第2次世界大戦

ルーズベルト大統領のハルノートによって追い詰められた日本は、軍港であるパール・ハーバーへの攻撃により、約2.400人(民間人約50人)の死者を出すことによって日米戦争を始めました。

 

そしてその大戦は、国際法を無視した広島と長崎の原爆、東京(他)の大空襲によって30万人以上の一般市民を失うことによって終わり、日本は敗戦国となりました。

 

そして日本は世の常である、戦勝国の書く歴史の中に収められてしまいました。GHQによる、東京裁判と称される東京リンチでは、数多くのユダヤ人の命を救った日本の英雄達や、日本流に一切言い訳をしない英雄が一方的に死刑で裁かれてしまいました。

 

東京裁判は、実は理不尽なリンチであったとことは、判事の一人であったインド人のパール氏の発言、および判決文をはじめとして、海外の多くの証人の発言で明らかになっています。

 

当時GHQは、WGIP(War Guilt Information Progran)によって、日本が二度とアメリカに立ち向かわないように、教育方針も含めて様々な手を打ったため、戦後の日本人には誤った認識が植え付けられてしまいました。

 

アメリカの目標である、「日本が二度とアメリカに刃向かわないようにする」 は、国務省、陸軍省、海軍省合同で作成した「日本降伏後における米国の初期の対日方針」でも明らかです。日本語をアルファベットに変えようとしたり、非武装化、弱体化、そして民主化で押さえ込みました。

 

それはドイツが第一次大戦後に、二度と立ち上がれないように非武装化、弱体化したのにもかからず、わずか20年でヨーロッパ最強の軍隊を作ってしまった例を見ている影響もあるでしょう。

 

一部には、敵国から恨まれるようなことをしてしまった心無い日本軍人もいたかも知れません。でも一般的に、日本軍人はいかに厳しく規律があり、しかも敵国に対しての温情が厚かったかは、少し調べれば分かりますので、一度ここから先をご覧になってみてください。

 

日露戦争が起こった1900年過ぎ、列強の欧米白人が地球上のほとんど全ての地域を植民地化して、地球の約84%は西洋人が支配していました。

 

東南アジアを侵略していたイギリス、オランダ、アメリカを追い払って各国独自の国作り計画に大きく貢献した日本は、敗戦したばかりに、戦勝国から、企んで侵略戦争を起こしたという偽りの罪をかぶせられました。

 

そして中国と韓国の2国はその偽りの情報を利用していつまでも日本から資金を引き出し、執拗に日本の立場を弱く、悪くし続けようとしています。

 

事実を知れば、驕る気持ちが起こるのではなく、「勝って兜の緒を締めよ」や、「褌を締め直す」ではありませんが、自然に襟を正して凛とした気持ちになります。



大航海時代、つまり、西洋人による大侵略時代、日本はタイと並んでアジアで侵略されなかった珍しい国のひとつです。ではなぜ日本は侵略されなかったのでしょうか?

 

大航海・大侵略で西洋人が日本にも現れ始めた頃、日本人は好意を持って受け入れました。良いものなら何でも取り入れてしまう国民性。キリスト教も受け入れました。

 

ところが、アジア大陸の方に目を向けてみると、それは西洋人による侵略の足がかりであることに気が付いたので、国を閉ざしました。でも、その200年以上続いた鎖国も、アメリカのペリーの黒船によって開国することになりました。

 

それでも明治維新を経て、第二次世界大戦で敗戦国となって占領されるまではずっと侵略を免れました。それはなぜでしょうか?

 

その理由にはまず、武士の存在があると思います。名誉心が強く、誇りのためなら死をもいといません。16世紀に日本を訪れたイタリア人のカトリック教会司祭のアレッサンドロ・ヴァリニャーノも言っています。

 

「日本は何らかの征服事業を企てる対象としては不向きである。(中略) 国民(武士?)は非常に勇敢で、しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので、征服可能な国土ではない」...

 

生 麦事件というのをご存知でしょうか? 時は1862年9月14日、乗馬を楽しんでいる4人のイギリス人が、細い道で島津藩の大名行列とぶつかってしまいました。

 

イギリス人はそのまま進行しようとし、それを見た武士たちは、「無礼者!」と切りつけてしまいました。そして1名が死亡、2名が重症を負いました。

 

その事件は、イギリス人以外の在日外国人にも広く伝わったはずです。大勢の日本人とすれ違うと、切り殺されてしまうということを知った外国人たちは、さぞ驚いたことでしょう。

 

さらに日本人には芸術性の高さ、器用さ、精巧な物を作り上げてしまうという気質があります。鉄砲や大砲は海外から伝わったものではありますが、種子島にたどり着いたわずか2挺の鉄砲から、その10年後には日本に普及してしまいました。

 

つまり、そのような発達したものをすぐに作り上げてしまう技量があります。さらにはそれを改善・改良してしまう。そしてそれが普及する伝達網まで発達しているのです。

 



そして高い学力です。まだ西洋では手づかみで食事をしていた16世紀の中頃に、「国民の大部分が読み書きできる!」と、あのフランシスコ・ザビエルも驚いているほどです。

 

現代では、読み書きができて当たり前なので気が付きませんが、もし読み書きができないと、情報の伝達がかなり難しくなります。話して伝えるしか方法がないからです。

 

大多数の人間に、ある情報を伝える時、もし書面で伝えることができないとすると、大勢の前で話したり、話し伝えていくしか方法がありません。前者の場合は 聞こえない、忘れられるという決定的な欠点があり、話し伝える場合は、伝わる情報の正確さが著しく欠けることになります。

 

従順という国民性があります。団体行動が得意で、上の命令に従うので、団体として強い存在になるのです。

 

さらには島国という地理的な条件もあります。船が主要な交通手段であった当事、海に囲まれているということが有利に働きます。実際にも日本の歴史において、海に囲まれていることと、自然の猛威で2度も元寇を跳ね返しています。

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

白身さえもプリプリな卵 (Sun, 18 Oct 2020)
以前もお勧めとしてご紹介していますが、ドイツのメアブッシュ(正確にはKaarst… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

賭け事に強い人 (Sat, 17 Oct 2020)
どんなことでも良いのですが、何かを話していて意見が分かれたとします。 そんな時に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ベルリンの慰安婦像撤去に、ドイツの元首相が怒っているそうです。 (Wed, 14 Oct 2020)
ということは、Schröderさんは日本軍が当時そういうことをしたと本気で信じて… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

不当に解雇されても訴えない日本人のかっこ良い謙虚さ? (Tue, 13 Oct 2020)
日本、日本人の質が落ちたとよく嘆かれています。 でもいまだに古き良き(?)日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本、東京に見習って欲しい Berlin – Unter den Linden (Tue, 06 Oct 2020)
ドイツに40年以上も住んでいて、ベルリンの壁で有名な、チェックポイントチャーリー… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 4 (Sat, 03 Oct 2020)
講読を始めて1年弱がたち、2年目更新の時でした。 どういうわけか、購読料の支払い… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本語にも英語にもない、とても素敵なドイツ語の肩書き – Kundenbetreuung (Sun, 27 Sep 2020)
Kundenbetreuung にぴったりの単語は日本語にも英語にもありません。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の交通状況譲り合いの違い (Fri, 25 Sep 2020)
イギリスを真似て、ドイツも多くの信号機付の十字路がロータリーに代わりました。 そ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンドラー、杉原千畝、旧日本軍中将 樋口季一郎の共通点 (Wed, 23 Sep 2020)
シンドラーは1200人のユダヤ人の命を救い、杉原千畝は6千人を救ったそうです。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

香港問題。チベット、ウイグル弾圧 (Mon, 21 Sep 2020)
中国のチベットやウイグルへの弾圧は、現地のお坊さんたちの焼身自殺までしての訴えや… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンプルザベスト (Sun, 13 Sep 2020)
先日、あるホテルのバイキングで夕食となりました。 食べるために用意される道具は普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「嫌な奴のお面をかぶった神様」 (Wed, 09 Sep 2020)
という考え方があります。 周りにいる嫌な奴は、実は中身は神様という意味です。 神… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動 (Sun, 06 Sep 2020)
を初めて5年と数ヶ月がたちました。 よく続いているものだと思います。 これも、参… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

やれば出来る。指7本で弾く一流ピアニスト (Sat, 05 Sep 2020)
月刊紙「致知」7月号で、障害のために左右合わせて7本の指しか使えないピアニストの… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

迷った時はやってみる! (Thu, 03 Sep 2020)
長い人生の中で何度かは訪れる岐路。 やるべきか、やめておくべきか… 果たしてどっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが… (Mon, 31 Aug 2020)
在デュッセルドルフ日本総領事館からのお知らせです。 主催者は、あるいはそのバック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 3 (Sat, 25 Jul 2020)
なぜ読み始めるようになったのかは、故・安岡正篤さんという偉人が関係しています。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 2 (Sun, 19 Jul 2020)
はっきり言って、人によってはこの月刊紙は硬い読み物です。 人間学などという硬いこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 1 (Fri, 17 Jul 2020)
「致知」という月刊紙があります。 日本の近代史を正しく伝える記事が出ることがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

暴動が起きる国と起きない国 (Sat, 11 Jul 2020)
人種差別でアメリカでは暴動が起きました。 長く住むここドイツではあり得ないな… … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして歳を取ると物を大事にするようになるのか… (Wed, 08 Jul 2020)
歳を取ってくると物を大事にする理由が分かってきました。 同類(どうるい)相(あい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「少々お待ちください」と「はい、只今」その3 (Mon, 06 Jul 2020)
「少々お待ちください」と「はい、只今」のとても大きな違いは肯定と否定にあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツホロコーストの長編 -Holocaust die Geschichte der Familie Weiß – (Wed, 24 Jun 2020)
この映画(ドラマ)が1970年代にドイツで放送された時、多くのドイツ人がショック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

便器の素手洗いは本当に不衛生? (Tue, 16 Jun 2020)
便器を素手で洗う人たちがいます。 故小林静観さん、鍵山秀三郎さんはご存知ないかも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナにより、約2ヶ月ぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除活動 (Sun, 17 May 2020)
密を避けるために2ヶ月以上休止していた掃除活動を本日再開しました。 路上の車の数… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...