消えるインク

日本とは違い、学校でも鉛筆やシャープペンを使う代わりにボールペンを使うヨーロッパ。

 

そこで万年筆をはるかに上回り、2006年の発売以来約12億2千万本も売れたフリクションボールというパイロットのボールペン。

 

ペンの後部にラバーがあり、書いた文字をそれでこするとインクを消すことができます。

 

パイロットの消せるボールペンは1980年代からありましたが、指でこすっても消えてしまうためにそれほど売れませんでした。

 

特にフランスの小学校ではほとんどの子どもたちが使っているそうです。

 

 

 

 

Druckversion Druckversion | Sitemap Diese Seite weiterempfehlen Diese Seite weiterempfehlen
もっと良く知ろう、本当の日本を 当時のGHQ 政策(洗脳) により、本当の日本・日本人のことを知らない日本人、そして世界の人々が多過ぎる... もし本当の日本・日本人を知ると、日本人は誇りを持てる(そうさせないためのGHQ 政策でした。日本が強すぎました...)... 誇りを持てば自身につながり、襟を正せる...  自殺者80人以上/1日、親殺し、子殺しは異常です。 襟を正すと修身(道徳) の大切さが理解できるようになる... 人間が生きていくためのバックボーンである修身が重んじられると、日本が良くなる... 世界に影響する日本が良くなると、「和を以って尊しと為す」 が世界に広まる... 「和を以って尊しと為す」 が世界に広まると、個人主義が減って世界平和につながる...