炭素繊維

東レは「炭素繊維」世界シェアNo.1をどう築いたか。

 

より軽く、より頑丈な素材を目指して──。

 

炭素繊維は、東レが50年以上にわたって研究・技術開発・市場開拓を進めてきた素材だ。鉄の10倍の強さと1/4の軽さを持ち、飛行機・自動車・自転車・釣り竿に至るまで、様々な製品に使われている。

 

まさにゼロから市場を作り上げ、売上高2400億円規模の事業へと成長。今では翼や胴体にまで炭素繊維が採用された、通称「黒い飛行機」が空を飛ぶまでに用途が拡大し、世界シェアNo.1を誇っている。

 

東レはどのようにして、市場さえなかった炭素繊維を実用化し、事業化への道筋を立てることができたのか? 同社の炭素繊維技術開発の最前線を見つめてきた北野彰彦氏から「黒い飛行機」の誕生秘話、そして炭素繊維の未来を聞いた。

 

調査会社コンポジッツワールドの炭素繊維メーカー2019年生産量(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、後述する市場規模(生産能力ベース)を分母にして、2019年の炭素繊維の市場シェアを計算すると、1位は東レ、2位は同率で三菱ケミカルとヘクセルとなります。

 

1位 東レ 35.36%

2位 三菱ケミカル 9.93%

3位 ヘクセル 9.93%

4位 帝人 8.68%

5位 SGLカーボン 8.06%

6位 フォルモサ 5.58%

7位 ソルベイ 2.73%

8位 DowAksa 1.86%

9位 Hyosung 1.24%

 

炭素繊維の世界最大手は、東レとなります。2位以下のメーカーの市場シェアを、2倍以上引き離しています。炭素繊維強化プラスチックを発明・開発し、先行者利益を享受しています。

 

2位は同率で三菱ケミカル(旧三菱レイヨン)とヘクセルです。4位にはエアバスとの関係が深く、熱可塑性CFRPに強みを見せる帝人が入っています。

 

BMWとの関係も深く、自動車向けの炭素繊維に強みを持ちます。5位は、ラージトウと言われる汎用型炭素繊維に強いドイツのSGLカーボンが入っています。6位は、台湾(フォルモサ)プラスチックグループとなっています。

 

deallab

https://deallab.info/carbonfiber/?amp=1

 

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...