砲丸

オリンピックは、選手だけの競技ではありません。北京オリンピックでのスイミングスーツ騒動は記憶に新しいですね。

 

競技に用いる道具でも、世界でし烈な競争が繰り広げられています。

 

そんな中、オリンピック3大会連続、金、銀、銅を独占した日本の町工場があります。

 

砲丸の辻谷工業です。

 

「コスト削減なんて考えたことない」

 

「材料費が上がれば、値段を上げる」

 

「それが嫌なら、つくらない」

 

しびれます。

 

これぞオンリーワン直販。

 

作り始めた1968年当初、まったくよい製品ができませんでした。

 

あることをして、それを克服しました。

 

それは、今までのマニュアルを一切破棄する。

 

辻谷工業のある埼玉県川口市は、昔から鋳物の町として有名。

 

いちから鋳物工場で修行を積み直し、季節の違い、温度、湿度の違いを肌で感じ、勘に頼った製法を、3年かけて作り上げました。

 

鉄の鋳物である砲丸は、重心が命。

 

原料の鉄には、密度の異なるシリコン、カーボン、マンガン、リン、硫黄などが含まれており、その固まり方によって、均一にはならない。

 

NC旋盤(コンピュータ制御の鉄を削る機械)で削れば、完全な球の形になります。でも重心は球の中央には絶対にこないのです。

 

それを、辻谷は、

 

削る音

削った後の艶

旋盤のハンドルの圧力

 

聴覚、視覚、触覚を駆使して、手作業で削っていくことで、100%満足なものを作れるようになりました。

 

出典:産経Web

 

 

オリンピックでは、選手は、マイボールではなく、世界中から選抜された5、6か国のメーカーの砲丸を自由に選ぶことができます。

 

アトランタオリンピック決勝、8人の選手全員が、辻谷の砲丸を選びました。金、銀、銅独占は当然ですね。

 

これは職人の世界であって、私たちには関係がない。

 

そうかもしれません。

 

でも、マネのできるところがあります。

 

今までのマニュアルを一旦捨て、原理原則に従って、自分の感性を信じて、地道に解決策を探求する。

 

小さな企業やお店が、直販でオンリーワンのポジションを手に入れるには、他とは違う「なにか」が必要です。

 

世界一でなくてもよいのです。

 

狭いエリアの中でいいのです。

 

他と違う「なにか」を際立たせるために、自分の感性をまっさらな状態からもう一度、働かせてみましょう。

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...