知られざる韓国の実態

これはほんのごく一部の心無い韓国人のみに限られたお話しです。(日本人にも一部、日本を蔑む異様な人たちが存在します)実際に私には韓国人の良い友人・知人も多くいて、韓国人とは良い経験しか思い出せません。その友人・知人から心無い発言や行動をされたことがありませんし、よって、ここで以下の事実を述べるのはとても心苦しいことです。

 

それでもその一部の心無い韓国人が、日本を悪者にして捏造した歴史の情報を海外に発信することは決して許されることではありません。謙遜を美徳として国際社会では頼りない日本を少しでも応援し、日本が世界から変な目で見られてしまうのを避けるために仕方がなく掲載しています。

 

「目には目を、歯に歯を!」 では物事は好転しません。それどころか悪転して益々争いごとが激化してしまいます。でも、デマの情報をそのまま放っておくというのも良くありません。ヨーロッパ留学中に知り合って仲が良くなった、ある日本の女子大生と、韓国の女子大生のお話しです。

 

仲良くなった二人の間に、いつかはそういう話題も出るのでしょう。ある日、慰安婦問題のお話になりました。韓国の女子大生は、反日教育を行っている韓国のデマの情報しか知りません。そして日本の女子大生も真実を知りません。

 

韓国人の女子大生は被害者の子孫として、そして日本人の女子大生は加害者の子孫として、二人で泣きながら話し続けていたそうです。そのような時に、日本人の女子大生は知らないばかりに被害者の子孫として一緒に泣くのではなく、せめて 「あなたはお国の学校でそう習ったかもしれませんが、私たちは違うお話を聞いています」 くらいのことが言えないでしょうか。

 

お恥ずかしいことながら、似たようなことをしている日本人でさえ存在することには驚きを隠せません。でも日本も韓国も、心、行動ある人たちが少しづつ立ち上がり、両国を良くしていくことを疑っていません。

 

----------------------------

 

安婦問題で騒いでいる国には、整形手術大国、売春大国、という一面があります。整形手術というのは、ありのままの真実をゆがめて人を欺くことです。

 

実際に、それを知らずに海外の人がその国の人と結婚して、子どもができた後におかしいことに気がつき、訴訟問題にまで発展することがあるそうです。人を騙す、欺くということが、いいことであるわけがありません。

 

昔日本に滞在したアメリカ人の動物学者、エドワード・シルベスター・モースも言っています。「人々が正直である国にいることは実に気持ちがよい。私は決して札入れや懐中時計の見張りをしようとしない。鍵をかけぬ部屋の机の上に私は小銭を置いたままにする」

 

整形手術が多いということは、平気で嘘をつける人たちが多いということになります。整形手術が盛んなので、必然的にその技術も発達しているのでしょう。その発達した整形手術を受けに韓国まで行く日本人がいるのもがっかりする事実ではありますが...

 

そしてさらにその国では、他の国では考えられないような売春のシステムなどもあり、売春大国でもあるのです。つまり元々、嘘つきで買収が盛んな国となります。

 

さらには、歴代の大統領のほとんどが、スキャンダルを起こして逮捕されるなどしている国です...:

 

初代~第3代大統領、李承晩

自分の養子が、実の両親を殺害。そして不正選挙を糾弾されてハワイに亡命。そのまま客死。

 

第4代大統領、尹潽善

クーデターで退任を余儀なくされ、軍法会議で懲役3年の判決。

 

第5代~9代大統領、朴正煕

長男が麻薬服用で逮捕される。狙撃事件発生、弾がそれて婦人に命中、死亡。直後、金載圭KCIA部長によって暗殺される。

 

第10代大統領、崔圭夏

学生デモがおさまらず、粛軍クーデターを実行。結局収まらず、光州事件発生。8ヶ月で退任。

 

第11、12代大統領、全斗煥

光州事件において、反乱首謀者で死刑判決。後に恩赦。

 

第13代大統領、盧泰愚

退任後に、収賄容疑で逮捕。光州事件の内乱罪も発覚。懲役17年の判決。後に恩赦。

 

第14代大統領、金泳三

在任中に経済危機に陥り、IMFの介入を招く。次男は利権介入による斡旋収賄と脱税で逮捕。

 

 

第15代大統領、金大中

光州事件の首謀者として無期懲役の判決。息子3人を含む親族5人が金銭がらみの不正事件。

 

第16代大統領、盧武鉉

韓国経済や外交を破綻に追い込んだ、終身名誉お笑い芸人。親族の不正が取りざたされる中、登山中に謎の滑落死。

 

 

第17代大統領、李明博

経済大統領のはずが、格差拡大や生活難、就職難を招く。無能売国奴扱いで極めて評判が悪い。国会議員の実兄秘書が逮捕済み。婦人のいとこも逮捕済み。本人も土地不正購入の疑惑事件の渦中に。

 

第18代、現大統領、朴槿恵

 

? ? ? ?

 
 

 

 

第16代大統領、民主党の盧武鉉ノ・ムヒョン氏は、2007年に北朝鮮のトップであったキムジョンイル氏との秘密会談において話された内容の記録が最近公開されてしまいました。

 

それによると、キムジョンイル氏に対して、下記のようなことをして北朝鮮に尽くしました、と述べたそうです。

 

韓国と北朝鮮の東海岸のNLLという海上の国境線から、北朝鮮の工作員が次々と入って来ますが、そこを自由なゾーンにしましょう...

 

アメリカ軍をどんどん南に下げました...

 

いざという時に、北朝鮮に対して韓国とアメリカ軍が戦う時の戦時作戦権を韓国軍側に取り戻しました...

 

そして国民から大反発を受けました。そこでその批判を避けるために竹島問題を持ち出し始めました。

 

日本で大ヒットした韓流ドラマとは、全て賄賂と権力争いがテーマになっています...

根も葉もない慰安婦問題や、竹島の所有権を世界中で訴えても、問題が大きくなればなるほど、その国の人たちの実態が広く知られるようになり、その国から発信される情報の信憑性が段々と低くなっていきます。

 

たかじん・櫻井よしこの韓国を信用できない理由...

韓国の政治家は本当に悪い... 櫻井よしこ

 

 

 

韓国政府は朝鮮戦争の頃に慰安婦として働く韓国人女性たちを「ドルを稼ぐ愛国者」として何度もたたえていたとされています。しかしその実態は、韓国政府の厳しい管理下に置かれ、人権を侵害されたなどとして、1人当たり1千万ウォン(約100万円)の国家賠償を求める集団訴訟をソウル中央地裁に起こされたほどです。訴訟を支援する団体によると、「米軍慰安婦」による国家賠償訴訟は初めてといいます。

 

慰安婦たちは「基地村女性」と呼ばれ、1960~80年代、韓国政府が在韓米軍維持などのために売春を奨励したほか、性病検査も強制していたとされ、実際に96年まで慰安婦の「性病管理所」が存在していたことが確認されており、女性団体が政府に対応を求めていました。

 

 

ベトナムでは韓国軍兵士による強婚や強姦でライダハン(Wikipedia) と呼ばれる数多くの混血児も生まれています。

 

----------------------------

 

日本ではそういうのを自業自得と言います。

 

でもこれはあくまで一般論で、悪いのはほんのごく一部の心無い人たちのみです。実際に私には韓国人の友人・知人も多くいます。それにもかかわらず、ここでこの事実を知らせ広めるようなことは、本当はしたくはありません。

 

ですがその一部の心無い韓国人が、日本を悪者にして捏造した歴史の情報を海外に発信することは決して許せません。謙遜を美徳として外交面では頼りない日本を少しでも応援し、日本が世界から変な目で見られてしまうのを避けるために仕方がないと思っています。

 

田母神さんの言うように、パンチをもらったら、それをミットで受け続けているだけではいつかは倒されてしまいます。相手にパンチを出させないためにも、こちら側からもパンチを出せなければなりません。

 

ちなみに韓国の技術ですが、SAMSUNG の躍進はあったものの、元々は日本が占領中に施した当時の日本の技術移転から始まっています。 日本から韓国に対して、当時の韓国の国家予算の2倍以上にあたる、有償2億ドル、無償3億ドル、民間3億ドルの経済援助金を支払い(当時の韓国の国家予算 が3,5億ドル)、以下の途方も無い日本の技術を基にしています。

 

松下電器産業アナム電気カラーTV、オーディオ製品に関する技術 
日本ビクター金星社VHS方式VTRの特許及び製造技術 
日本ビクター、サムスン電子VHS方式VTRの特許及び製造技術 
東芝韓国電子TV、オーディオ用バイポーラICの設計、 
製造に関する技術及び量子技術者の受け入れ派遣 
シャープ、サムスン半導体IC製造技術 
久保田鉄工強酸工業排水の盗難、中、大型バルブの製造技術 
日立定期飢餓孔NC工作機の製造技術 
小林コセイジャリア化粧品の製造技術 
ヤンマサンヨンジュンゴンオプジュン、大型船舶用ディーゼルエンジンに関する技術 
東芝金星通信Xソンジンダン装置、超音波診断装置に関する技術 
キャノンロッテ産業高性能乾式複写機に関する技術 
ソニー現代電子VTRの製造技術 
日立造船韓国重工業船舶用エンジン製造に関する技術 
日本精糖政党工場の自動化に関する技術
 

 

他にも日本は韓国に対して、本当に数多くの援助を行なってきました。詳しくはこちら

 

でもそれは背伸びをする、人を欺く、という国民性を反映して、色々と問題が起きています。それは先日の大型船事故だけではありません。



 

その危うさは電車にとどまらず、原子力発電にも及びます...

 



 

反日の方々はきっと、「では、日本には悪い面はないのか?」 とおっしゃるでしょう。

勿論あります。でもそれをここで掲載するのはこのサイトの趣旨ではありません。そして日本は捏造の歴史などで中韓を陥れるというようなことはしません。

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

安倍政権の、外国人労働者受け入れ拡大には大反対 (Sat, 15 Dec 2018)
私は人というものが何より大切だと思っている。私たちの国というのは、この、人という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

自分の国を誇れる? (Tue, 30 Oct 2018)
以前イタリアで見かけたTシャツです。 せっかく写真を撮らせてもらったのに、彼がア… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

移民受入 (Thu, 25 Oct 2018)
安倍政権が、移民と言うか、海外労働者の受け入れを加速させるそうです。 現時点でも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

善いことは波及する (Sat, 15 Sep 2018)
くだらないことかもしれませんが、先日デュッセルドルフの街中を車で走っていて嬉しい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴミ回収車をありがたいと思うか、邪魔だと思うか… (Tue, 29 May 2018)
ゴミ回収日の朝に車を運転していて、たまたま自分の車の前にゴミ回収車が現れた時、「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...