インドで貢献・活躍した日本人

佐々井 秀嶺(ささい しゅうれい) インド仏教の頂点に立つ日本人
1987年7月、インドで不法滞在で逮捕されたが、ナグプールでは10万人の全市民抗議集会が起こり、一触即発の危険な情勢となった。1ヶ月で60万人の署名が集まり、ついには国籍取得運動に盛り上がった民衆の声を無視できなくなったラジブ・ガンジー首相は、翌年4月、佐々井師のインド国籍取得を正式に認めた。
 
その後、釈尊成道(悟りを開いた)の地であるブッダガヤーの大菩提寺をヒンドゥー教団『ギリ・マハント』から仏教徒の手に取り戻すための運動を展開。十次にわたる大菩提寺解放闘争の末、大菩提寺管理委員会は実質的にインド仏教徒の手により運営されつつある。

 

現在はナグプール一円の龍樹連峰及び大乗仏教の創始者ナーガルジュナ(龍樹菩薩)の根本道場跡と目される、ナグプール近郊のマンセル仏教遺跡の発掘を続けている。そして、いつか龍樹老人の言った「南天鉄塔(大日如来より伝えられた密教の根本教義を秘蔵したと言われる塔、空海はその実在を明言している)」と相まみえる日を待ち望んでいる。
 

谷底ライオン
インド不可触民を救う日本人仏教指導者_佐々井秀嶺

 

 

杉山龍丸 
祖父は山県有朋や後藤新平などの参謀を務めた杉山茂丸。
1940年に陸軍士官学校を卒業、配属されたボルネオで終戦を迎える。インドのネール首相の要請で、インド人子弟の砂漠緑地化指導にあたる。その事業に、日本国内に持っていた代々伝わる農地などの全財産をつぎ込む。
 
インドで飢餓により多くの人々が亡くなるさまに心を痛め、1950年代末、台湾から蓬莱米を譲り受け、不可能といわれたインドでの稲作を成功させた。1960年代に蓬莱米はインド全土に広まり、米と麦の二毛作により、インドの農民の生活は飛躍的に向上する。この貢献により、インド政府から仏舎利を贈られる。
 

福岡先人金印記念館ウェブサイト
「世界から絶賛される日本人」黄文雄、徳間文

 

 

インド、ニューデリーの地下鉄

日本の援助(ODE、約70%)で作られ、そのことが駅に大きく書かれている。麻生元総理大臣が外務大臣として訪問した際に、それを地下鉄公団の総裁にお礼したところ、逆に次のように改めて御礼をされたという。

 

当時、自分は技術屋のトップで、現場説明のために集合時間である8時少し前に行ったところ、日本から派遣された技術者たちは既にみな作業服を着て整列していた。我々インドの技術者は、全員が揃うのにその後十分以上かかった。

 

八時集合とは、八時から仕事が始められることだと言われた。悔しいので翌日7:45に行ったら、日本人は既にみんな揃っていた。以後、このプロジェクトが終わるまで日本人が常に行っていたのは、”NOUKI” という言葉だった。

 

そしてこれだけ大きなプロジェクトを、予定よりも二ヵ月半も早く終わらせた。そんなことはインドでは初めてのことで、翌日からは運行担当者の人たちが来て、ストップウォッチを持ってきてはかり、地下鉄を時間通りに運行するように言われた。

 

秒単位まで意識して運行するために、徹底的して毎日訓練を受けた。その結果、現在インドの公共交通機関の中で、その鉄道だけが数分の誤差で運行されている。数時間遅れが日常茶飯事のインドにおいて、これは驚異のことである。

 

我々がこのプロジェクトを通じて日本人から得たものは、資金援助や技術援助だけではなく、むしろ一番大きな影響を受けたのは労働に対する価値観と美徳である。労働に対する自分たちの価値観が根底から覆された。日本の文化。それが最大のプレゼントだ。

 

今、インドではこの地下鉄を、”ベストアンバサダー”(最高の大使) と呼んでいる。

 

 



ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本語にも英語にもない、とても素敵なドイツ語の肩書き – Kundenbetreuung (Sun, 27 Sep 2020)
Kundenbetreuung にぴったりの単語は日本語にも英語にもありません。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本の交通状況譲り合いの違い (Fri, 25 Sep 2020)
イギリスを真似て、ドイツも多くの信号機付の十字路がロータリーに代わりました。 そ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンドラー、杉原千畝、旧日本軍中将 樋口季一郎の共通点 (Wed, 23 Sep 2020)
シンドラーは1200人のユダヤ人の命を救い、杉原千畝は6千人を救ったそうです。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

香港問題。チベット、ウイグル弾圧 (Mon, 21 Sep 2020)
中国のチベットやウイグルへの弾圧は、現地のお坊さんたちの焼身自殺までしての訴えや… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

シンプルザベスト (Sun, 13 Sep 2020)
先日、あるホテルのバイキングで夕食となりました。 食べるために用意される道具は普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「嫌な奴のお面をかぶった神様」 (Wed, 09 Sep 2020)
という考え方があります。 周りにいる嫌な奴は、実は中身は神様という意味です。 神… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に1度のデュッセルドルフの駅前と駅裏の掃除活動 (Sun, 06 Sep 2020)
を初めて5年と数ヶ月がたちました。 よく続いているものだと思います。 これも、参… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

やれば出来る。指7本で弾く一流ピアニスト (Sat, 05 Sep 2020)
月刊紙「致知」7月号で、障害のために左右合わせて7本の指しか使えないピアニストの… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

迷った時はやってみる! (Thu, 03 Sep 2020)
長い人生の中で何度かは訪れる岐路。 やるべきか、やめておくべきか… 果たしてどっ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが… (Mon, 31 Aug 2020)
在デュッセルドルフ日本総領事館からのお知らせです。 主催者は、あるいはそのバック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 3 (Sat, 25 Jul 2020)
なぜ読み始めるようになったのかは、故・安岡正篤さんという偉人が関係しています。 … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 2 (Sun, 19 Jul 2020)
はっきり言って、人によってはこの月刊紙は硬い読み物です。 人間学などという硬いこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊紙「致知」を読む理由 1 (Fri, 17 Jul 2020)
「致知」という月刊紙があります。 日本の近代史を正しく伝える記事が出ることがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

暴動が起きる国と起きない国 (Sat, 11 Jul 2020)
人種差別でアメリカでは暴動が起きました。 長く住むここドイツではあり得ないな… … 続きを読む ›
>> Mehr lesen

どうして歳を取ると物を大事にするようになるのか… (Wed, 08 Jul 2020)
歳を取ってくると物を大事にする理由が分かってきました。 同類(どうるい)相(あい… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「少々お待ちください」と「はい、只今」その3 (Mon, 06 Jul 2020)
「少々お待ちください」と「はい、只今」のとても大きな違いは肯定と否定にあります。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツホロコーストの長編 -Holocaust die Geschichte der Familie Weiß – (Wed, 24 Jun 2020)
この映画(ドラマ)が1970年代にドイツで放送された時、多くのドイツ人がショック… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

便器の素手洗いは本当に不衛生? (Tue, 16 Jun 2020)
便器を素手で洗う人たちがいます。 故小林静観さん、鍵山秀三郎さんはご存知ないかも… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスによる死者数と、失業による死者数。 (Wed, 27 May 2020)
昨日の虎ノ門ニュースの解説者、高橋洋一さんによると、アフターコナウィルスの最悪の… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

インドネシアの国立英雄墓地に眠る日本兵たち (Tue, 26 May 2020)
反日・極左により、日本軍は当時東南アジアを侵略した悪人に仕立て上げられています。… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナにより、約2ヶ月ぶりのデュッセルドルフの駅前の掃除活動 (Sun, 17 May 2020)
密を避けるために2ヶ月以上休止していた掃除活動を本日再開しました。 路上の車の数… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスで見直される(?)日本の挨拶方式 (Fri, 15 May 2020)
コロナウィルスで1.5m〜2mの間隔を取らざるを得なくなりました。 そこで欧州で… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

直箸(じかばし)の反対は何と言う? (Fri, 08 May 2020)
数人分の料理が乗ったお皿から自分の分を取る、取り箸を使う習慣は日本特有だというこ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルスとドイツのタクシー (Tue, 28 Apr 2020)
デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス、マスクの意味  2 (Fri, 24 Apr 2020)
ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン (Thu, 23 Apr 2020)
州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になり… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

コロナウィルス対策と法律 (Tue, 21 Apr 2020)
国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツのコロナウィルス対策 (Sun, 19 Apr 2020)
ドイツ、NRW州の自営業者(1人)〜社員数25人まで〜50人までの組織へのコロナ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツと日本のコロナウィルス対策。拙速(ドイツ)巧遅(日本?)。100万円〜300万円ばらまき支援、自営業者〜零細〜中小企業向け (Sun, 19 Apr 2020)
モタモタしている日本と違い、ドイツの自営業者〜零細〜中小企業向けの支援策の決定、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか? (Sat, 11 Apr 2020)
さて、この時計に写っている人は誰でしょう? そう、2006年末に処刑されたあのサ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...