第2次世界大戦

ルーズベルト大統領のハルノートによって追い詰められた日本は、軍港であるパール・ハーバーへの攻撃により、約2.400人(民間人約50人)の死者を出すことによって日米戦争を始めました。

 

そしてその大戦は、国際法を無視した広島と長崎の原爆、東京(他)の大空襲によって30万人以上の一般市民を失うことによって終わり、日本は敗戦国となりました。

 

そして日本は世の常である、戦勝国の書く歴史の中に収められてしまいました。GHQによる、東京裁判と称される東京リンチでは、数多くのユダヤ人の命を救った日本の英雄達や、日本流に一切言い訳をしない英雄が一方的に死刑で裁かれてしまいました。

 

東京裁判は、実は理不尽なリンチであったとことは、判事の一人であったインド人のパール氏の発言、および判決文をはじめとして、海外の多くの証人の発言で明らかになっています。

 

当時GHQは、WGIP(War Guilt Information Progran)によって、日本が二度とアメリカに立ち向かわないように、教育方針も含めて様々な手を打ったため、戦後の日本人には誤った認識が植え付けられてしまいました。

 

アメリカの目標である、「日本が二度とアメリカに刃向かわないようにする」 は、国務省、陸軍省、海軍省合同で作成した「日本降伏後における米国の初期の対日方針」でも明らかです。日本語をアルファベットに変えようとしたり、非武装化、弱体化、そして民主化で押さえ込みました。

 

それはドイツが第一次大戦後に、二度と立ち上がれないように非武装化、弱体化したのにもかからず、わずか20年でヨーロッパ最強の軍隊を作ってしまった例を見ている影響もあるでしょう。

 

一部には、敵国から恨まれるようなことをしてしまった心無い日本軍人もいたかも知れません。でも一般的に、日本軍人はいかに厳しく規律があり、しかも敵国に対しての温情が厚かったかは、少し調べれば分かりますので、一度ここから先をご覧になってみてください。

 

日露戦争が起こった1900年過ぎ、列強の欧米白人が地球上のほとんど全ての地域を植民地化して、地球の約84%は西洋人が支配していました。

 

東南アジアを侵略していたイギリス、オランダ、アメリカを追い払って各国独自の国作り計画に大きく貢献した日本は、敗戦したばかりに、戦勝国から、企んで侵略戦争を起こしたという偽りの罪をかぶせられました。

 

そして中国と韓国の2国はその偽りの情報を利用していつまでも日本から資金を引き出し、執拗に日本の立場を弱く、悪くし続けようとしています。

 

事実を知れば、驕る気持ちが起こるのではなく、「勝って兜の緒を締めよ」や、「褌を締め直す」ではありませんが、自然に襟を正して凛とした気持ちになります。



大航海時代、つまり、西洋人による大侵略時代、日本はタイと並んでアジアで侵略されなかった珍しい国のひとつです。ではなぜ日本は侵略されなかったのでしょうか?

 

大航海・大侵略で西洋人が日本にも現れ始めた頃、日本人は好意を持って受け入れました。良いものなら何でも取り入れてしまう国民性。キリスト教も受け入れました。

 

ところが、アジア大陸の方に目を向けてみると、それは西洋人による侵略の足がかりであることに気が付いたので、国を閉ざしました。でも、その200年以上続いた鎖国も、アメリカのペリーの黒船によって開国することになりました。

 

それでも明治維新を経て、第二次世界大戦で敗戦国となって占領されるまではずっと侵略を免れました。それはなぜでしょうか?

 

その理由にはまず、武士の存在があると思います。名誉心が強く、誇りのためなら死をもいといません。16世紀に日本を訪れたイタリア人のカトリック教会司祭のアレッサンドロ・ヴァリニャーノも言っています。

 

「日本は何らかの征服事業を企てる対象としては不向きである。(中略) 国民(武士?)は非常に勇敢で、しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので、征服可能な国土ではない」...

 

生 麦事件というのをご存知でしょうか? 時は1862年9月14日、乗馬を楽しんでいる4人のイギリス人が、細い道で島津藩の大名行列とぶつかってしまいました。

 

イギリス人はそのまま進行しようとし、それを見た武士たちは、「無礼者!」と切りつけてしまいました。そして1名が死亡、2名が重症を負いました。

 

その事件は、イギリス人以外の在日外国人にも広く伝わったはずです。大勢の日本人とすれ違うと、切り殺されてしまうということを知った外国人たちは、さぞ驚いたことでしょう。

 

さらに日本人には芸術性の高さ、器用さ、精巧な物を作り上げてしまうという気質があります。鉄砲や大砲は海外から伝わったものではありますが、種子島にたどり着いたわずか2挺の鉄砲から、その10年後には日本に普及してしまいました。

 

つまり、そのような発達したものをすぐに作り上げてしまう技量があります。さらにはそれを改善・改良してしまう。そしてそれが普及する伝達網まで発達しているのです。

 



そして高い学力です。まだ西洋では手づかみで食事をしていた16世紀の中頃に、「国民の大部分が読み書きできる!」と、あのフランシスコ・ザビエルも驚いているほどです。

 

現代では、読み書きができて当たり前なので気が付きませんが、もし読み書きができないと、情報の伝達がかなり難しくなります。話して伝えるしか方法がないからです。

 

大多数の人間に、ある情報を伝える時、もし書面で伝えることができないとすると、大勢の前で話したり、話し伝えていくしか方法がありません。前者の場合は 聞こえない、忘れられるという決定的な欠点があり、話し伝える場合は、伝わる情報の正確さが著しく欠けることになります。

 

従順という国民性があります。団体行動が得意で、上の命令に従うので、団体として強い存在になるのです。

 

さらには島国という地理的な条件もあります。船が主要な交通手段であった当事、海に囲まれているということが有利に働きます。実際にも日本の歴史において、海に囲まれていることと、自然の猛威で2度も元寇を跳ね返しています。

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

どうしても気になってしまう、ドイツ人(だけ?)の無神経さ (Sat, 22 Feb 2020)
というのは、ドイツに限らずどこでもあるのだろうと思います。 例えばこの例。 ドイ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の左翼右翼の現状? (Wed, 05 Feb 2020)
最近現地法人設立をお手伝いさせていただいた人から日本のことをどうやって知るかと聞… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安かろう、悪かろう、がこのまま続いて大丈夫? (Sat, 25 Jan 2020)
あらゆる物の製造が人件費の安い国々に移り、物の値段が嘘のように安くなりました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし… (Wed, 22 Jan 2020)
昨年末に、IT 業界で現地法人設立のサポート中のお客様の会社登記が済みました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」2020年1月号、小中高の学力日本一、秋田県と東成瀬村 (Sat, 18 Jan 2020)
秋田県は、平成19年から文部科学省が実施している全国学力テストでずっとトップクラ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴーンさんと、第二次世界大戦終了時の日本軍将校の行動の違い (Sun, 12 Jan 2020)
99%以上の有罪率で、日本の検察がいくら異常だとしても、逃げたらそれはアウトを意… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本日丁度、3歳になったアッくんのデュッセルドルフの駅前のお掃除 (Sun, 12 Jan 2020)
ここ数回、参加してくれている最年少のアッくん、本日3歳になる誕生日が丁度、掃除活… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「了解です!」という返事のグレード (Wed, 08 Jan 2020)
レストランなどで注文をした時に、お店の人に「了解です!」と言われたことはないでし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の検察よりも、ゴーンさんの方が一枚上手なのは当然のこと… (Sat, 04 Jan 2020)
ゴーンさんがレバノンに逃げたことが騒がれています。 最初は、「あ〜あ、世界的に有… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

年末の最高の言葉のプレゼント (Mon, 30 Dec 2019)
先月、MEDICAという世界最大の医療業界の展示会がデュッセルドルフで行われまし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」12月号 (Sat, 28 Dec 2019)
巻頭の言葉、「貨尽(かつ)きて而(しか)る後に足らざるを知るは、これ量を知らざる… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

法人が、国の援助などを頼っていたら、ドイツ進出はおぼつかない… (Sat, 21 Dec 2019)
安倍政権や東京都、各県は日本の中小企業を随分と応援しているようです。 つまり、中… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

歌舞伎町でゴミ拾いをするホストたち (Sat, 14 Dec 2019)
私たちがデュッセルドルフの駅前を毎月掃除しているのを知っている人が、このニュース… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

石破さんの戦争発言… 戦争という単語が間違っているのでは? (Wed, 11 Dec 2019)
ないでしょうか? 自民党の石破さん曰く、あの田中角栄さんが当時言っていたそうです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛、霜降り肉ってどうしてこんなに美味しいのでしょう… (Wed, 11 Dec 2019)
先日のケルンでの食料品メッセ、ANUGAで知人を通じたご縁で通訳として和牛のプロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

緊急投稿 – 詐欺と思われるメール (Mon, 09 Dec 2019)
時々詐欺のメールが届きます。昔もやはりアフリカからそういうのが届き、当時、領事館… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

現地法人設立及びプロモーションのプロ – 20年後の会社生存率は1000社に対して僅か3社… (Sat, 23 Nov 2019)
もう、いくつの日系企業のドイツ子会社、現地法人設立に携わったでしょうか… 前に勤… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 8 – MEDICAの通訳任務も無事に終わり、思いがけないご褒美が… (Thu, 21 Nov 2019)
依頼主の CREWT社の創業社長、江口さんとメッセ会場でお別れとなりました。 江… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 7 – 時には通訳。でも本業はビジネスコンサル! (Wed, 20 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフの医療メッセ、MEDICAの真っ最中。 日本から来ている1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

MP(Mission Possible)..: 緑内障と闘う眼科医のための新秘密兵器、革新的な視野計 – Crewt 社のアイモ! (Tue, 19 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフでは MEDICA という医療関係の大きな国際メッセが行な… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

MP(Mission Possible)..: Im Einsatz bei der Messe Medica – Markteinführung von „IMO“ der Fa. Crewt Japan. (Tue, 19 Nov 2019)
“IMO” ist ein innovatives Ge… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

MP(Mission possible)..: Launch and promotion of Innovative perimetry testing Unit „IMO“ of CREWT Japan (Tue, 19 Nov 2019)
CREWT is a venture company founded in Ap… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Friday for future – 多くの子どもたちを金曜日に不登校させてデモに参加させる話題の「グレタ」ちゃん、やっぱり政治的な裏が… (Mon, 18 Nov 2019)
虎ノ門ニュースによく登場するジャーナリストの須田慎一郎さんがその裏を暴いてくれま… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ、デュッセルドルフ中央駅前の掃除活動、2019年11月10日(日)、久しぶりの快晴! (Sun, 10 Nov 2019)
月に1回、第1日曜日に有志で行っている駅前のお掃除。 前回も雨で2週ずれて9月1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ(語)と日本(語)の違い – 「勿論!」– 海外生まれ、海外育ちの日本人、要注意! (Sat, 26 Oct 2019)
親が何か言うたびに、ドイツ生まれでドイツ育ち(現地校通い)の子供から帰ってくる言… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

第10回 漢検デュッセルドルフ (Sun, 20 Oct 2019)
デュッセルドルフの中央駅にあるVHS(ドイツの市民大学)の協力を得て2016年に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

割れた窓理論 (Wed, 16 Oct 2019)
学者は何でもすぐに理論化するのが好きですが、アメリカの犯罪学者、ジェームズ・ウィ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...