世界と比べて日本の若者が希望を持っていない統計等>http://www.niye.go.jp/
 
ヘンリー・ダイアー、フランスの駐日大使クローデル、中国大使マクマレー、駐日大使グルー、アメリカ外交の父ジョージ・ケナン
 
プロローグ=独特な日本人の抜粋
 
簡単な歴史
 
独特な日本人
ちょんまげ、お辞儀、腹切り、謝る国民性、神風特攻隊、謙遜は美徳、
 
日本の特徴
 教育 そして外交が下手
 
 
抱えている問題
 
 
 
今からわずか150年ほど前までは、多くの男がハゲ頭のような上に束ねた髪の毛をちょこんと乗せた、奇妙さたぐいまれなるヘアースタイルをして、それまで200年以上も鎖国をしていた国が、大国の中国やロシアと戦争をして勝ってしまったのでしょうか。普通に考えれば、他国と比べて遅れをとるだけの鎖国中でさえ、あのゴッホが画商である弟に宛てた手紙に、”全ての自分の作品は、多かれ少なかれ日本の画(浮世絵)にもとずいている” と言わしめる美術が生み出されたり、微分積分学をニュートンやライプニッツよりも早く、そしてベルヌーイ数をベルヌーイよりも早く発見していたと言われる関孝和という偉大な数学者や、サテライトを使った最新の地図とほとんどかわりのない日本地図を既にあの当時に完成させていた伊能忠敬など、何人もの才人を生み出す文化が作り上げられたとはいえ、西洋と比べれば何も無かったに等しい日本がわずかな時を経て大国の中国やロシアに戦争で勝ってしまうというのはちょっと信じられないことです。それは勿論その当時、世界中で驚かれました。
 
現在の天皇が第125代目。これだけ同一のファミリーで皇室(あるいは王室)が長く続いている国は世界広しといえ日本以外にはありません。満州や第二次世界大戦こそやり過ぎ(?) だったのかもしれませんが、日露戦争のように白人の国と戦争をして勝ってしまったり、あのアメリカと戦争をしてしまった国はアジアでは日本を除いて他にはありません。でもそれだけに敗れた後の罰は、東京裁判などで一方的な罪滅ぼしをさせられたり、日本語がアルファベットに置き換えられてしまう危機を迎えたり、その後アメリカでもマクガバンレポートによって大変優れていることが判明した日本食が否定されて、アメリカで余っていたパン(小麦)と、身体に合わなくて消化もできない牛乳が普及させられる羽目にはなりましたが、あのマッカーサーさえも、日本のようにこれだけ資源のない国が資源を輸入できなくなれば誰でも戦争を始めると言ったらしいですからしょうがなかったのかもしれません。
 
いまさら西洋人を責めるわけではありませんが、あの当時は西洋の列強が東洋の弱々しい国々を次々に植民地化してむさぼる、西洋の国々が東洋の国々を次々と征服する時代だったことは事実です。その時代において西洋人が唯一、”ん?、この国はなんか変だぞ…” と思わせるフシが日本にはありました。日本以外の東洋の国々では西洋人がしたい放題だったのが、日本では例えば大名行列に割り込んで入ってしまった乗馬を楽しむ西洋人が、”無礼者!” とばかりに大名行列のお侍さんに切られてしまうような国でした。これには西洋人もびっくりしたようです。勿論日本もその償いの大きさには驚いたようですが…
 
考えてみれば日本とは、海外から取り入れて>都合よく自分に合わせて消化して>自分のものにしてしまう… のが得意な国民ではないでしょうか。漢字は元々中国で、世界三大聖人の誰もが生まれるよりもはるか前に生まれたそうです。それを取り入れて日本語に組み合わせてしまい、そこに独自のひらがなやカタカナなどを加えて大変便利な言語にしてしまいました。そして日本語の単語は使いやすさのためにいとも簡単に略されてしまいます。安保、電卓、ダメ元… カタカナの外来語まで、マック、ワープロ、スマホ… しまいには両方合わせた、アメ車、アメ横、イタ飯などもあり、それらの究極は何と言っても KY などでしょうか。最初にKY を聞いたのは丁度正月過ぎだったので、”今年も宜しく” までそんな姿になってしまったのか… と当時、勘違いしてしまったものです… 笑。
 
日本では昔(今も?) 水と安全がタダの国と言われました。確かにお店に入ればまずは無料のお水が出てきますし、田舎に行くと鍵をする習慣がなくて都会育ちは理解に苦しみました。そんないい国からドイツに来て暮らし、どうしてドイツの生活の方がいいのでしょうか…

マスク、レストランでの呼び鈴、タクシーの自動ドア、貴重品の管理・安全性、お菓子の美味しさ、女性専用車両、ウォシュレット、自販機(種類と、安全性・金庫)、ラブホテル、100円ショップの商品の質、デパチカの試食、電車の時間の正確さ、アイスコーヒー、運転のマナー、街頭でのティッシュ配り、夜道の安全性、コンビにの存在、立体駐車場、

 

 

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036036.PDF

 

日本文化にはまった外国人(日)

https://www.youtube.com/watch?v=kcrVnERwfA8&feature=youtu.be

 

日本国や神社に感動した外国人の言葉

https://www.youtube.com/watch?v=-jFkT2PI65Q&feature=youtu.be

 

【すごいぞ日本】 外国人がビックリする、世界に誇る日本のすごいところ!

https://www.youtube.com/watch?v=0TdHu-eZaF8&feature=youtu.be

 

 

日本人よ、誇りを持て!

http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/

 

立花隆 1人放送局

http://top.tachibanat.com/

 

愛国女性の集い

http://www.hanadokei2010.com/index.php

 

 

頑張れ日本、全国行動委員会

http://www.ganbare-nippon.net/

 

 

日本再生クラブ

http://www.nippon-saisei.com/

 

 

日本会議

http://www.nipponkaigi.org/about

 

 

昔の日本だけではない。実は今でも日本は世界が羨む素晴らしい国なのだ。  日本は世界で最も治安の良い国である。日本の犯罪発生率は 1.336 であり、米国 3.466、独国 7.383、仏国 5.634 など主要国と比べても断トツで少ない。  WTO(世界保健機関)が評価する世界各国の「健康達成度」でも日本は総合ランキング 1 位である。平均寿命、健康寿命、乳児死亡率など全ての面で1位。国民全員が等しく医療にかかれ、負担も少ない。間違いなく日本の医療制度は世界一である

 

江戸時代の生活を研究した米国の女性学者スーザン・ハンレイはこう書き残している。 1850 年に、もし地球上のどこかに住居を決めなければいけないとしたら、私が勤労階級に生まれていたならば日本に住みたい。貴族であったならばイギリスに住みたい」

 

イギリスの詩人エドウィン・アーノルドは日本の印象をこう語っている。 「日本には、礼節によって生活を楽しいものにするという普遍的な社会契約が存在する」 「地上で天国あるいは極楽に最も近づいている国だ。その景色は妖精のように優美で、その美術は絶妙であり、その神のように優しい性質はさらに美しく、その魅力的な態度、その礼儀正しさは、謙譲ではあるが卑屈に堕することなく、精巧であるが飾ることもない。これこそ日本を、人生を生甲斐あらしめるほとんどすべてのことにおいて、あらゆる他国より一段と高い地位に置くものである」  礼節の国、美しい国土、謙譲で飾ることない性質等、我々は気がついていないが、いずれも日本人の誇りとすべきことである

 

産業 五輪/航空産業不可欠企業
風景写真をデュッセルで募集
各YT ユーザーの動画チェック
Omotenashi bushido
 
現在の加工位置
Kunstler Top Bilder/jap. Joke
日本の三大名園
日本語 季節 163/165/166ページ
六然 464
公文の本 写真
 
招き猫の写真を探していたら見つけました。
 
 
こちらは昨日川崎さんのPCで見たものです。
 
こちらは無料写真のリンク集です。
 
Doku bushi..?
Kinsei1560
Samurai challenger
Das schwert der samurai (katana) 1/5
Manga Mediacontainer
Tennou Heitai Irukandji Apache
Dareios Manga Sumo
正座は室町時代
観光 川越市
日米安保条約
UN. nato..?
Youtube
Verfassung 2? Artikel 9
占領下 kaiser und armee
Doku deutsch
Japan Land der Extreme
Omotenashi Gastfreundschaft auf j.(Ryokan)
Der Kimono Zauber aus Seide 
Der Abt von Antaiji ein deutschee
Ninja Japans Schattenkrieger
Majestaet
Kyotos Baudenkmaeler
Geisha
Manga
Nou
Dareios Michinagare
 
DOKU der tawaraya ryokan
favidstv Faszination Erde Japan
 
Tokyo Freeters
Sphinx Gefangenen. 
(Schogun)William Adams..?
 
Imperium
Traumhafte Kueste okinawa
Doku Naginata in japan
Apetit auf japan 
 
Faszination erde das andere japan
インド、インドネシア、ビルマ、マレー、パラオ、ベトナム

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

安倍政権の、外国人労働者受け入れ拡大には大反対 (Sat, 15 Dec 2018)
私は人というものが何より大切だと思っている。私たちの国というのは、この、人という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

自分の国を誇れる? (Tue, 30 Oct 2018)
以前イタリアで見かけたTシャツです。 せっかく写真を撮らせてもらったのに、彼がア… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

移民受入 (Thu, 25 Oct 2018)
安倍政権が、移民と言うか、海外労働者の受け入れを加速させるそうです。 現時点でも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

善いことは波及する (Sat, 15 Sep 2018)
くだらないことかもしれませんが、先日デュッセルドルフの街中を車で走っていて嬉しい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴミ回収車をありがたいと思うか、邪魔だと思うか… (Tue, 29 May 2018)
ゴミ回収日の朝に車を運転していて、たまたま自分の車の前にゴミ回収車が現れた時、「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...