ホンジュラスで貢献・活躍した日本人

中米・ホンジュラスの貧しい村で救済活動に取り組んできた藤山シンさん。自らStudents Helping Honduras(SHH)を立ち上げて数十万ドルもの寄付を集めるなど精力的に活動してきました。

藤山さんは小さい頃、心臓に穴が開いていて、長くは生きられないと医師に宣告されており、不憫な少年時代だったのだとか。しかし、どういうわけかその穴は次第に塞がっていき、普通の子供の同じように過ごせるようになったのだとか。どういう神のいたずらでしょうか。

高校を卒業後、米国のメリー・ワシントン大学へ進学が決まった藤山さん。しかし、大学への入学を延期してなんとブラジルへサッカー留学。藤山さんは体が弱かった少年時代もあってサッカーを思いっきりやることが夢だったのだとか。

ブラジルでは念願叶って思いっきりサッカーを楽しんだそうですが、両親に負担をかけないため、かなり貧乏な生活をしていたのだそうです。

そんなある日、なけなしのお金で買った一切れのパンを持って道を歩いていると物乞いの子供に声を掛けられた藤山さん。自分も空腹であったはずですが、その子供に持っていたパンをあげてしまったのだそうです。

礼を言って立ち去る子供を見送って空腹感とは別の満足感を得たのだとか。この経験がのちの人生を大きく変えるきっかけになっていきます。

ブラジルでのサッカー留学を終えて大学に進んだ藤山さん。学内の研修旅行でホンジュラスの小さな村を訪れたのだそうです。ホンジュラスは軍事クーデターで国内が乱れ、さらにハリケーンによる甚大な被害を受けて失業者が増加し、それに伴う貧困にも苦しむ状況にあります。

藤山さんはあのブラジルで物乞いをしていた子供と同じような子供たちが現地にたくさんいることを知ります。そして、帰途の飛行機で偶然に隣り合わせたのが慈善活動家ヘンリー・オズバーン氏。オズバーン氏は同国の経済状況の悪化で児童養護施設が閉鎖寸前であること、また言葉の壁に悩んでいることを藤山さんに語ります。

ブラジル留学でポルトガル語・スペイン語に堪能になっていた藤山さん。オズバーン氏の誘いを受けてホンジュラスでの活動を決意します。オズバーン氏との出会いといい、何か神の手による導きを感じますね。思えば、ブラジルで出会った物乞いの少年も何か見えざる手できっかけを与えるよう仕組まれていたのかもしれませんね。

それから藤山さんは大学のキャンパス内でビラ配りをして協力してくれる学生を募集し始めます。学生でここまで積極的に活動できるだけでも大したものですね。しかし、ここからすごいのは彼の熱意によって人がどんどん集まっていったこと。

ビラを配るのと同時に現地の写真を見せて窮状を訴える藤山さん。その熱意に学生たちは心を動かされていったのだそうです。人を惹きつけるすごいパワーを持っていたんでしょうね。

こうして実の妹さんの協力も得て、一緒にSHHを設立。寄付した人が税金の控除を受けられるよう正式な慈善団体としても登録します。これって寄付を募る上で相手の大きなメリットとなりますから大事ですね。

そうして2006年に寄付を募るウォークソンを開き、メリーワシントン大学と地元の協力でなんと15万ドルの寄付を集めます。学生の立ち上げた団体で1000万円以上の金額を集めるなんて、24時間テレビもびっくりですね。

そうして集めた資金を元に、児童養護施設の救済とハリケーンで家を失ったシエテ・デ・アブリル村の人々のために家を建てる支援を開始。それもお金だけ渡すのではなく、藤山さんたち自らが現地に足を運び、作業まで手伝っていたのだそうです。そのほか教育・職業訓練・インフラ整備など村人が自立していけるような支援も実施。お金だけ渡すよりも自らの力で貧困から抜け出す手助けをするほうが発展的ですよね。

現在もSHHの事務局長を務める藤山さん。小学校の建設や孤児院の開設などのプロジェクトは現在も進行しています。SHHの組織自体も米国各地の大学や高校に設置されるほどに広がっています。

藤山さん一人で始めた活動が今や大きな輪となっています。ホンジュラスの小さな村のため日々献身的な活動を続ける藤山さん。

 

出典元: KNOWLEDGE-知識の泉- 藤山シン(SHH代表)のWiki!ホンジュラスで活躍!

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

やっぱりおかしい、朝日新聞 (Thu, 29 Jul 2021)
戦前に、朝日新聞は散々国民を「対アメリカ開戦、参戦」に煽ったことをご存知でしょうか? 以前、虎ノ門ニュースでその新聞の実物が紹介されました。 戦前は、国民を開戦ムードに向けて散々に煽ったそうです。 さらに戦中後半には、日続きを読む "やっぱりおかしい、朝日新聞"
>> Mehr lesen

東京オリンピックでの日本人選手の活躍 (Wed, 28 Jul 2021)
東京オリンピックでの日本人選手の活躍が目覚ましいです。 一体、どういうことでしょうか? 今日の若い日本人は、豊かさが当たり前になり、温室育ち(= もやしっ子)の平和ボケになってしまっていると心配していました。 オリンピッ続きを読む "東京オリンピックでの日本人選手の活躍"
>> Mehr lesen

ドイツ vs イギリス&オランダのコロナに対する構え方の大違い (Wed, 28 Jul 2021)
ドイツでは、先日やっとレストランの店内営業が出来るようになりました。 と思いきや、感染者率指数が再び35(10万人中)を超えて、店内飲食はワクチン接種の証明書か、コロナテストの陰性証明が必要になりました。 この週末で、1続きを読む "ドイツ vs イギリス&オランダのコロナに対する構え方の大違い"
>> Mehr lesen

妹を殺された遺族が、受刑者の出所後のサポート? (Sat, 24 Jul 2021)
大阪に、カンサイ建装工業株式会社という、建物のリフォームを行なっている会社があります。 その会社の社長さんである草刈健太郎さんの妹さんは、映画の仕事に憧れて16年前にアメリカに行ったそうです。 そしてアメリカで知り合った続きを読む "妹を殺された遺族が、受刑者の出所後のサポート?"
>> Mehr lesen

やる気スイッチ (Fri, 23 Jul 2021)
よこみね式、スーパー英才教育をご存知でしょうか? とんでもない幼稚園児たちです。 人間と言うか、子どもにこれだけの可能性があるのはビックリです。 英才教育の凄さに驚くばかりですが、それと同時に人間の可能性についても驚きま続きを読む "やる気スイッチ"
>> Mehr lesen

す〜ごい男がいたもんだ〜 (Tue, 20 Jul 2021)
という歌が昔、流行ったと思います。 妹の結婚式で、新郎とその仲間たちが最後に大声で歌っていました。 私にとって、ひとりすごい男がいます。 前の前の会社のひとりの先輩です。 日本の工作機械メーカーのドイツ子会社に勤務してい続きを読む "す〜ごい男がいたもんだ〜"
>> Mehr lesen

江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 教育 – (Mon, 19 Jul 2021)
ベルク、プロイセン画家、オイレンブルグ交易調査使節団(1825~1884) 「書籍が安価なことと、日本人はどんな身分のものでも読書欲のあることは既に序章で述べておいた。 番所にいる兵士でさえ本を読んでいるし、子どもや妻君続きを読む "江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 教育 –"
>> Mehr lesen

久々の、デュッセルドルフ中央駅周りの掃除活動 (Sun, 18 Jul 2021)
4月末の掃除活動の時に、駅前の人手が極端に少なくて綺麗だったので、2ヶ月間お休みしました。 本日、久しぶりに再開しましたが、人手がとても多くなっているのと同時に、やはり汚れが目立ち、掃除のやり甲斐がありました。 西アフリ続きを読む "久々の、デュッセルドルフ中央駅周りの掃除活動"
>> Mehr lesen

運の強い人を見分ける方法 (Sat, 17 Jul 2021)
元日本ハムファイターズのコーチ、白井一幸さんは、運の強い人を先発メンバーに選んでいたそうです。 それを知った、株式会社 玄米酵素の社長、鹿内正孝さんが聞きました。 「どうやって運の強い選手を見分けるのですか?」 白井一幸続きを読む "運の強い人を見分ける方法"
>> Mehr lesen

相手によって態度を変える? (Tue, 13 Jul 2021)
田舎でダラダラ by Robeさんのブログで…: 以前、見た目がキツそうな人と話す時、話し方をじっくり考えていました。 つまり、「人によって態度を変える」ということです。 しかし、そういう考えは全く意味がありません。 相続きを読む "相手によって態度を変える?"
>> Mehr lesen

江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 男女の平等性 – (Sun, 11 Jul 2021)
ローレンス・オリファント駐日英国公使館1等書記官(1829~1888) 「おそらく東洋で女性にこれほど多くの自由と大きな社会的享楽とが与えられている国はないだろう。一夫多妻制は許されていない」 「我々が知ることので きた続きを読む "江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 男女の平等性 –"
>> Mehr lesen

人は女から始まる。女は人間のベース (Sat, 10 Jul 2021)
デュッセルドルフで年に2回、日本の漢検(漢字能力検定)を実施しています。 私は主催者且つ、試験官の1人でもあるので、当然のことながら漢字に興味を持っています。 漢字は昔、中国から伝わりましたが、日本人に作られた、日本製の続きを読む "人は女から始まる。女は人間のベース"
>> Mehr lesen

「日本人はやっぱり違う」をさらに加速! (Tue, 06 Jul 2021)
311の時の、日本人の態度が世界で賞賛されたことに気がついた人は多いと思います。 実は元々、日本人って少し、いえ、かなりおかしいんです。 世界の物差しで計ると… 過去のブログで、いくつか外国人の日本(人)に関するコメント続きを読む "「日本人はやっぱり違う」をさらに加速!"
>> Mehr lesen

ついに「ユーチューバー」としてデビュー (Mon, 05 Jul 2021)
このブログサイト(www.netdeduessel.com)の元々のウェブサイト、www.netdeduessel.de の情報を、ユーチューブの動画化することになりました。 http://www.netdeduesse続きを読む "ついに「ユーチューバー」としてデビュー"
>> Mehr lesen

江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 日本人の技量 – (Sun, 04 Jul 2021)
ラザフォード・オールコック、医師、外交官、初代駐日英国総領事(1809~1897) 「物質的文明に関しては、日本人が全ての東洋の国民の最前列に位することは否定しえない。機械設備が劣っており、機械産業や技術に関する応用科学続きを読む "江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 日本人の技量 –"
>> Mehr lesen

あやまり過ぎ(?)る日本人 (Thu, 01 Jul 2021)
「すいません」は、日本人の口癖です。 「すいません」は、必ずしも「あやまり」を意味しているわけではないと思います。 単なる、話しかける時のかけ声でもあり得ます。 例えば道を尋ねる時です。 それでも、一歩引いた姿勢を示すこ続きを読む "あやまり過ぎ(?)る日本人"
>> Mehr lesen

「お母さんの仕事を減らせ!」プロジェクト (Tue, 29 Jun 2021)
朝起きてから夜寝るまで、子どもがいる家庭の普通のお母さんは、「利他」で自分以外の家族のために働きっぱなしです。 父親のことを普通、大黒柱と言いますが、本当でしょうか? 今でこそ家事を手伝うお父さんも増えてきたようですが、続きを読む "「お母さんの仕事を減らせ!」プロジェクト"
>> Mehr lesen

迷わない、悩まないと、人生が楽になります。 (Mon, 28 Jun 2021)
迷う、悩むことがないと、生きていくのがとても楽になります。 ゼロとは言わなくても、迷い、悩みをかなり減らす方法があります。 迷わない、悩まないように、前もって決めておくのです。 前もって決めておくから、その都度で迷う、悩続きを読む "迷わない、悩まないと、人生が楽になります。"
>> Mehr lesen

人種差別に関する日本という国 (Sun, 27 Jun 2021)
つい先日の、人種差別が最も少ない国、日本というブログで、とても興味深いコメントをいただきました。 「じゃあ、日本政府がアイヌ人に対して行ったひどい行為はどうなの?」 という内容です。 何かの本でそういうことを知ったそうで続きを読む "人種差別に関する日本という国"
>> Mehr lesen

とてもロジカルな、ドイツの住所システム (Wed, 23 Jun 2021)
260年もの長い間の鎖国を終えた明治の日本は、遅れを取り戻せと、西洋からさまざまなものを取り入れました。 政治、行政、医療、軍事… どうしてその時に、住所のシステムを西洋のそれに見習わなかったのでしょうか… とても悔やま続きを読む "とてもロジカルな、ドイツの住所システム"
>> Mehr lesen

「割れた窓理論」、「嘘つきはドロボーの始まり」、「怠惰は悪の始まり」、「一度あることは二度ある」 (Tue, 22 Jun 2021)
これらの関係性が分かるでしょうか? ウイグルで起きている残虐行為のニュースで思い出しました。 ウイグルの収容所に捕まっていた女性が、アメリカに亡命後、当時のことを話して問題になりました。 性的な虐待というか、性奴隷のよう続きを読む "「割れた窓理論」、「嘘つきはドロボーの始まり」、「怠惰は悪の始まり」、「一度あることは二度ある」"
>> Mehr lesen

漢検デュッセルドルフ (Mon, 21 Jun 2021)
昨日は、第13回目のデュッセルドルフの漢検でした。 漢検は、日本漢字能力検定の略です。 日本人向けの漢検を、ドイツ人相手に5年前からデュッセルドルフで始めました。 デュッセルドルフのVHS(ドイツの市民大学)に協力しても続きを読む "漢検デュッセルドルフ"
>> Mehr lesen

江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 -3- (Sun, 20 Jun 2021)
エンゲルベルト・ケンペルドイツ人医師、博物学者(1651~1716) 「よく団結し、親和的で、神々は当然崇敬すべく、法律は当然遵守すべく、主君には当然服従すべく、隣人は当然愛し尊敬すべく教え込まれていて、慇懃、懇篤、高潔続きを読む "江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 -3-"
>> Mehr lesen

ハンドルを、自分で握るかどうか (Tue, 15 Jun 2021)
車に乗る時に、運転席に乗るか、助手席に乗るかを選べる場合、どちらを選ぶでしょうか? うちの家内のように、その方が楽だからといって、助主席を選ぶ人もいるかも知れません。 私は断然運転席です。 少し大袈裟に言えば、自分の命を続きを読む "ハンドルを、自分で握るかどうか"
>> Mehr lesen

迷コロナ対策と、経営者がやる気をなくすほど税金を取られるだけの、今の先進国の納税システムとの共通点 (Mon, 14 Jun 2021)
虎ノ門ニュースのメイン解説者のひとり、ミリオンセラー作家の百田尚樹さんが言います。 今の日本の政治家、与党議員の80%〜90%はクズ、野党は100%クズ… とてもうなずけるものがあります。 殆どの国会議員がサラリーマン化続きを読む "迷コロナ対策と、経営者がやる気をなくすほど税金を取られるだけの、今の先進国の納税システムとの共通点"
>> Mehr lesen

日本人の芸術性 (Sun, 13 Jun 2021)
こんにちでは、3桁までの億円の価値がつくゴッホの作品。 でも、生前に売れた絵はごく限られていたそうで、その価値が理解されるようになったのは、ゴッホが亡くなった後です。 そのゴッホを支えた、画商の弟テオに宛てたゴッホの手紙続きを読む "日本人の芸術性"
>> Mehr lesen

江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 日本人の規律、秩序 – (Thu, 10 Jun 2021)
フランシスコ・ザビエル(1506‐1552) カトリック教会司祭、宣教師。「従順で礼儀正しく、才気があり、親切で人をだますこともなく、美徳と正直な話をすることについては近年発見された他のあらゆる国に優るが、たいそう自分の続きを読む "江戸〜明治時代に日本に来た外国人たちが残した言葉 – 日本人の規律、秩序 –"
>> Mehr lesen

日本人女性を妻に持つ外国人男性の悩み (Tue, 08 Jun 2021)
つい一昨日、日本人女性をベタ褒めしておきながら、その反面についてです。 「万物に長短あり」です。 どんな物にも、必ず長所も短所もあります。 長所だけの物はこの世に存在しません。 その逆もしかりです。 世界の物差しで計り、続きを読む "日本人女性を妻に持つ外国人男性の悩み"
>> Mehr lesen

奥さんにするのなら、日本人女性が世界一! (Sun, 06 Jun 2021)
その昔、私がまだ独身で考え方が未熟、浅はか(?)だった頃(今も?😅)、日本人女性が外国人と結婚したと聞くと、とても残念に思えました。 自分の結婚相手となり得る人の数が減るからでしょうか?😅 さて、今日ではそのことをどう思続きを読む "奥さんにするのなら、日本人女性が世界一!"
>> Mehr lesen

Corona situation in Japan (Sat, 05 Jun 2021)
In Japan, politicians decided to postpone the economical restriction for restaurants for Corona until end of J続きを読む "Corona situation in Japan"
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...