南京事件

南京虐殺が本当にあったのか、それともなかったのか?

 

今日それを証明できる人はいません。

 

よって、反日・リベラル・左 VS 親日・保守・右の間でよくあるように、あった、なかった、を言い争うのは意味がありません。

 

誰がどう思うのかはその人の自由に任せましょう。

 

でも、謙遜、謙虚、譲り合い、人に迷惑をかけない…    という世界でも稀な国民性があり、そのことがその理由にも貢献して多くの日本ファン外国人を持つ国の、たまたま当時の南京にいた軍人だけ異常だったのか?  という疑問を持ち、あった、なかったの両方の情報を集めてみると、どうやらこれは反日勢力の捏造らしいと思えてきます。

 

少し残念なのは、日本ファンドイツ人の中には南京虐殺があったと信じる人がいて、それを否定しようものなら、「南京虐殺を否定したら、それはドイツ人がユダヤ人虐殺を否定するようなもの。それは歴史修正主義だ…」と言います。

 

日本人が書いた南京虐殺の本がドイツ語で出版されているからです。人間はどうしても最初に読んだ本や、子どもの時に習った教科書に書いてあることを受け入れてしまいます。

 

後から入ってくる情報は否定しがちです。なぜなら、最初に入っている情報は既に自分のものになってしまっているからです。

 

それでもそういうドイツ人には感謝です。(もし本当にあったとしたら)南京虐殺などを行う日本(人)にもかかわらずにファンになってくれるからです。

 

ちなみにナチスのユダヤ人虐殺と、南京の虐殺との間には、とても大きな違いがあります。

 

その違いとは、前者には否定しようがない動かしがたい証拠が残っていて、後者にはそれが無いことです。

 

そして前者の場合はナチスのせい、あるいはヒットラー1人の責任になっています。

それ自体も本当は問題なのですが…

 

後者の場合は、信憑性のない証拠しかありません。捏造の画像とか…

 

それもひどい場合は通州事件(在中日本人が中国人に虐殺された事件)の画像が用いられたりしています。

 

あったことを証拠によって証明することは出来ますが、なかったことを証明することは出来ません。

 

よって、悪魔の証明と呼ばれるそうです。

 

天安門事件がなかったことのように歴史を捏造する国のひとたちが主張する歴史のお話を信じられるでしょうか?

 

 

以下は、インターネット上で見つかる情報です。なるべく多くの情報を集めてみて、本当にあったであろうか、無かったであろうかの判断は皆さんが自分でなさってください。

中国政府によると、1937年12月の南京大虐殺の被害者、死者は30万人に及んだ、あるいは東京裁判では20万人であったと言われているそうです。

 

ところが、城壁に囲まれた世田谷区の5分の4ほどの面積の南京の人口は当時20万人くらいだったそうです。

 

「ようやく15万を超える小都市」

フランクフルター・ツァイトゥング、リリー・ベック記者

「15万人の南京市民が非難した安全区」      米国紙・ライフ

「陥落直前の人口は20万人」        南京警察長官、王固磐

 

 

「安全区の食糧確保に頭を悩ませており、

(20万人という) 人口の把握は正確だった」

国際委員会

 

「人口は22万1.150人」

国際委員会メンバー、南京大学社会学教授スマイスが

多数の中国人を動員して調べた人口

 

 

 

そして、国際連盟・国際委員会の調べによると、南京の人口は日本軍による占領以降急増しているそうです。

 

1937年12月 20万人

1938年  1月 25万人

1938年  8月 31万人

1938年12月 44万人

 

日本軍の入城(虐殺?) から1年で、人口が2倍以上になっています。1937年12月の20万人は、どこから現れたのでしょうか?

 

 

30万人というと、広島、長崎の原爆被害者、東京(他都市)の大空襲でなくなった方々の合計数に匹敵します。それだけの人間が亡くなって、今まで騒がれなかったのでしょうか? 死体はどこに消えてしまったのでしょうか?

 

当時の南京は土も凍てつく12月。そんな中でスコップとツルハシで遺体の埋葬作業を行なうには、屈強な人間が何千人で何日間もかかります。その人間をどうやって用意したのでしょうか?

 

もしその人間が中国人なら、彼らは虐殺されなかったのでしょうか?

つまり、それだけの人数の埋葬が可能である人間が残っていれば、虐殺はなかったという矛盾になります。

 

東京裁判で提出された埋葬表によると、崇善堂という慈善団体が11万体、紅卍字会という慈善団体が4万体の遺体を埋葬したことになっていますが、崇善堂は南京陥落から翌年の8月まで活動を停止していたことが明らかになっています。

 

紅卍字会も、作業代欲しさに埋葬数を水増ししており、東中野修道亜細亜大教授は、実際の数字は1万4千と推定。それらは戦死した中国兵や処刑された便衣兵とみられます。古今東西、戦闘で兵士が死ぬことを決して虐殺とは言いません。

 

さらには、大宅壮一、西条八十、草野心平、石川達三、林笑美子らのジャーナリストが陥落勅語の南京を訪れているものの、誰一人として虐殺やその痕跡を目撃した人はいません。

 

そして中国国民軍でさえ、南京陥落3ヶ月後の1938年3月の臨時大会で行った軍事報告で、南京の「失陥」には言及しているものの、「大虐殺」には触れていない。

 

同じ年の7月に蒋介石が発表した「友好国への声明」でも、南京ではなく広東空襲を非難しています。中国共産党の当時の記録や、毛沢東の演説にも「南京大虐殺」は存在しません。

 

「南京大虐殺」が国際的に非難されるのは、戦後の東京裁判が初めてです。つまり、東京裁判と呼ばれる、戦勝国が敗戦国をさばくというとんでもない東京リンチで、とにかく日本を悪者にしようとでっちあげられたお話のひとつです。

 

その後、北村稔立命館大学教授や、作家の(故) 鈴木明氏の取り組みで、中国側の史料のみを使った実証的研究も行なわれました。その結果、「南京大虐殺」の証拠とされてきた本の著者は国民党政府に金で雇われていたエージェントであることが分かりました。

 

オーストラリア国籍で英紙マンチェスター・ガーディアンの中国特派員、ティンパーリーという人物です。南京に行ったことさえもない彼は、「戦争とは何か - 中国における日本軍の暴虐」という自分の本にそのことを書き、1938年7月にニューヨークとロンドンで出版しました。

 

英国の一流紙の特派員の本ということで信頼がよせられましたが、そこには「非武装の4万人近い人間が南京城内や城壁近くで殺されたことを埋葬証拠は示している。その内約3割は決して兵士ではなかった」と書かれています。

 

埋葬証拠とは前述の紅卍字会の水増しした数字です。この4万人という数字を国民党は粉飾して30万人にふくらませたようで、南京大虐殺はこの本から始まったようです。

 

当時日本軍が南京に迫ると、蒋介石軍は南京放棄を決め、日本軍に宿舎や陣地として使われないように、南京城外半径約6kmの家屋を「清野作戦」と呼ばれるもので焼き払ったそうです(中国ではこの行為もも日本側の仕業と主張しています)。

 

蒋介石をはじめとする政府関係者や比較的裕福な住民は全て脱出。司令官の唐生智は日本軍の降伏勧告に応じずに、陥落前夜に将兵を置き去りにして敵前逃走しました。

 

南京に残ったのは比較的に貧困層で、欧米15人による国際委員会が管理する「安全区」に全て集められました。そこには軍服を脱いで民間人になりすました中国兵も大量に紛れ込んでいました。

 

別冊「正論」 2014年4月号

 

南京虐殺を示す写真等も出回っているそうですが、それらが嘘の証拠物であることも判明しています。ひどいものなどは、当時中国に住んでいた日本人を中国人部隊が信じられないような方法で虐殺した時(通州事件) の写真が使われました。

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

天の貯金 – ポーランド人のおばちゃんが言った、「誰かが上の方で見ているわよ!」 (Wed, 01 Apr 2020)
デュッセルドルフの駅前で掃除をしている時によく声をかけられます。 そのほとんどが… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ、NRW州での社員数50人までの法人へのコロナウィルス経済救援措置とは… (Sun, 29 Mar 2020)
世の中がとんでもないことになっています。 NRW州では早速個人経営〜中小企業(社… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の「無敵」の意味 – ナンバーワンではなくて、オンリーワン (Sat, 28 Mar 2020)
無敵と聞くと普通、向かう所、敵なしの「最強」というイメージがあります。 でも読ん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

まずはやってみることの大切さ… (Wed, 25 Mar 2020)
一歩踏み出すと、踏み出す前には見えなかったものが見えてきます。 簡単な例でスポー… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

国会議員に必要なのは地頭の良さでは? (Wed, 18 Mar 2020)
つい最近知ったばかりの単語… 「地頭」 東大出とか、とんでもなく頭が良い(はずな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の頭の良さとは? その2 (Sun, 15 Mar 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「本当の頭の良さとは?」という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の頭の良さとは? (Wed, 11 Mar 2020)
「地頭」という新しい単語?を知りました。 お客様の1人からつい最近に知った言葉で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

気を遣った方が良い表現は「少々お待ち下さい」➡︎ 「はい、只今」だけではありません。 (Sat, 07 Mar 2020)
遠慮します。 遠慮致します。 遠慮させていただきます。 お断りします。 お断り致… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうしても気になってしまう、ドイツ人(だけ?)の無神経さ (Sat, 22 Feb 2020)
というのは、ドイツに限らずどこでもあるのだろうと思います。 例えばこの例。 ドイ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の左翼右翼の現状? (Wed, 05 Feb 2020)
最近現地法人設立をお手伝いさせていただいた人から日本のことをどうやって知るかと聞… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安かろう、悪かろう、がこのまま続いて大丈夫? (Sat, 25 Jan 2020)
あらゆる物の製造が人件費の安い国々に移り、物の値段が嘘のように安くなりました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし… (Wed, 22 Jan 2020)
昨年末に、IT 業界で現地法人設立のサポート中のお客様の会社登記が済みました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」2020年1月号、小中高の学力日本一、秋田県と東成瀬村 (Sat, 18 Jan 2020)
秋田県は、平成19年から文部科学省が実施している全国学力テストでずっとトップクラ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴーンさんと、第二次世界大戦終了時の日本軍将校の行動の違い (Sun, 12 Jan 2020)
99%以上の有罪率で、日本の検察がいくら異常だとしても、逃げたらそれはアウトを意… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本日丁度、3歳になったアッくんのデュッセルドルフの駅前のお掃除 (Sun, 12 Jan 2020)
ここ数回、参加してくれている最年少のアッくん、本日3歳になる誕生日が丁度、掃除活… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「了解です!」という返事のグレード (Wed, 08 Jan 2020)
レストランなどで注文をした時に、お店の人に「了解です!」と言われたことはないでし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の検察よりも、ゴーンさんの方が一枚上手なのは当然のこと… (Sat, 04 Jan 2020)
ゴーンさんがレバノンに逃げたことが騒がれています。 最初は、「あ〜あ、世界的に有… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

年末の最高の言葉のプレゼント (Mon, 30 Dec 2019)
先月、MEDICAという世界最大の医療業界の展示会がデュッセルドルフで行われまし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」12月号 (Sat, 28 Dec 2019)
巻頭の言葉、「貨尽(かつ)きて而(しか)る後に足らざるを知るは、これ量を知らざる… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

法人が、国の援助などを頼っていたら、ドイツ進出はおぼつかない… (Sat, 21 Dec 2019)
安倍政権や東京都、各県は日本の中小企業を随分と応援しているようです。 つまり、中… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

歌舞伎町でゴミ拾いをするホストたち (Sat, 14 Dec 2019)
私たちがデュッセルドルフの駅前を毎月掃除しているのを知っている人が、このニュース… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

石破さんの戦争発言… 戦争という単語が間違っているのでは? (Wed, 11 Dec 2019)
ないでしょうか? 自民党の石破さん曰く、あの田中角栄さんが当時言っていたそうです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛、霜降り肉ってどうしてこんなに美味しいのでしょう… (Wed, 11 Dec 2019)
先日のケルンでの食料品メッセ、ANUGAで知人を通じたご縁で通訳として和牛のプロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

緊急投稿 – 詐欺と思われるメール (Mon, 09 Dec 2019)
時々詐欺のメールが届きます。昔もやはりアフリカからそういうのが届き、当時、領事館… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

現地法人設立及びプロモーションのプロ – 20年後の会社生存率は1000社に対して僅か3社… (Sat, 23 Nov 2019)
もう、いくつの日系企業のドイツ子会社、現地法人設立に携わったでしょうか… 前に勤… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 8 – MEDICAの通訳任務も無事に終わり、思いがけないご褒美が… (Thu, 21 Nov 2019)
依頼主の CREWT社の創業社長、江口さんとメッセ会場でお別れとなりました。 江… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 7 – 時には通訳。でも本業はビジネスコンサル! (Wed, 20 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフの医療メッセ、MEDICAの真っ最中。 日本から来ている1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...