OSトロン

Windowsよりも先進的だった国産OS「TRON(トロン)」

 

TRONプロジェクトは1983年頃、坂村健教授(当時は東京大学助手)が提唱し、開始された日本独自のOS開発プロジェクトです。

 

TRONとは「The Real-Time Operating System Nucleus」の略です。

 

日本語でいうと「リアルタイム(実時間)で機器を作動させるOSの中心部分」という意味です。

 

TRONプロジェクトの出発点は、坂村教授の電球から人工衛星まであらゆるモノにコンピュータが入り込み、ネットワークでつながると予想した発想です。

 

それぞれの機器に組み込まれたコンピュータの動きを統一するために、OSを標準化させるというビジョンを提示しました。

 

それがTRONプロジェクトの出発点となったのです。

 

このような考えは、現在では「ユビキタス」と呼ばれています。

 

また、その仕組みは「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれて注目されています。

 

そんな矢先、1989年にアメリカからスーパー301条に引っかかるとして圧力がかかりました。

 

1989年4月21にアメリカ合衆国通商代表部(USTR)が発行した、「外国貿易障壁報告書」にTRONが名指しで記載されました。

 

1980年代後半は、日本の経済力が急激に伸びた時期で、アメリカとの貿易摩擦問題が発生していました。

 

そうした時代背景での出来事でした。

 

この動きにトロン協会は、USTRに対して文書による抗議を行いました。

 

その結果、1年ほどしてTRONは制裁対象から外れますが、メーカー100社近くがTRONから手を引きました。

 

厄介なゴタゴタに関わりたくなかったということでしょう。

 

結局、実際に学校教育で導入されたのは、PC-9801をはじめとするMS-DOS搭載のパソコンで、TRONは排除されてしまいました。

 

TRONがパソコンOSとして普及するチャンスは潰されてしまいました。

 

しかし、6つのプロジェクトの中で「I-TRON」は現在でも生き残って発展しています。

 

I-TRONは、「家電機器」「ロボット」などに組み込むコンピュータ用のOSでした。

 

トロンフォーラムの2018年度調査報告によると、「組込みシステムに組み込んだOSのAPI」でTRON系OSがシェア60%を占めたらしいです。

 

坂村教授が望んだ「どこでもコンピュータ」の実現がいよいよ近づいてきました。

 

RIGHT CODE

https://rightcode.co.jp/blog/it-entertainment/tron-os-sakamura-ken

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...