朝鮮人強制連行

「朝鮮人強制連行」は、国家総動員法に基づく国民徴用令が内地で施行されて以降、朝鮮人が内地(日本) へと労働動員された事態を湾曲したもののようです。

 

多くの朝鮮人が日本軍に加わったのは、昭和13年から実施された志願兵制によって「志願」した人たちです。それはとても狭き門だったそうです。

 

昭和13年

採用者数406人に対して応募者数2.946人、倍率7,7

昭和14年

採用者数613人に対して応募者数12.348人で倍率20,1

昭和15年

採用者数3.060 に対して応募者数84.443人で倍率27,1

昭和16年

採用者数3.208 に対して応募者数144.743人で倍率45,1

昭和17年

採用者数4.077 に対して応募者数254.273人で倍率62,4

 

つまり強制連行どころか、望んでもほとんど日本兵になれなかったのです。それと平行して昭和17年から19年までの朝鮮総督府による「官斡旋」、さらには昭和19年と20年の「徴用」がありました。

 

この内、強制と言え得るのは、わずか7ヶ月間行なわれた「徴用」のみで、それも ”人さらい” まがいの強制連行がなかったことは、当時の日本が朝鮮からの密入国者に悩まされて、昭和14年から17年の間に1万9千人もの朝鮮人の強制送還をしている 事実が裏付けています。

 

送還には1人1~2円の費用さえかかっていました。頼まなくても勝手に密入国している朝鮮人が多いのに、どうして ”人さらい” のような強制連行をしなければならないのでしょうか? なぜ費用をかけてまでも強制送還をしたのでしょうか?

 

「徴用」は日本国内で、日本国民に対しても勿論行なわれていました。昭和14年から6年間もの間です。それは本当に強制連行だったのでしょうか? 

 

参考資料:

「朝鮮人強制連行はあったのか」岡田邦宏、日本政策研究センター

別冊「正論」 2014年4月号

 

知られざる韓国(人)の実態

 

 

 

収入を求めて祖国を離れ、日本にやって来たことがそんなに後ろめたいことでしょうか? でもその気持ちも少しは分かります。ドイツに住む我々日本人も、こ れだけ住みやすくて素敵なドイツに対して、ドイツ人はサービスがなってないとか、うるさいとかの短所をついつい口にしてしまうからです...

 

参考までに、東京裁判で禁錮20年の刑を受けて獄死した東郷茂徳元外相の先祖は、秀吉の朝鮮出兵の際に連れてこられた陶工で、父の代まで「朴」性であり、 壇君を祀る玉山神社が氏神でした。

 

その子孫が日本の外務大臣となり、日米開戦を避けるために心血を注ぎ、戦犯として囚われた獄中で「すめろぎに凡てを捧げ まつらむと定めし心今も揺るがず」と詠んで獄死し、靖国神社に祀られています(平成17年2月7日神社新報)。

 

平成16年12月、日韓首脳会議が鹿児島の指宿市で行なわれ、当時の盧武鉉大統領は、薩摩焼14代宗家、韓国名誉総領事の沈寿官氏を訪ね、異国の地で独自の発展を遂げた陶磁器の美しさに驚嘆し、「我々の誇り」と賞賛しました。

 

朝鮮出兵が終わり、日朝の和平が成立した時、日本に連れてこられた陶工たちには帰国が約束されましたが、帰還者はわずかでした。それは囚われの身にもかか わらず、日本では名字帯刀まで許されるといった手厚い保護を受けたのに対して、儒教原理主義の朝鮮に帰国すれば、工人という最下位の層の身分に帰されてし まうからでした。

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

白身さえもプリプリな卵 (Sun, 18 Oct 2020)
以前もお勧めとしてご紹介していますが、ドイツのメアブッシュ(正確にはKaarst… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

賭け事に強い人 (Sat, 17 Oct 2020)
どんなことでも良いのですが、何かを話していて意見が分かれたとします。 そんな時に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ベルリンの慰安婦像撤去に、ドイツの元首相が怒っているそうです。 (Wed, 14 Oct 2020)
ということは、Schröderさんは日本軍が当時そういうことをしたと本気で信じて… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

不当に解雇されても訴えない日本人のかっこ良い謙虚さ? (Tue, 13 Oct 2020)
日本、日本人の質が落ちたとよく嘆かれています。 でもいまだに古き良き(?)日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本、東京に見習って欲しい Berlin – Unter den Linden (Tue, 06 Oct 2020)
ドイツに40年以上も住んでいて、ベルリンの壁で有名な、チェックポイントチャーリー… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 4 (Sat, 03 Oct 2020)
講読を始めて1年弱がたち、2年目更新の時でした。 どういうわけか、購読料の支払い… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本語にも英語にもない、とても素敵なドイツ語の肩書き – Kundenbetreuung (Sun, 27 Sep 2020)
Kundenbetreuung にぴったりの単語は日本語にも英語にもありません。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の交通状況譲り合いの違い (Fri, 25 Sep 2020)
イギリスを真似て、ドイツも多くの信号機付の十字路がロータリーに代わりました。 そ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンドラー、杉原千畝、旧日本軍中将 樋口季一郎の共通点 (Wed, 23 Sep 2020)
シンドラーは1200人のユダヤ人の命を救い、杉原千畝は6千人を救ったそうです。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

香港問題。チベット、ウイグル弾圧 (Mon, 21 Sep 2020)
中国のチベットやウイグルへの弾圧は、現地のお坊さんたちの焼身自殺までしての訴えや… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンプルザベスト (Sun, 13 Sep 2020)
先日、あるホテルのバイキングで夕食となりました。 食べるために用意される道具は普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「嫌な奴のお面をかぶった神様」 (Wed, 09 Sep 2020)
という考え方があります。 周りにいる嫌な奴は、実は中身は神様という意味です。 神… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動 (Sun, 06 Sep 2020)
を初めて5年と数ヶ月がたちました。 よく続いているものだと思います。 これも、参… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

やれば出来る。指7本で弾く一流ピアニスト (Sat, 05 Sep 2020)
月刊紙「致知」7月号で、障害のために左右合わせて7本の指しか使えないピアニストの… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

迷った時はやってみる! (Thu, 03 Sep 2020)
長い人生の中で何度かは訪れる岐路。 やるべきか、やめておくべきか… 果たしてどっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが… (Mon, 31 Aug 2020)
在デュッセルドルフ日本総領事館からのお知らせです。 主催者は、あるいはそのバック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 3 (Sat, 25 Jul 2020)
なぜ読み始めるようになったのかは、故・安岡正篤さんという偉人が関係しています。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 2 (Sun, 19 Jul 2020)
はっきり言って、人によってはこの月刊紙は硬い読み物です。 人間学などという硬いこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 1 (Fri, 17 Jul 2020)
「致知」という月刊紙があります。 日本の近代史を正しく伝える記事が出ることがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

暴動が起きる国と起きない国 (Sat, 11 Jul 2020)
人種差別でアメリカでは暴動が起きました。 長く住むここドイツではあり得ないな… … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして歳を取ると物を大事にするようになるのか… (Wed, 08 Jul 2020)
歳を取ってくると物を大事にする理由が分かってきました。 同類(どうるい)相(あい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「少々お待ちください」と「はい、只今」その3 (Mon, 06 Jul 2020)
「少々お待ちください」と「はい、只今」のとても大きな違いは肯定と否定にあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツホロコーストの長編 -Holocaust die Geschichte der Familie Weiß – (Wed, 24 Jun 2020)
この映画(ドラマ)が1970年代にドイツで放送された時、多くのドイツ人がショック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

便器の素手洗いは本当に不衛生? (Tue, 16 Jun 2020)
便器を素手で洗う人たちがいます。 故小林静観さん、鍵山秀三郎さんはご存知ないかも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナにより、約2ヶ月ぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除活動 (Sun, 17 May 2020)
密を避けるために2ヶ月以上休止していた掃除活動を本日再開しました。 路上の車の数… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...