アメリカ人の第2次世界大戦の見方

ダグラス・マッカーサー GHQ総司令官
 

当時日本を占領していたGHQの総司令官、ダグラス・マッカーサーでさえ、1951年の米国上院軍事外交合同委員会にて下記のように述べています。

 

「日本の潜在労働者は、量においても質においても、私がこれまで知っている中の最も立派なものの一つである。 しかし、彼らは労働力はあっても、絹産業以外には蚕のほかに取りたてて固有の産物はほとんど何もありません。綿がない、羊毛がない、石油がない、錫がない、ゴムがない。

 

その他じつに多くの原料が欠如しています。それら一切のものはアジアの海域に存在していたのです。日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。 それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障の必要に迫られてのためであった。」

 

出展: 『世界から見た大東亜戦争』展転社・名越二荒之助
(1951年5月3日・米上院の軍事外交合同委員会の
聴聞会における発言)
 原文: 「Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security

(したがって彼らが戦争に飛び込んでいったのは動機は、

大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった)」

 

 

「明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする、この勇気に満ちた態度は、私の骨の髄までも揺り動かした。私はその瞬間、私の目の前にいる天皇が、個人の資格においても日本の最上の紳士であることを感じとった」マッカーサー回顧録

 

刀剣ワールド

https://www.touken-world.jp/tips/9177/

レジナルド・カーニー 歴史学者 黒人学専攻
日本が講和会議において、国際連盟の盟約として、人種平等の原則が固守されるべきであることを提案して議論することについて、「おそらく世界で最も有望な有色人種の期待の星、それが日本であるという確信。我々黒人は、講和会議の席上で、人種問題について激しい議論を戦わせている日本に、最大の敬意を払うものである。」
 

著書: 20世紀の日本人

 

 

ベン・ブルース・ブレークニー アメリカ東京裁判弁護士
(東京裁判において東郷茂徳、梅津美治郎等、日本側の弁護人を務めた)
 

「こんな最後通牒を出されたら、モナコやルクセンブルグ(のような小国)でも武器を取って立つ」というほど高圧的、屈辱的なものでした。


「キッド提督の死が、真珠湾攻撃による殺人罪ならば、我々はヒロシマに原爆を投下した者の名前を上げることができる。投下を計画した参謀長の名前も承知している。その国の元首の名前も我々は承知している。彼らは殺人罪を意識していたか? 
 
...それは彼らの戦闘行為が正義で、敵の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。何の罪科で、いかなる証拠で、戦争による殺人が違法なのか?原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、それを黙認した者がいる。その人たちが裁いているのだ。
 
要約:
原子爆弾という国際法で禁止されている残虐な武器を使用して多数の一般市民を殺した連合国側が、捕虜虐待について日本の責任を問う資格があるのか。
 
この弁論は、通訳無しとして、裁判速記録には記載されていないどころか、ウェッブ裁判長は、理由は将来述べるとして却下している。


出展: 草莽全国地方議員の会 および
8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画
桜チャンネル、現代戦争論 Part 2
東京裁判名場面

 

 

O・ラティモア 元中華民国(蒋介石)顧問
日本が立派にやり遂げたことは、欧米の植民地帝国を完全に破壊したことである。


日本に対する世界の評価(1:49)

 

 

ハーバート・クラーク・フーヴァー 第31代アメリカ大統領


若し吾々が日本を挑発しなかったならば決して日本人から攻撃を受ける様なことはなかったであろう」

 

 

C・ウィロビー GHQ参謀部長
東京裁判は史上最悪の偽善である。
もし米国が同じ立場だったら日本と同じように戦っただろう。
 

インド人が語る日本「世界は日本をどう見ているのか」(8:00)

 

 

ハミルトン・フィッシュ 共和党上院議員
ルーズベルト大統領は、その絶大な権力を使って遂に米国を日本との戦争に巻き込むことに成功した。 そのことは、米国を欧州における戦争に参戦させるという彼の最終的な目的を達成させた。
 

名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社

 

 

ハリー・エルマー・バーンズ アメリカ歴史学者
大西洋でヒトラーを戦争行為に挑発出来ない事がはっきりしてきた1941年6月の、日本の経済的封殺で始まった戦術の切り替えを除いては、戦争への道は まったく直線的であった。全局面を通じる戦争工作の建築家であり大指揮者だったのはフランクリン・デラノ・ルーズベルトだ。

 


出展: 草莽全国地方議員の会

 

 

ヘレン・ミアーズ 歴史学者、GHQメンバー
東京裁判は正義ではなく、明らかなリンチだ。私たちアメリカがどうして日本を罰することができるのか?私には理解できない。
 
なぜ日本が韓国国民を「奴隷にした」と非難されるか理解できない。もし奴隷にしたならば、イギリスは共犯であり、アメリカは少なくとも従犯である。日本の韓国での行動は全てイギリスの同盟国として「合法的に」行われたことだ。
 
国際関係の原則にのっとり、当時の最善の行動基準に従って行われたことである。 しかも原則は日本が作ったものではない。欧米列強が作った原則なのだ。1910年、日本が韓国を併合したのは、韓国皇帝が「請願」したからだ。歴史家は、日本は欧米列強から教わった国際関係の規則を、実に細かいところまで几帳面に守っていた、とほめるのだ。
 

出展: 著書、アメリカの鏡・日本
 草莽全国地方議員の会

 

 

米国戦略爆撃調査団
日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、(今次の)戦争を始めた事は明らかである。これに対して、アメリカ合衆国は、単に自分達の 経済的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。

米国戦略爆撃調査団団長ニッツから
トルーマン米国大統領に提出された報告書、1946年7月

 

ジェシー・ジョーンズ ルーズベルトの商務長官
ルーズヴェルトは、『私は戦争を憎む』と度々述べたのにもかかわらず、彼は、参戦に非常に熱心だった。なぜならば、参戦は3期目の大統領の地位を約束するからであった。もし、彼が大統領に三選されたならば、それは彼の二つの大きな希望を満たすことになる。すなわち、一つは戦争をするということであり、も う一つは史上初めての三選を果たした大統領として、彼の虚栄心を満たすことであろう。


出展: 草莽全国地方議員の会

 

ジョイス・C・レブラ アメリカコロラド大学歴史学博士・歴史学部教授
大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の一つは、各国の青年を教育し、組織し、独立精神を振起した点にある。 その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。
 
日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な意味を持っていた。 今や真の独立が確固とした可能性となると同時に、西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性として浮かび上がってきたのである。
 
民 族主義者は、日本占領期間中に(日本軍により)身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の植民地復帰に対抗した。 そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後になって思い知るこ とになるのである。 (中略)
 
さ らに日本は独立運動を力づけ、民族主義者に武器を与えた。 日本軍敗走の跡には、二度と外国支配は許すまいという自信と、その自信を裏付ける手段とが残ったのである。 東南アジアの人間は今や武器を手にし、訓練を積んでおり、政治力、組織力を身につけ、独立を求める牢固たる意志に支えられていた。
 
『東南アジアの開放と日本の遺産』秀英書房、256-257頁

東京で開かれた極東国際軍事裁判で、打ち出された一つのイメージ、即ち、日本は世界で最も強欲な軍国主義国家の一つであったとする思想は、太平洋の西側 で、長い間再検討されないまま放置されていた。公私の資料の入手難が解明を遅らせ、太平洋戦争の幾つかの局面を暗闇に閉じているのが現状である。
 
又、日本 の歴史家達は、東南アジアに於いて日本が大東亜共栄圏に託した理念、実現の方法等を吟味する事に、今日迄消極的であった。ごく最近になって、アメリカ合衆 国の学者は、日本の戦争目的を再検討する事に着手し、これ迄の定説を修正し始めた。(中略)
 
再検討を志すアメリカ合衆国の学者達の意見に依れば、太平洋戦 争は、西欧資本主義流の帝国主義の単なる日本版では無く、それにもまして西欧諸国の進出によって脅威を受けた日本が、(自国の)存亡に関わる権益を防衛す る為の戦いであったのである。更にアジアを包含しようとする大日本帝国の野望として従来は見なされていた、大東亜共栄圏の理念も又再検討されて然るべきで ある。

 

ジョイス・C・レブラ『チャンドラ・ボースと日本』原書房、1969年

 

ジョージ・カナヘレ  アメリカ(ハワイ)日本軍政研究家
「日本はインドネシア語の公用語化を徹底して推進し、インドネシア国民としての連帯感を人々に植え付け、広域の大衆をインドネシアという国家の国民として組織した。とくに若者に民族意識を植え付け、革命の戦闘的情緒と雰囲気を盛り上げた。またPETAの革命における意義は大きく、これなくしてインドネシア革命はありえなかった」


 「世界から絶賛される日本人」 黄文雄、徳間文庫

 

 


エリオット・ソープ  GHQ対敵情報部長
日本人に損害を受けて怒りに燃える偏見に満ちた連合国民の法廷で裁くのは、むしろ偽善的である。戦争を国策の手段とした罪等は、戦後に作り出されたものであり、リンチ裁判用の事後法としか思えなかった。

出展: 草莽全国地方議員の会

 

 


ジョージ・S・カナへレ博士 アメリカ、ハワイ・日本経済協議会事務局長
日本占領軍が、インドネシア民族主義の為に行った種々の訓練の中で、最も重要なものの一つは、インドネシアに正規軍及び準軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事であろう。この作業は、特にジャワ、バリ及びスマトラの各島で推し進められた。
 
後に、インドネシア独立軍の将校や下士官となった者達は、殆ど全て、及び何万と言う兵士達は、この訓練を経て、軍事技術を身に付け、日本の敗戦後に戻って きたオランダ軍を相手に、独立戦争を戦ったのであった。
 
もし、この訓練が無かったなら、そして日本の降伏後、インドネシア人の手に入った日本軍の武器や軍需資材が無かったなら、インドネシア独立戦争の行方は 違った方向に進んでいたかも知れない。

 

ジョージ・S・カナへレ『日本軍政とインドネシア独立』鳳出版社、1977年
 

 

 

ロスロップ・スタッタード アメリカ歴史学者
すでに四百年の間、連続的勝利によって、白人は本能的に自己の膨張は無限に継続するものと信ずるに至った。1904年の日露戦争以前には、自己の膨張が停止するというような思想は白人千人中の一人にも考えがおよばなかった。(中略)
 
1900年は、四百年間みなぎりきった白人潮勢の頂点であった。白人はその時、威名と実力の頂上に達したのである。その後わずか四年にして日本は猛然起って露国に抗し、旅順港に巨砲弾を浴びせて世界を驚かした。その刹那に白人の退潮が始まった。

 

ロスロップ・スタッタード『有色人種の勃興』 長瀬鳳輔訳、政教社、147, 151頁
 

 
 
韓国駐在のアメリカ代表、シル
1894年・明治27年7月26日、韓国駐在のアメリカ代表シルは次の様な報告をしました。「日本は思いやりの態度で韓国に接していると思う。今度こそ、韓国を中国の束縛から解放しようとしているようだ。韓国国民に平和と繁栄と文明開化をもたらすことによって、力の弱い緯国を安定した独立国にしようとしている。こうした日本の動機は韓国の知識層である官僚の多くが賛成している。アメリ力にも異論はないと思われる」


(出典 Payson Treat.Japan and
the United States,p.154, Boston;Houghton
Mifflin Company, 1927.)

 

 

 

 

「一年中春の気候な南カリフォルニアよりも四季のある日本や日本食が大好きです。松下幸之助、土光敏夫、本田宗一郎、出光佐三や論語、武士道などの本に影響を受けています。『アメリカはその歴史上、先住民族の虐殺、黒人奴隷、民主主義の声を薄めるための上院制度、金持ちが一般の人と富を分けなくていいための法律…』と元自国アメリカを批判しています」

 

ソフトウェア会社アシストの創業者、日本に帰化した元アメリカ人。

仕事でたまたま日本に来て気に入り、

自分の会社を作って最終的には帰化してしまったビル・トッテンさん。

 

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本でコロナ感染者が異常に少ない理由 (Mon, 06 Dec 2021)
ドイツではコロナの第4波が猛威をふるい、過去最多の感染者が出ています。 ドイツではまだ第4波です。 それに比べた日本、感染者の数が激減して、ドイツ人からすると正にミラクルの状態です。 そんな時に丁度読んでいるE・S・モー続きを読む "日本でコロナ感染者が異常に少ない理由"
>> Mehr lesen

歳を取ると臭くなるわけ (Sun, 05 Dec 2021)
歳を取ると臭くなると言われます。 加齢臭とか言うそうです。 本当でしょうか? 自分が歳を取ってきたから… と言うわけでもなく、 根拠のなさそうなことに対しては、すぐに疑ってしまいます。 歳を取ると臭くなることに、科学的、続きを読む "歳を取ると臭くなるわけ"
>> Mehr lesen

エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか? (Fri, 03 Dec 2021)
アメリカの動物学者(1838~1925)で、1877年にお雇い外国人として来日し、東大の教授などを務めました。 1877年というと明治10年。江戸時代が終わってまだそれほど経っていない頃。 乗っていた汽車の窓からの眺めで続きを読む "エドワード・シルベスター・モースさんをご存知ですか?"
>> Mehr lesen

ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件 (Thu, 02 Dec 2021)
中国が台湾や尖閣諸島を狙って軍事行動で威嚇しているというニュースが頻繁に入ります。 最初は私も、今のこの狭くなった(= 情報が早くなった)地球上で、本気でそんなことを企んでいるのだろうかと少し懐疑的でした。 ですが、特に続きを読む "ウイグル、チベット、モンゴル、香港、台湾、そして尖閣諸島状況を軽視出来ないことを示す長崎事件"
>> Mehr lesen

夫とは元々、妻に教育される存在? (Wed, 01 Dec 2021)
昔はその逆だったかも知れません。 嫁入り年齢も若かったので、若いお嫁さんは、お姑さんや旦那さんからその家の家風や方式などを色々と習ったのだと思います。 最近つくづく思うのは、現代では逆なのではないかということです。 主婦続きを読む "夫とは元々、妻に教育される存在?"
>> Mehr lesen

海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法 (Sun, 21 Nov 2021)
その国で恋人を作るのが1番だと言われます。 でも、恋人の場合は、相手が気を利かせてしまうので、思ったほど効果があるとは思えません。 恋人になってしまうと慣れてしまうということもあります。 実はもっと良い方法があります。 続きを読む "海外にいて、最も効率よくその国の言葉を覚える方法"
>> Mehr lesen

南京事件 (Fri, 19 Nov 2021)
南京事件は、当時に起きた上海事件、盧溝橋事件、廊坊事件、公安門事件、通州事件に続いて起きました。 よって、それらの事件を時系列で整理して理解していくのが一番良いと思います。 1937年頃の中国は、共産主義化を目指す中国共続きを読む "南京事件"
>> Mehr lesen

理論社、小熊英二著の「日本という国」という本 (Thu, 18 Nov 2021)
本には必ず事実が書かれているわけではありません。 多くのウソも書かれています。 ウソや間違った表現です。 特にひどいのが、日本の近代史や歴史の教科書です。 そこに嘘が多いことは知られつつあります。 日本の学校の歴史の教科続きを読む "理論社、小熊英二著の「日本という国」という本"
>> Mehr lesen

アイヌと日本人の人種差別 (Wed, 17 Nov 2021)
以前、日本人は世界の中でも最も人種差別が少ない優しい人種… みたいなブログを書きました。 そのブログに、「じゃあ、昔日本の政府がアイヌに対して行ったひどいことはどうなのか?」というコメントが入りました。 その人は実は知人続きを読む "アイヌと日本人の人種差別"
>> Mehr lesen

自分の人生の主役は自分 (Sun, 14 Nov 2021)
それはごく当たり前のことです。 でも一般的な日本人の場合、それを本当に理解するのは難しいようです。 なぜなら、自分を抑えてでも、周りと合わせなさい、というのが日本的だからです。 西洋の場合は、自己主張、利己主義なので、自続きを読む "自分の人生の主役は自分"
>> Mehr lesen

人生をエンジョイする方法とは? (Fri, 12 Nov 2021)
ヨーロッパの地中海沿岸諸国の人たちは、人生をとてもエンジョイしているように見えます。 彼らから見ると、典型的な日本人で(?)、仕事にも人生にも真面目な(?)私(?)に、「もっと人生をエンジョイしろ!」と言います。 彼らと続きを読む "人生をエンジョイする方法とは?"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 続き (Wed, 10 Nov 2021)
過去の日本の最大のミスは、明治時代の西洋のシステムの取り入れかもしれません。 260年間というとても長い日本の鎖国時代、 当時のアジア、東南アジアは、今から考えると信じられないことにどの国も、西洋の先進諸国の植民地となっ続きを読む "今の日本を作った薩長土肥 続き"
>> Mehr lesen

今の日本を作った薩長土肥 (Tue, 09 Nov 2021)
日本は幕末に黒船などによって、約260年間も続いた鎖国を終わらされました。 鎖国の重い扉は外圧によってこじ開けられた形です。 歴史に「もし」はナンセンスですが、黒船などの外圧がなければ、徳川幕府はひょっとして300年以上続きを読む "今の日本を作った薩長土肥"
>> Mehr lesen

人生で最も大切なもの -2- (Sun, 07 Nov 2021)
その -1- で、マニュアルなどに頼らずに、自分で判断できるようになることだと思うと申し上げました。 その続きですが、それは正に渋沢栄一の「論語と算盤」にまとめられないでしょうか。 論語と算盤は、「道徳心」と「商売のうま続きを読む "人生で最も大切なもの -2-"
>> Mehr lesen

社長のお給料の金額はどの位? (Sat, 06 Nov 2021)
ドイツで会社設立のサポートをしています。 会社を設立するには、資本金の出資者と社長が必要です。 但しその両方を、オーナー社長としてひとりで兼ねることは可能です。 会社オーナーである資本金の出資者は、会社社長と雇用契約を結続きを読む "社長のお給料の金額はどの位?"
>> Mehr lesen

ピンチを楽しむ (Sun, 31 Oct 2021)
ピンチはチャンスと言います。 そして、 『子曰、知之者不如好之者、好之者不如楽之者』(子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。論語) と言います。 くだけて言うと、知っているだけ続きを読む "ピンチを楽しむ"
>> Mehr lesen

日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか? (Sat, 30 Oct 2021)
今の若い人たちはそうでもないのかも知れませんが、私の年代だとまだ、他の人が食事をしていないところで自分が食事をする姿はあまり見せたくありません。 みんなが食事をしているレストランなどは別です。 なぜでしょうか? それを思続きを読む "日本人は、どうして食事をしている時に人に見られたくないのか?"
>> Mehr lesen

東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン (Thu, 28 Oct 2021)
もうすぐ公開される映画「ONODA」を紹介したブログ、フランス映画「ONODA」に、フィリピンに住んでお仕事をされているFreerthanbird/鳥よりも自由さんからとても考えさせられるコメントをいただきました。 この続きを読む "東南アジアと日本。戦争の傷跡フィリピン"
>> Mehr lesen

「継続は力」の力 (Sun, 24 Oct 2021)
継続は力という言葉はよく耳にすると思います。 その力は本当に凄いと思います。 「念ずれば花開く」や、 「石の上にも三年」… 職人芸、国宝クラスの名人、オリンピック級の国際アスリート、ノーベル賞クラスの学者、研究者などにも続きを読む "「継続は力」の力"
>> Mehr lesen

フランス映画「ONODA」 (Sat, 23 Oct 2021)
小野田寛郎さんをご存知でしょうか? 第二次世界大戦が終わった後に、終戦を知らずにフィリピンのジャングルに隠れて戦い続けた元日本軍少尉です。 終戦後もずっとジャングルに潜んで29年間戦い続けて、1974年になってやっと日本続きを読む "フランス映画「ONODA」"
>> Mehr lesen

人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第 (Fri, 22 Oct 2021)
人生で最も大切なもののひとつはコミュニケーションだと言えます。 人間関係は常に大切で、それはコミュニケーションで決まるからです。 そのコミュニケーションの優劣がレトリックで決まります。 レトリックとはなにかと言うと、「も続きを読む "人生を決めるコミュニケーションはレトリック次第"
>> Mehr lesen

自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2) (Thu, 21 Oct 2021)
相田みつをさんの書いた物の中で似たお話しを見つけました。 相田みつをさんが最も尊敬する画家という、原田平治郎さんのお話しです。 その原田さんが子どもを連れて鱒釣りに行った時のことだそうです。 その鱒釣り場では、釣った最後続きを読む "自分の得の多くは、他の人の損の上に成り立ちます (2)"
>> Mehr lesen

危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ (Wed, 20 Oct 2021)
徳島県美馬市で起きた、不思議でついつい嬉しくなる現象です。 学校がほど近い、ある横断歩道でのお話しです。 子どもたちが、一時停止する車に対してお礼のお辞儀をするそうです。 そしてそれがどうして始まったのかが分からないそう続きを読む "危険だった横断歩道、一時停止率2割が ➡︎ 9割へ"
>> Mehr lesen

注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及 (Mon, 18 Oct 2021)
主語がなく、新聞みたいにいい加減です…😅 誰が注目しているのでしょうか? 私です…😅 いえ、私以外にも、ビジネスに興味がある人には気になることだと思います。 ついにユーチューブで、ウォシュレットの宣伝広告が出てきたのです続きを読む "注目の、ドイツ(ヨーロッパ)でのウォシュレットの普及"
>> Mehr lesen

自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます (Thu, 14 Oct 2021)
楽観主義(能天気)と悲観主義(慎重派)で書きましたが、頼んでもいないお酒が宅配便で届き、ついつい私はぬか喜びしました。 その続きのオチで、実はそれを自分で頼んでいたことを忘れていたという、私の脳天気ぶりを白状しました。 続きを読む "自分の得は、しばし他の人の損の上に成り立ちます"
>> Mehr lesen

恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2) (Tue, 12 Oct 2021)
恥の文化、恥じらいの国民、日本人に続きます。 ドイツのロルちゃんというユーチューバーがいます。 日本と違う点のドイツの紹介や、ドイツ語教室、ドイツ観光の動画を数百本あげています。 実は彼、私と同じ村に住んでいます。 デュ続きを読む "恥の文化、恥じらいの国民、日本人 (2)"
>> Mehr lesen

人生は、楽しむためにある (Mon, 11 Oct 2021)
以前、最高の老化防止策は、趣味を持つこと以上に、出来ることを増やす方が上と書きました。 歳を取ると、記憶力、運動能力、柔軟性、視力、毛髪、年配の親戚… 失っていくものが増えていくので、今まで出来なかったことを、出来るよう続きを読む "人生は、楽しむためにある"
>> Mehr lesen

日本の報道機関 (Wed, 06 Oct 2021)
数年前に、ユーチューブで毎日放送されている「虎ノ門ニュース」の沖縄に関する報道をこのブログで紹介しました。 そうすると、びっくりするような噛みつきコメントがいくつか入りました。 コメントを入れてくれたのは、左翼の人、反日続きを読む "日本の報道機関"
>> Mehr lesen

日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち (Wed, 06 Oct 2021)
以前のブログ、「世界で最も人種差別のない国、日本」に、「日本政府は昔アイヌ人に酷いことをしたのではないか?」というコメントをいただきました。 そこで改めて私の考えを「日本政府は、アイヌ人に本当に酷いことをした?」というブ続きを読む "日本(人)を貶め、政府からお金を貪り続ける変な人たち"
>> Mehr lesen

政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが… (Tue, 05 Oct 2021)
「沈黙は金」、「言わぬが花」でしょうか。 でも、「胸筋を開く」、「腹を割る」という言葉もあります。 以前、知人に言われました。 「よく怖くないですね…」と。 どういうことかというと、私は頻繁に左翼さん、反日さんの感情を逆続きを読む "政治、宗教、給与のことは話題に出すなとは言いますが…"
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...