韓国人の見方

朴 鉄柱 韓日文化研究所
現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は、決して日本から仕掛けたものではなかった。平和的外交交渉によって、事態を打開しようと最後まで取り組んだ。それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。
 
日本の武士道は、西洋の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。日露戦争と大東亜戦争。この二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。
 
大東亜戦争で日本は敗れたと言うが、負けたのはむしろイギリスを始めとする、植民地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって植民地の全てを失ったではないか。日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争” であった。
 
ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたと言うが、こんなものはすぐに回復できたではないか。二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて国民尊拝対象となるのである。


 出展: 8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画他

 

 

呉善花 評論家
母はまた、日本人はみんな親切で、道に迷って「駅はどこですか」と尋ねたりすれば、老若男女だれもがとても丁寧に教えてくれると言っていた。親以外のま わりの大人たちから聞かされた話もまた、日本に対して悪い印象を語ったものはほとんどなかった。
 
従兄弟の一人は、当時のことを鮮明に覚えていて、私に次の ように語ってくれた。『日本人の同級生とはとても仲良くしていたし、差別ということはまったくなかった。学校以外でも日本人はみんなやさしくしてくれた。 死ぬまでになんとかもう一度日本に行って、あの頃の日本人の友人たちに会いたい』」
 
日本統治時代に生活していた韓国のお年寄りには、日本人に悪感情を抱 いている人は圧倒的に少ないと言えます。例えば『学校での生活はどうでしたか?』と聞いて大部分の人が日本人の先生にいい先生が多かった。といいます。
 
それに敗戦後、日本人が日本に帰る時に、日本人に対する暴動も起きなければ略奪行為もほとんど起こっていないのです。私が韓国にいた間、昨今言われるような 『従軍慰安婦』の話をいっさい耳にしたことがなかった意味がようやくわかったと思いました。


出展: 草莽全国地方議員の会

 

 

朱耀翰 元国会議員
アメリカ大統領ルーズベルト君、君は口を開けば必ず正義と人道を唱えるが、パリ講和条約の序文に人種差別撤廃文案を挿入しようとしたときこれに反対し削除したのはどこの国だ?黒人と東洋人を差別待遇して同じ席にも着かせずアフリカ大陸で奴隷狩りをしたのはどこの国であったか?しかし君らの悪運はもはや尽 きた。一億同胞なかんずく半島の二千四百万は渾然一体となって大東亜聖戦勇士とならんことを誓っている!

 

『ゴーマニズム宣言第六巻』、232頁

 

 

李栄薫 ソウル大学教授
我々は1970年代、国定教科書体制として切り替えながら、『仮想の歴史』を作って来た。旧韓国末期に対する歴史歪曲も深刻で、日本の帝国主義時代の歪曲も厳重だ。このような事を何らの検証無しで教科書に書いているのだ。これはあきらかな反知性だ。


出展: 草莽全国地方議員の会

 

 

金満哲 評論家
韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられたというのが真実だ。

 

 

金ワンソプ
日本の神道は人類が作り出したもっとも理想的な形の宗教だ。

 

和みチャンネル  日本国や神社に感動した外国人の言葉 0:26
 

 

金完燮 評論家
日本の統治により朝鮮は多大な発展を遂げた。20年余りの間に1千万足らずだった人口が2千5百万に増え、平均寿命は24才から45才に伸び、未開 の農業社会だった朝鮮は短期間のうちに近代的な資本主義社会へと変貌した。
 
日本人は朝鮮と台湾を統治するにあたっておおむね本土の人間と同じ境遇を与え た。特に朝鮮に対しては大陸の入り口という地政学上の重要性の為にむしろ本土以上の投資を行い、産業施設を誘致するなど破格の扱いを与えたのである。

 

日本による韓国(大韓帝国)の近代化、日露戦争での日本の勝利を目にした韓国の知識人は、国家破綻を避けるためには、日韓合邦しかないと考えるようになった。1909年、韓国で最大勢力だった政治団体、一進会は、「韓日合邦建議書」を韓国皇帝や首相の李完用、日本政府に提出、李完用も日韓合邦しかないという考えだった。
 
こうして1910年に日韓合邦が成立し、日本は朝鮮半島における年間平均15~20%の財政援助と赤字経営を丸抱えする。そして日本は、当時本国より進んだ最新技術で朝鮮半島の近代化に乗り出した。
 

 「世界から絶賛される日本人」黄文雄、徳間文庫

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

ドイツ、デュッセルドルフ中央駅前の掃除活動、2019年11月10日(日)、久しぶりの快晴! (Sun, 10 Nov 2019)
月に1回、第1日曜日に有志で行っている駅前のお掃除。 前回も雨で2週ずれて9月1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ(語)と日本(語)の違い – 「勿論!」– 海外生まれ、海外育ちの日本人、要注意! (Sat, 26 Oct 2019)
親が何か言うたびに、ドイツ生まれでドイツ育ち(現地校通い)の子供から帰ってくる言… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

第10回 漢検デュッセルドルフ (Sun, 20 Oct 2019)
デュッセルドルフの中央駅にあるVHS(ドイツの市民大学)の協力を得て2016年に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 (Wed, 16 Oct 2019)
学者は何でもすぐに理論化するのが好きですが、アメリカの犯罪学者、ジェームズ・ウィ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

気配りは日本人の専売特許? (Sat, 12 Oct 2019)
では決してありません。 ケルンの大きな食料品メッセで偶然に知り合ったイタリア人、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛(霜降り肉)のドイツでの普及 (Sun, 06 Oct 2019)
これが何だか分かる人はグルメかも? 知人を通じて、ケルンの食品メッセに出店する和… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

答え方としては同じ「少々お待ちください」と「はい、只今」でも、その差は雲泥の差 (Sat, 05 Oct 2019)
と、同じシーンで使える表現でも大きな違いがあることは以前詳しく書きました。 前者… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

掃除のことで、デュッセルドルフ市長からのお招き (Sat, 28 Sep 2019)
を受けました。 招かれたのは全部で十数人。 デュッセルドルフの市長に会うなどは勿… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本の知識で、南京虐殺があったと思っている日本ファンドイツ人 (Sat, 31 Aug 2019)
を少なくとも2人程知っています。 もしそれを否定しようものなら、「南京虐殺を否定… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

人間が何を食べて良いかは誰が決める? (Sat, 27 Jul 2019)
自分が住んでいるデュッセルドルフの郊外で見かけた車の後部です。 これを見て一瞬「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人気質がとても良く現れているジョーク、タイタニック号が沈む時 (Sat, 29 Jun 2019)
タイタニック号が沈む時に、男性の乗客に早く海に飛び込むように促す掛け声の違いで、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

人に迷惑をかけない人になって欲しい… 2 (Sat, 22 Jun 2019)
ネットdeデュッセルには、ドイツで交通事故に遭ったりして困った時に、その場で相談… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「人に迷惑をかけない人になって欲しい…」 (Sat, 08 Jun 2019)
…という答えが、日本人の7割の親から返ってくるそうです。 質問の内容は、「自分の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Proud to be Japanese (Sat, 04 May 2019)
と書いてあるわけではありませんが、先日見かけた PROUD TO BE AMER… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

靴を脱ぐ時に、どうして外に向けて揃えて置くのか… (Sat, 30 Mar 2019)
良い家庭、あるいは躾に厳しい家庭に育てば当たり前のことですが、今の日本ではなかな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

出る杭(日本・日本人)は打たれる (Sat, 09 Mar 2019)
慰安婦問題、南京虐殺、朝鮮人強制連行、捕鯨にイルカ漁などなど、日本はいつも叩かれ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

外国人が驚く日本人の秩序 (Sat, 02 Feb 2019)
日本に来る外国人観光客が驚くことがたくさんあります。 何と言ってもそのナンバーワ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の治安 その2 (Sat, 12 Jan 2019)
日本に観光に来る外国人の間で、いくつかの日本の不思議があります。 ウォシュレット… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の治安 (Sat, 05 Jan 2019)
デュッセルドルフの隣の市、メアブッシュ市で見かける光景です。 傷みの遅い野菜など… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安倍政権の、外国人労働者受け入れ拡大には大反対 (Sat, 15 Dec 2018)
私は人というものが何より大切だと思っている。私たちの国というのは、この、人という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

自分の国を誇れる? (Tue, 30 Oct 2018)
以前イタリアで見かけたTシャツです。 せっかく写真を撮らせてもらったのに、彼がア… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

移民受入 (Thu, 25 Oct 2018)
安倍政権が、移民と言うか、海外労働者の受け入れを加速させるそうです。 現時点でも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

善いことは波及する (Sat, 15 Sep 2018)
くだらないことかもしれませんが、先日デュッセルドルフの街中を車で走っていて嬉しい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...