イギリス人の見方

ヘンリー・スコット・ストークスさんは、1938年生まれで、ファイナンシャル・タイムズ、ロンドン・タイムズ、ニューヨーク・タイムズの各新聞社の東京支局長を歴任しました。

 

いわゆる知日家です。

 

それもかなりの深いレベルです。

 

そのヘンリー・スコット・ストークスさんが書いた「英国人記者が見た、連合国戦勝史観の虚妄」(祥伝社新書)という本があります。

 

その本の前書きをご紹介したく思います。

 

自虐史観に染まってしまっている人には是非読んでいただきたい一文です。

 

それは日本人ではなく、イギリス人、しかもマスコミ業界で長く責任のある立場で働いていた人からの発言だからです。

 

「イギリスで生まれ育った私は、幼少の頃から日本人は野蛮で残酷な民族であるとさんざん聞かされていた。

 

丁度当時の日本人が『鬼畜米英』と聞かされていたのと同じだ。

 

戦後になっても、日本のおかげでアジアの植民地を全て失ったイギリスの日本に対する憎悪の感情は消えるばかりか強まる一方だった。

 

そんな環境の中で、私の中にも日本を憎む気持ちがごく自然に熟成されていた。

 

しやがって、来日当初は東京裁判が裁いた『日本 = 戦争犯罪国家』、『南京大虐殺』についても事実であると単純に信じていて、何ら疑っていなかった。

 

だが日本に滞在する間に、連合国からの視点でもなく、日本からの視点でもない第三者的視点で、20世紀の日本とアジアの歴史を俯瞰した時、そうした見方が大きな誤りであることに気がついた。

 

大東亜戦争は日本の自衛のための戦いだった。

 

それは戦後マッカーサーがアメリカに戻って議会で証言した『マッカーサー証言』によっても明らかだ。

 

東京裁判は裁判の名も値しない無法の復讐劇だった。

 

『南京大虐殺』にしても、信用できる証言は何ひとつとしてなく、そればかりか中国が外国人記者や企業人を使って世界に発信したプロパガンダであることが明らかになっている。

 

『慰安婦問題』については、論ずるにも値しない。

 

だが、これまで日本人が日本の立場から、これらに抗議し正していく動きはほとんど見られないか、見られてもごく僅かだった。

 

今国際社会で『南京大虐殺はなかった』と言えば、もうその人は相手にされない。

 

ナチスのガス室を否定する人と同列に扱われることになる。

 

残念ながら、これは厳粛なる事実だ。

 

だから慎重であらねばならない。

 

だが、日本が日本の立場で、世界に向けて訴え続けなければ、これは歴史的事実として確定してしまう。

 

日本はこれまでこうした努力が異常に少なかった。

 

日本は相手の都合を慮ったり、阿諛追従する必要はない。

 

アメリカはアメリカの立場で、中国は中国の立場で、日本は日本の立場でものを言う。

 

当然それらは食い違う。

 

だがそれでいいのだ。

 

世界とはそういうものである。

 

日本だけが物分かりの良い顔をしていたら、たちまちつけ込まれてしまう。

 

もうひとつ私が声を大にして言いたいのは、『南京』にせよ『靖国参拝問題』にせよ『慰安婦問題』にせよ、現在懸案になっている問題のほとんどは、日本人の側から中国や韓国にけしかけて問題にしてもらったのが事実だということだ。

 

この問題をどうするかは日本人が自分で考えなければならない。

 

日本人は、いまだに連合軍がでっち上げた『戦勝国』史観の呪いから抜け出していない」

 

 

 

「第二次世界大戦が終わり、50年代になって黒澤明の『七人の侍』や、市川崑の『野火』などの映画を見て新鮮な衝撃を受けた。

 

日本人は何百年にわたったイギリス植民地支配の歴史の中で出会ったことがない『別次元』の存在だと気が付いた。

 

イギリスは何百年もかけて大帝国を建設し、その帝国を維持した。その間にインド人をはじめアジアのさまざまな民族と戦った。

 

勿論インド人との戦闘も熾烈を極めた。

 

アフガニスタンや北パキスタンの敵も手強い相手だった。

 

しかし日本人はそうした『強い敵』をはるかに凌駕していた。

 

日本人はそうした植民地支配を受けた人種と全く違っていた。

 

日本が大英帝国(の植民地)に軍事侵攻した途端に、何百年も続いた帝国が崩壊した。日本軍のあまりの強さに降参するしかなかった。

 

白人の世界では、戦後一貫して日本への憤りが蔓延していた。

 

そこには怨念があった。日本軍の戦いぶりはこの世の現実とは思えないほど強かった。イギリスは何百年も続いた植民地から一瞬にして駆逐された。

 

戦闘に敗れたというだけではない。栄華を極めた大英帝国の広大な植民地が一瞬にして消えたのだ。この屈辱はそう簡単に忘れられるものではない。

 

イギリスは1066年にノルマン人の侵略を受けて国土を占領されたが、ナポレオンやヒットラーの侵略を斥けた。

 

だが、その帝国の植民地がなんと有色の日本人によって奪われた。イギリス人にとって、有色人種に領土を奪われ、有色人種が次々と独立国を作ったことは想像を絶する悔しさだった。

 

日本に原爆が落とされた。

 

その悲惨さは筆舌に尽くし難い。

 

アメリカは原爆を投下する必要が全くなかった。生体実験のように、人間に対し原爆を投下した。

 

そこには「辱めを与える必要性」があった。

 

日本人を徹底的に打ち砕き、完膚なきまでに叩きのめさねばならなかった。

 

勝者の正義などは正に建前で、復讐をせずには収まらなかったのが本音である。東京裁判も正に復讐劇だった。

 

日本は元寇の時も侵されなかった。しかし第二次世界大戦で敗れて初めてアメリカ軍が本土を占領した。

 

これは日本を「部分占領する」とうたったポツダム宣言に違反したものだった。ポツダム宣言は、「日本軍」の無条件降伏のみを要求し、「われらは以下の条件から逸脱することなし」と記しているから、日本は有条件降伏をしたのに、マッカーサーは日本軍を武装解除すると、日本が無条件降伏をしたかのようにすり替えた。

 

アメリカ軍は70年以上経った今でも日本に居座っている  - 中略 -  日本は欧米のアジアの植民地を占領し、日本の将兵が宣教師のような使命感に駆られて、アジア諸民族を独立に導いた。

 

日本はアジア諸民族に、民族平等という全く新しい概念を示して、あっという間にその目標を実現させた。植民地支配という動機とは全く異なっていた。

 

日本はアジア諸民族が独立することを切望していた -  中略 -  イギリスは数百年間にわたって負けを知らなかった。

 

大英帝国を建設する過程における侵略戦争は連戦連勝だった。私はイギリスは戦えば必ず勝つと思っていたし、学校でそのように教えられた。私は一面がピンクだった地球儀によって教育を受けた。

 

イギリスの領土がピンク色で示されていた。ところが、第二次世界大戦が終わると、植民地が次々と独立してピンク色だった世界がさまざまなな色に塗り替えられてしまった。

 

大英帝国は植民地を徹底的に搾取することで栄華を保っていた。お人好しの日本人が、台湾、朝鮮の経営に巨大な投資を行なって、本国から壮大な持ち出しをしたのと全く違っていた。

 

- 中略 -  イギリスが犯した最大の失敗は、日英同盟を破棄したことだった。

 

- 中略 -  知日派(のイギリス人)は、日英同盟の破棄が間違いだったと全員が語っている」

 

 

 

アーノルド・J・トインビー イギリス歴史学者
「第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したと言わねばなら ない。

 

その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である」
 
「日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面 前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある」


英紙『オブザーバー』、1965年10月28日

 


「この聖地で、私はあらゆる宗教の原点にある統一的なものを感じる」
(Here, in this holy place, I feel the underlying unity of all religions)
 

「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」
黄文雄、徳間書店

 

 

ハーバート・ジョージ・ウェルズ イギリス著作家(小説家としてはジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれる。社会活動家や歴史家としても多くの業績を遺した)
 
「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた」


名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社
英紙『オブザーバー』、1965年10月28日

 

 

エリック・ホプスバウ博士 英国ロンドン大学教授
「インドの独立は、ガンジーやネールが率いた国民会議派が展開した非暴力の独立運動に依るものでは無く、日本軍とチャンドラ・ボースが率いるインド国民軍 (INA)が協同して、ビルマ(現ミャンマー)を経由し、インドへ進攻したインパール作戦に依ってもたらされたものである」
 

エリック・ホプスバウ『過激な世紀』

 

 

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本でコロナ感染者が異常に少ない理由 (Mon, 06 Dec 2021)
ドイツではコロナの第4波が猛威をふるい、過去最多の感染者が出ています。 ドイツではまだ第4波です。 それに比べた日本、感染者の数が激減して、ドイツ人からすると正にミラクルの状態です。 そんな時に丁度読んでいるE・S・モー続きを読む "日本でコロナ感染者が異常に少ない理由"
>> Mehr lesen

歳を取ると臭くなるわけ (Sun, 05 Dec 2021)
歳を取ると臭くなると言われます。 加齢臭とか言うそうです。 本当でしょうか? 自分が歳を取ってきたから… と言うわけでもなく、 根拠のなさそうなことに対しては、すぐに疑ってしまいます。 歳を取ると臭くなることに、科学的、続きを読む "歳を取ると臭くなるわけ"
>> Mehr lesen

エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか? (Fri, 03 Dec 2021)
アメリカの動物学者(1838~1925)で、1877年にお雇い外国人として来日し、東大の教授などを務めました。 1877年というと明治10年。江戸時代が終わってまだそれほど経っていない頃。 乗っていた汽車の窓からの眺めで続きを読む "エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか?"
>> Mehr lesen

ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件 (Thu, 02 Dec 2021)
中国が台湾や尖閣諸島を狙って軍事行動で威嚇しているというニュースが頻繁に入ります。 最初は私も、今のこの狭くなった(= 情報が早くなった)地球上で、本気でそんなことを企んでいるのだろうかと少し懐疑的でした。 ですが、特に続きを読む "ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件"
>> Mehr lesen

夫とは元々、妻に教育される存在? (Wed, 01 Dec 2021)
昔はその逆だったかも知れません。 嫁入り年齢も若かったので、若いお嫁さんは、お姑さんや旦那さんからその家の家風や方式などを色々と習ったのだと思います。 最近つくづく思うのは、現代では逆なのではないかということです。 主婦続きを読む "夫とは元々、妻に教育される存在?"
>> Mehr lesen

海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法 (Sun, 21 Nov 2021)
その国で恋人を作るのが1番だと言われます。 でも、恋人の場合は、相手が気を利かせてしまうので、思ったほど効果があるとは思えません。 恋人になってしまうと慣れてしまうということもあります。 実はもっと良い方法があります。 続きを読む "海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法"
>> Mehr lesen

南京事件 (Fri, 19 Nov 2021)
南京事件は、当時に起きた上海事件、盧溝橋事件、廊坊事件、公安門事件、通州事件に続いて起きました。 よって、それらの事件を時系列で整理して理解していくのが一番良いと思います。 1937年頃の中国は、共産主義化を目指す中国共続きを読む "南京事件"
>> Mehr lesen

理論社、小熊英二著の「日本という国」という本 (Thu, 18 Nov 2021)
本には必ず事実が書かれているわけではありません。 多くのウソも書かれています。 ウソや間違った表現です。 特にひどいのが、日本の近代史や歴史の教科書です。 そこに嘘が多いことは知られつつあります。 日本の学校の歴史の教科続きを読む "理論社、小熊英二著の「日本という国」という本"
>> Mehr lesen

アイヌと日本人の人種差別 (Wed, 17 Nov 2021)
以前、日本人は世界の中でも最も人種差別が少ない優しい人種… みたいなブログを書きました。 そのブログに、「じゃあ、昔日本の政府がアイヌに対して行ったひどいことはどうなのか?」というコメントが入りました。 その人は実は知人続きを読む "アイヌと日本人の人種差別"
>> Mehr lesen

自分の人生の主役は自分 (Sun, 14 Nov 2021)
それはごく当たり前のことです。 でも一般的な日本人の場合、それを本当に理解するのは難しいようです。 なぜなら、自分を抑えてでも、周りと合わせなさい、というのが日本的だからです。 西洋の場合は、自己主張、利己主義なので、自続きを読む "自分の人生の主役は自分"
>> Mehr lesen

人生をエンジョイする方法とは? (Fri, 12 Nov 2021)
ヨーロッパの地中海沿岸諸国の人たちは、人生をとてもエンジョイしているように見えます。 彼らから見ると、典型的な日本人で(?)、仕事にも人生にも真面目な(?)私(?)に、「もっと人生をエンジョイしろ!」と言います。 彼らと続きを読む "人生をエンジョイする方法とは?"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 続き (Wed, 10 Nov 2021)
過去の日本の最大のミスは、明治時代の西洋のシステムの取り入れかもしれません。 260年間というとても長い日本の鎖国時代、 当時のアジア、東南アジアは、今から考えると信じられないことにどの国も、西洋の先進諸国の植民地となっ続きを読む "今の日本を作った薩長土肥 続き"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 (Tue, 09 Nov 2021)
日本は幕末に黒船などによって、約260年間も続いた鎖国を終わらされました。 鎖国の重い扉は外圧によってこじ開けられた形です。 歴史に「もし」はナンセンスですが、黒船などの外圧がなければ、徳川幕府はひょっとして300年以上続きを読む "今の日本を作った薩長土肥"
>> Mehr lesen

人生で最も大切なもの -2- (Sun, 07 Nov 2021)
その -1- で、マニュアルなどに頼らずに、自分で判断できるようになることだと思うと申し上げました。 その続きですが、それは正に渋沢栄一の「論語と算盤」にまとめられないでしょうか。 論語と算盤は、「道徳心」と「商売のうま続きを読む "人生で最も大切なもの -2-"
>> Mehr lesen

社長のお給料の金額はどの位? (Sat, 06 Nov 2021)
ドイツで会社設立のサポートをしています。 会社を設立するには、資本金の出資者と社長が必要です。 但しその両方を、オーナー社長としてひとりで兼ねることは可能です。 会社オーナーである資本金の出資者は、会社社長と雇用契約を結続きを読む "社長のお給料の金額はどの位?"
>> Mehr lesen

ピンチを楽しむ (Sun, 31 Oct 2021)
ピンチはチャンスと言います。 そして、 『子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者』(子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。論語) と言います。 くだけて言うと、知っているだけ続きを読む "ピンチを楽しむ"
>> Mehr lesen

日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか? (Sat, 30 Oct 2021)
今の若い人たちはそうでもないのかも知れませんが、私の年代だとまだ、他の人が食事をしていないところで自分が食事をする姿はあまり見せたくありません。 みんなが食事をしているレストランなどは別です。 なぜでしょうか? それを思続きを読む "日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか?"
>> Mehr lesen

東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン (Thu, 28 Oct 2021)
もうすぐ公開される映画「ONODA」を紹介したブログ、フランス映画「ONODA」に、フィリピンに住んでお仕事をされているFreerthanbird/鳥よりも自由さんからとても考えさせられるコメントをいただきました。 この続きを読む "東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン"
>> Mehr lesen

「継続は力」の力 (Sun, 24 Oct 2021)
継続は力という言葉はよく耳にすると思います。 その力は本当に凄いと思います。 「念ずれば花開く」や、 「石の上にも三年」… 職人芸、国宝クラスの名人、オリンピック級の国際アスリート、ノーベル賞クラスの学者、研究者などにも続きを読む "「継続は力」の力"
>> Mehr lesen

フランス映画「ONODA」 (Sat, 23 Oct 2021)
小野田寛郎さんをご存知でしょうか? 第二次世界大戦が終わった後に、終戦を知らずにフィリピンのジャングルに隠れて戦い続けた元日本軍少尉です。 終戦後もずっとジャングルに潜んで29年間戦い続けて、1974年になってやっと日本続きを読む "フランス映画「ONODA」"
>> Mehr lesen

人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第 (Fri, 22 Oct 2021)
人生で最も大切なもののひとつはコミュニケーションだと言えます。 人間関係は常に大切で、それはコミュニケーションで決まるからです。 そのコミュニケーションの優劣がレトリックで決まります。 レトリックとはなにかと言うと、「も続きを読む "人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第"
>> Mehr lesen

自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2) (Thu, 21 Oct 2021)
相田みつをさんの書いた物の中で似たお話しを見つけました。 相田みつをさんが最も尊敬する画家という、原田平治郎さんのお話しです。 その原田さんが子どもを連れて鱒釣りに行った時のことだそうです。 その鱒釣り場では、釣った最後続きを読む "自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2)"
>> Mehr lesen

危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ (Wed, 20 Oct 2021)
徳島県美馬市で起きた、不思議でついつい嬉しくなる現象です。 学校がほど近い、ある横断歩道でのお話しです。 子どもたちが、一時停止する車に対してお礼のお辞儀をするそうです。 そしてそれがどうして始まったのかが分からないそう続きを読む "危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ"
>> Mehr lesen

注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及 (Mon, 18 Oct 2021)
主語がなく、新聞みたいにいい加減です…😅 誰が注目しているのでしょうか? 私です…😅 いえ、私以外にも、ビジネスに興味がある人には気になることだと思います。 ついにユーチューブで、ウォシュレットの宣伝広告が出てきたのです続きを読む "注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及"
>> Mehr lesen

自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます (Thu, 14 Oct 2021)
楽観主義(能天気)と悲観主義(慎重派)で書きましたが、頼んでもいないお酒が宅配便で届き、ついつい私はぬか喜びしました。 その続きのオチで、実はそれを自分で頼んでいたことを忘れていたという、私の脳天気ぶりを白状しました。 続きを読む "自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます"
>> Mehr lesen

恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2) (Tue, 12 Oct 2021)
恥の文化、恥じらいの国民、日本人に続きます。 ドイツのロルちゃんというユーチューバーがいます。 日本と違う点のドイツの紹介や、ドイツ語教室、ドイツ観光の動画を数百本あげています。 実は彼、私と同じ村に住んでいます。 デュ続きを読む "恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2)"
>> Mehr lesen

人生は、楽しむためにある (Mon, 11 Oct 2021)
以前、最高の老化防止策は、趣味を持つこと以上に、出来ることを増やす方が上と書きました。 歳を取ると、記憶力、運動能力、柔軟性、視力、毛髪、年配の親戚… 失っていくものが増えていくので、今まで出来なかったことを、出来るよう続きを読む "人生は、楽しむためにある"
>> Mehr lesen

日本の報道機関 (Wed, 06 Oct 2021)
数年前に、ユーチューブで毎日放送されている「虎ノ門ニュース」の沖縄に関する報道をこのブログで紹介しました。 そうすると、びっくりするような噛みつきコメントがいくつか入りました。 コメントを入れてくれたのは、左翼の人、反日続きを読む "日本の報道機関"
>> Mehr lesen

日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち (Wed, 06 Oct 2021)
以前のブログ、「世界で最も人種差別のない国、日本」に、「日本政府は昔アイヌ人に酷いことをしたのではないか?」というコメントをいただきました。 そこで改めて私の考えを「日本政府は、アイヌ人に本当に酷いことをした?」というブ続きを読む "日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち"
>> Mehr lesen

政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが… (Tue, 05 Oct 2021)
「沈黙は金」、「言わぬが花」でしょうか。 でも、「胸筋を開く」、「腹を割る」という言葉もあります。 以前、知人に言われました。 「よく怖くないですね…」と。 どういうことかというと、私は頻繁に左翼さん、反日さんの感情を逆続きを読む "政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが…"
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...