チベットで貢献・活躍した日本人

河口彗海 僧侶、仏教学者

日本の仏教の元となる漢訳仏典には種々の異同、解釈の相違があることを知り、仏教をきちんと研究するためにはチベットへ行って原典である梵語経典およびチベット仏典を持ち帰らないと決意し、日本人で初めての鎖国主義のチベット入りを果たす。

日本人であることを偽ってセラ大寺に入学してチベット仏教を学ぶ。同寺で毎年2,3人しか通過しない博士への口答試験にわずか1年で合格。「僧は学問ができるだけでは務まらない。人格的にも優れていなければならない。みな彗海を目指して学びなさい」と言われ、創建600年の歴史の中でも優れた僧とされる。

医者としても活躍し、小僧の怪我を治したことで、それまで病気になると経を読むしかなかった患者が彗海のもとに集まる。300kmも離れたところからも患者が訪れ、決して金を取らなかったことから民衆からも尊敬されて、「生きた薬師様」と呼ばれた。

講堂にはダライ・ラマやバンチェン・ラマの零等塔に並び、彗海の零等も。


「日本人の足跡」産経新聞 日本人の足跡取材班著
「世界から絶賛される日本人」黄文雄、徳間文庫

 

 

矢島保治郎(やすじろう、1882- 1963) 探検家

緊迫状態の続く四川省からのルートで初めてチベット入りし、河口慧海、成田安輝、寺本婉雅に次ぐ、チベットに入国した4人目の日本人(矢島以外は3人ともインドから入国)。ダライ・ラマ13世の厚遇を受けてチベットの軍事顧問に就任。  

 

チベット軍の参謀総長と知り合いになり、軍事顧問として迎えられ、兵舎の設計や部隊の教練も依頼された。さらに、矢島の訓練した隊の演習成績が特に良かったことがダライ・ラマの目にとまり、近衛兵の編成と訓練を頼まれるようになる。

矢島は親衛隊長としてダライ・ラマが巡幸を行なうときは常に近衛兵を率いて護衛にあたり、また現地の豪商の一人娘と結婚して子供も産まれた。
 
ダライ・ラマからは絶大な信頼を得ており、その例をあげると、矢島はノルブリンカ離宮内に住居を与えられていたのだが、結婚した際には、離宮は女人禁制の聖域であったにもかかわらず、特別に妻と共に生活することを許されるほどであった。
 
しかし、その後イギリスのインド政庁がダライ・ラマに矢島の追放を要請。ダライ・ラマは形の上ではこれを拒否したものの、チベットが親英路線にある現状として、これを完全に無視することはできない話であった。
 
矢島としてもその辺りの事情はよく判っており、1918年(大正7年)10月、妻子を連れてラサを発ち、インドを経由して日本へ帰国した。
 

Wikipedia 
国旗国家と教育勅語を見直す

 

 

青木 文教(1886 - 1956) 日本のチベット研究者、僧侶
西本願寺法主・大谷光瑞の命でチベットに派遣され、1912年(大正元年)にラサ入りを果たす。
  
多田等観とともにラサに滞在したが、多田等観がセラ寺で修行生活を送ったのに対し、青木文教はラサの街に居住し、特技の写真撮影の腕を活かして多くの当時のチベットの風景・文物を記録した。またチベット仏教を研究し、主にチベットの市井で多くのチベット仏教に関する文物を収集した。
  
チベット国旗である雪山獅子旗のデザインもする。また今に言うバックパッカー的な存在だったとも伝う矢島保治郎が当時のチベットの軍事顧問であったとして共にデザインへ関与した説もある。
  
そして、文教がチベットを離れる最後の一夜はダライ・ラマ13世と就寝したなど、深く現地に溶け込んだ。1916年帰国し後年(1950年)東京大学文学部チベット語講師に就任。

 

Wikipedia
国旗国家と教育勅語を見直す

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

天の貯金 – ポーランド人のおばちゃんが言った、「誰かが上の方で見ているわよ!」 (Wed, 01 Apr 2020)
デュッセルドルフの駅前で掃除をしている時によく声をかけられます。 そのほとんどが… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ、NRW州での社員数50人までの法人へのコロナウィルス経済救援措置とは… (Sun, 29 Mar 2020)
世の中がとんでもないことになっています。 NRW州では早速個人経営〜中小企業(社… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の「無敵」の意味 – ナンバーワンではなくて、オンリーワン (Sat, 28 Mar 2020)
無敵と聞くと普通、向かう所、敵なしの「最強」というイメージがあります。 でも読ん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

まずはやってみることの大切さ… (Wed, 25 Mar 2020)
一歩踏み出すと、踏み出す前には見えなかったものが見えてきます。 簡単な例でスポー… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

国会議員に必要なのは地頭の良さでは? (Wed, 18 Mar 2020)
つい最近知ったばかりの単語… 「地頭」 東大出とか、とんでもなく頭が良い(はずな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の頭の良さとは? その2 (Sun, 15 Mar 2020)
最も多くのコメントを投稿してくださる佐藤さんから、「本当の頭の良さとは?」という… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本当の頭の良さとは? (Wed, 11 Mar 2020)
「地頭」という新しい単語?を知りました。 お客様の1人からつい最近に知った言葉で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

気を遣った方が良い表現は「少々お待ち下さい」➡︎ 「はい、只今」だけではありません。 (Sat, 07 Mar 2020)
遠慮します。 遠慮致します。 遠慮させていただきます。 お断りします。 お断り致… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうしても気になってしまう、ドイツ人(だけ?)の無神経さ (Sat, 22 Feb 2020)
というのは、ドイツに限らずどこでもあるのだろうと思います。 例えばこの例。 ドイ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の左翼右翼の現状? (Wed, 05 Feb 2020)
最近現地法人設立をお手伝いさせていただいた人から日本のことをどうやって知るかと聞… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

安かろう、悪かろう、がこのまま続いて大丈夫? (Sat, 25 Jan 2020)
あらゆる物の製造が人件費の安い国々に移り、物の値段が嘘のように安くなりました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフのビザ取得の現状(2020年1月現在) 今すぐアポ取りをしても秋まで受付の空きなし… (Wed, 22 Jan 2020)
昨年末に、IT 業界で現地法人設立のサポート中のお客様の会社登記が済みました。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」2020年1月号、小中高の学力日本一、秋田県と東成瀬村 (Sat, 18 Jan 2020)
秋田県は、平成19年から文部科学省が実施している全国学力テストでずっとトップクラ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴーンさんと、第二次世界大戦終了時の日本軍将校の行動の違い (Sun, 12 Jan 2020)
99%以上の有罪率で、日本の検察がいくら異常だとしても、逃げたらそれはアウトを意… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

本日丁度、3歳になったアッくんのデュッセルドルフの駅前のお掃除 (Sun, 12 Jan 2020)
ここ数回、参加してくれている最年少のアッくん、本日3歳になる誕生日が丁度、掃除活… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「了解です!」という返事のグレード (Wed, 08 Jan 2020)
レストランなどで注文をした時に、お店の人に「了解です!」と言われたことはないでし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の検察よりも、ゴーンさんの方が一枚上手なのは当然のこと… (Sat, 04 Jan 2020)
ゴーンさんがレバノンに逃げたことが騒がれています。 最初は、「あ〜あ、世界的に有… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 2 (Sat, 04 Jan 2020)
なぜそんなものを狙うのでしょうか? 人生にスパイス、モチベーションが欲しいからで… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

半世紀後の夢は世界チャンピオン! – 1 (Wed, 01 Jan 2020)
実は約半世紀後の世界チャンピオンを密かに狙っています。 何の世界チャンプかと言う… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

年末の最高の言葉のプレゼント (Mon, 30 Dec 2019)
先月、MEDICAという世界最大の医療業界の展示会がデュッセルドルフで行われまし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」12月号 (Sat, 28 Dec 2019)
巻頭の言葉、「貨尽(かつ)きて而(しか)る後に足らざるを知るは、これ量を知らざる… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

法人が、国の援助などを頼っていたら、ドイツ進出はおぼつかない… (Sat, 21 Dec 2019)
安倍政権や東京都、各県は日本の中小企業を随分と応援しているようです。 つまり、中… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

歌舞伎町でゴミ拾いをするホストたち (Sat, 14 Dec 2019)
私たちがデュッセルドルフの駅前を毎月掃除しているのを知っている人が、このニュース… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

石破さんの戦争発言… 戦争という単語が間違っているのでは? (Wed, 11 Dec 2019)
ないでしょうか? 自民党の石破さん曰く、あの田中角栄さんが当時言っていたそうです… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

和牛、霜降り肉ってどうしてこんなに美味しいのでしょう… (Wed, 11 Dec 2019)
先日のケルンでの食料品メッセ、ANUGAで知人を通じたご縁で通訳として和牛のプロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

緊急投稿 – 詐欺と思われるメール (Mon, 09 Dec 2019)
時々詐欺のメールが届きます。昔もやはりアフリカからそういうのが届き、当時、領事館… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

注射が苦手なのは日本人男性だけ? (Mon, 25 Nov 2019)
ということを、3回の通院で合計13本も腰に注射を受けた、ドイツで腰椎治療でトップ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

現地法人設立及びプロモーションのプロ – 20年後の会社生存率は1000社に対して僅か3社… (Sat, 23 Nov 2019)
もう、いくつの日系企業のドイツ子会社、現地法人設立に携わったでしょうか… 前に勤… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 8 – MEDICAの通訳任務も無事に終わり、思いがけないご褒美が… (Thu, 21 Nov 2019)
依頼主の CREWT社の創業社長、江口さんとメッセ会場でお別れとなりました。 江… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

通訳のお仕事 7 – 時には通訳。でも本業はビジネスコンサル! (Wed, 20 Nov 2019)
只今、デュッセルドルフの医療メッセ、MEDICAの真っ最中。 日本から来ている1… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...