原爆と大空襲の真実とその意味

1941年、東南アジアでは既に戦闘が始まり、フライングタイガーという中国空軍に化けたアメリカ軍人による日本軍への攻撃も開始されていましたが、「ハルノート」という、「あなたがたはアメリカの奴隷になるか、あるいは飢えて死ぬかのどちらかを選びなさい」 という喧嘩状を受け取り、1941年12月8日、奴隷になるくらいなら一矢報いようと日本は立ち上がりました。

 

在米大使館館員の手落ちで、宣戦布告のタイミングには落ち度を残してしまいましたが、アメリカの軍港のひとつである、パール・ハーバーへの日本軍の攻撃により、約2.400人のアメリカ人軍人が死亡しました。(その内、民間人が約50人)

 

そしてその大戦は、1945年8月15日、国際法を無視した大勢の民間人が住む広島長崎への原爆の投下によって日本が降伏して終結しました。原爆が投下される以前の段階で、東京大阪名古屋やその他多くの都市に行われていた大空襲により、日本は既に息絶え絶えの状態でした。

 

特に1945年3月10日の東京大空襲の被害はひどく、10万人以上の死者が出て、広島と長崎の原爆の被害にひけを取りません。他の各都市の空襲や、広島と長崎の原爆による使者を合わせると、ゆうに30万人以上の死亡者が出て、爆撃直後は死亡しなくても、その後その負傷が原因で死亡した人数を数えると、途方もない数の民間人が亡くなりました。

 

戦場での死者を除き、本国同士での死者を比べた場合、パールハーバーのアメリカ軍人2.400人に対して、日本の民間人はゆうに30万人を超える死者の数となります。アメリカの言い分は、「ポツダム宣言を承諾せずに徹底抗戦を続ける日本に降伏を促し、アメリカ軍人100万人、日本人900万人、合わせて約1.000万人の犠牲者を避けるため」 でした。

 

広島の原爆投下は1945年8月6日、長崎は8月9日。ところが、戦勝国同士によりドイツのポツダムで行われていた、第二次世界大戦の戦後の処理についての話し合いは7月17日から8月2日で、その結果として日本軍の無条件降伏であるポツダム宣言が、原爆投下の前に生まれていました。

 

そして広島と長崎に投下された原爆は、ひとつはウラン、ひとつはプラトニウム。なぜか二つの違うタイプの原子爆弾が使われました。しかも日本が既に息絶え絶えになっているにもかかわらずです。それが、アメリカはその二つの違うタイプの原子爆弾を、広島と長崎という民間人が多く住む現場で、天気の良い日を選んで実験したといわれるゆえんです。

 

アメリカは、こういった事実を歴史に残すのは良くないということで、GHQがあらゆる方法で証拠の隠滅を行いました。誤解をして欲しくないのは、こういうことを行ったのでアメリカ人を憎んでくださいということではありません。当時、GHQの洗脳工作によって間違った認識をさせられてしまっている誤認を訂正して欲しいのです。

 

 

次の動画はGHQの証拠隠滅を免れたものですが、後半の部分は心臓の悪い方はご遠慮下さい。




1944年 9月     ルーズベルト&チャーチル会談で、開発中の原爆の日本投下決定。

              (ドイツは対象外)

1945年 2月     アメリカ、イギリス、ソ連間でのヤルタ会議で、ドイツ降伏後3ヶ月以内にソ連が 

              日ソ中立条約を破っての対日参戦が決まり、満州の権益、北方領土を要求。

1945年 4月     ルーズベルト大統領が急死し、トルーマンが新大統領となる。ヒットラーは、

              「運命が史上最大の戦争犯罪人、 ルーズベルトを地上から取り除いた」と狂喜

              その1週間ほど前に首相になった鈴木貫太郎海軍大将・枢密院議長は、

              アメリカ国民に対し て弔意を表す談話を発表、弔電を送る。

1945年 4月30日  ヒットラー自殺

1945年 5月     ユタ州で原爆投下訓練を行っていた実行部隊がテニアン島に移動。

1945年 5月 8日  ドイツ降伏。

1945年 7月15日  ニューメキシコでの原爆実験成功。

1945年 7月16日  アメリカ、イギリス、ソ連による終戦処理のためのポツダム会談開始

1945年 7月      アインシュタイン他科学者たちが、原爆の投下は都市でなくても威力を示すこと

              ができると反対。

1945年 7月20日  アイゼンハワー将軍がトルーマン大統領に、「日本は既に敗北しているので、

               原爆投下は全く不必要」と進言。

1945年 7月25日  陸軍参謀総長代理、トーマス・ハンディー大将から、広島、小倉、新潟、長崎の

               いずれかに原爆投下の命令が下る。

1945年 7月26日  アメリカ、イギリス、中国(、後にソ連)によるポツダム宣言発表。

1945年 7月28日  鈴木貫太郎首相がそれを「無視する」と発表。

1945年 8月 6日  広島に原爆投下。

1945年 8月 8日  ソ連が参戦。

1945年 8月 9日  長崎に原爆投下。

1945年 8月14日  日本がポツダム宣言受諾。その後ソ連が樺太と千島を占領、北海道北部への

               進攻を要求。トルーマンが(核の威力で) それを拒絶し、朝鮮半島の38度線以

               南への進攻も阻止。

 

つまり、原爆投下は1.000万人を救うために20万人を殺害するという理由さえ当てはまらず、原爆の威力を確認して、ソ連を威嚇するために見せつけるためのものだったといえるのです。原爆投下後には早速アメリカの調査団が現地入り。

 

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

今、人生で落ち込んでいる人いますか? (Tue, 05 Dec 2017)
人によく勘違いされるのが、まるで私が悠々自適、余裕綽々の生活を送っているかのよう… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

戦争中の日本(軍)は本当に悪者だった? 海外青年協力隊でパプアニューギニアに行った人の、とても興味深いお話し。 (Sat, 04 Nov 2017)
走り仲間の中に一人、以前日本の海外青年協力隊でパプアニューギニアにいたことがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ダントツで世界最低の、海外に出る日本人の犯罪に対する心構え (Tue, 15 Aug 2017)
日本(人)を世界の物差しで測ってみると、とても面白い事実が分かってきます。 色々… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人の悪いところ (Sat, 12 Aug 2017)
日本(人)を褒め過ぎ(?)な傾向の日本ファン日本人の私にも、どうしても気に入らな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」2017年6月号のテーマは寧静致遠(ねいせいちえん) (Fri, 07 Jul 2017)
寧静致遠という言葉は「小学」に出ている言葉だそうです。 「小学」とは、中国,宋代… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ全国どころか、オランダやベルギーからも受験者が集まってくれた第三回漢検デュッセルドルフ (Sat, 01 Jul 2017)
今回で第3回目となる漢検デュッセルドルフ、受験者数が一挙に今までの倍以上となり、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

その時どう動く (Sat, 27 May 2017)
定期購読している「致知」という月刊誌は毎月テーマが決まっています。 . 先月号の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

櫻井よし子さんの人気は青山繁晴さん以上? (Thu, 04 May 2017)
虎ノ門ニュースに青山繁晴さんが出演する月曜日は、地上階で通りに面した大きなガラス… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうしても青山繁治さんの足を引っ張りたい人たち? (Sun, 09 Apr 2017)
先日、「青山繁晴さんという新人参議院議員の正体とは?」 という、去年の秋に参議院… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

毎日着物を着て生活する若いドイツ人女性をついにナンパして夕食にご招待! (Fri, 07 Apr 2017)
日本の着物を毎日来て生活している17歳のドイツ人女性、Mamezuru(Face… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

動物愛 ⇒ 家族愛 ⇒ 近所愛 ⇒ 地域愛 ⇒ 県人愛 ⇒ 愛国 ⇒ 隣国愛 ⇒ 地球愛 (Wed, 29 Mar 2017)
私は日本人として愛国者(と言うと言い過ぎで、日本ファン)であると同時に(公然と言… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

正しいと思ったことは正しいと言い、善いと思ったことはすぐに実行する勇気  – いじめ – (Wed, 22 Mar 2017)
遠い昔、小学校高学年の時にいじめが一度ありました。 いじめられたのは私ではありま… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...