インド人の第2次世界大戦の見方

ラダ・ビノード・パール(通称パール判事) インドの法学者、裁判官、コルカタ大学教授、国際連合国際法委員長等を歴任。当時、極東国際軍事(東京)裁判判事
私の判決文を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということが分かるはずだ。それなのにあなた方は自分らの師弟に、”日本は犯罪を犯したのだ。日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ。” と、教えている。満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。日本の師弟が、ゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
 

出展: Wikipedia、
”パール博士のことば”(東京裁判後、来日されたときの挿話) 田中正明著、

asahinet賢者の説得力、8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画 他多数

 

 

ネルー インド初代首相
彼ら(日本人)は謝罪を必要とすることなど、我々にはしていない。それ故、インドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。講和条約にも調印しない。
 
出展: 8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画
 
「むしろ彼ら(日本人)が、ヨーロッパとほとんど交渉がなかったにもかかわらず、宗教という羊の皮をかぶった帝国主義の狼を見破る洞察力を持っていたことこそ、驚くべきことだ」
 
「アジアの一国である日本の勝利は、アジアの全ての国に大きな影響を与えた。私は少年時代、どんなにそれを感激したかを、おまえによく話したことがあったものだ。たくさんのアジアの少年少女、そして大人が、同じ感激を経験した」
後に女性首相となる娘に宛てた手紙(父が子に語る世界歴史) から
 

日本賛辞の至言33選 ごま書房他多数

 

 

チャンドラ・ボース インド国民軍裁判主席弁護人
 
日本軍の勝利はアジアのインド人に感銘を与え、自由獲得の戦いに参加することを可能にした。日本政府は単に自己防衛のために戦うのではなく、英米帝国主義のアジアからの撲滅を期し、更にインドの完全な無条件の独立を援助するものである・・・


スバス・チャンドラ・ボース(1897年1月23日 - 1945年8月18日)
インドの独立運動家、インド国民会議派議長、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官。
出展: 草莽全国地方議員の会 および
8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画他多数

 

 

ラダクリシュナン インド第二代大統領
「インドが独立できたのは、日本のお陰である。インドのみではない。ベトナムであれ、ビルまであれ、インドネシアであれ、西欧の旧植民地であった諸国は、日本人が払った大きな犠牲の上に独立できたのである。我々アジアの民は、1941年12月8日をアジア開放の記念日として記憶すべきであり、日本に対する感謝の心を忘れてはならない」


出展:世界が語る大東亜戦争と東京裁判

 

 

「インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈した。驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた」

 

日本経済新聞 昭和44年
嗚呼 大和 PART4 2:04

 

 

パンディット・ネルー インド初代首相妹
日本を辱めようとする内外の歴史や自虐史観に立つ人たちは、太平洋戦争がもたらしたアジアの民族主義への影響を「無視」し続け、「過小評価」してきました。
 

出展:世界が語る大東亜戦争と東京裁判

 

 

シシル・ボース ネタジ記念館館長
日本は、アメリカとイギリスに宣戦を布告した時に、ネタジ(指導者=チャンドラ・ボース)は飛び上がって喜びました。彼は、アジアに帰るべきであると、直ちに決意しました。ネタジは、我々インドの独立のために、インドが武力闘争を行なうために、その協力を日本に求めるべきだと決心したのです。


インド人が語る日本「世界は日本をどう見ているのか」

 

 

グラバイ・デサイ インド弁護士会会長・法学博士
このたびの日本の敗戦は真に痛ましく、心から同情申し上げる。しかし、一旦の勝負の如きは必ずしも失望落胆するに当たらない。殊に優秀な貴国国民においておやである。私は日本が十年以内にアジアの大国として再び復興繁栄する事を確信する。
 
インドは程なく独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。 インドの独立は日本のお陰で三十年早まった。これはインドだけではない。インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。インド四億の国民は深くこれを銘記している。インド国民は日本の国民の復興にあらゆる協力を惜しまないであろう。他の東亜諸民族も同様である。

(1946年・デリーの軍事裁判に参考人として召還された藤原岩市F機関長に対する挨拶、名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社)
 

出展: 草莽全国地方議員の会
8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画
インド人が語る日本「世界は日本をどう見ているのか」(2:34)

 

 

 

パンディット元国連総長 インド初代首相ネルーの妹
「日本を辱めようとする内外の歴史家や自虐史観に立つ人たちは、これまで太平洋戦争がもたらしたアジアの民族主義への影響をことさら無視し続け、あるいは ”過小評価” してきた」
 
1989年、昭和天皇崩御の際に、日本人は2日間喪に服し、インド人は3日間喪に服した。
 

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」 黄文雄、徳間書店
 

 

 

ハビブル・ラーマン 元インド国民軍大佐
「ビルマ、インドネシア、フィリピンなどの(西洋人による)東アジア諸国の植民地支配は一掃され、次々と独立したのは日本が育んだ自由への炎によるものであることを、ここに記さねばならない」
 

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

「継続は力」の力 (Sun, 24 Oct 2021)
継続は力という言葉はよく耳にすると思います。 その力は本当に凄いと思います。 「念ずれば花開く」や、 「石の上にも三年」… 職人芸、国宝クラスの名人、オリンピック級の国際アスリート、ノーベル賞クラスの学者、研究者などにも続きを読む "「継続は力」の力"
>> Mehr lesen

フランス映画「ONODA」 (Sat, 23 Oct 2021)
小野田寛郎さんをご存知でしょうか? 第二次世界大戦が終わった後に、終戦を知らずにフィリピンのジャングルに隠れて戦い続けた元日本軍少尉です。 終戦後もずっとジャングルに潜んで29年間戦い続けて、1974年になってやっと日本続きを読む "フランス映画「ONODA」"
>> Mehr lesen

人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第 (Fri, 22 Oct 2021)
人生で最も大切なもののひとつはコミュニケーションだと言えます。 人間関係は常に大切で、それはコミュニケーションで決まるからです。 そのコミュニケーションの優劣がレトリックで決まります。 レトリックとはなにかと言うと、「も続きを読む "人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第"
>> Mehr lesen

自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2) (Thu, 21 Oct 2021)
相田みつをさんの書いた物の中で似たお話しを見つけました。 相田みつをさんが最も尊敬する画家という、原田平治郎さんのお話しです。 その原田さんが子どもを連れて鱒釣りに行った時のことだそうです。 その鱒釣り場では、釣った最後続きを読む "自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2)"
>> Mehr lesen

危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ (Wed, 20 Oct 2021)
徳島県美馬市で起きた、不思議でついつい嬉しくなる現象です。 学校がほど近い、ある横断歩道でのお話しです。 子どもたちが、一時停止する車に対してお礼のお辞儀をするそうです。 そしてそれがどうして始まったのかが分からないそう続きを読む "危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ"
>> Mehr lesen

注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及 (Mon, 18 Oct 2021)
主語がなく、新聞みたいにいい加減です…😅 誰が注目しているのでしょうか? 私です…😅 いえ、私以外にも、ビジネスに興味がある人には気になることだと思います。 ついにユーチューブで、ウォシュレットの宣伝広告が出てきたのです続きを読む "注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及"
>> Mehr lesen

自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます (Thu, 14 Oct 2021)
楽観主義(能天気)と悲観主義(慎重派)で書きましたが、頼んでもいないお酒が宅配便で届き、ついつい私はぬか喜びしました。 その続きのオチで、実はそれを自分で頼んでいたことを忘れていたという、私の脳天気ぶりを白状しました。 続きを読む "自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます"
>> Mehr lesen

恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2) (Tue, 12 Oct 2021)
恥の文化、恥じらいの国民、日本人に続きます。 ドイツのロルちゃんというユーチューバーがいます。 日本と違う点のドイツの紹介や、ドイツ語教室、ドイツ観光の動画を数百本あげています。 実は彼、私と同じ村に住んでいます。 デュ続きを読む "恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2)"
>> Mehr lesen

人生は、楽しむためにある (Mon, 11 Oct 2021)
以前、最高の老化防止策は、趣味を持つこと以上に、出来ることを増やす方が上と書きました。 歳を取ると、記憶力、運動能力、柔軟性、視力、毛髪、年配の親戚… 失っていくものが増えていくので、今まで出来なかったことを、出来るよう続きを読む "人生は、楽しむためにある"
>> Mehr lesen

日本の報道機関 (Wed, 06 Oct 2021)
数年前に、ユーチューブで毎日放送されている「虎ノ門ニュース」の沖縄に関する報道をこのブログで紹介しました。 そうすると、びっくりするような噛みつきコメントがいくつか入りました。 コメントを入れてくれたのは、左翼の人、反日続きを読む "日本の報道機関"
>> Mehr lesen

日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち (Wed, 06 Oct 2021)
以前のブログ、「世界で最も人種差別のない国、日本」に、「日本政府は昔アイヌ人に酷いことをしたのではないか?」というコメントをいただきました。 そこで改めて私の考えを「日本政府は、アイヌ人に本当に酷いことをした?」というブ続きを読む "日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち"
>> Mehr lesen

政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが… (Tue, 05 Oct 2021)
「沈黙は金」、「言わぬが花」でしょうか。 でも、「胸筋を開く」、「腹を割る」という言葉もあります。 以前、知人に言われました。 「よく怖くないですね…」と。 どういうことかというと、私は頻繁に左翼さん、反日さんの感情を逆続きを読む "政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが…"
>> Mehr lesen

条件が悪くなればなるほど、その人の実力が見えてくる (Mon, 04 Oct 2021)
「制限の中において、初めて名人はその腕を示す」 とは、あのゲーテの言葉です。 その意味が分かるでしょうか? その意味を分かりやすく説明するには、スキーの例が良いかも知れません。 スキーの上手い下手は、傾斜を少しずつ傾けて続きを読む "条件が悪くなればなるほど、その人の実力が見えてくる"
>> Mehr lesen

コロナでもびくともしない職業 (Sat, 02 Oct 2021)
つい先日、4才から15年間ピアノを続けて音大まで入学した長女が、音大をやめて方向転換をしたことを書きました。 その彼女が方向転換した先を医療の道だと思っていましたが、間違いでした。 何しろ子どもの相談相手は母親。 父親は続きを読む "コロナでもびくともしない職業"
>> Mehr lesen

袖振り合うも他生の縁 (Sat, 02 Oct 2021)
という表現をご存知でしょうか? 道を歩いていて、見知らぬ人とすれ違う時に、服(着物)の端が触れ合うのも、前世からの因縁による。 という考え方です。 これも何かのご縁だから… とも言います。 どういうことかというと、 行き続きを読む "袖振り合うも他生の縁"
>> Mehr lesen

人に迷惑をかけない = 相手に気を使う = 戦いで不利 (Fri, 01 Oct 2021)
多くの日本人は、「人に迷惑をかけるな」と躾けられていると思います。 私も子どもの頃、父に、「人に迷惑をかけさえしなければ、何をやっても良い」と何度も言われました。 日本人的で、私はそれがとても好きです。 最近のお客様で、続きを読む "人に迷惑をかけない = 相手に気を使う = 戦いで不利"
>> Mehr lesen

かなりの車好きなスイスと日本の大富豪 (Thu, 30 Sep 2021)
久しぶりの出張、 久しぶりの飛行機、 スイスに行って来ました。 同じ依頼主の通訳の仕事で2回目です。 依頼主は日本とスイスの大富豪。 お2人とも、庶民の私から見ると、とんでもないレベルのお金持ちです…😅 「お金持ち」とい続きを読む "かなりの車好きなスイスと日本の大富豪"
>> Mehr lesen

2つの奇抜な心構えで、とても楽になる人生 (Tue, 28 Sep 2021)
会社を辞める時の多くの理由… 離婚の理由… 家族や友人知人との仲違い… これらは、誰の人生においても頻繁にあり得て、しかもとても大きな問題です。 人間にとって最も大事のは人間関係です。 家庭でも、仕事でも、友人知人関係で続きを読む "2つの奇抜な心構えで、とても楽になる人生"
>> Mehr lesen

「世界が日本の背中を見て…」 (Mon, 27 Sep 2021)
とは、李登輝さんの言葉です。 台湾の元総統、李登輝さんはかなりの親日家で、日本の大学にも行き、日本の軍人だったこともあるほどの人です。 「(自分は)22歳まで日本人だった」 と言っていたそうです。 日本人が、政治や外交で続きを読む "「世界が日本の背中を見て…」"
>> Mehr lesen

男性天皇と女性天皇、男系天皇と女系天皇の違いが分かりますか? (Sun, 26 Sep 2021)
現在の日本の天皇は第126代目だそうです。 初代が神武天皇で、ウィキペディアによると生年月日が何と、紀元前711年2月13日。 ひとつの国家としての歴史が約2600年続いているということになります。 但し、左翼や反日の人続きを読む "男性天皇と女性天皇、男系天皇と女系天皇の違いが分かりますか?"
>> Mehr lesen

首相(国のトップ)になって欲しい人とは? (Sat, 25 Sep 2021)
それは例えば、(現?前?元?)シンガポールの大統領のような人です。 シンガポールは東南アジアの先進国だそうで給料が良く、共稼ぎの家には大体お手伝いさんがいるそうです。 そのお手伝いさんたちは、周りの賃金が低い国から来てい続きを読む "首相(国のトップ)になって欲しい人とは?"
>> Mehr lesen

ワクチンが示したもの、それは「贅沢は敵」 (Fri, 24 Sep 2021)
4才の時にピアノを始めて15年続け、音大に入学した長女が大学を辞めると言い出しました。 医学の方に進む、大学を変えるという、人生の方向転換です。 このコロナ禍で、「職業に貴賎なし」というのがウソであることが明らかになりま続きを読む "ワクチンが示したもの、それは「贅沢は敵」"
>> Mehr lesen

何かを選ぶ時の方法 (Sat, 18 Sep 2021)
誰でも日常頻繁に、いくつかある選択肢の中から、どれかを選ぶことが求められます。 どうでもよいことで言えば、今日のお昼に何を食べるか… どのお店に入るか… 何を注文するか… どこを選んでも、何を選んでも大したこ続きを読む "何かを選ぶ時の方法"
>> Mehr lesen

天は二物を与えず (Thu, 16 Sep 2021)
と言いますが、本当でしょうか? それが正しくないことを示す例の一つはシンガーソングライターです。 曲が作れて、さらに歌が上手い(声が良い)人たち。 立派に二物を与えられています。 でも、二物でも足りず、三物必要な場合もあ続きを読む "天は二物を与えず"
>> Mehr lesen

エスカレートする詐欺メール (Wed, 15 Sep 2021)
最近、詐欺のメールがエスカレートしているようです。 こういうのが届きました。 こういうメール、しかも本物っぽいのが届くと、ついつい心配になって見に行ってしまいそうです。 でもそれでアウト、見に行って(リンクをクリックして続きを読む "エスカレートする詐欺メール"
>> Mehr lesen

最も多くの日本人が住む海外の土地 (Tue, 14 Sep 2021)
ドイツのメアブッシュ(Meerbusch)という市に住んでいます。 「ドイツのメアブッシュという、人口約5万5千人の市を知っていますか?」 と日本で聞けば、知っている人に出会えることはまずないでしょう。 誰でも知っている続きを読む "最も多くの日本人が住む海外の土地"
>> Mehr lesen

人生で、最も大切なもの (Mon, 13 Sep 2021)
それは自立? 自立とは、マニュアルや、時には法律さえにも頼らないことだと思います。 日本のように、親子が川の字で寝ないドイツ。 子どもが生まれると、幼児の頃から子ども部屋が用意されます。 そして自分の部屋で子ども1人で寝続きを読む "人生で、最も大切なもの"
>> Mehr lesen

世界の中の日本人 (Sat, 11 Sep 2021)
世界中で最も真面目だから、強運を引き寄せる法則(?)によると、日本人は最も運が強い国民であるというブログに、みおのニコマークさんから次のコメントをいただきました。 「でも、真面目で律儀だからこそ、メンタルやられる人が多い続きを読む "世界の中の日本人"
>> Mehr lesen

ドイツ人と日本人の仕事のスタイルの違い (Fri, 10 Sep 2021)
日本には、社畜とか、奉仕残業、ブラック企業、過労死などという言葉があります。 それらはドイツにはありません。 奉仕で働くということがないからです。 夕方5時になると、どんなにキリが悪くても、書類をパタっと閉じて家に帰りま続きを読む "ドイツ人と日本人の仕事のスタイルの違い"
>> Mehr lesen

目には目を、歯には歯を (Tue, 07 Sep 2021)
島国日本、その特殊な国民性と、大陸の国民性との大きな違いがとても興味深いです。 例えば、「騙すより騙されろ」に対する「騙される奴が悪い」あるいは「人を見たら泥棒と思え」… 等です。 「騙すより騙されろ」は、いかにも日本的続きを読む "目には目を、歯には歯を"
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...