ホンジュラスで貢献・活躍した日本人

中米・ホンジュラスの貧しい村で救済活動に取り組んできた藤山シンさん。自らStudents Helping Honduras(SHH)を立ち上げて数十万ドルもの寄付を集めるなど精力的に活動してきました。

藤山さんは小さい頃、心臓に穴が開いていて、長くは生きられないと医師に宣告されており、不憫な少年時代だったのだとか。しかし、どういうわけかその穴は次第に塞がっていき、普通の子供の同じように過ごせるようになったのだとか。どういう神のいたずらでしょうか。

高校を卒業後、米国のメリー・ワシントン大学へ進学が決まった藤山さん。しかし、大学への入学を延期してなんとブラジルへサッカー留学。藤山さんは体が弱かった少年時代もあってサッカーを思いっきりやることが夢だったのだとか。

ブラジルでは念願叶って思いっきりサッカーを楽しんだそうですが、両親に負担をかけないため、かなり貧乏な生活をしていたのだそうです。

そんなある日、なけなしのお金で買った一切れのパンを持って道を歩いていると物乞いの子供に声を掛けられた藤山さん。自分も空腹であったはずですが、その子供に持っていたパンをあげてしまったのだそうです。

礼を言って立ち去る子供を見送って空腹感とは別の満足感を得たのだとか。この経験がのちの人生を大きく変えるきっかけになっていきます。

ブラジルでのサッカー留学を終えて大学に進んだ藤山さん。学内の研修旅行でホンジュラスの小さな村を訪れたのだそうです。ホンジュラスは軍事クーデターで国内が乱れ、さらにハリケーンによる甚大な被害を受けて失業者が増加し、それに伴う貧困にも苦しむ状況にあります。

藤山さんはあのブラジルで物乞いをしていた子供と同じような子供たちが現地にたくさんいることを知ります。そして、帰途の飛行機で偶然に隣り合わせたのが慈善活動家ヘンリー・オズバーン氏。オズバーン氏は同国の経済状況の悪化で児童養護施設が閉鎖寸前であること、また言葉の壁に悩んでいることを藤山さんに語ります。

ブラジル留学でポルトガル語・スペイン語に堪能になっていた藤山さん。オズバーン氏の誘いを受けてホンジュラスでの活動を決意します。オズバーン氏との出会いといい、何か神の手による導きを感じますね。思えば、ブラジルで出会った物乞いの少年も何か見えざる手できっかけを与えるよう仕組まれていたのかもしれませんね。

それから藤山さんは大学のキャンパス内でビラ配りをして協力してくれる学生を募集し始めます。学生でここまで積極的に活動できるだけでも大したものですね。しかし、ここからすごいのは彼の熱意によって人がどんどん集まっていったこと。

ビラを配るのと同時に現地の写真を見せて窮状を訴える藤山さん。その熱意に学生たちは心を動かされていったのだそうです。人を惹きつけるすごいパワーを持っていたんでしょうね。

こうして実の妹さんの協力も得て、一緒にSHHを設立。寄付した人が税金の控除を受けられるよう正式な慈善団体としても登録します。これって寄付を募る上で相手の大きなメリットとなりますから大事ですね。

そうして2006年に寄付を募るウォークソンを開き、メリーワシントン大学と地元の協力でなんと15万ドルの寄付を集めます。学生の立ち上げた団体で1000万円以上の金額を集めるなんて、24時間テレビもびっくりですね。

そうして集めた資金を元に、児童養護施設の救済とハリケーンで家を失ったシエテ・デ・アブリル村の人々のために家を建てる支援を開始。それもお金だけ渡すのではなく、藤山さんたち自らが現地に足を運び、作業まで手伝っていたのだそうです。そのほか教育・職業訓練・インフラ整備など村人が自立していけるような支援も実施。お金だけ渡すよりも自らの力で貧困から抜け出す手助けをするほうが発展的ですよね。

現在もSHHの事務局長を務める藤山さん。小学校の建設や孤児院の開設などのプロジェクトは現在も進行しています。SHHの組織自体も米国各地の大学や高校に設置されるほどに広がっています。

藤山さん一人で始めた活動が今や大きな輪となっています。ホンジュラスの小さな村のため日々献身的な活動を続ける藤山さん。

 

出典元: KNOWLEDGE-知識の泉- 藤山シン(SHH代表)のWiki!ホンジュラスで活躍!

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本語にも英語にもない、とても素敵なドイツ語の肩書き – Kundenbetreuung (Sun, 27 Sep 2020)
Kundenbetreuung にぴったりの単語は日本語にも英語にもありません。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の交通状況譲り合いの違い (Fri, 25 Sep 2020)
イギリスを真似て、ドイツも多くの信号機付の十字路がロータリーに代わりました。 そ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンドラー、杉原千畝、旧日本軍中将 樋口季一郎の共通点 (Wed, 23 Sep 2020)
シンドラーは1200人のユダヤ人の命を救い、杉原千畝は6千人を救ったそうです。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

香港問題。チベット、ウイグル弾圧 (Mon, 21 Sep 2020)
中国のチベットやウイグルへの弾圧は、現地のお坊さんたちの焼身自殺までしての訴えや… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンプルザベスト (Sun, 13 Sep 2020)
先日、あるホテルのバイキングで夕食となりました。 食べるために用意される道具は普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「嫌な奴のお面をかぶった神様」 (Wed, 09 Sep 2020)
という考え方があります。 周りにいる嫌な奴は、実は中身は神様という意味です。 神… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動 (Sun, 06 Sep 2020)
を初めて5年と数ヶ月がたちました。 よく続いているものだと思います。 これも、参… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

やれば出来る。指7本で弾く一流ピアニスト (Sat, 05 Sep 2020)
月刊紙「致知」7月号で、障害のために左右合わせて7本の指しか使えないピアニストの… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

迷った時はやってみる! (Thu, 03 Sep 2020)
長い人生の中で何度かは訪れる岐路。 やるべきか、やめておくべきか… 果たしてどっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが… (Mon, 31 Aug 2020)
在デュッセルドルフ日本総領事館からのお知らせです。 主催者は、あるいはそのバック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 3 (Sat, 25 Jul 2020)
なぜ読み始めるようになったのかは、故・安岡正篤さんという偉人が関係しています。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 2 (Sun, 19 Jul 2020)
はっきり言って、人によってはこの月刊紙は硬い読み物です。 人間学などという硬いこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 1 (Fri, 17 Jul 2020)
「致知」という月刊紙があります。 日本の近代史を正しく伝える記事が出ることがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

暴動が起きる国と起きない国 (Sat, 11 Jul 2020)
人種差別でアメリカでは暴動が起きました。 長く住むここドイツではあり得ないな… … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして歳を取ると物を大事にするようになるのか… (Wed, 08 Jul 2020)
歳を取ってくると物を大事にする理由が分かってきました。 同類(どうるい)相(あい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「少々お待ちください」と「はい、只今」その3 (Mon, 06 Jul 2020)
「少々お待ちください」と「はい、只今」のとても大きな違いは肯定と否定にあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツホロコーストの長編 -Holocaust die Geschichte der Familie Weiß – (Wed, 24 Jun 2020)
この映画(ドラマ)が1970年代にドイツで放送された時、多くのドイツ人がショック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

便器の素手洗いは本当に不衛生? (Tue, 16 Jun 2020)
便器を素手で洗う人たちがいます。 故小林静観さん、鍵山秀三郎さんはご存知ないかも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナにより、約2ヶ月ぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除活動 (Sun, 17 May 2020)
密を避けるために2ヶ月以上休止していた掃除活動を本日再開しました。 路上の車の数… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルス対策 (Sun, 19 Apr 2020)
ドイツ、NRW州の自営業者(1人)〜社員数25人まで〜50人までの組織へのコロナ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本のコロナウィルス対策。拙速(ドイツ)巧遅(日本?)。100万円〜300万円ばらまき支援、自営業者〜零細〜中小企業向け (Sun, 19 Apr 2020)
モタモタしている日本と違い、ドイツの自営業者〜零細〜中小企業向けの支援策の決定、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか? (Sat, 11 Apr 2020)
さて、この時計に写っている人は誰でしょう? そう、2006年末に処刑されたあのサ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...