質量分析

アルツハイマー病早期発見への挑戦

2002年にノーベル化学賞を受賞した、島津製作所の田中耕一さんの研究である質量分析技術を用いると、以前は高コスト、高リスクな背骨の奥に注射針を刺して脳脊髄液を採取しなければならなかったものが、わずか0,5ccの血液の採取でアミロイドβの蓄積量を確認することができます。

 

この新技術が、アルツハイマーの病状が出る前に前兆をとらえる検査法で、高齢化が進んでアルツハイマー型の認知症がどんどん増加中の中で、大きな期待になっています。

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...