異常だとしても、逃げたらそれはアウトを意… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本日丁度、3歳になったアッくんのデュッセルドルフの駅前のお掃除 (Sun, 12 Jan 2020)
ここ数回、参加してくれている最年少のアッくん、本日3歳になる誕生日が丁度、掃除活… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「了解です!」という返事のグレード (Wed, 08 Jan 2020)
レストランなどで注文をした時に、お店の人に「了解です!」と言われたことはないでし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の検察よりも、ゴーンさんの方が一枚上手なのは当然のこと… (Sat, 04 Jan 2020)
ゴーンさんがレバノンに逃げたことが騒がれています。 最初は、「あ〜あ、世界的に有… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

年末の最高の言葉のプレゼント (Mon, 30 Dec 2019)
先月、MEDICAという世界最大の医療業界の展示会がデュッセルドルフで行われまし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」12月号 (Sat, 28 Dec 2019)
巻頭の言葉、「貨尽(かつ)きて而(しか)る後に足らざるを知るは、これ量を知らざる… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

法人が、国の援助などを頼っていたら、ドイツ進出はおぼつかない… (Sat, 21 Dec 2019)
安倍政権や東京都、各県は日本の中小企業を随分と応援しているようです。 つまり、中… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

歌舞伎町でゴミ拾いをするホストたち (Sat, 14 Dec 2019)
私たちがデュッセルドルフの駅前を毎月掃除しているのを知っている人が、このニュース… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

石破さんの戦争発言… 戦争という単語が間違っているのでは? (Wed, 11 Dec 2019)
ないでしょうか? 自民党の石破さん曰く、あの田中角栄さんが当時言っていたそうです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛、霜降り肉ってどうしてこんなに美味しいのでしょう… (Wed, 11 Dec 2019)
先日のケルンでの食料品メッセ、ANUGAで知人を通じたご縁で通訳として和牛のプロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

緊急投稿 – 詐欺と思われるメール (Mon, 09 Dec 2019)
時々詐欺のメールが届きます。昔もやはりアフリカからそういうのが届き、当時、領事館… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

現地法人設立及びプロモーションのプロ – 20年後の会社生存率は1000社に対して僅か3社… (Sat, 23 Nov 2019)
もう、いくつの日系企業のドイツ子会社、現地法人設立に携わったでしょうか… 前に勤… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 8 – MEDICAの通訳任務も無事に終わり、思いがけないご褒美が… (Thu, 21 Nov 2019)
依頼主の CREWT社の創業社長、江口さんとメッセ会場でお別れとなりました。 江… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 7 – 時には通訳。でも本業はビジネスコンサル! (Wed, 20 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフの医療メッセ、MEDICAの真っ最中。 日本から来ている1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

MP(Mission Possible)..: Im Einsatz bei der Messe Medica – Markteinführung von „IMO“ der Fa. Crewt Japan. (Tue, 19 Nov 2019)
“IMO” ist ein innovatives Ge… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

MP(Mission possible)..: Launch and promotion of Innovative perimetry testing Unit „IMO“ of CREWT Japan (Tue, 19 Nov 2019)
CREWT is a venture company founded in Ap… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Friday for future – 多くの子どもたちを金曜日に不登校させてデモに参加させる話題の「グレタ」ちゃん、やっぱり政治的な裏が… (Mon, 18 Nov 2019)
虎ノ門ニュースによく登場するジャーナリストの須田慎一郎さんがその裏を暴いてくれま… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ、デュッセルドルフ中央駅前の掃除活動、2019年11月10日(日)、久しぶりの快晴! (Sun, 10 Nov 2019)
月に1回、第1日曜日に有志で行っている駅前のお掃除。 前回も雨で2週ずれて9月1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ(語)と日本(語)の違い – 「勿論!」– 海外生まれ、海外育ちの日本人、要注意! (Sat, 26 Oct 2019)
親が何か言うたびに、ドイツ生まれでドイツ育ち(現地校通い)の子供から帰ってくる言… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

第10回 漢検デュッセルドルフ (Sun, 20 Oct 2019)
デュッセルドルフの中央駅にあるVHS(ドイツの市民大学)の協力を得て2016年に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 (Wed, 16 Oct 2019)
学者は何でもすぐに理論化するのが好きですが、アメリカの犯罪学者、ジェームズ・ウィ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...