ホンジュラスで貢献・活躍した日本人

中米・ホンジュラスの貧しい村で救済活動に取り組んできた藤山シンさん。自らStudents Helping Honduras(SHH)を立ち上げて数十万ドルもの寄付を集めるなど精力的に活動してきました。

藤山さんは小さい頃、心臓に穴が開いていて、長くは生きられないと医師に宣告されており、不憫な少年時代だったのだとか。しかし、どういうわけかその穴は次第に塞がっていき、普通の子供の同じように過ごせるようになったのだとか。どういう神のいたずらでしょうか。

高校を卒業後、米国のメリー・ワシントン大学へ進学が決まった藤山さん。しかし、大学への入学を延期してなんとブラジルへサッカー留学。藤山さんは体が弱かった少年時代もあってサッカーを思いっきりやることが夢だったのだとか。

ブラジルでは念願叶って思いっきりサッカーを楽しんだそうですが、両親に負担をかけないため、かなり貧乏な生活をしていたのだそうです。

そんなある日、なけなしのお金で買った一切れのパンを持って道を歩いていると物乞いの子供に声を掛けられた藤山さん。自分も空腹であったはずですが、その子供に持っていたパンをあげてしまったのだそうです。

礼を言って立ち去る子供を見送って空腹感とは別の満足感を得たのだとか。この経験がのちの人生を大きく変えるきっかけになっていきます。

ブラジルでのサッカー留学を終えて大学に進んだ藤山さん。学内の研修旅行でホンジュラスの小さな村を訪れたのだそうです。ホンジュラスは軍事クーデターで国内が乱れ、さらにハリケーンによる甚大な被害を受けて失業者が増加し、それに伴う貧困にも苦しむ状況にあります。

藤山さんはあのブラジルで物乞いをしていた子供と同じような子供たちが現地にたくさんいることを知ります。そして、帰途の飛行機で偶然に隣り合わせたのが慈善活動家ヘンリー・オズバーン氏。オズバーン氏は同国の経済状況の悪化で児童養護施設が閉鎖寸前であること、また言葉の壁に悩んでいることを藤山さんに語ります。

ブラジル留学でポルトガル語・スペイン語に堪能になっていた藤山さん。オズバーン氏の誘いを受けてホンジュラスでの活動を決意します。オズバーン氏との出会いといい、何か神の手による導きを感じますね。思えば、ブラジルで出会った物乞いの少年も何か見えざる手できっかけを与えるよう仕組まれていたのかもしれませんね。

それから藤山さんは大学のキャンパス内でビラ配りをして協力してくれる学生を募集し始めます。学生でここまで積極的に活動できるだけでも大したものですね。しかし、ここからすごいのは彼の熱意によって人がどんどん集まっていったこと。

ビラを配るのと同時に現地の写真を見せて窮状を訴える藤山さん。その熱意に学生たちは心を動かされていったのだそうです。人を惹きつけるすごいパワーを持っていたんでしょうね。

こうして実の妹さんの協力も得て、一緒にSHHを設立。寄付した人が税金の控除を受けられるよう正式な慈善団体としても登録します。これって寄付を募る上で相手の大きなメリットとなりますから大事ですね。

そうして2006年に寄付を募るウォークソンを開き、メリーワシントン大学と地元の協力でなんと15万ドルの寄付を集めます。学生の立ち上げた団体で1000万円以上の金額を集めるなんて、24時間テレビもびっくりですね。

そうして集めた資金を元に、児童養護施設の救済とハリケーンで家を失ったシエテ・デ・アブリル村の人々のために家を建てる支援を開始。それもお金だけ渡すのではなく、藤山さんたち自らが現地に足を運び、作業まで手伝っていたのだそうです。そのほか教育・職業訓練・インフラ整備など村人が自立していけるような支援も実施。お金だけ渡すよりも自らの力で貧困から抜け出す手助けをするほうが発展的ですよね。

現在もSHHの事務局長を務める藤山さん。小学校の建設や孤児院の開設などのプロジェクトは現在も進行しています。SHHの組織自体も米国各地の大学や高校に設置されるほどに広がっています。

藤山さん一人で始めた活動が今や大きな輪となっています。ホンジュラスの小さな村のため日々献身的な活動を続ける藤山さん。

 

出典元: KNOWLEDGE-知識の泉- 藤山シン(SHH代表)のWiki!ホンジュラスで活躍!

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

本の知識で、南京虐殺があったと思っている日本ファンドイツ人 (Sat, 03 Aug 2019)
を少なくとも2人程知っています。 もしそれを否定しようものなら、「南京虐殺を否定… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

人間が何を食べて良いかは誰が決める? (Sat, 27 Jul 2019)
自分が住んでいるデュッセルドルフの郊外で見かけた車の後部です。 これを見て一瞬「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人気質がとても良く現れているジョーク、タイタニック号が沈む時 (Sat, 29 Jun 2019)
タイタニック号が沈む時に、男性の乗客に早く海に飛び込むように促す掛け声の違いで、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

人に迷惑をかけない人になって欲しい… 2 (Sat, 22 Jun 2019)
ネットdeデュッセルには、ドイツで交通事故に遭ったりして困った時に、その場で相談… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「人に迷惑をかけない人になって欲しい…」 (Sat, 08 Jun 2019)
…という答えが、日本人の7割の親から返ってくるそうです。 質問の内容は、「自分の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Proud to be Japanese (Sat, 04 May 2019)
と書いてあるわけではありませんが、先日見かけた PROUD TO BE AMER… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

靴を脱ぐ時に、どうして外に向けて揃えて置くのか… (Sat, 30 Mar 2019)
良い家庭、あるいは躾に厳しい家庭に育てば当たり前のことですが、今の日本ではなかな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

出る杭(日本・日本人)は打たれる (Sat, 09 Mar 2019)
慰安婦問題、南京虐殺、朝鮮人強制連行、捕鯨にイルカ漁などなど、日本はいつも叩かれ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

外国人が驚く日本人の秩序 (Sat, 02 Feb 2019)
日本に来る外国人観光客が驚くことがたくさんあります。 何と言ってもそのナンバーワ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の治安 その2 (Sat, 12 Jan 2019)
日本に観光に来る外国人の間で、いくつかの日本の不思議があります。 ウォシュレット… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の治安 (Sat, 05 Jan 2019)
デュッセルドルフの隣の市、メアブッシュ市で見かける光景です。 傷みの遅い野菜など… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安倍政権の、外国人労働者受け入れ拡大には大反対 (Sat, 15 Dec 2018)
私は人というものが何より大切だと思っている。私たちの国というのは、この、人という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

自分の国を誇れる? (Tue, 30 Oct 2018)
以前イタリアで見かけたTシャツです。 せっかく写真を撮らせてもらったのに、彼がア… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

移民受入 (Thu, 25 Oct 2018)
安倍政権が、移民と言うか、海外労働者の受け入れを加速させるそうです。 現時点でも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

善いことは波及する (Sat, 15 Sep 2018)
くだらないことかもしれませんが、先日デュッセルドルフの街中を車で走っていて嬉しい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2 (Tue, 31 Jul 2018)
虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

左翼小児病という言葉をご存知でしょうか? 反日日本人という不思議な存在。 (Thu, 26 Jul 2018)
以前のブログで、日本のTVや新聞に時々出る、その方面では有名な人から手紙が届いた… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴミ回収車をありがたいと思うか、邪魔だと思うか… (Tue, 29 May 2018)
ゴミ回収日の朝に車を運転していて、たまたま自分の車の前にゴミ回収車が現れた時、「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...