インド人の第2次世界大戦の見方

ラダ・ビノード・パール(通称パール判事) インドの法学者、裁判官、コルカタ大学教授、国際連合国際法委員長等を歴任。当時、極東国際軍事(東京)裁判判事
私の判決文を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということが分かるはずだ。それなのにあなた方は自分らの師弟に、”日本は犯罪を犯したのだ。日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ。” と、教えている。満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。日本の師弟が、ゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
 

出展: Wikipedia、
”パール博士のことば”(東京裁判後、来日されたときの挿話) 田中正明著、

asahinet賢者の説得力、8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画 他多数

 

 

ネルー インド初代首相
彼ら(日本人)は謝罪を必要とすることなど、我々にはしていない。それ故、インドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。講和条約にも調印しない。
 
出展: 8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画
 
「むしろ彼ら(日本人)が、ヨーロッパとほとんど交渉がなかったにもかかわらず、宗教という羊の皮をかぶった帝国主義の狼を見破る洞察力を持っていたことこそ、驚くべきことだ」
 
「アジアの一国である日本の勝利は、アジアの全ての国に大きな影響を与えた。私は少年時代、どんなにそれを感激したかを、おまえによく話したことがあったものだ。たくさんのアジアの少年少女、そして大人が、同じ感激を経験した」
後に女性首相となる娘に宛てた手紙(父が子に語る世界歴史) から
 

日本賛辞の至言33選 ごま書房他多数

 

 

チャンドラ・ボース インド国民軍裁判主席弁護人
 
日本軍の勝利はアジアのインド人に感銘を与え、自由獲得の戦いに参加することを可能にした。日本政府は単に自己防衛のために戦うのではなく、英米帝国主義のアジアからの撲滅を期し、更にインドの完全な無条件の独立を援助するものである・・・


スバス・チャンドラ・ボース(1897年1月23日 - 1945年8月18日)
インドの独立運動家、インド国民会議派議長、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官。
出展: 草莽全国地方議員の会 および
8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画他多数

 

 

ラダクリシュナン インド第二代大統領
「インドが独立できたのは、日本のお陰である。インドのみではない。ベトナムであれ、ビルまであれ、インドネシアであれ、西欧の旧植民地であった諸国は、日本人が払った大きな犠牲の上に独立できたのである。我々アジアの民は、1941年12月8日をアジア開放の記念日として記憶すべきであり、日本に対する感謝の心を忘れてはならない」


出展:世界が語る大東亜戦争と東京裁判

 

 

「インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈した。驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた」

 

日本経済新聞 昭和44年
嗚呼 大和 PART4 2:04

 

 

パンディット・ネルー インド初代首相妹
日本を辱めようとする内外の歴史や自虐史観に立つ人たちは、太平洋戦争がもたらしたアジアの民族主義への影響を「無視」し続け、「過小評価」してきました。
 

出展:世界が語る大東亜戦争と東京裁判

 

 

シシル・ボース ネタジ記念館館長
日本は、アメリカとイギリスに宣戦を布告した時に、ネタジ(指導者=チャンドラ・ボース)は飛び上がって喜びました。彼は、アジアに帰るべきであると、直ちに決意しました。ネタジは、我々インドの独立のために、インドが武力闘争を行なうために、その協力を日本に求めるべきだと決心したのです。


インド人が語る日本「世界は日本をどう見ているのか」

 

 

グラバイ・デサイ インド弁護士会会長・法学博士
このたびの日本の敗戦は真に痛ましく、心から同情申し上げる。しかし、一旦の勝負の如きは必ずしも失望落胆するに当たらない。殊に優秀な貴国国民においておやである。私は日本が十年以内にアジアの大国として再び復興繁栄する事を確信する。
 
インドは程なく独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。 インドの独立は日本のお陰で三十年早まった。これはインドだけではない。インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。インド四億の国民は深くこれを銘記している。インド国民は日本の国民の復興にあらゆる協力を惜しまないであろう。他の東亜諸民族も同様である。

(1946年・デリーの軍事裁判に参考人として召還された藤原岩市F機関長に対する挨拶、名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社)
 

出展: 草莽全国地方議員の会
8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画
インド人が語る日本「世界は日本をどう見ているのか」(2:34)

 

 

 

パンディット元国連総長 インド初代首相ネルーの妹
「日本を辱めようとする内外の歴史家や自虐史観に立つ人たちは、これまで太平洋戦争がもたらしたアジアの民族主義への影響をことさら無視し続け、あるいは ”過小評価” してきた」
 
1989年、昭和天皇崩御の際に、日本人は2日間喪に服し、インド人は3日間喪に服した。
 

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」 黄文雄、徳間書店
 

 

 

ハビブル・ラーマン 元インド国民軍大佐
「ビルマ、インドネシア、フィリピンなどの(西洋人による)東アジア諸国の植民地支配は一掃され、次々と独立したのは日本が育んだ自由への炎によるものであることを、ここに記さねばならない」
 

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴミ回収車をありがたいと思うか、邪魔だと思うか… (Tue, 29 May 2018)
ゴミ回収日の朝に車を運転していて、たまたま自分の車の前にゴミ回収車が現れた時、「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

今、人生で落ち込んでいる人いますか? (Tue, 05 Dec 2017)
人によく勘違いされるのが、まるで私が悠々自適、余裕綽々の生活を送っているかのよう… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

戦争中の日本(軍)は本当に悪者だった? 海外青年協力隊でパプアニューギニアに行った人の、とても興味深いお話し。 (Sat, 04 Nov 2017)
走り仲間の中に一人、以前日本の海外青年協力隊でパプアニューギニアにいたことがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ダントツで世界最低の、海外に出る日本人の犯罪に対する心構え (Tue, 15 Aug 2017)
日本(人)を世界の物差しで測ってみると、とても面白い事実が分かってきます。 色々… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人の悪いところ (Sat, 12 Aug 2017)
日本(人)を褒め過ぎ(?)な傾向の日本ファン日本人の私にも、どうしても気に入らな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...