日本軍人

規律正しい、厳しい、でも残酷なこともするというイメージがあるかもしれません。最初の2点は良いとしても、最後の点は、当時GHQが行った、「日本軍は侵略戦争を起こした悪い軍隊だ」という、洗脳がかったプロパガンダや教育の影響ではないでしょういか?

 

負けたら大変なことになるので、勝つためにはどの国も荒いことをするのは当然かもしれません。戦争とは、兵士の殺し合いです。でも残っている資料を知れば知るほど、日本軍(人)は、規律正しく、厳しく、そして敵国に対して温情に厚いことが分かってきます。

 

エリザ・ルアマー・シドモア(3) 地理学者、著作家、ナショナルジオグラフィック理事

1900年の北清事変(義和団事件)で、日本の軍隊が武勇、規律、装備、敗者への人道的処遇の点で他国より優っていて、卓抜した愛国心を発揮したと絶賛。

 

 

続きはこちら

 

日露戦争で勝利を収めた日本の乃木将軍は、敗戦国側のステッセル将軍と会見をしました。その際に、アメリカのジャーナリストが映画で記録を残したいと許可 を求めたそうです。

 

乃木将軍は、「武士道の精神からいって、ステッセル将軍の恥が後世に残るようなものは撮らせるわけにはいかない」と拒み、「会見後、 我々が友人となった後の写真を1枚だけは許す」として残っているのが右の写真です。

 

ステッセル将軍は、その後敗戦の責任を問われて銃殺刑を宣告されたそうですが、それを聞いた乃木将軍がロシア皇帝に手紙で、ステッセル将軍がいかに祖国のために善戦したかを訴え、心を動かされたロシア皇帝は銃殺刑からシベリア流刑へと減刑したそうです。

 

さらに乃木将軍は、ステッセル将軍の残された妻と家族に私費で援助を送り続けたそうです。日露戦争で捕虜となったロシア人は、将官24人、将校2.222人、合計7万9.367人にも及んだそうです。(陸軍省「明治37,38年戦没捕虜取扱顧末」)

 

約8万人のロシア人捕虜は日本全国29ヶ所の収容所に収容されました。軍事通信の青年士官だった、F・クプチンスキーの書いた手記には、日本側の待遇の良さについて多く書かれています。

 

収容所の将校たちは不遜な態度だったそうですが、医師や看護婦は過労で病気になるほど介護に努力をしてくれたため、”ロシア人たちはこの献身的な働き手にどう感謝したらいいのだろうか” という言葉を残しています。

 

さらに...

1等車で収容所入り(随伴の市長は3等車)

慰問者や訪問者の受け入れ

運動会や芝居などの主催

温泉や料理屋への出入りは自由

最高水準の医療...等の厚遇。

 

”こんなやり方では、捕虜収容所のある地方で育った少年たちが捕虜を恥辱としなくなる” と文句が出たほどだそうです。

 

”松山捕虜収容所日記 ロシア将校の見た明治日本” 小田川研二訳、中央公論社。

 

同時期のヒュードル・レンガートによる、”一青年将校の戦争及び牢獄印象記” / ”旅順籠城・剣と恋” 高須梅渓・加島汀月訳、啓成社では、松山での捕虜生活で、16歳の日本人女性と恋に落ちて日本語が読み書きできるようになる話が出ています。

 

他にも、バルチック艦隊の水兵、ノビコフ・プリボイの ”ツシマ” や、京都の知恩院で捕虜生活を送ったウラジーミル・セミョーノフ海軍中佐の ”ツシマ会戦” などが邦訳されて、日本にいた捕虜のほとんどは、生活面の自由を享受し、皇室から庶民にいたる日本人の同情を受けていたことが分かります。

 


柴五郎  陸軍大将

日英同盟のきっかけを作った影の立役者としてイギリスでも有名。1900年、北清事変(義和団事件)にて、欧米列強諸外国公使館を襲う約20万の義和団の攻撃から、3千人以上の公使館員、クリスチャンをわずか500人足らずの兵士で最後まで防ぎ守る。陸軍士官学校3期生で、秋山好古と同期。

 

「日本兵が最も優秀であることは確かだし、士官の中では柴中佐が最優秀と見なされている。日本兵の勇気と大胆は驚くべきものだ。わがイギリス水平がこれに次ぐ。しかし日本兵はずば抜けて一番だと思う」

イギリス公使館の公使、ランスロット・ジャイル

 

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄著 徳間文庫

 

「少なくとも500名 の兵を必要とする王府の城壁を守るのに、わずか十数人の義勇兵しかいなかったが、日本軍は素晴らしい指揮官に恵まれていた。この小男は、 いつの間にか混乱を秩序へとまとめていた。彼は部下を組織化し、前線を強化した。彼はなすべきことは全てやった。自分はこの男に傾倒してしまった。自分は まもなく、彼の奴隷になってもいいと思うようになるであろう。 ...なぜか自分は日本兵のそばから離れることができなくなってしまった」

「小林寿太郎とその時代」 イギリス義勇兵、シンプソン

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 

 

樋口 季一郎(ひぐち きいちろう) 陸軍中将

ドイツ・ナチの迫害から逃れて、シベリア鉄道のソ連領オトポール駅で足止めをくらって難民化していた数千~2万人ものユダヤ人に対して、満州総裁の松岡洋右を説得して特別列車で無料で輸送、ビザの発給を協力に働きかけて助ける。

 

関東軍司令官、上田謙吉大将に:

「小官は小官のとった行為を、決して間違ったものでないと信じるものです。満州国は日本の属国でもないし、いわんやドイツの属国でもないはずである。法治 国家として、当然取るべきことをしたに過ぎない。たとえドイツが日本の盟友であり、ユダヤ民族抹殺がドイツの国策であっても、人道に反するドイツの処置に 屈するわけにはいかない」

 

東條英機参謀長に:

「参謀長、ヒットラーのお先棒を担いで弱いものいじめすることを正しいと思いますか」

 

「指揮官の決断 満州とアッツの将軍樋口季一郎」 早坂隆 文春新書

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 


松井 石根(いわね) 1878年 - 1948年 陸軍大将

日中提携、アジア保全の運動に生涯をかけた。

愛知県名古屋市牧野村出身。旧尾張藩士松井武国、ひさの六男として生まれた。成城学校卒業後、陸軍幼年学校へと進んだ。

在学中、松井が感銘を受けた思想があった。それは川上操六が唱えた「日本軍の存在理由は東洋の平和確保にあり」という見識であった。

川上は、日本が将来、ロシアとの戦争を回避することは困難だと断じ、その防備としてアジア全体の秩序を構築し直す必要性を訴えていた。

そのための軸となるのは、日本と中国(支那)の良好な提携であるという。この川上の思想に接して強い共鳴を覚えた松井は、中国への興味を改めて深めていった。

明治39年、陸大(18期首席)を卒業。松井は、前途を嘱望される逸材として、参謀本部への配属となり、一旦、フランスへと派遣された

出展: Wikipedia 松井石根



佐久間勉  海軍大尉、第4潜水艇長

日露戦争の際に潜水艇長を含む14名を乗せたまま、第4潜水艇が沈没、2度と浮上できずに全員死亡

 

こ のような場合には普通、乗組員は我先にハッチに殺到するところが、全員持ち場を離れずに息途絶えていた。佐久間艇長は遺書を残し、そこには素晴らしい名文 で、必死に修理を行なったもののかなわず、自分の最後の使命として遺書を書き残すとあり、39ページにわたって詳細に記録が残され、部下の遺族に援助を依 頼し、自分の非を天皇陛下にお詫び、この事故を今後の轍として鑑にしたいと記した。

 

このことは当時の新聞紙上に掲載され、その内容は米、英、独、豪などの国々まで伝わり、国内よりもむしろ海外にて、各国の海軍士官教育に典範として用いられる。

 

「佐久間の死は、旧い日本の厳粛な道徳、サムライの道、または武士道を代表した」

 アメリカ軍事専門家、ハンソン・ボールドウィン 「会戦と海難

 

 

鈴木敬司 陸軍少将、「南機関」機関長
中国人、インド人を使ったイギリス軍に支配され、「外国人による搾取は上層から下層まで、あるゆる方面で暴虐さをもって行なわれた。巨大イギリス企業は上等の部分を全て独占し...(バー・モウビルマ初代首相)の状況から、日本軍がビルマ反英独立運動を支援。ビルマ独立後の軍事の人材を養成するための特別機関である「南機関」が作られた。
 

ビルマ独立運動に身を投じていた青年志士30人が集められ、海南島で1年間の軍事特訓が行なわれた。中心人物となったのがアウン・サンで、「日本の軍事訓練は厳し過ぎた。何度か自殺を考えるほどだった。しかしラングーンが落ちた時、我々は間違っていないことを確信した。」 とコメントしている

 

その後そこにビルマ人青年約200人、大川周明塾の日本人青年30人が加わり、ビルマ独立義勇軍(ビルマ日本独立混成義勇軍)BIAが編成された。大将が鈴木敬司、少将がアウン・サン。

 

日本の敗戦色が濃くなり、アウン・サンはビルマを生き残らせるためにはそれしかないと日本軍を裏切って攻撃。仲間の多くは日本に亡命。但し戦後、鈴木敬司少 将がビルマに連行され、BC級戦犯として裁判にかけられそうになった時にアウン・サンが、「ビルマ独立の恩人を裁判にかけるとは何事か!」と救う。

 

死後の1981年に、ビルマ最高の栄誉である「アウン・サンの旗」勲章を贈られている。 

 

「世界から絶賛される日本人」

黄文雄、徳間文庫

 

 

 

藤原岩市 陸軍中佐「F機関」責任者

第2次世界大戦のマレーで、宣伝作戦、心理戦、民心獲得工作を担い、イギリスからの独立を目指すインド国民軍、INAを創設。戦後、インド民軍は英国によって裁判にかけられたが、これに反対する暴動が起こり、インド独立のきっかけの一つとなる。

 

「世界から絶賛される日本人」黄文雄 徳間文庫

 

 

今村均 陸軍中将「インドネシア・ジャワ義勇軍、PETA」責任者

ジャワを占領した後、入獄中の独立運動の指揮者、スカルノ(初代大統領)を釈放。

 

その後逆に今村が死刑を求刑されると思われた際に、スカルノたちから身柄 奪還の計画を打ち明けられるものの、「部下が無実の罪で死刑になっている時に、自分が逃げるわけにはいかない」と断る。

 

裁判では告発された罪状がすべて事実無根と分かって無罪となったものの、巣鴨にて10年の刑を受ける。その際に、部下達が服役している赤道近くのマヌス島 で、部下たちと一緒に刑期に服したいと懇願運動を起こす。

 

マッカーサーは感心し、「日本に来てから初めて真の武士道に触れた思いであった。すぐに許可する ように命じた」と言わせた。

 

インドネシア・ジャワ義勇軍、PETAは、194212月、日本軍がインドネシア占領とともに大東亜戦争一周年を記念して、民間の総力を結集させて防衛に当たらせるというプートラ運動を開始。

 

4.000の支部を作り、56万の青年を団員として組織。その団員は最終的には130万人にも膨れ上がり、日本の歩兵操典に基づく日本式スパルタ教育が施される。訓練を終えた青年団は、地方防衛の警防団の団員となった。
 

 

 「陸軍大将・今村均」土門周平 PHP研究所

「世界から絶賛される日本人」黄文雄 徳間文庫

 

  

工藤俊作 海軍中佐 雷(イカズチ)艦長

戦時中、しかも連日の交戦の中、敵の沈没艦から投げ出された422人の漂流イギリス兵を発見、、工藤が当時艦長を務める雷の乗組員がわずか220人であるにもかかわらずにイギリス兵を救助する

 

そのイギリス漂流兵たちは、すでに丸一日ほど海にさまよって力尽きていたため、いつ敵の潜水艦などに攻撃されるかもしれない中、1番砲の操者を除いて全ての兵士に救助活動を指示。全力で敵兵の救助を行なった。工藤はその後、別の艦の艦長に配属され、雷は不幸にも敵の攻撃で撃沈、乗組員全員死亡。

 

その422人の中の1人、砲術士官であったサムエル・フォースは、その後出世してサーの称号も得る外交官となり、戦後61年たった2003年に始めて日本を訪れ、自衛隊観艦式に参列。当時のその事実を述べて、日本人に対する尊敬と感謝の念を表すために来日したと述べた。

 

その後工藤の墓が見つかり、サムエル・フォースは6年後に再び来日。工藤のお墓参りをする。

 

「My lucky life] サムエル・フォース著

 

編集後記: 

工藤俊作雷(イカズチ)艦長は、自分が乗っていた艦が自分の移動後に、不幸にも敵の攻撃で沈んでしまって亡くなった部下たちを思い、その事実を誰にも言わずに亡くなりました。サムエル・フォースさんが現れなければ、誰も知らないで終わってしまったストーリーです。

画像とテキストの内容は、パタヤ日本人会 PJA(Pattaya Japanese Association in Thailand)から(画像クリックでリンクしています)

中村 明人(なかむら あけと、1889年4月11日 - 1966年9月12日)大日本帝国陸軍軍人、最終階級陸軍中将

タイが親日となった事に大きく貢献し、今日のタイで未だに最も有名な日本人です。第二次世界大戦中のタイの日本軍の司令官でした。

 

中村は日本陸軍幹部の中でも「ホトケの司令官」と呼ばれるほどに温厚な人柄で、力強い軍人でした。

中村の戦術思想は事前に充分な準備を整え、万全な対策を練り、まず勝つべきを為して戦うことを徹底していたといい、常々、部隊統率の本義は孫氏の兵法を引用して「愛情と厳正」と説いたといいます。

中村の人望は厚く、中村が陸軍大学校で教鞭をとっていた折にも、生徒たちからは実の父のように慕われていた人物だったという記録もあります。(陸大47期生記録)

この頃、日本陸軍の強硬派は、抗日レジスタンス活動が活発化したタイを、軍事力で強硬に制圧し武装解除させるべきという強硬論を強く主張していました。

しかし第18軍司令官となった中村は、これを止めにかかります。同盟国であるタイの国民を軍事力で威嚇し、さらに交戦をすれば、反日感情がさらに高まるばかりとなってしまうため、これを止めたのです。

そして中村は、日本軍がタイで反発を招かないよう、日本兵にタイで気を付けるべきことなどの指導を徹底していきます。

中村は、タイでは子供の頭をなでてはいけない、僧侶は敬わらなければならないなど、日本人がタイでの生活で気を付けるべき事を、わかりやすく冊子にして「べからず集」として配布するなどしました。

このような中村の判断と、懸命な取り組みをする姿を目の当たりにして、タイの人も含めて多くの人が中村に心服したといわれています。

しかしながらその後、戦局はさらに悪化の一途を辿ります。
1944年7月にはサイパンが陥落し、日本本土への空襲も激しさを増します。
これを受けて日本では東条英樹内閣が失脚、タイでも親日の政権だったピブン内閣が失脚し、アパイウォン内閣となります。

この頃には連合軍によるタイへの空襲も、さらに激しさを増していきました。タイの人心も敗色濃厚な日本軍から離れ、自由タイ運動も激しさを増していきました。
タイのアパイウォン内閣は表面上は日本軍に協力しているかのように振る舞いますが、実際には裏で自由タイ運動に協力していました。

このことを日本軍は察知しており、日本陸軍の中では、タイを武力制圧して武装解除させて軍政を敷くべきだという強硬論がさらに強まっていました。

この頃には自由タイ運動側はタイの政府、軍などタイ側と強く繋がり、バンコクの要所各地へ”連合軍の侵入に備える為”という名目でトーチカなどを次々と建設していきました。しかしこれは実際には日本軍と戦う抗日運動のためであることは明白だったので、日本軍もトーチカや陣地、砲台などをバンコクに多数構築して対抗しました。こうして日本軍とタイ側は、一触即発の事態に至りました。

しかしここでも中村は、日本軍がタイ側へ武力攻撃する事を必死で止めます。
中村は「自由タイは、戦局を左右するものではない。」、「長い目で日泰関係を見ると、相互に戦争や占領という汚点は残すべきではない。」と説いて、日本とタイの将来の関係まで考えて、攻撃を止めたといいます。

このようにして、中村の判断と取り組みにより、ついに1945年8月に日本が敗戦するまで日本とタイとで交戦する事はありませんでした。

日本の降伏後、日本は敗戦国としてGHQに占領されて戦後処理を行われることとなりますが、タイは英米への協力をしていた自由タイ運動への評価などによって、敗戦国として処理される事を免れることができました。このようにしてタイは戦後処理での被害を少なく止めることができたのです。

中村は敗戦時に捕虜となり、その後は連合軍のA級戦犯の逮捕リストに載せられ、日本の東京にあった巣鴨プリズンに収容されますが、1946年9月に不起訴となり釈放されました。

出展元: パタヤ日本人会 PJA(Pattaya Japanese Association in Thailand)

柳川宗成 軍中尉

「インドネシア・ジャワ義勇軍、PETA」に日本の歩兵操典に基づく日本式スパルタ教育を施した現場の責任者。ジャカルタ西郊のタンゲランでは、「青年道場」と呼ばれるインドネシア特殊要員養成隊を開設し、51人のインドネシア青年の軍事訓練にあたる。

 

青年道場では、朝5時から10時まで軍事訓話、体育、実地訓練などが行われ、精神訓話では、「正直であれ」「勇気を持て」「常に前進せよ」の3点を厳しく叩き込んだ。

 

インドネシア・ジャワ義勇軍、PETAでは、幹部練成隊を編成、義勇軍幹部教育隊を発足して要員700名を教育、軍事訓練して、後の独立軍幹部を生み出した。

 

戦後は家族とともにジャカルタに移住して自宅で逝去。葬儀には教え子であったスハルト大統領や副大統領からの献花があった。死後は、「国(インドネシア)軍の父(パパ・ミリテール)」と愛称された。

 

当時、劣勢だった敵のオランダ軍に単身乗り込み、1時間にわたる直接交渉の後、オランダ軍司令官、テル・ポールデン中将を説得して全面降伏させるという武勇伝がある。

 

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

土屋競 インドネシア・ジャワ義勇軍、PETA中隊長 

1968年、インドネシアのスハルト大統領が訪日した際に、スハルトの元教官であった土屋に...

「貧しい農民の子として生まれた私が、仮にも大統領の職に選ばれるようになったのは、すべてあなたの教育のお陰です」

 

「アジアにまかれた種子」 文芸春秋

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 

 

 

 

国分正三 海軍大尉 

海軍随一の暴れん坊との異名をとり、軍服を脱いでからは一浪人として、ビルマのラングーンで柔剣道を教え、妻は歯科医院を開業した。

 

タキン党の志士たちの資金と武器支援の要求に、台湾から内地、満州へと渡り、石原莞爾(かんじ)少将、「大亜細亜協会」の会長松井石根、山本五十六海軍次官と会い、30万円の軍資金を作る。

 

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 

 

 

 



 

 

 

渡辺渡 陸軍少将(1896~1969) 

マレーの「昭南興亜訓練所」で独立軍を育成。

 

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 

 

 

前田精少将、稲嶺一郎軍政官、清水斉、金子智一、高杉晋一

インドネシアの独立に貢献したことで、国家最高勲章、「ナラリア勲章」を授与される。

 

「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 

 

世界遺産ビガン地区を救った高橋大尉

ルソン島の北部に位置する世界遺産「ビガン歴史都市 Historic Town of Vigan」(下写真)。スペイン統治下で商業・貿易の拠点として栄え、当時築かれたユニークな街並みが広がる。

 

太平洋戦争当時、フィリピン各地の街はアメリカ軍による爆撃を受け壊滅状態となったが、ビガンの街並みだけは奇跡的に戦禍を逃れた。これには、ある日本人将校の残した一つの行動が大きく関わっている。

 

当時ビガンには日本軍の高橋大尉率いる守備隊が駐屯していた。高橋大尉は現地でフィリピン女性アデラ・トレンティーノ(Adela Tolentino)と結婚し可愛い娘もいた。大尉は現地に溶け込み、地域住民の信頼も得て、ビガン市民と友好な関係を築いていた。

 

やがて戦況が悪化し、アメリカ軍の砲撃・爆撃がフィリピン各地の街を次々と破壊していくと、ビガンを守る高橋大尉の部隊にも撤退命令が下された。大尉は親 交のあったビガンのドイツ人神父クレカンフ司教(Fr. Joseph Klecamf, The Parish Priest of Vigan)に妻子を託し、次のように懇願して街を去って行った。

 

「私はこの地で結婚した愛する妻、愛する娘を残して行かねばなりません。アメリカ軍の砲撃によって、家族と暮らしたこの美しいビガンの街が破壊されることのないよう、我らが撤退したことをアメリカ軍に伝えてください。」

 

高橋大尉の真摯な願いに心打たれたクレカンフ司教は、広場には大きな白旗を掲げ、まさに砲撃準備に入っていたアメリカ軍に日本軍が完全に撤退したことを伝えると、ビガンの街は寸前のところで砲撃をまぬかれ、無益な破壊が行われることもなく米軍に占領された。

 

高橋大尉の部隊はその後の戦いで全滅し、大尉は帰らぬ人となった。クレカンフ司教に託された妻子は戦火の中を無事生き延び、戦後はしばらく妻アデラの実家で暮らした後、マニラ方面へ移り住んで、以後消息は途絶えてしまった。

 

2001年、元ビガン市長秘書官のアントニオ・フロレンティノ氏によれば、高橋大尉の娘がビガンに訪れたという。フロレンティノ氏は滞在先を訪ねたが、彼 女は既に去った後だった。風のうわさでは、2001年当時、妻アデラはその頃既に亡くなっており、2人の娘はマニラに暮らしているという。

 

世界遺産「ビガン歴史都市」は今日もその姿をとどめ、スペイン統治時代の面影を色濃く残し、現代の我々にとって貴重な文化遺産として、その存在を確かに保 ち続けている。ビガン市が属するイロコス州知事サベリャーノ(Savellano)氏は、次のように述べて高橋大尉の価値ある行動を讃えている。

 

「ビガンの街は、彼ら日本人の『愛』によって救われたのです。」

 

世界の国歌

全米で絶賛された市丸中将の米国大統領宛の手紙

 

硫黄島の戦いは、戦史に残る壮絶で凄惨を極めた戦いです。昭和20(1945)年2月19日の米軍上陸から、3月26日の玉砕まで繰り広げられました。


日米の島しょにおける戦いでは、唯一、米軍の死傷者数が日本軍のそれを上回った戦いです。


島にいた日本の守備隊は、陸軍が栗林忠道中将率いる1万3,586名、海軍が市丸利之助中将率いる7,347名、合計2万933名です。米軍は、そこに11万の大軍を送りこんできました。


ここで戦死した市丸中将の遺した書は、なぜか日本よりも、全米の国民に影響を与えています。あらゆる兵力においてはるかに勝る米軍との激戦において、市丸中将は、最後の総員突撃を敢行するに際して、「ルーズベルトに与うる書」を遺されています。


この「書」は、市丸中将の死後、「死に臨んだ日本の一提督の米国大統領宛の手紙」と題されて、米国の各大手新聞で、その全文が紹介されました。また、戦後ベストセラーになったジョン・トーランドの「昇る太陽-日本帝国滅亡史」でも紹介されました。


その内容は、ひとことで要約すれば、強国が弱国を蹂躙し、支配し、奪うのが当たり前とする19世紀的覇権主義を否定し、世界の人種それぞれがそれぞれの地域で自主独立し、もって恒久的世界平和を実現するという、まさに現代の世界の人々にとって立派に通用する内容のものとなっています。


当時、米軍は、戦いの後、日本兵の遺体から所持品を確かめていました。市丸中将は、それを知って、この「書」をしたためられています。


市丸中将が、最後の突撃攻撃を行って散華されたのは、3月26日です。
その9日前の3月17日、中将は、地下20メートルの洞穴に、動けるものを全員集めました。


そして副官である間瀬式次中佐が、一歩前に出て、「ルーズベルトニ与フル書」を読み上げた。朗読が済むと、この書の和文のほうを通信将校の村上大尉が腹に巻きつけました。

英文のものは赤田邦夫中佐(二七航戦参謀)が身に付けました。


そして市丸中将は、栗林中将とともに、軍服にある一切の肩章を外し、ひとりの皇国臣民として、最後の突撃を行い、散華されています。


この最後の突撃のときの遺体の数は、わずか196柱でした。陸海合わせて2万933名いた守備隊は、3月26日の吶喊攻撃のとき、動ける者は、すでに196名になっていたのです。


「ルーズベルトに与うる書」は、米海兵隊員の手で二人の遺体から発見されました。従軍記者エメット・クロージャーは、発見の経緯と手紙の本文を4月4日、本国に向けて打電しました。


そして「書」は、米国内の様々なメディアで紹介され、全米で大絶賛されました。「書」に書かれた理想は、形を変えて米国の理想となりました。


軍人にとっての勝敗は、もちろん戦いに勝つことです。それが島の守備隊であれば、島を敵の手に渡さない、島を守りきることが軍人としての使命です。


けれど国を挙げての戦争は、国家の目的と目的がぶつかったときに、その紛争を解決するための最後の手段です。


大東亜戦争に関していえば、「優秀な白人種」が「劣勢民族である有色人種」を絶対的に支配し、蹂躙し、奪うのが当然とする価値観と、人種の平等と合い共に繁栄することを求める理想との戦いです。


市丸中将は、自らの死を目前として、たとえ硫黄島が奪われ、我が身が土に還ったとしても、人が人として生きることの大切さをこの「書」にしたためることで、死して尚、日本の描いた壮大な理想、悠久の大義のために戦い続けようとしたのではないか。

 

当時の駐米英国公使であるロナルド・キャンベルは、ルーズベルトについて、英国外務省に宛てた手紙で次のように書いています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ルーズベルト米大統領は、優秀な白人種とアジア人との交配によって新しいアジア系民族を産み出し、立派な文明と社会をアジアに建設しようと考えている。

ただ大統領は、白人より二千年も遅れた頭がい骨をもつ日本人はこの対象から除外し、もとの四つの島に隔離して次第に衰えさせようと考えている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


残念ながら、ルーズベルト大統領その人は、市丸中将の書簡が米本国に打電された8日後に他界しています。


けれど、市丸中将の「書」は、全米の良心を動かし、いまや人類の常識として後世に立派に生き残っています。


市丸中将の遺稿となった、その「ルーズベルトに与うる書」の全文を、口語訳、原文、でご紹介します。


市丸中将のまさに血を吐く思いで書き綴ったこの「書」は、当時の日本の心を描いた普及の名著ともいえるでしょう。

 

 

 

 

口語訳】ルーズベルトに与うる書

 

日本海軍市丸海軍少将が、フランクリン・ルーズベルト君に、この手紙を送ります。


私はいま、この硫黄島での戦いを終わらせるにあたり、一言あなたに告げたいのです。

 

日本がペリー提督の下田入港を機として、世界と広く国交を結ぶようになって約百年、この間、日本国の歩みとは難儀を極め、自らが望んでいるわけでもないのに、日清、日露、第一次世界大戦、満州事変、支那事変を経て、不幸なことに貴国と交戦するに至りました。

 

これについてあなたがたは、日本人は好戦的であるとか、これは黄色人種の禍いである、あるいは日本の軍閥の専断等としています。


けれどそれは、思いもかけない的外れなものといわざるをえません。

 

あなたは、真珠湾の不意打ちを対日戦争開戦の唯一つの宣伝材料としていますが、日本が自滅から逃れるため、このような戦争を始めるところまで追い詰めらた事情は、あなた自身が最もよく知っているところです。

 

おそれ多くも日本の天皇は、皇祖皇宗建国の大詔に明らかなように、養正(正義)、重暉(明智)、積慶(仁慈)を三綱とする八紘一宇という言葉で表現される国家統治計画に基づき、地球上のあらゆる人々はその自らの分に従ってそれぞれの郷土でむつまじく暮らし、恒久的な世界平和の確立を唯一の念願とされているに他なりません。

 

このことはかつて、四方の海皆はらからと 思ふ世になど波風の 立ちさわぐらむという明治天皇の御製(日露戦争中御製)が、あなたの叔父であるセオドア・ルーズベルト閣下の感嘆を招いたことで、あなたもまた良く知っていることです。

 

わたしたち日本人にはいろいろな階級の人がいます。けれどわたしたち日本人は、さまざまな職業につきながら、この天業を助けるために生きています。


わたしたち軍人もまた、干戈(かんか)をもって、この天業を広く推し進める助けをさせて頂いています。

 

わたしたちはいま、豊富な物量をたのみとした貴下の空軍の爆撃や、艦砲射撃のもと、外形的には圧倒されていますが、精神的には充実し、心地はますます明朗で歓喜に溢れています。

 

なぜならそれは、天業を助ける信念に燃える日本国民の共通の心理だからです。けれどその心理は、あなたやチャーチル殿には理解できないかもしれません。わたしたちは、そんなあなた方の心の弱さを悲しく思い、一言したいのです。

 

あなた方のすることは、白人、とくにアングロサクソンによって世界の利益を独り占めにしようとし、有色人種をもって、その野望の前に奴隷としようとするものに他なりません。

そのためにあなたがたは、奸策もって有色人種を騙し、いわゆる「悪意ある善政」によって彼らから考える力を奪い、無力にしようとしてきました。

 

近世になって、日本があなた方の野望に抵抗して、有色人種、ことに東洋民族をして、あなた方の束縛から解放しようとすると、あなた方は日本の真意を少しも理解しようとはせず、ひたすら日本を有害な存在であるとして、かつては友邦であったはずの日本人を野蛮人として、公然と日本人種の絶滅を口にするようになりました。


それは、あなたがたの神の意向に叶うものなのですか?

大東亜戦争によって、いわゆる大東亜共栄圏が成立すれば、それぞれの民族が善政を謳歌します。


あなた方がこれを破壊さえしなければ、全世界が、恒久的平和を招くことができる。
それは決して遠い未来のことではないのです。あなた方白人はすでに充分な繁栄を遂げているではありませんか。

 

数百年来あなた方の搾取から逃れようとしてきた哀れな人類の希望の芽を、どうしてあなたがたは若葉のうちに摘み取ってしまおうとするのでしょうか。

 

ただ東洋のものを東洋に返すということに過ぎないではありませんか。
あなたはどうして、そうも貪欲で狭量なのでしょうか。

大東亜共栄圏の存在は、いささかもあなた方の存在を否定しません。


むしろ、世界平和の一翼として、世界人類の安寧幸福を保障するものなのです。
日本天皇の神意は、その外にはない。


たったそれだけのことを、あなたに理解する雅量を示してもらいたいと、わたしたちは希望しているにすぎないのです。

 

ひるがえって欧州の情勢をみても、相互の無理解による人類の闘争が、どれだけ悲惨なものか、痛嘆せざるを得ません。

 

今ここでヒトラー総統の行動についての是非を云々することは慎みますが、彼が第二次世界大戦を引き起こした原因は、一次大戦終結に際して、その開戦の責任一切を敗戦国であるドイツ一国に被せ、極端な圧迫をするあなた方の戦後処置に対する反動であることは看過すことのできない事実です。

 

あなたがたが善戦してヒトラーを倒したとしても、その後、どうやってスターリンを首領とするソビエトと協調するおつもりなのですか?

 

およそ世界が強者の独占するものであるならば、その闘争は永遠に繰り返され、いつまでたっても世界の人類に安寧幸福の日は来ることはありません。

 

あなた方は今、世界制覇の野望を一応は実現しようとしています。
あなた方はきっと、得意になっていることでしょう。

 

けれど、あなたの先輩であるウィルソン大統領は、そういった得意の絶頂の時に失脚したのです。


願わくば、私の言外の意を汲んでいただき、その轍を踏むことがないようにしていただきたいと願います。


市丸海軍少将

出展: Ameba https://gamp.ameblo.jp/kandoukotoba/entry-12012599161.html

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

安倍政権の、外国人労働者受け入れ拡大には大反対 (Sat, 15 Dec 2018)
私は人というものが何より大切だと思っている。私たちの国というのは、この、人という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

自分の国を誇れる? (Tue, 30 Oct 2018)
以前イタリアで見かけたTシャツです。 せっかく写真を撮らせてもらったのに、彼がア… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

移民受入 (Thu, 25 Oct 2018)
安倍政権が、移民と言うか、海外労働者の受け入れを加速させるそうです。 現時点でも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

善いことは波及する (Sat, 15 Sep 2018)
くだらないことかもしれませんが、先日デュッセルドルフの街中を車で走っていて嬉しい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴミ回収車をありがたいと思うか、邪魔だと思うか… (Tue, 29 May 2018)
ゴミ回収日の朝に車を運転していて、たまたま自分の車の前にゴミ回収車が現れた時、「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...