インドで貢献・活躍した日本人

佐々井 秀嶺(ささい しゅうれい) インド仏教の頂点に立つ日本人
1987年7月、インドで不法滞在で逮捕されたが、ナグプールでは10万人の全市民抗議集会が起こり、一触即発の危険な情勢となった。1ヶ月で60万人の署名が集まり、ついには国籍取得運動に盛り上がった民衆の声を無視できなくなったラジブ・ガンジー首相は、翌年4月、佐々井師のインド国籍取得を正式に認めた。
 
その後、釈尊成道(悟りを開いた)の地であるブッダガヤーの大菩提寺をヒンドゥー教団『ギリ・マハント』から仏教徒の手に取り戻すための運動を展開。十次にわたる大菩提寺解放闘争の末、大菩提寺管理委員会は実質的にインド仏教徒の手により運営されつつある。

 

現在はナグプール一円の龍樹連峰及び大乗仏教の創始者ナーガルジュナ(龍樹菩薩)の根本道場跡と目される、ナグプール近郊のマンセル仏教遺跡の発掘を続けている。そして、いつか龍樹老人の言った「南天鉄塔(大日如来より伝えられた密教の根本教義を秘蔵したと言われる塔、空海はその実在を明言している)」と相まみえる日を待ち望んでいる。
 

谷底ライオン
インド不可触民を救う日本人仏教指導者_佐々井秀嶺

 

 

杉山龍丸 
祖父は山県有朋や後藤新平などの参謀を務めた杉山茂丸。
1940年に陸軍士官学校を卒業、配属されたボルネオで終戦を迎える。インドのネール首相の要請で、インド人子弟の砂漠緑地化指導にあたる。その事業に、日本国内に持っていた代々伝わる農地などの全財産をつぎ込む。
 
インドで飢餓により多くの人々が亡くなるさまに心を痛め、1950年代末、台湾から蓬莱米を譲り受け、不可能といわれたインドでの稲作を成功させた。1960年代に蓬莱米はインド全土に広まり、米と麦の二毛作により、インドの農民の生活は飛躍的に向上する。この貢献により、インド政府から仏舎利を贈られる。
 

福岡先人金印記念館ウェブサイト
「世界から絶賛される日本人」黄文雄、徳間文

 

 

インド、ニューデリーの地下鉄

日本の援助(ODE、約70%)で作られ、そのことが駅に大きく書かれている。麻生元総理大臣が外務大臣として訪問した際に、それを地下鉄公団の総裁にお礼したところ、逆に次のように改めて御礼をされたという。

 

当時、自分は技術屋のトップで、現場説明のために集合時間である8時少し前に行ったところ、日本から派遣された技術者たちは既にみな作業服を着て整列していた。我々インドの技術者は、全員が揃うのにその後十分以上かかった。

 

八時集合とは、八時から仕事が始められることだと言われた。悔しいので翌日7:45に行ったら、日本人は既にみんな揃っていた。以後、このプロジェクトが終わるまで日本人が常に行っていたのは、”NOUKI” という言葉だった。

 

そしてこれだけ大きなプロジェクトを、予定よりも二ヵ月半も早く終わらせた。そんなことはインドでは初めてのことで、翌日からは運行担当者の人たちが来て、ストップウォッチを持ってきてはかり、地下鉄を時間通りに運行するように言われた。

 

秒単位まで意識して運行するために、徹底的して毎日訓練を受けた。その結果、現在インドの公共交通機関の中で、その鉄道だけが数分の誤差で運行されている。数時間遅れが日常茶飯事のインドにおいて、これは驚異のことである。

 

我々がこのプロジェクトを通じて日本人から得たものは、資金援助や技術援助だけではなく、むしろ一番大きな影響を受けたのは労働に対する価値観と美徳である。労働に対する自分たちの価値観が根底から覆された。日本の文化。それが最大のプレゼントだ。

 

今、インドではこの地下鉄を、”ベストアンバサダー”(最高の大使) と呼んでいる。

 

 



ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

今、人生で落ち込んでいる人いますか? (Tue, 05 Dec 2017)
人によく勘違いされるのが、まるで私が悠々自適、余裕綽々の生活を送っているかのよう… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

戦争中の日本(軍)は本当に悪者だった? 海外青年協力隊でパプアニューギニアに行った人の、とても興味深いお話し。 (Sat, 04 Nov 2017)
走り仲間の中に一人、以前日本の海外青年協力隊でパプアニューギニアにいたことがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ダントツで世界最低の、海外に出る日本人の犯罪に対する心構え (Tue, 15 Aug 2017)
日本(人)を世界の物差しで測ってみると、とても面白い事実が分かってきます。 色々… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人の悪いところ (Sat, 12 Aug 2017)
日本(人)を褒め過ぎ(?)な傾向の日本ファン日本人の私にも、どうしても気に入らな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」2017年6月号のテーマは寧静致遠(ねいせいちえん) (Fri, 07 Jul 2017)
寧静致遠という言葉は「小学」に出ている言葉だそうです。 「小学」とは、中国,宋代… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ全国どころか、オランダやベルギーからも受験者が集まってくれた第三回漢検デュッセルドルフ (Sat, 01 Jul 2017)
今回で第3回目となる漢検デュッセルドルフ、受験者数が一挙に今までの倍以上となり、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

その時どう動く (Sat, 27 May 2017)
定期購読している「致知」という月刊誌は毎月テーマが決まっています。 . 先月号の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

櫻井よし子さんの人気は青山繁晴さん以上? (Thu, 04 May 2017)
虎ノ門ニュースに青山繁晴さんが出演する月曜日は、地上階で通りに面した大きなガラス… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうしても青山繁治さんの足を引っ張りたい人たち? (Sun, 09 Apr 2017)
先日、「青山繁晴さんという新人参議院議員の正体とは?」 という、去年の秋に参議院… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

毎日着物を着て生活する若いドイツ人女性をついにナンパして夕食にご招待! (Fri, 07 Apr 2017)
日本の着物を毎日来て生活している17歳のドイツ人女性、Mamezuru(Face… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

動物愛 ⇒ 家族愛 ⇒ 近所愛 ⇒ 地域愛 ⇒ 県人愛 ⇒ 愛国 ⇒ 隣国愛 ⇒ 地球愛 (Wed, 29 Mar 2017)
私は日本人として愛国者(と言うと言い過ぎで、日本ファン)であると同時に(公然と言… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

正しいと思ったことは正しいと言い、善いと思ったことはすぐに実行する勇気  – いじめ – (Wed, 22 Mar 2017)
遠い昔、小学校高学年の時にいじめが一度ありました。 いじめられたのは私ではありま… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...